ご案内 

TOP  

当電子顕微鏡室は、農学研究科第一研究棟の一階中央部南側にあります。透過電子顕微鏡(日立H-7650)と走査電子顕微鏡(SU8000 EDAX)の他に周辺機器としてウルトラミクロトーム、真空蒸着装置、凍結乾燥機、イオンスパッタ、オスミウムコーター、カーボンコーター、親水化処理装置などがあり(詳細は所有機器参照)、電子顕微鏡観察および各種前処理ができます。各装置ごとの一回あたりの所要時間や使用の際に必要な準備物等が記載されています。電子顕微鏡とウルトラミクロトーム以外の装置は、電子顕微鏡室の職員が全て操作します。

固定・脱水や超薄切片作製のための樹脂包埋等の試料作製は、必要な薬品・消耗品等を各自購入の上、各分野の実験室で行っていただくことになっています。超薄切片作製に必要なダイヤモンドナイフは各分野で用意していただくことが基本ですが、利用料金を負担していただいた上で当室所有の物を使用していただくことも可能です。

具体的な試料調整方法・所要時間等は試料の種類や観察目的によって変わってきますので、実際に観察を希望される場合は事前にお問い合わせ下さい。

機器のメンテナンスの予定、電子顕微鏡の混雑状況、出張・会議等で電子顕微鏡室に職員が不在となる場合等は、電子顕微鏡室前に掲示するとともに出来るだけTOPページの利用状況等更新に掲載するように致しますので参考にして下さい。

また、平成25年度(平成254月)より、当該年度に初めて利用する際に利用登録申請書の提出をお願いすることになりました。申請書は当室WEBページに掲載してありますので、そちらからダウンロードして下さい。ダウンロードできない方は当室においでいただければ用紙をお渡しします。