研究成果

2016年

原著論文
  • Asagi, N., Minamide, K., Uno, T., Saito, M., Ito, T. (2016) Acidulocompost, a food waste compost with thermophilic lactic acid fermentation: its effects on potato production and weed growth. Plant Production Science, 19: 132-144.
  • Gao, X., Ito, T., Nasukawa, H., Kitamura, S. (2016) Application of Fertilizer Made of Steelmaking Slag in the Recovery of Paddy Fields Damaged by the Tsunami of 2011. ISIJ International, 56: 1103-1110.
  • Hara, S., Saito, M. (2016) Isolation of inositol hexaphosphate (IHP)degrading bacteria from arbuscular mycorrhizal fungal hyphal compartments hyphaesphere using a modified baiting method involving alginate beads containing IHP. Microbes and Environment, 31: 234-243.
  • 新良力也・伊藤豊彰 (2016) 水稲作におけるリン酸減肥基本指針の策定. 日本土壌肥料学雑誌, 87: 462-466.
  • Kato, Y., Tajima, R., Toriumi, A., Homma, K., Moritsuka, N., Shiraiwa, T., Yamagishi, J., Mekwatanakern, P., Chamarerk, V., Jongdee. B. (2016) Grain yield and phosphorus uptake of rainfed lowland rice under unsubmerged soil stress. Field Crops Research, 190: 54-59.
  • Takemoto, S., Akita, K., Katayanagi, N., Urata, E., Ito, T.,Saito M. and Okada H. (2016) Continuous effects of winter flooding on soil fauna, as revealed by community structure of soil nematodes in a paddy field in northern Japan. Nematological Research, 46: 46-58.
  • Yamaguchi, N., Tanikawa, I., Kimura, T., Yoshioka K., Saito M. (2016) Contamination of agricultural products and soils with radiocesium derived from the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station: Monitoring, case studies and countermeasures. Soil Science and Plant Nutrition, 62: 303-314.
  • 米澤千夏・小倉振一郎・齋藤雅典 (2016) パラモータ観測による放射線量モニタリング手法の検討. システム農学, 32: 95-102.

その他の論文等
  • 浅川晋・末國千佳・劉冬艶・秋田和則・宇野亨・田島亮介・伊藤豊彰・齋藤雅典 (2016) 冬期湛水が水田の土壌微生物群集に及ぼす影響. 農業および園芸, 91: 129-139.
  • 伊藤豊彰・秋田和則 (2016) 有機栽培水田で冬期湛水は土壌養分とメタン放出にどんな影響を与えるか? 農業および園芸, 91: 167-172.
  • 三浦憲蔵・伊藤豊彰・石黒宗秀・佐藤喬・菅野均志・阿部倫則・後藤逸男 (2016) 津波被災農地の営農再開における土壌肥料分野の貢献と課題. 日本土壌肥料学雑誌, 87: 153-158.
  • 谷山一郎・浅川晋・奈良吉則・程 為国・齋藤雅典・陽 捷行 (2016) 土壌と東西の神々. 日本土壌肥料学雑誌, 87: 147-152.

国内学会発表
  • 赤松祐紀・宇野亨・田島亮介・伊藤豊彰・齋藤雅典 (2016) リン吸収におけるイネ根系の役割:ササニシキ/ハバタキCSSLsを用いた解析. 土壌肥料学会2016年度佐賀大会, 佐賀, 9月20-22日. 講演要旨集, 62: 50.
  • 浅見秀則・三浦佑水・宇野亨・田島亮介・齋藤雅典・伊藤豊彰 (2016) ケイ酸施肥による水稲の胴割れ粒発生の抑制. 土壌肥料学会2016年度佐賀大会, 佐賀, 9月20-22日. 講演要旨集, 62: 94.
  • 伊藤豊彰 (2016) 冬期湛水が水田のイトミミズの生息と土壌養分動態に及ぼす影響. シンポジウム(水田土壌養分動態と温室効果ガス排出からみた冬期湛水の意義). 土壌肥料学会2016年度佐賀大会, 佐賀, 9月20-22日. 講演要旨集, 62: 216.
  • 伊藤豊彰・堀川拓未 (2016) 製鋼スラグなどの含鉄資材の施用が水稲収量とメタン放出量に与える影響. 土壌肥料学会東北支部会平成28年度山形大会, 鶴岡, 7月5-6日. 講演要旨集, 1.
  • 丹羽理恵子・丸山隼人・佐藤修正・平川英樹・吉田重信・齋藤雅典・鈴木貴恵・俵谷圭太郎・佐藤匠・江沢辰広 (2016) ネギにおけるアーバスキュラー菌根菌接種菌と土着菌の競合および接種効果発現に関わる環境要因. 土壌肥料学会2016年度佐賀大会, 佐賀, 9月20-22日. 講演要旨集, 62: 29.
  • 関根 綾・榎並麻衣・宇野 亨・田島亮介・伊藤豊彰・菅野均志・高橋 正・齋藤雅典 (2016) 間伐強度の異なるスギ林の表層土壌における放射性セシウムの分布状況:3年間の変化. 生態学会2016年大会, 仙台, 3月20-24日.
  • 田島亮介・松岡千尋・伊藤豊彰・齋藤雅典 (2016) 土壌リン酸レベルが異なる圃場における根粒超着生・通常着生・非着生ダイズ系統の窒素同化とリン吸収の関係. 第241回日本作物学会講演会, 茨城大学水戸キャンパス、3月28-29日.

国際学会発表
  • Piccolla, C. D., Novotny, E. H., Tajima, R., Saito, M., (2016) Growth and Symbiosis of Plants with Arbuscular Mycorrhizal Fungi in Soil Submitted to Biochar Application. 18th International Conference of International Humic Substances Society, Kanazawa, September 11-16.
  • Saito, M., Tajima, R., Uchida, S. (2016) Possibility of non-nodulating soybean cultivation from the viewpoint of phosphorus resource scarcity. Ecobalance 2016 International Conference, Kyoto, October 3-6.
  • Tajima, R., K. Takahashi, T. Umetsu, T. Ito, M. Saito. (2016) Predicting yield, flowering and harvesting dates of highbush blueberry using temperature data: a case study in Field Science Center of Tohoku University. The 13th International Symposium on Integrated Field Science. Sendai. March 10.
  • Yonezawa C., Ogura, S., Saito M. (2016) Monitoring Temporal Vegetation Changes on Ungrazed Grassland by Satellite and Paramotor Remote Sensing, The 13th International Symposium on Integrated Field Science, Sendai, March 10.
  • Yonezawa C., Ogura, S., Saito M. (2016) Spatial distribution of radiation dose in grassland area on Kawatabi Field Science Center. The 13th International Symposium on Integrated Field Science, Sendai, March 10.

学会以外の発表等
  • 伊藤豊彰 (2016) 冬期湛水・有機栽培のメリット・デメリットと気象変動に強い環境保全型土壌管理. 平成27年度 鶴岡市環境保全型農業推進研修会, 鶴岡市, 1月30日.
  • 伊藤豊彰・秋田和則 (2016) 水田生物相と土壌の窒素供給能に対する冬期湛水の影響. 平成27年度新農耕法研究会, 仙台, 2月13日.
  • 伊藤豊彰 (2016) 畑転換水田の土壌肥沃度低下;原因と対策. 宮城県鹿島台地区転作協議会研修会, 大崎市, 3月11日.
  • 伊藤豊彰 (2016) 津波被災地の農業再生に向けた対策技術研究の貢献と課題. 土と肥料の講演会(日本土壌肥料学会主催), 東京, 4月4日.
  • 伊藤豊彰 (2016) 堆肥中のリン酸の肥料効果. 第14回リン資源リサイクルシンポジウム (リン資源リサイクル推進協議会主催), 東京, 7月21日.
  • 伊藤豊彰 (2016) 有機質資材が水田の土づくり、水稲生育に与える効果. JAみどりのパルシステム米栽培研究会南郷支部研修会, 大崎市, 8月2日.
  • 齋藤雅典 (2016) 私たちを支える「土」:18cmの奇跡. 古川黎明中学校・高等学校SSH科学講演会, 9月6日.
  • Saito, M. (2016) Future perspectives on LCA in agriculture: Lessons from the research in Japan, Seminar at PhilRICE, February, 17-18.

2015年

原著論文
  • Bautista, E. G., Nghi, N. T., Saito, M., Regalado, M. J. C. (2015) Potential Evaluation of a Locally-Designed Wind-Pump System for Water Pumping to Irrigate Rice Crop Based on a Ten-Year Weather Data in the Philippines. Journal of Integrated Field Science, 12: 9-17.
  • Bautista, E.G., Saito, M. (2015) Greenhouse gas emissions from rice production in the Philippines based on life-cycle inventory analysis. Journal of Food, Agriculture and Environment, 13: 139-144.
  • Ito, T., Hara, K., Kon, T., Ohtaka, A.(2015) Effect of winter-flooding and organic farming on density of aquatic oligochaetes in ricefields: Case study in Miyagi prefecture, Northeastern Japan. Journal of Integrated Field Science, 12: 31-37.
  • 柏倉まや・佐藤洋介・宇野亨・田島亮介・伊藤豊彰・齋藤雅典 (2015) 植物体試料の硫酸・過酸化水素分解による窒素・リンの定量のミクロ化:分解温度の検討. 東北大学複合生態フィールド教育研究センター報告, 30: 1-2.
  • 丸岡伸洋・大久保道正・柴田浩幸・高旭・伊藤豊彰・北村信也 (2015) 除塩された水田土壌の製鋼スラグ系肥料の施用による改善(津波被災水田の製鋼スラグ系肥料による復興-1). 鉄と鋼, 101: 445-456.
  • Matsushita, Y. et al. Saito, M., Sano, T., Tsushima, S. (2015) Community structure, diversity, and species dominance of bacteria, fungi, and nematodes from naturally and conventionally farmed soil: a case study on Japanese apple orchards. Organic Agriculture, 5: 11-28.
  • Nakao, A., Takeda, A., Ogasawara, S., Yanai, J., Sano, O., Ito, T. (2015) Relationships between paddy soil radiocesium interception potentials and physicochemical properties in Fukushima, Japan. Journal of Evironmental Quality, 44: 780-788.
  • 大久保道正・丸岡伸洋・柴田浩幸・高旭・伊藤豊彰・北村信也 (2015) 除塩された水田環境における各種製鋼スラグ系肥料の長期溶出挙動 (津波被災水田の製鋼スラグ系肥料による復興- 2). 鉄と鋼, 101: 457-464.
  • 鈴木貴恵・田島亮介・原新太郎・清水利規・宇野亨・伊藤豊彰・齋藤雅典 (2015) リン酸肥沃度の高い圃場におけるアーバスキュラー菌根菌:ネギへの接種効果と土着AM菌の分離. 土と微生物, 69: 48-57.

