電子顕微鏡室の運営について

TOP

下記の二つの委員会によって運営されており、専任の技術職員が配置されています。

 

電子顕微鏡運営委員会

1.      電子顕微鏡(以下「電顕」)の使用と管理運営および核燃料物質(酢酸ウラン)の購入と管理に関する重要事項を審議および実施するため電子顕微鏡運営委員会(以下「委員会」)を置く。

2.      委員会は委員長並びに生物生産科学科の各学系より推薦された3人、応用生物化学科の各学系より推薦された2人の計6人を持って組織する。

3.      委員の任期は一年とする。ただし重任を妨げない。

4.      電顕は本委員会の元に教育研究等に広く利用させることができる。

 

電子顕微鏡利用者委員会

1.      電子顕微鏡を利用する分野の職員一名を持って組織される(定数なし)。

2.      電子顕微鏡の使用および使用経費の負担等について審議調節を行う。

3.      利用者委員会への出席は、電子顕微鏡を利用する院生でも可とする。