その他の論文等
  • 伊藤豊彰 (2015) イトミミズのはたらきを手がかりにー有機栽培の田んぼの土に注目すると. にぎやかな田んぼ. 51—58. 夏原由博 編著, 京都通信社.
  • 伊藤豊彰 (2015) 除塩対策に対する基礎情報 3. 津波被災・除塩土壌の水稲生産上の問題とカルシウム資材による改善. 日本土壌肥料学雑誌, 86: 393-395.
  • 伊藤豊彰 (2015) 家畜排泄物堆肥のリン資源としての有効活用 —作物収量確保, 土壌リン酸蓄積抑制及びリン資源節約をめざして—. 畜産環境情報, 57: 1-16.
  • 伊藤豊彰 (2015) 環境保全に配慮した持続的農業におけるコンポストの重要性 利用上の課題と対策. 中井裕・伊藤豊彰・大村道明・勝呂元 編著, コンポスト科学 環境の時代の研究最前線, 東北大学出版会, 127-140.
  • 伊藤豊彰 (2015) 津波被災農地の除塩対策 7. 宮城県の津波被災農地の除塩後の交換性塩基の状況. 日本土壌肥料学雑誌, 86: 434-436.
  • 伊藤豊彰・原浩太 (2015) イトミミズ類の生態と水稲生産との関わり. 農業および園芸, 90: 464-472.
  • 伊藤豊彰・小宮山鉄兵 (2015) 家畜ふんコンポストのリン酸の特徴と可給性. 中井裕・伊藤豊彰・大村道明・勝呂元 編著, コンポスト科学 環境の時代の研究最前線, 東北大学出版会, 151-158.
  • 伊藤豊彰・今関美菜子・渋谷智行・今野知佐子 (2015) 津波被災農地の実態調査 5. 自然降雨による津波被災農地の除塩. 日本土壌肥料学雑誌, 86: 406-408.
  • 伊藤豊彰・小宮山鉄兵 (2015) リン酸施用量を基準としたコンポスト施用体系ー黒ボク畑土壌における作物収量の確保と土壌リン酸蓄積抑制. 中井裕・伊藤豊彰・大村道明・勝呂元 編著, コンポスト科学 環境の時代の研究最前線, 東北大学出版会, 169-173.
  • 伊藤豊彰・谷川法聖 (2015) リン酸施用量を基準としたコンポスト施用体系ー沖積水田土壌における水稲収量の確保と土壌リン酸蓄積抑制. 中井裕・伊藤豊彰・大村道明・勝呂元 編著, コンポスト科学 環境の時代の研究最前線, 東北大学出版会, 165-167.
  • 北村信也・伊藤豊彰 (2015) 産発プロジェクト終了報告 製鋼スラグによる東日本大震災で被災した沿岸田園地域の再生. ふぇらむ(日本鉄鋼協会会報), 20 (11): 545-551.
  • Nakai, Y., Nishio,T., Kitashiba, H., Nanzyo, M., Saito, M., Ito, T., Omura, M., Abe, M. Ogushi, Y. (2015) The Agri-Reconstruction Project and Rapeseed Project for Restoring Tsunami-Salt- Damaged Farmland After the GEJE -An Institutional Effort. Santiago-Fandiño, V., Kontar, Y. A., Kaneda, Y. (Eds.), Post-Tsunami Hazard: Reconstruction and Restoration. Advances in Natural and Technological Hazards Research. 44, pp293-310. Springer, Switzerland.
  • 大村道明, 田島亮介. (2015) コンポストのLCA.中井裕・伊藤豊彰・大村道明・勝呂元 編著, コンポスト科学 環境の時代の研究最前線, 東北大学出版会, 221-231.
  • 尾定誠・中野和典・伊藤豊彰 (2015) 生物素材による水産廃棄物からの重金属除去技術の開発. 中井裕・伊藤豊彰・大村道明・勝呂元 編著, コンポスト科学 環境の時代の研究最前線, 東北大学出版会, 95-101.
  • 高橋彩子・佐藤久実・梅本英之・堂本晶子・松森信・金田吉弘・伊藤豊彰・藤井弘志 (2015) 水田土壌の地力低下の実態とその対策. 日本土壌肥料学雑誌, 86 (4): 332-338.
  • 齋藤雅典 (2015) 作物の病害防除を目指した高機能コンポスト 中井裕・伊藤豊彰・大村道明・勝呂元 編著, コンポスト科学 環境の時代の研究最前線, 東北大学出版会, 191-194.
  • 齋藤雅典 (2015) コンポストを利用した土壌炭素貯留 中井裕・伊藤豊彰・大村道明・勝呂元 編著, コンポスト科学 環境の時代の研究最前線, 東北大学出版会, 257-260.
国内学会発表
  • 安藤杉尋・鎗山純・小林隆・吉田重信・對馬誠也・伊藤豊彰・宮下脩平・高橋英樹 (2015) 異なる有機栽培育苗土の微生物コミュニティーによるイネもみ枯細菌病抑制効果の比較. 日本植物病理学会東北部会, 東北大学, 9月28-29日.
  • 馬場保徳・松木悠・森裕美・陶山佳久・多田千佳・福田康弘・齋藤雅典・中井裕 (2015) ウシルーメン液による植物バイオマス可溶化処理の次世代シーケンサーによる菌叢解析. 第14回日本畜産環境学会, 秋葉原, 6月20日, 講演要旨集, 21
  • 馬場保徳・松木悠・森裕美・陶山佳久・多田千佳・福田康弘・齋藤雅典・中井裕 (2015) ウシルーメン液による植物バイオマス可溶化処理の16Sメタゲノム解析. 生物工学若手研究者の集い夏のセミナー2015, 名古屋, 7月11-12日, 講演要旨集, 40(優秀ポスター賞).
  • 馬場保徳・松木悠・森裕美・陶山佳久・多田千佳・福田康弘・齋藤雅典・中井裕 (2015) ウシルーメン液による植物バイオマス可溶化処理過程の16S rRNAメタゲノム解析:endo-/exo-glucanaseおよびxylanase生産細菌の推定. 第67回日本生物工学会大会, 鹿児島, 10月26-28日, 312
  • 今埜実希・渡邊広大・齋藤雅典・清和研二 (2015) シイタケ原木の放射性セシウム汚染:コケ・地衣類着生原木を用いた栽培試験及び萌芽枝調査. きのこ学会2015年度大会, つくば, 9月4-6日.
  • 伊藤豊彰 (2015) 津波被災農地の除塩後の問題点と対策. シンポジウム「津波被災農地の営農再開における土壌肥料分野の貢献と課題」, 日本土壌肥料学会, 京都大学, 9月9-11日, 講演要旨集, 61: 206.
  • 伊藤豊彰・茄子川恒・佐々木綾子・美濃島秀臣 (2015) 製鋼スラグ系肥料による海水流入・除塩水田の生産力改善. 日本鉄鋼協会第169回春季講演大会シンポジウム (製鋼スラグによる東日本大震災で被災した沿岸田園地域の再生ー産発プロジェクト最終報告会ー), 東京大学, 3月20日
  • 伊藤豊彰・八島夏紀・原宏太・今 智穂美・齋藤雅典・田島亮介 (2015) 水田におけるイトミミズ類の生息密度に対する有機栽培管理と冬期湛水の影響. 日本土壌肥料学会, 京都大学, 9月9-11日, 講演要旨集, 61: 112.
  • 原新太郎・宇野亨・田島亮介・伊藤豊彰・齋藤雅典 (2015) AM菌を介したフィチン由来P吸収を促進するフィチン分解菌. 土壌微生物学会2015年度大会, つくば, 5月22-23日.
  • 原新太郎・宇野亨・田島亮介・伊藤豊彰・齋藤雅典 (2015) AM菌菌糸圏から分離されたフィチン酸鉄を分解する細菌. 土壌肥料学会2015年度大会, 京都, 9月9-11日.
  • 原新太郎・宇野亨・田島亮介・伊藤豊彰・齋藤雅典 (2015) アーバスキュラー菌根菌のフィチン由来リン吸収におけるフィチン分解菌の寄与. 菌根研究会2015年度大会, 帯広,10月31日.
  • 松山信彦・菅野均志・齋藤雅典 (2015) 「全国6支部の小・中・高校生及び大学生に対する土壌アンケート調査結果の集計・分析から土壌教育を考える」-東北支部における事例報告-. 土壌肥料学会2015年度大会, 京都, 9月9-11日.
  • 美濃島秀臣・宇野亨・齊藤雅典・伊藤豊彰 (2015) 食品廃棄物を原料としたアシドロコンポストと通常(撹拌・堆積)処理されたコンポストのリン酸溶解性の比較. 日本土壌肥料学会, 京都大学, 9月9-11日, 講演要旨集, 61: 150.
  • 齋藤 雅典 (2015)  西洋の土神: 土星はなぜ「土」星なのかという疑問から(シンポジウム). 土壌肥料学会2015年度大会, 京都, 9月9-11日.
  • 関根 綾・榎並麻衣・宇野 亨・田島亮介・伊藤豊彰・菅野均志・高橋 正・齋藤雅典 (2015) 間伐強度の異なるスギ林の表層土壌における放射性セシウムの分布状況:3年間の変化. 日本土壌肥料学会, 京都大学, 9月9-11日.

国際学会発表
  • Gao, X., Maruoka, N., Shibata, H., Ito, T., Kitamura, S. (2015) Application of steelmaking slag on the recovery of degraded paddy field. The 6th International Congress on the Science and Technology of Steelmaking, Beijing, China, May 12-14.
  • Hayashi, K., Arkeman, Y., Bautista, E., Hanafiah, M. M., Lee, J. S., Saito, M., Wibawa, D. S., Shobatake, K., Suprihatin, Tien, T. M., Van, V. T. K. (2015) How to Deal with Diversity in Cultivation Practices Using Scenario Generation Techniques: Lessons from the Asian Rice LCI Initiative. Proceedings 3rd International Conference on Adaptive and Intelligent Agroindustry, Bogor, Indonesia, August 3-4.
  • Nakao, A., Takeda, A., Ogasawara, S., Yanai, J., Sano, O., Ito, T. (2015) Radiocesium interception potentials and physicochemical properties for paddy soils in Fukushima, Japan. 13th International Conference on the Biogeochemistry of Trace Elements, Fukuoka International Congress Center, Fukuoka, Japan, July 12-16.
  • Ogura, S., Saito, M. (2015) Effect of topographical condition on radioactive cesium pollution of herbaceous plants in a mountainous grazing pasture after Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant accident. Proceedings of 23rd International Grassland Congress, Delhi, India, November 20-24.
  • Tajima, R. Ito, T., Saito. M.(2015) The evaluation of root system architecture in rice plant using the data of root distribution. Rhizoshere 4, Maastricht, Netherlands, June 21-25.
  • Saito, M., Suzuki, T., Hoshino, T., Ogura, S. (2015) Distribution of radiocesium in soil and its uptake by herbaceous plants in temperate pastures after the Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Station accident. 13th International Conference of Biogeochemisty of Trace Elements, Fukuoka, Japan, July 12-16.
  • Suzuki, T., Tajima, R., Hara, S., Shimizu, T., Uno, T., Ito, T., Saito, M. (2015) Effect of arbuscular mycorrhizal fungal inoculation on the growth of Welsh onion in soil rich in available phosphate, and characterization of indigenous arbuscular mycorrhizal fungi isolated from the soil. 8th International Conference on Mycorrhiza, Flagstaff, Arizona, USA, August 3-7.

学会以外の発表等
  • 安藤杉尋・伊藤豊彰・高橋英樹 (2015) 有機栽培苗土および牛糞コンポスト施用育苗土のイネ苗病害抑制効果. PICSみやぎ10周年記念シンポジウム 「コンポスト科学—環境の時代の研究最前線—」出版記念, 東北大学大学院農学研究科, 7月9日, 要旨集, 35-38.
  • 安藤杉尋・菅野 剛・伊藤豊彰・高橋英樹 (2015) コンポストのイネ苗病害抑制機能の検討. 2014年度PICS・みやぎ研究成果報告会, 東北大学大学院農学研究科, 3月24日.
  • 浅見秀則・齋藤雅典・伊藤豊彰 (2015) 有機性資源を積極利用した施設コマツナ栽培の課題と対策. 2014年度PICS・みやぎ研究成果報告会, 東北大学大学院農学研究科, 3月24日.
  • 伊藤豊彰・櫻田史彦・齋藤雅典 (2015) 有機栽培における水稲生産に対するイトミミズ類の効果. 第31回新農法研究会, 仙台ファーストタワービル, 仙台市, 2月7日.
  • 伊藤豊彰 (2015) 農業と食を支え, 環境を守る農学. 出前授業, 青森県立弘前高校, 9月4日.
  • 伊藤豊彰 (2015) 堆肥の農業への利用. 東北大学PICS公開セミナー・フィールドセンター開放講座2015, 東北大学大学院農学研究科附属フィールドセンター, 大崎市, 10月3日.
  • 伊藤豊彰・小宮山鉄兵・谷川法聖・南出圭祐・浅木直美・山本岳彦・瀧典明・齋藤雅典 (2015) コンポストの適正利用は作物生産の持続性を高め, 環境保全に貢献する. PICSみやぎ10周年記念シンポジウム 「コンポスト科学—環境の時代の研究最前線—」出版記念, 東北大学大学院農学研究科, 7月9日, 要旨集, 16-28.
  • 美濃島秀臣・南出圭祐・浅木直美・山本岳彦・齋藤雅典・伊藤豊彰 (2015) 生ゴミアシドロコンポストの特性と雑草抑制効果. PICSみやぎ10周年記念シンポジウム 「コンポスト科学—環境の時代の研究最前線—」出版記念, 東北大学大学院農学研究科, 7月9日, 要旨集, 41-45.
  • 伊藤豊彰 (2015) 主に夏期高温条件での水稲の収量,品質に対するケイ酸資材の効果. 平成27年産酒米作柄検討会 (松山町酒米研究会), 大崎市, 12月11日.
  • 美濃島秀臣・宇野亨・齋藤雅典・伊藤豊彰 (2015) 生ゴミアシドロコンポストの乳酸以外の生育阻害成分の単離・同定. 2014年度PICS・みやぎ研究成果報告会, 東北大学大学院農学研究科, 3月24日.
  • 齋藤雅典 (2015) 農業の環境評価方法:現状と将来. 第5回農業環境インベントリー研究会, つくば国際会議場, 2月26日.
  • 早坂由真・古屋聡・渡部智寛・伊藤豊彰 (2015) 地域の安全と環境を守る農業—その活性化について考える. 国連防災世界会議 パブリックフォーラム (Model Village をつくろうー新しい農業と安心・安全で豊かな農村の姿を目指して), 仙台市, 3月14−18日.

2014年

原著論文
  • Bautista, E.G., Saito, M., Regalado, M.J.C. (2014) Performance of an updraft rice husk gasifier system for powering village rice mills in the Philippines, Journal of Food, Agriculture and Environment 12(2): 831-835.
  • Funamoto, R., Saito, K., Oyaizu, H., Aono, T. Saito, M. (2014) pH measurement of tubular vacuoles of an arbuscular mycorrhizal fungus, Gigaspora margarita, Mycorrhiza 25: 55-60.
  • Komiyama, T., T. Ito and M. Saigusa (2014) Measurement of the maximum amount of water-extractable phosphorus in animal manure compost by continuous and sequential water extraction. Soil Science and Plant Nutrition, 60: 196-207.
  • Komiyama T., T. Ito and M. Saigusa (2014) Effects of phosphorus-based application of animal manure compost on the yield of silage corn and on soil phosphorus accumulation in an upland Andosol in Japan. Soil Science and Plant Nutrition, 60: 863-873.
  • Nakao, A., S. Ogasawara, O. Sano, T. Ito, J. Yanai (2014) Radiocesium sorption in relation to clay mineralogy of paddy soils in Fukushima, Japan. Science of the Total Environment, 469: 523-529.
  • Ando, S., T. Ito, T. Kanno, T. Kobayashi, T. Morikawa, K. Honda, S. Tsushima and H. Takahashi (2014) Impact of organic crop management on suppression of bacterial seedling diseases in rice. Organic Agriculture, 4: 187-196.
  • Ogura, S., Suzuki, T., Saito, M. (2014) Distribution of radioactive cesium in soil and its uptake by herbaceous plants in temperate pastures with different management after the Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Station accident. Soil Science and Plant Nutrition, 60(6): 790-800.
  • Yamamoto, T., K. Minamide, N. Asagi, T. Uno, M. Saito and T. Ito (2014) New function of Compost: Inhibitory effect of Acidulo®compost on weed germination and growth,. Journal of Integrated Field Science, 11: 43-50.
  • Gao, X., M. Okubo, N. Maruoka, H. Shibata, T. Ito and S. Kitamura (2014) Production and utilisation of iron and steelmaking slag in Japan and the application of steelmaking slag for the recovery of paddy fields damaged by Tsunami. Journal of Mineral Processing and Extractive Metallurgy. http://www.maneyonline.com/doi/abs/10.1179/1743285514Y.0000000068

その他の論文等
  • 伊藤豊彰・平井英明 (2014) 日本の統一的土壌分類体系第二次案の概要と課題. 日本土壌肥料学会編 土壌分類とインベントリー, 博友社, 58-85.
  • 伊藤豊彰 (2014) 津波被災農地の土壌調査と菜の花. 東北大学菜の花プロジェクト 編 菜の花サイエンス: 津波塩害農地の復興, 東北大学出版会, 55-65.
  • 伊藤豊彰 (2014) 津波被災水田における除塩後の作物生産上の問題と対策. ペドロジスト, 58: 51—58.
  • 伊藤豊彰 (2014) リン酸組成に着目した家畜糞堆肥リン酸の積極的利用法. 最新農業技術, 土壌施肥 第6巻, 農文協, 69-74.
  • 美濃島秀臣・宇野亨・齋藤雅典・伊藤豊彰 (2014) 生ゴミアシドロコンポストと好気性発酵コンポストのリン酸および陽イオンの溶解性評価. コンポスト総合研究プロジェクト(PICS)平成25年度成果報告書, 30-41.
  • 齋藤雅典 (2014) アーバスキュラー菌根菌接種技術の可能性. 日本草地学会誌, 59(4): 274-276.
  • 齋藤雅典 (2014) 菜の花の様々な利用. 東北大菜の花プロジェクト 編 菜の花サイエンス: 津波塩害農地の復興, 東北大出版会, 11-13.
  • 齋藤雅典 (2014) 土壌の塩害を微生物で修復できるか. 東北大菜の花プロジェクト 編 菜の花サイエンス: 津波塩害農地の復興, 東北大出版会, 79-80.
  • Saito, M., Tsukada, H., Yamaguchi, N. (2014) Preface to the special section “Contamination of Agro-Environment and Forestry with Radionuclides from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station”, Soil Science and Plant Nutrition, 60(6): 749-750.
  • 田島亮介 (2014) ImageJを用いた画像解析による根長の評価. 根の研究, 23: 75-81.

国内学会発表
  • 高旭・大久保道正・丸岡伸洋・柴田浩幸・北村信也・伊藤豊彰 (2014) 空気飽和水溶液への製鋼スラグ系肥料の溶出挙動. 日本鉄鋼協会講演大会, 東京工業大学, 東京, 3月22—24日.
  • 原新太郎・宇野亨・田島 亮介・伊藤 豊彰・齋藤 雅典 (2014) AM菌菌糸圏のフィチン態リン含有アルギン酸ビーズにおいて優占するフィチン分解菌. 土壌肥料学会2014年大会, 東京農工大, 9月9-11日
  • 原新太郎・宇野亨・田島 亮介・伊藤 豊彰・齋藤 雅典 (2014) アルギン酸ビーズを利用したフィチン酸分解菌の局所的集積培養. 環境微生物系学会合同大会2014, 浜松, 10月21-24日.
  • 伊藤豊彰・茄子川恒・齋藤雅典・北村信也 (2014) 製鋼スラグ系肥料による海水流入・除塩水田の生産力改善. 日本鉄鋼協会講演大会, 東京工業大学, 3月22—24日.
  • 伊藤豊彰 (2014) 津波被災水田における除塩後の作物生産上の問題と対策. 第37回農薬残留分析研究会, 仙台国際センター, 10月16日.
  • 丸岡伸洋・大久保道正・高旭・柴田浩幸・北村信也・伊藤豊彰 (2014) 湛水土壌中おける製鋼スラグ系肥料の長期溶出挙動. 日本鉄鋼協会講演大会, 東京工業大学, 3月22—24日.
  • 茄子川恒・宇野亨・齋藤雅典・田島亮介・伊藤豊彰 (2014) 除塩土壌における製鋼スラグの水稲生育・収量改善効果. 日本土壌肥料学会, 東京農工大学, 小金井市, 9月9—11日.
  • 齋藤雅典 (2014) アーバスキュラー菌根共生系の機能と生態. 植物感染生理談話会, 作並, 8月6-8日, 論文集49: 39-43.
  • 櫻田史彦・宇野亨・齋藤雅典・田島亮介・伊藤豊彰 (2014) 有機栽培水田における水稲と雑草の生育に対するイトミミズ類の効果. 日本土壌肥料学会, 東京農工大学, 小金井市, 9月9—11日.
  • 鈴木貴恵・田島亮介・原新太郎・清水利規・宇野亨・伊藤豊彰・齋藤雅典 (2014) リン酸肥沃度の高い圃場におけるアーバスキュラー菌根菌:ネギへの接種効果と土着AM菌の分離, 環境微生物系学会合同大会2014, 浜松, 10月21-24日
  • 田島亮介・Lionel Dupuy (2014) イネ根系形成のシミュレーションモデル化の試み. 第41回根研究集会, 名古屋大学, 9月6日, 根の研究, 23: 120.
  • 對馬啓太・齋藤雅典・田島亮介・宇野亨・伊藤豊彰 (2014) 有機栽培水稲の収量・品質に対するケイ酸施用効果, 平成26年度日本土壌肥料学会東北支部大会 (東北大学片平さくらホール, 仙台市, 7月7-8日)
  • 鎗山純・對馬誠也・吉田重信・伊藤豊彰・高橋英樹・安藤杉尋 (2014) 有機栽培育苗土由来土壌細菌の混合施用によるイネもみ枯細菌病抑制効果の検討. 日本植物病理学会東北部会 (いわて県民情報交流センター, 盛岡市, 9月25日-26日)

国際学会発表
  • Bautista, E. G., Saito, M. (2014) Greenhouse Gas Emission of Rice Production System in the Philippines based on Life Cycle Inventory Analysis. Ecobalance 2014 International Conference, Tsukuba, October 27-30.
  • Saito, M. (2014) Future perspectives on LCA in agriculture: Lessons from the research in Japan. Ecobalance 2014 International Conference, Tsukuba, October 27-30.
  • Gao, X., M. Okubo, N., Maruoka, H., Shibata, T., Ito and S. Kitamura (2013) Recovery of paddy field damaged by Tsunami and earthquake using steelmaking slag. 3rd Slag Valorisation Symposium, KU Leuven, Belgium, March 19-20.
  • Hara, S., Shimizu, T., Uno, T., Tajima, R., Ito, T., Saito, M. (2014) Phosphorous Uptake via Am Fungi from Phytate in Organic Matter: Possible Involvement of Phytate Degrading Bacteria. 20th World Congress of Soil Science, Cheju, Korea, June 8-13.
  • Hoshino, T., Uno, T., Tajima, R., Ito, T., Saito, M. (2014) Vertical Distribution of Radiocesium in Pasture Soils after Pasture Renovation. 11th International Symposium of Integrated Field Science, Sendai, Tohoku University, September 29-30
  • Kitamura S., Ito, T. (2014) Recovery of paddy fields damaged by tsunami and earthquake using steelmaking slag. 2nd International Symposium on Advanced Sustainable Iron and Steel Making, Fiesta Americana Condesa Cancun All Inclusive Resort, Cancun, Mexico, June 29 - July 04.
  • Matsuoka, C., Uno, T., Tajima, R., Ito, T., Saito, M. (2014) Temperature Dependency of Soil Nitrogen Mineralization in an Andosol is Affected by Phosphate Availability. 20th World Congress of Soil Science, Cheju, Korea, June 8-13.
  • Nakai Y., T. Nishio, H. Kitashiba, M. Nanzyo, M. Saito, T. Ito, M. Omura, M. Abe and Y. Ogushi (2014) The Agri-Reconstruction Project and Rapeseed Project for Restoring Tsunami-Salt-Damaged Farmland after the GEJE, An institutional effort. Japan Geoscience Union Meeting 2014, PACIFICO Yokohama, April 28 May 2.
  • Nakai Y., T. Nishio, H. Kitashiba, M. Nanzyo, M. Saito, T. Ito, M. Omura, M. Abe, Y. Ogushi (2014) The Agri-Reconstruction Project and Rapeseed Project for Restoring Tsunami-Salt-Damaged Farmland after the GEJE- An institutional effort. Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting (AOGS2014), Sapporo, July 28 - August 2.
  • Ogura, S., Suzuki, T., Saito, M. (2014) Distribution of Radioactive Cesium in Soil and Its Uptake by Herbaceous Plants in Temperate Pastures with Different Management after Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant Accident. 20th World Congress of Soil Science, Cheju, Korea, June 8-13.
  • Saito, M. Hidden facilitator in soil: Role of arbuscular mycorrhizal fungi. The 6th EAFES International Congress, Haikou, China, April 9-11.

  • 学会以外の発表等
    • 伊藤豊彰 (2014) 水田の特別な機能と有機栽培水田でのイトミミズの役割. 宮城県立加美農業高校学習研究発表会記念講演, 中新田文化会館, 加美町, 1月24日
    • 伊藤豊彰 (2014) 転炉石灰による津波被災・除塩水田の土壌改良. 新農耕法研究会, 仙台ファーストタワービル, 仙台市, 2月8日.
    • 伊藤豊彰 (2014) 冬期湛水・有機栽培水田における土壌養分の可給性とイトミミズ類の影響. 平成25年度関東東海北陸地域農業試験研究推進会議北陸農業部会 北陸土壌肥料技術研究会, 中央農業研究センター北陸研究センター, 上越市, 2月28日.
    • 伊藤豊彰・茄子川恒・北村信也 (2014) 製鋼スラグ系肥料による津波被災・除塩水田の生産力改善. 農業の早期復興に向けた試験研究成果報告会—宮城県試験研究機関・東北大学大学院農学研究科連携プロジェクト成果発表会, 宮城県古川農業試験場, 大崎市, 3月5日.
    • 伊藤豊彰・小宮山鉄兵・橋本三尚 (2014) 牛ふん堆肥のカリウムベース施用の効果. 2013年度PICS・みやぎ研究成果報告会, 東北大学大学院農学研究科, 仙台市, 3月11日.
    • 美濃島秀臣・宇野亨・齋藤雅典・伊藤豊彰 (2014) 生ゴミアシドロコンポストと好気性発酵コンポストのリン酸および陽イオンの溶解性評価. 2013年度PICS・みやぎ研究成果報告会, 東北大学大学院農学研究科, 仙台市, 3月11日.
    • 伊藤豊彰 (2014) 東日本大震災からの農業復興を支援する農学—津波被災農地の復旧における土壌学の役割. 出前授業, 青森県立弘前高校, 9月19日.
    • 伊藤豊彰 (2014) CoolでHotな米づくり. 東北大学PICS公開セミナー・フィールドセンター開放講座2014, 東北大学大学院農学研究科附属フィールドセンター, 大崎市, 10月4日.
    • 伊藤豊彰 (2014) 水稲の有機栽培と冬期湛水—生きものを大切にする農法, その価値. 出前講義, 桜美林大学, 12月8日.

    2013年

    原著論文
    • Xiaobo Li, Yongqiu Xia, Yuefei Li, Todd M. Kana, Sooko D. Kimura, Masanori Saito, Xiaoyuan Yan. (2013) Sediment denitrification in waterways in a rice-paddy-dominated watershed in eastern China. Journal of Soils and Sediments. 13: 783-792.
    • Zhihua Bao, Yuko Matsushita, Sho Morimoto, Yuko Takada Hoshino, Chika Suzuki, Kazunari Nagaoka, Makoto Takenaka, Hiroharu Murakami, Yukiko Kuroyanagi, Yasufumi Urashima, Hiroyuki Sekiguchi, Atsuhiko Kushida, Koki Toyota, Masanori Saito, Seiya Tsushima. (2013) Decrease in fungal biodiversity along an available phosphorous. Canadian Journal of Microbiology 59: 368-373.
    • 田島亮介・山本岳彦・大村道明・中井裕・伊藤豊彰・齋藤雅典 (2013) 水産加工廃棄物由来アシドロコンポストの製造・利用段階における温室効果ガス排出量の評価. 日本LCA学会誌, 9: 340-348.
    • 稲生栄子・上山啓一・森谷和幸・今野知佐子・小野寺和英・島秀之・伊藤豊彰・菅野均志 (2013) 東日本大震災による津波堆積物の化学的性質 (宮城県南部) , 宮城農園研報告, 81:63-87
    • Tajima, R., T. Suzuki and C. Tada. 2013. Environmental Impacts of Methane Fermentation System Using Hot Springs. Journal of Integrated Field Science. 10. 7-15.
    • Kato, Y., R. Tajima, K. Homma, A. Toriumi, J. Yamagishi, T. Shiraiwa, P. Mekwatanakarn and B. Jongdee. 2013. Root growth response of rainfed lowland rice to aerobic conditions in northeastern Thailand. Plant Soil. 368. 557-567.
    • Tajima, R. and Y. Kato 2013. A Quick Method to Estimate Root Length Distribution in Diameter Classes by Using Freeware ImageJ. Plant Production Science. 16. 9-11.

    その他の論文等
    • 齋藤雅典 (2013) アーバスキュラー菌根菌の分類. 日本菌学会 編 菌類の事典, 朝倉書店, 東京.
    • 伊藤豊彰 (2013) 土壌有機態リン酸の活用, 土づくりとエコ農業 (日本土壌協会) , 45(2): 2-9
    • 中井 裕・西尾剛・北柴大泰・南條正巳・齋藤雅典・伊藤豊彰・大村道明 (2013) 食・農・村の復興支援プロジェクトと津波塩害農地復興のための菜の花プロジェクト, 環境バイオテクノロジー学会誌, 13: 39-46.

    国際学会発表
    • Saito K., Osada Y., Nakiri K., Saito M., Ezawa, T. (2013) A purple acid phosphatase LjPAP3 involves involved in P nutrition of arbuscular mycorrhizal symbiosis in Lotus japonicus. 7th International Conference on Mycorrhiza, New Delih, India.
    • Saito M. (2013) Soil Microbiology and Green House Gases: Historical View of Japanese Society of Soil Microbiology. 42nd Annual Convention of Philippine Society for Microbiology Tagaytay, Phillipine.
    • Saito M. (2013) Effect of biochar on crop growth: current research topics in Japan. 3rd Collaborative Workshop on Biochar. Curitiba, Brasil.
    • Saito M. (2013) Effect of Biochar on Crop Growth: Research in Japan. 11th International Symposium on Integrated Field Science. Matsushima, Japan.
    • T. Ito, T. Yokota, N. Tanikawa and M. Saigusa (2013) Phosphate bioavailability of animal manure composts is higher in paddy soil than in upland soil, The 11th International Symposium on Integrated Field Science (Hotel Taikanso, Matsusima, Japan, August 1)
    • T. Yamamoto, K. Minamide, N. Asagi, T. Uno, M. Saito and T. Ito (2013) New function of Compost: Inhibitory effect of Acidulo®compost on weed germination and growth, The 11th International Symposium on Integrated Field Science (Hotel Taikanso, Matsusima, Japan, August 1)
    • Nasukawa H., T. Uno, M. Saito, R. Tajima and T. Ito. 2013. Effects of bottom sediment-like tsunami deposit on soil and paddy rice growth. The 11th International Symposium of Integrated Field Science, Matsushima, Japan. (1/Aug/2013-2/Aug/2013)
    • Tajima, R., T. Yamamoto, Y. Omura, Y. Nakai, T. Ito and M. Saito. 2013. Assessment of greenhouse gas emissions of the production and utilization of acidulocompost from fish meal. The 11th International Symposium of Integrated Field Science, Matsushima, Japan. (1/Aug/2013-2/Aug/2013)
    • Sakurada, F., T. Uno, R. Tajima, M. Saito and T. Ito. 2013. Positive effects of tubificid worms on rice growth and yield in organic farming. The 11th International Symposium of Integrated Field Science, Matsushima, Japan. (1/Aug/2013-2/Aug/2013)
    • Hara, S., T. Shimizu, Uno, R. Tajima, T. Ito and M. Saito. 2013. Phosphorus uptake from organic matter via AM fungi -Possible involevment of phyte-degrading bacteria-. The 11th International Symposium of Integrated Field Science, Matsushima, Japan. (1/Aug/2013-2/Aug/2013)

    学会以外の発表等
    • 齋藤雅典 (2013) ダイズ栽培研究の今昔. 東北農業試験研究推進会議畑作物栽培研究会, 宮城
    • 伊藤豊彰 (2013) 気候変動にも強い良質米安定生産のための土づくりと施肥技術, 気候変動に対応した水稲高品質安定生産セミナー (古川農業試験場, 大崎市, 1月22日)
    • 伊藤豊彰 (2013) 東北大学農学研究科の震災復興支援の取組みと津波被災水田の修復に向けた技術的課題, 平成24年度東北農業試験研究推進会議生産環境推進部会. 土壌肥料研究会 (東北農業研究センター, 盛岡市, 1月30日)
    • 伊藤豊彰 (2013) 津波被災水田復旧のための除塩後の土壌肥料学的課題, 新農耕法研究会 (仙台ファーストタワービル, 仙台市, 2月9日)
    • 伊藤豊彰 (2013) 津波被災水田を修復するための土壌肥料学的課題, 東北農業土木技術士会 (宮城県土地改良会館, 仙台市, 2月19日)
    • 伊藤豊彰 (2013) 気候変動にも強い良質米安定生産のための土づくりと施肥技術, JA栗っこ生産者大会 (栗っこ農業協同組合築館支店, 築館市, 3月13日)
    • 伊藤豊彰 (2013) 製鋼スラグによる津波被災農地の土壌生産力回復, 東北大学多元物質科学研究所ベースメタル研究ステーションワークショップ「鉄鋼スラグを利用した被災農地の再生」 (東北大学多元物質科学研究所, 仙台市, 6月6日)
    • 伊藤豊彰 (2013) 非アロフェン質黒ボク土の特性, 生成, 生産性, 九州沖縄農業研究センターン主催「久住・阿蘇地域に分布する非アロフェン質黒ボク土の特徴と土壌管理」セミナー (大分県農林水産研究指導センター畜産研究部, 竹田市, 10月10日)
    • 伊藤豊彰 (2013) 津波被災農地・除塩後の土壌肥料学的課題, 農業の早期復興に向けた試験研究成果報告会—宮城県試験研究機関・東北大学大学院農学研究科連携プロジェクト (宮城県農業園芸総合研究所, 名取市, 2月22日)
    • 齋藤雅典,土と植物をつなぐ菌根菌の不思議.河北新報「科学の泉」(全6回 11月26日-12月1日 )

    2012年

    原著論文
    • Yasuno, N., Shikano, S., Muraoka, A., Shimada, T., Ito, T., Kikuchi, E., Seasonal increase of methane in sediment dreases δ13C of larval chironomids in a eutrophic shallow lake, Limnology, 13:107-116 (2012)
    • Kimura, S. D., Yan, X-Y., Hatano, R., Hayakawa, A., Kohyama, K., Ti C-P., Deng M-H., Hojito, M., Itahashi, S., Kuramochi, K., Cai, Z.C., and Saito, M. Influence of Agricultural Activity on Nitrogen Budget in Chinese and Japanese Watersheds, Pedosphere, 22(2):137-151 (2012)
    • Sato, Y., Ohta, H., Yamagishi, T., Guo, Y., Nishizawa, T., Ragman, M. H., Kuroda, H., Kato, T., Saito, M., Yoshinaga, I., Inubushi, K., and Suwa, Y., Detection of anammox activity and 16S rRNA genes in ravine paddy field soil, Microbes and Environment, 27(3):316-319 (2012)
    • Liu, D., C. Suekuni, K. Akita, T. Ito, M. Saito, T. Watanabe, M. Kimura and S. Asakawa: Effect of winter-flooding on methanogenic archaeal community structure in paddy field under organic farming. Soil Science and Plant Nutrition, 58:553-561 (2012)
    • 鈴木崇司, 田島亮介, 多田千佳 2012. 温泉熱を利用した小規模メタン発酵システムの調査と基礎実験. 日本エネルギー学会誌. 91, 892-899.

    その他の論文等
    • 伊藤豊彰, 生きものを育む 田園自然の再生, 第2章 (巻頭論文 生きものと共生できる農, 生きもの保全活動をすすめよう) 22頁~29頁, 農山漁村文化協会 (2012)
    • 伊藤豊彰, 菅野均志, 最新農業技術 土壌施肥第4巻 東日本大震災の農地汚染に挑む, 津波, 高潮による農地被害の原因と修復の考え方 9頁~20頁, 農山漁村文化協会 (2012)
    • 齋藤雅典, 津波による農耕地土壌への被害 -東北大学・国際シンポジウム「土壌と環境」の報告から-, GREEN AGE, 2012年1月号:44-46 (2012)
    • 齋藤雅典・山田明義・松田陽介・大和政秀:菌類による放射性セシウムの吸収・蓄積, 化学と生物, 50 (10) , 998-1001 (2012)
    • 齋藤雅典, 学会の新たな発展のために, 土と微生物, 66:1 (2912)

    国内学会発表
  • 伊藤豊彰, 日本の統一的土壌分類体系第二次案の概要と課題, 日本土壌肥料学会シンポジウム (鳥取大学, 鳥取市, 9月4-6日)
  • 齋藤雅典, 東日本大震災:食・農・村の復興支援ー東北大学の挑戦ー, 根研究会2012年度大会 (川渡セミナーセンター, 宮城県大崎市, 6月15日)
  • 鈴木崇司・田島亮介・多田千佳, 温泉熱を利用した小規模メタン発酵システムの開発, 第7回日本バイオマス科学会議 (岩手県民情報交流センター, 盛岡市, 1月19日)
  • 田島亮介・鈴木崇司・多田千佳, 温泉熱を利用した小規模メタン発酵システム導入の環境影響評価, 第7回日本LCA学会研究発表会 (東京理科大学 野田キャンパス, 野田市, 3月7日) (ポスター発表)
  • 鈴木崇司・田島亮介・多田千佳, 観光客参加型食べ残し温泉メタン発酵の導入のための研究, 第46回日本水環境学会 (東洋大学 白山第二キャンパス, 東京都, 3月14日)
  • 鳥海 明子, 本間 香貴, Boonrat Jongdee, 白岩 立彦, 山岸 順子, Poonsak Mekwatanakarn, 森塚 直樹, 田島亮介, 加藤 洋一郎, 東北タイ天水田における土壌養分動態と稲の養分吸収の関係, 日本作物学会第233回講演会 (東京農工大学農学部, 東京都, 3月29日)
  • 清水利規, 宇野亨, 田島亮介, 伊藤豊彰, 齋藤雅典, トマト苗に高い共生能を示すアーバスキュラー菌根菌の選抜, 日本土壌微生物学会2012年度大会 (神戸大学, 神戸市, 6月23日~6月24日) (ポスター発表)
  • 山本岳彦, 宇野亨, 田島亮介, 齋藤雅典, 伊藤豊彰, 生ゴミアシドロコンポストの雑草防除効果とキャベツ苗の生育への影響, 日本土壌肥料学会東北支部大会 (青森県観光物産館アスパム, 青森市, 7月4日~7月5日) (ポスター発表)
  • 伊藤豊彰, 後藤尭行, 鈴木貴恵, 宇野亨, 齋藤雅典, 新良力也, 水田土壌における活性アルミニウム, 鉄による数種の可給態リン酸値の相互関係の解析, 日本土壌肥料学会東北支部大会 (青森県観光物産館アスパム, 青森市, 7月4日~7月5日)
  • 秋田和則, 千葉ゆか, 菅野均志, 高橋正, 南條正巳, 齋藤雅典, 伊藤豊彰:平成23年 (2011年) 東北地方太平洋沖地震津波の宮城県沿岸部農地への影響−津波堆積物の可酸化性硫黄−, 日本土壌肥料学会 (鳥取大学, 鳥取市, 9月4-6日)
  • 後藤尭行, 鈴木貴恵, 宇野亨, 田島亮介, 齋藤雅典, 新良力也, 伊藤豊彰:化学性の異なる水田土壌における水稲生育と各種可給態リン酸値の関係, 同上
  • 加茂弘大, 對馬啓太, 秋田和則, 宇野亨, 田島亮介, 齋藤雅典, 伊藤豊彰:ケイ酸供給能の異なる土壌におけるポリシリカ鉄浄水発生土の水稲生育への影響, 同上
  • 對馬啓太, 加茂弘大, 秋田和則, 宇野亨, 田島亮介, 齋藤雅典, 伊藤豊彰:水稲の有機栽培におけるポリシリカ鉄浄水発生土等のケイ酸資材の効果, 同上
  • 齋藤雅典, 鈴木貴恵, 宇野亨, 田島亮介, 伊藤豊彰:東北大学フィールドセンター牧草地における放射性セシウムの分布状況, 同上

  • 国際学会発表
    • Tajima, R., K. Kamo, K. Tsushima, A. Mashiko, T. Ito and S. Saito. 2012. The Dynamics of Paddy Rice Roots in Organic Farming, ISRR2012, (Dundee, U. K. , 25-30, June, 2012)
    • Tsushima, S., Matsushita,Y., Bao, Y., Ikunaga, Y., Nagase,H., Yoshida, S. and Saito, M. Environmental DNA Database for Agricultural Soils (eDDASs). (2012), FFTC-TUA International Seminar on Emerging Infectious Diseases of Food Crops in Asia, (Taipei, Taiwan, October, 2012)
    • Bautista, E.G., Saito, M. and Regalado, M.J.C., Evaluation of the Philrice’s up-draft rice husk gasification for power generation, 10th Ecobalance International Conference (Keio Univ., Yokohama, 20-23 November, 2012)

    学会以外の発表等
    • 齋藤雅典, 農用地に対する放射能汚染の実態と対策, 池月道の駅講演会 (大崎市, 2月20日)
    • 伊藤豊彰:大津波が農耕地土壌に与えた影響とその対策, 亘理地域における塩害技術対策研修会, 亘理農業改良普及センター主催, 場所:亘理名取農業共催会館, 1月26日
    • 伊藤豊彰, 菅野均志, 南條正巳, 高橋正, 齋藤雅典:東北地方太平洋沖地震津波によって被災した農地の問題と対策—宮城県・東北大学合同広域土壌調査の結果より, 新農耕法研究会 (仙台市, 2月11日)
    • 伊藤豊彰:津波堆積泥土に含まれる硫黄化合物の問題, 宮城県試験研究機関・東北大学農学研究科連携プロジェクト「農業の早期復興に向けた研究成果報告会」, 宮城県農業関係試験研究機関・東北大学大学院農学研究科共催, 場所:東北大学農学部, 2月22日
    • 伊藤豊彰:PSI浄水発生土の水稲に対する施用効果と津波塩害農地改良資材としての適用可能性, 第6回PSI環境フォーラム, 特定非営利活動法人ポリシリカ鉄協会主催, 場所:ホテル・マリナーズコート東京, 2月23日
    • 伊藤豊彰:これからの環境保全型農業—土と生き物にもやさしい農業, 平成23年度みやぎの人と環境にやさしい農業推進セミナー, 宮城県主催, 場所:宮城県古川農業試験場, 3月21日
    • 伊藤豊彰:津波塩害農地を復旧するために必要なことー土の科学と水田の多面的機能への認識, 出前授業 (ユニバーサイエンス講座) , 公益財団法人東北活性化研究センター主催, 場所:福島市松韻学園福島高等学校, 6月21日
    • 伊藤豊彰:水田土壌の科学と水田の多面的機能, 出前授業と実習, 仙台市向山高校, 仙台市向山高校理数科主催, 場所:東北大学大学院農学研究科フィールドセンター, 6月22日
    • 伊藤豊彰:水田土壌の科学と公益的機能—水田とお米を大切にする意義を理解する, 出前授業 (古川黎明高校SSH) , 古川黎明高校主催, 場所:東北大学大学院農学研究科フィールドセンター, 6月26日
    • 伊藤豊彰:2011年東北地方太平洋沖地震津波による水田被災状況とその修復に向けた転炉スラグの活用, 第38回的場記念川渡セミナー, 東北大学的場記念川渡セミナー開催委員会主催, 場所:東北大学川渡セミナーセンター, 8月23日
    • 伊藤豊彰:“環境にやさしく, 持続的な農業”の時代—土・堆肥の重要性と有機農業を考える, 大学公開講座, 東北大学大学院農学研究科フィールドセンター主催, 場所:東北大学大学院農学研究科フィールドセンター, 9月29日
    • 伊藤豊彰:津波被災農地の復旧に向けてー除塩後の土壌肥料学的課題, 農業・農村の地域再生に関する技術シンポジウム, 農研機構農村工学研究所・東北大学大学院農学研究科共催 (東北大学百周年記念会館 川内萩ホール, 仙台市, 11月15日)
    • 伊藤豊彰:水田土壌の津波被害と対策, 震災農地の再生に向けた技術研修会, 宮城県石巻農業改良普及センター主催, 場所:石巻市河北総合センター, 12月14日
    • 齋藤雅典, 東日本大震災からの復興と食品残渣を活用した地域活性化の試みー東北大学の挑戦ー, 第6回東北農研セミナー (東北農研センター, 盛岡市, 10月5日)

    2011年

    原著論文
    • Saito M., Oba H., Kojima T. (2011) Effect of nitrogen on the sporulation of arbuscular mycorrhizal fungi colonizing several gramineous plant species. Soil Science and Plant Nutrition, 57(1): 29-34.
    • H. Takahashi, H. Sekiguchi, T. Ito, M. Sasahara, N. Hatanaka, A. Ohba, S. Hase, S. Ando, H. Hasegawa, S. Takenaka: Microbial community profiles in intercellular fluid of rice. Journal of General Plant Pathology, 77(2), 2011, 121-131.
    • Tajima, R. and Y. Kato: Comparison of threshold algorithms for automatic image processing of rice roots using freeware ImageJ. Field Crops Research, 121, 2011, 460-463.
    • Koga, N. and R. Tajima: Assessing energy efficiencies and greenhouse gas emissions under bioethanol-oriented paddy rice production in northern Japan. Journal of Environmental Management, 92, 2011, 967-973.

    その他の論文等
    • 伊藤豊彰, 農学生命科学を学ぶための入門生物学, 第6章 (地球環境の変化と生態系の保全) 221頁~232頁, 東北大学出版会 (2011)
    • 伊藤豊彰, 川瀬莉奈, 原宏太, 今智穂美, 冬期湛水・有機栽培水田の土壌動物:イトミミズの生態と機能, 土と微生物, 65(2):94-99 (2011)
    • 伊藤豊彰, 木川直人, 三枝正彦, 黒ボク土におけるリン酸収着と土壌リン酸の可給性―アロフェン質黒ボク土と非アロフェン質黒ボク土の違いに注目して, ペドロジスト, 55(2):84-88 (2011)
    • 伊藤豊彰, 津波・高潮による農地被害の実態および塩害の原因と対策, 東北の雑草, 11:23-35 (2011)
    • 齋藤雅典, リン資源の枯渇と農業生産への有効利用, 生物の科学・遺伝, 65(5):32-38 (2011)
    • 齋藤雅典, 東北大学フィールドセンターから見た震災, ビオフィリア, 特別号:24-26 (2011)
    • 山本岳彦, 宇野亨, 齋藤雅典, 伊藤豊彰:生ゴミアシドロコンポストの畑雑草抑制機構の解明 (2) —植物生育抑制物質の探索—, 東北大学コンポスト総合科学研究プロジェクト (PICS) 平成22年度成果報告書, 38-47 (2011)

    国内学会発表
    • 伊藤豊彰, 津波・高潮による農地被害の実態および塩害の原因と対策, 東北雑草研究会2011年度大会 (青森国際ホテル, 青森市, 6月27日~6月28日)
    • 伊藤豊彰, 津波による農地の塩害―実態, 原因, 除塩, 日本土壌肥料学会東北支部2011年度大会 (マリオス盛岡地域交流センター, 盛岡市, 7月6日~7月7日)
    • 伊藤豊彰, 川瀬莉奈, 原宏太, 今智穂美, 冬期湛水・有機水田の土壌動物:イトミミズの生態と機能, 日本土壌微生物学会 2011年度大会 (宮城県大崎市鳴子公民館, 大崎市, 11月24日~11月26日)
    • 伊藤豊彰, 宮城県における津波被災土壌の実態と塩害対策に関する考察, 日本土壌微生物学会 2011年度大会 (宮城県大崎市鳴子公民館, 大崎市, 11月24日~11月26日)
    • 齋藤雅典, 東日本大震災:食・農・村の復興支援ー東北大学の挑戦ー, 食品科学工学会第58回大会 (東北大学, 仙台市, 9月11日)
    • 伊藤豊彰, 水田土壌の可給態リン酸の動態に及ぼす収着母体の影響, 日本土壌肥料学会2011年度大会 (つくば国際会議場, つくば市, 8月8日~8月10日)
    • 伊藤豊彰, リン酸ベースによる家畜ふん堆肥施用法による環境負荷軽減, 日本土壌肥料学会2011年度大会 (つくば国際会議場, つくば市, 8月8日~8月10日)
    • 伊藤豊彰, 木川直人, 三枝正彦, 黒ボク土におけるリン酸収着と土壌リン酸の可給性―アロフェン質黒ボク土と非アロフェン質黒ボク土の違いに注目して, 日本ペドロジー学会2011年度大会 (帯広畜産大学, 帯広市, 9月1日~9月3日)
    • 山本岳彦, 宇野亨, 齋藤雅典, 伊藤豊彰, 生ゴミアシドロコンポストに含まれる植物生育抑制物質の同定, 日本土壌肥料学会2011年度大会 (つくば国際会議場, つくば市, 8月8日~8月10日) (ポスター発表)
    • 柏倉まや, 東純子, 宇野亨, 田島亮介, 伊藤豊彰, 齋藤雅典, 土壌蓄積リンの有効利用:ソバを原料とする有機資材中のリンの可給性, 日本土壌肥料学会2011年度大会 (つくば国際会議場, つくば市, 8月8日~8月10日) (ポスター発表)
    • 秋田和則, 伊藤豊彰, 昆野安彦, 宇野亨, 冬期湛水・有機栽培水田における水生生物 宮城県大崎市でのケーススタディ, 日本土壌肥料学会2011年度大会 (つくば国際会議場, つくば市, 8月8日~8月10日) (ポスター発表)
    • 鈴木貴恵, 宇野亨, 田島亮介, 伊藤豊彰, 齋藤雅典, リン酸肥沃度の高い圃場におけるアーバスキュラー菌根菌の接種がネギの生育・収量へ及ぼす効果, 日本土壌微生物学会 2011年度大会 (宮城県大崎市鳴子公民館, 大崎市, 11月24日~11月26日) (ポスター発表)
    • 秋田和則, 宇野亨, 齋藤雅典, 田島亮介, 伊藤豊彰, 冬期湛水・有機栽培が土壌養分動態, 水稲の生育・収量に及ぼす影響 東北大学フィールドセンターでの2 年間の圃場試験の結果, 日本土壌微生物学会 2011年度大会 (宮城県大崎市鳴子公民館, 大崎市, 11月24日~11月26日) (ポスター発表)
    • 田島亮介, 加藤洋一郎, ImageJを用いた効率的な画像解析による根長測定方法の開発とその検証, 日本作物学会第231回講演会 (東京農業大学農学部, 厚木市, 3月31日)

    国際学会発表
    • Tsushima, K., Uno, T., Tajima, R., Ito, T. Effects of silicate fertilizer application on growth and yield of rice with organic culture, 9th International Symposium on Integrated Field Science "Soil and Environment" (Tohoku university, Japan, Sendai, September 3~September 4) (ポスター発表)
    • Akita, K. , Uno, T. , Suzuki, K. , Tajima, R. , Saito, M. , Ito, T. , Aquatic Biota in Winter Flooded Paddy Field with Organic Farming -Case Study in Field Science Center, Tohoku University, Japan-, 9th International Symposium on Integrated Field Science "Soil and Environment" (Tohoku university, Japan, Sendai, September 3~September 4) (ポスター発表)
    • Yamamoto, T. , Uno, T. , Saito, M. , Ito, T. , Isolation of plant growth-inhibiting compounds from acidulocompost; a garbage compost processed under thermoacidophilic conditions, 9th International Symposium on Integrated Field Science "Soil and Environment" (Tohoku university, Japan, Sendai, September 3~September 4) (ポスター発表)
    • Tajima, R., Tsushima, K. , Kamo, K. , Ito, T. , and Saito, M. , Effect of PolySilicate-Iron sludge on rice roots at organic farming, The JSRR's 20th Anniversary Symposium (Tokyo university, Japan, Tokyo, November 6) (ポスター発表)
    • Azuma, J. , and Saito, M. , Determination of phytase labile organic phosphate in organic manures, 9th International Symposium on Integrated Field Science (Tohoku university, Japan, Sendai, September 3) (ポスター発表)
    • Goto, T., Experience as a member of JOCV in Caoson village, Vietnam, 9th International Symposium on Integrated Field Science (Tohoku university, Japan, Sendai, September 3) (ポスター発表)

    学会以外の発表等
    • 齋藤雅典, 農作物と放射性物質, 飼料作物増産対策研修会 (大崎市鬼首公民館, 9月6日)
    • 齋藤雅典, 農業におけるLCAとカーボンフットプリント, 近畿中国四国農業試験研究推進会議畜産草地部会問題別研究会 (福山市, 11月7日)
    • 齋藤雅典, 農業活動に由来するGHG排出量における肥料由来負荷の割合, 新農法研究会 (仙台市, 2月11日~2月12日)
    • 伊藤豊彰, ヘドロ状堆積物の硫化物による酸性化, 硫化水素害とその対策, 農研機構東北農業研究センターシンポジウム「津波被害農地の塩害対策技術」 (仙台市, 12月1日)
    • 齋藤雅典, 農用地に対する放射能汚染の実態と対策, 全農営農指導員シンポジウム (仙台市, 12月9日)
    • 伊藤豊彰:有機農業と冬期湛水農法に関する講演, 新潟県農業改良普及員研修, 場所:東北大学大学院農学研究科附属フィールドセンター, 1月14日
    • 伊藤豊彰:水田の生きものにやさしい水稲栽培をめざしてー冬期湛水・有機栽培ー, 農学カルチャー講座 (公開講座) , 東北大学大学院農学研究科主催, 場所:仙台市 (エルパーク仙台) , 1月 31日
    • 伊藤豊彰:環境保全型農業のための堆肥活用法 -持続的な作物生産と環境保全を両立させる, 出前授業, 場所:宮城農業高校, 2月 15日
    • 伊藤豊彰:自然生態系を活用した農業技術, 農業技術研修会, 山形県朝日町主催, 場所:山形県朝日町役場, 3月4日
    • 伊藤豊彰:ふゆみずたんぼは生きものを育むーイトミミズとトロトロ層にも注目して, 平成 22年度山形県有機農業技術研究会, 山形県主催, 場所:山形県新庄市 (山形県農業大学校) , 3月 9日
    • 伊藤豊彰:環境保全と生産持続性を調和させた水田農業技術, 農業技術講演会, 庄内水田農業振興機構主催, 場所:鶴岡市グランドエルサン, 9月13日
    • 伊藤豊彰:ふゆみずたんぼと堆肥の価値, 大学公開講座, 東北大学大学院農学研究科フィールドセンター主催, 場所:東北大学大学院農学研究科フィールドセンター, 10月1日
    • 伊藤豊彰:海水流入水田の特徴と塩害対策, 石巻地区塩害対策農家研修会, 石巻農業改良普及センター主催, 場所:石巻市河北総合センター, 11月16日
    • 伊藤豊彰:水田農業と環境保全・生物多様性保全, 宇都宮大学大学院農学研究科特別講義, 場所:宇都宮大学農学部, 11月17日-18日

    2010年

    原著論文
    • Yao, Q., Ohtomo, R. and Saito, M.: Influence of nitrogen and phosphorus on polyphosphate accumulation in Gigaspora margarita during spore germination, Plant and Soil, 330, 2010, 303-311.
    • 河野伸之・横山和平・齋藤雅典・丸本卓哉. : 荒廃土壌におけるススキの生育に及ぼす陸生ラン藻マット「イシクラゲ」施用の影響. 土と微生物, 64, 2010, 3-10.
    • 佐野大樹, 伊藤豊彰*, 安藤正, 南條正巳, 齋藤元也, 三枝正彦: 南東北地方の代表的な水田土壌の粘土鉱物組成. ペドロジスト, 54(2), 2010, 83-92.
    • 伊藤豊彰, 小宮山鉄兵, 三枝正彦, 森岡幹夫: 豚ぷんおよび鶏ふん堆肥のリン酸組成. 日本土壌肥料学雑誌, 81(3), 2010, 215-223.
    • 平内央紀, 伊藤豊彰, 中村茂和, 南條正巳, 三枝正彦: 韓国済州島における茶園土壌の化学性と鉱物的特徴. 日本土壌肥料学雑誌, 81(1), 2010, 1-6.
    • Yoichiro Kato, Midori Okami, Ryosuke Tajima, Daisuke Fujita and Nobuya Kobayashi: Root response to aerobic conditions in rice, estimated by Comair root length scanner and scanner-based image analysis. Field Crops Research, 118(2), 2010, 194-198.

    その他の論文等
    • 伊藤豊彰, 環境保全型水田農業におけるポリシリカ鉄凝集剤 (PSI) 浄水発生土資源化の可能性, 用水と廃水, 52:76-82 (2010)
    • 伊藤豊彰, 田畑輪換は土壌のリン酸肥沃度をどのように変化させるか?, 田畑輪換土壌の肥沃度と管理—変化の要因と制御の考え方— (日本土壌肥料学会編) , 122-136, 博友社, 東京 (2010)
    • 伊藤豊彰, 総論「生きものを守る活動」の進め方, 田園自然再生活動ステップアップのためのポイント集 (監著) 10-11, 社団法人農村環境整備センター (2010)
    • 浅木直美, 南出圭祐, 宇野亨, 齋藤雅典, 伊藤豊彰, 生ゴミアシドロコンポスト施用がジャガイモの生育・収量に与える影響, 文部科学省特別教育研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費「コンポスト総合研究プロジェクト (PICS) 」平成21年度成果報告書, 29-35 (2010)
    • 浅木直美, 齋藤雅典, 伊藤豊彰, 生ゴミアシドロコンポストの畑雑草抑制機構の解明 (1) , 文部科学省特別教育研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費「コンポスト総合研究プロジェクト (PICS) 」平成21年度成果報告書, 36-43 (2010)
    • 齋藤雅典 (2010) カーボンフットプリントにおける国内外の現状と今後の展望-農業・食品分野での取り組み, 食品と開発, 45(2), 10-12.
    • 齋藤雅典(2010.3)「分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか」 (書評) , 日本微生物生態学会誌, 25(1), 27
    • Saito, M. Editorial: Preface to Special Section “Recent Progress of Agro-Environmental stdues in the East Asian region”, Soil Sci. Plant Nutr. 56:1 (2010)
    • Saito, M. Significance of Arbuscular Mycorrhizal Fungi in Re-Vegetation Process in Nitrogen-Limited Degraded Ecosystems, J. Integrated Field Sciences, 7 : 37- 40 (2010).
    • T. Ito and K. Hara , Impact of tubificid worm on nutrient dynamics in paddy field, J. Integ. Field Sci., 7:47-50 (2010)

    国内学会発表
    • 山本岳彦, 浅木直美, 南出圭祐, 宇野亨, 齋藤雅典, 伊藤豊彰, 生ゴミアシドロコンポストに含まれる植物生育抑制物質の探索, 日本土壌肥料学会大会 (北海道大学農学部, 札幌市, 9月7-9日)
    • 佐藤洋介, 宇野亨, 齋藤雅典, ○伊藤豊彰, ポリシリカ鉄浄水発生土のメタン生成抑制能の検討, 日本土壌肥料学会大会 (同上)
    • 秋田和則, 宇野亨, 伊藤豊彰, 冬期湛水有機栽培が土壌養分動態およびメタン放出に及ぼす影響, 日本土壌肥料学会大会 (同上)
    • 増子晶彦, 田島亮介, 伊藤豊彰, 齋藤雅典, 有機質肥料が水稲の生育・収量および根系の発生・枯死に及ぼす影響, 日本土壌肥料学会大会 (同上)
    • 柏倉まや, 宇野亨, 田島亮介, 伊藤豊彰, 齋藤雅典, 土壌蓄積リン酸の有効利用:ソバを原料とする有機資材を添加した土壌ー作物系におけるリンの動態, 日本土壌肥料学会大会 (同上)
    • 鈴木貴恵, 宇野亨, 田島亮介, 伊藤豊彰, 齋藤雅典, 土壌条件の異なる2圃場におけるアーバスキュラー菌根菌のネギに対する効果, 日本土壌肥料学会大会 (同上)
    • 高西伊吹・早津雅仁・大友量・八木一行・○齋藤雅典:アーバスキュラー菌根菌のリン吸収は根圏土壌窒素濃度で制御されている, 日本土壌肥料学会大会 (同上)
    • 包智華, 生長陽子, 松下裕子, 竹本周平, 丹羽 慈, 藤井芳一, 大場広輔, 鈴木千夏, 長岡一成, 竹中 眞, 村上弘治, 畔柳有希子, 浦嶋泰文, 関口博之, 串田篤彦, 豊田剛己, 森本晶, 星野 (高田) 裕子, 岡田浩明, 齋藤雅典, 對馬誠也:地理的に異なる黒ボク土における細菌・糸状菌・線虫相と各種環境要因との関係, 日本土壌微生物学会2010年度大会, (東京大学, 東京, 5月21-22日) (ポスター発表)
    • 齋藤雅典:農産物における「CO2の見える化」:最近の動向について, 一次産業における生産段階のLCA研究会, LCA学会, (東北大学農学部, 仙台, 6月11日)

    国際学会発表
    • Saito, M.: Non-CO2 Greenhouse Gases (GHG) Emission from Natural Processes in Carbon Footprint of Foods, 9th Conference of EcoBalance, Tokyo, Tokyo-Mirai kan, (Nov. 9-12, 2010)
    • Ito, T., K. Hara, M. Kawase and C. Kon, Effects of tubificid worms on soil properties in ricefields with organic farming, 19th World Congress of Soil Science (Brisbane Convention Center, Brisbane, Australia, August 1-6, 2010) (ポスター発表)
    • Komiyama, T., T. Ito and M. Saigusa, Water solubility of phosphorus in animal manure compost, 19th World Congress of Soil Science (Brisbane Convention Center, Brisbane, Australia, August 1-6, 2010)
    • Takanishi,I., Hayatsu, M., Yagi, K. and ○Saito, M.: Phosphate uptake by extraradical hyphae of AM fungi is regulated by mineral nitrogen concentration in soil, 9th International Mycological Congress, Edinburgh, UK, (1-6 August, 2010) (ポスター発表)
    • Saito, M.: Can manipulation of soil biological processes increase nutrient use efficiencies by crops? A case in arbuscular mycorrhizal fungi. Technology for a sustainable society. Tohoku University Ecosystem Adaptability Global COE, 2nd International Forum for Adaptability Science, (仙台市, Nov.30-Dec.3, 2010)
    • Takanishi. I.. Ohtomo. R.. Hayatsu. M.. Saito. M: Short-chain polyphosphate in arbuscular mycorrhizal roots colonized by Glomus spp.: a possible phosphate pool for host plants, 6th International Conference on Mycorrhiza. (Belo Horizonte . Brazil August 2009) (ポスター発表)
    • Hayatsu. M.. Takanishi. I. ○Saito. M: Enhancement of plant growth by arbuscular mycorrhizal fungi under N-limited conditions.  (同上) (ポスター発表)
    • Akita, K., T. Ito, T. Uno, Effect of winter-flooding on soil nutrients and rice yield in paddy field with organic farming, 7th International Symposium on Integrated Field Science-Biological Interactions in Arable land-Grassland-Forest Continuums and their Impact on the Ecosystem Functions (Tohoku University, Sendai, October 10-12, 2009) (ポスター発表)
    • Sato, Y., T. Ito, T. Horikawa, Evaluation of PoliSilicate-Iron Sludge from Water Purification Plants as Paddy Soil Amendments, (同上) (ポスター発表)
    • Kitashiba H., M. Saito, Y. Abe, T. Ito, T. Uno, H. Fujii and T. Nishio, Construction of a linkage map of DNA markers and QTL analysis of root thickness in Raphanus sativus, Plant Biology 2009 (Hawaii Convention Center, Honolulu, Hawaii, July 18-22, 2009)

    学会以外の発表等
    • 齋藤雅典:農業分野における省CO2効果の「見える化」について, 一歩先行く栗原農業研修会, 主催:栗原農業改良普及センター, 場所:栗原市エポカ21, 3月9日
    • 齋藤雅典:土と植物をつなぐ ―菌根菌の不思議―, 東北大学サイエンスカフェ, 3月19日, 仙台メディアテーク
    • 齋藤雅典:農産物における「CO2の見える化」:最近の動向について, LCA (ライフサイクルアセスメント) によるCO2排出量の見える化「生産現場におけるCO2排出削減手法の説明会」, 環境経営支援機構, 7月16日, 仙台
    • 齋藤雅典:農産物におけるカーボンフットプリント:CO2排出量の見える化, 7月22日 東北農業試験研究推進会議 東北地域農業経営研究会, 東北農業研究センター, 盛岡
    • 齋藤雅典:勉強会「農産物におけるカーボンフットプリント:CO2排出量の見える化」, JA宮城, 8月19日, 仙台JAビル
    • 伊藤豊彰 (研究会講演) , 水稲の有機栽培 (冬期湛水水田) と田んぼの生きもの, ワークショップ「地域の農林業と環境」, 宮城県大崎市, 3月17日
    • 伊藤豊彰 (講演会) , PSI浄水発生土の鉄・ケイ素を活用した環境保全型水田農業の可能性, 特定非営利法人ポリシリカ鉄 通常総会講演会, 水道機工株式会社本社ビル7階会議室 (東京) , 6月15日
    • 伊藤豊彰 (研究会講演) , 家畜ふん堆肥のリン酸肥効の評価と活用, 平成22年度東北農業試験研究推進会議 基盤技術推進部会 土壌肥料研究会 (夏期) , 山形県上山市, 7月29日
    • 伊藤豊彰 (シンポジウム講演) , ポリシリカ鉄凝集剤利用による浄水場発生土の水田土壌改良材としての効果, 土づくり推進フォーラム (日本土壌協会) , 日本教育会館, 7月30日
    • 伊藤豊彰 (JICA研修講師) , モンスーンアジアにおける水田農業の重要性とポリシリカ鉄浄水発生土の環境保全型水稲栽培への活用, 平成22年度 (国別研修) マレーシア「環境負荷低減に向けた浄水場スラッジ管理研修 (水道技術研究センターが (独) 国際協力機構より受託) , 東北大学大学院農学研究科附属フィールドセンター, 10月12日
    • 伊藤豊彰 (シンポジウム講演) , ポリシリカ鉄発生土の環境保全型農業への適用可能性, PSIサミット (水と農と食を結ぶ市民・生活者の集い) ―未利用資源 (浄水発生土) の有効利用 (農地還元) による新しい社会システムの提案―, ニューサンピア埼玉おごせ, 12月3日
    • 伊藤豊彰, 水稲の有機栽培やふゆみずたんぼは食と環境の時代の農法となりうるか?, 日本科学者会議第18回総合学術研究集会, KKRホテル仙台, 11月21日
    • 伊藤豊彰 (他大学での集中講義) , 環境保全型農業の価値, 技術の現状と展望, 山形大学農学部特別講義 (生産生態制御学特別講義2, 学部) , 山形大学農学部, 12月9-10日
    • 伊藤豊彰 (公開講座) , 田んぼとお米の価値とすばらしさに迫る!, 東北大学大学院農学研究科附属フィールドセンター開放講座「食と環境をまもるコンポスト」, 東北大学大学院農学研究科附属フィールドセンター, 10月9日
    • 伊藤豊彰 (研究会講演) , 水田土壌のリン酸可給性評価と適正施肥, 第4回東北地区施肥基準研究会, JA全農東北肥料農薬事業所 (仙台市) , 12月8日
    • 伊藤豊彰 (研修会講演) , 自然生態系を活用した農業研修会, 山形県朝日町役場研修室, 1月22日, 2月18日, 2月19日, 3月8日, 4月15日, 5月28日, 6月24日, 7月22日, 9月10日, 10月29日

    2009年

    原著論文
    • Takanisi I., Ohtomo R., Hayatsu M. Saito M.: Short-chain polyphosphate in arbuscular mycorrhizal roots colonized by Glomus spp.: A possible phosphate pool for host plants. Soil Biology and Biochemistry, 41, 2009, 1571-1573.
    • T. Ito*, T. Yokota, M. Saigusa.; Measurement of organic phosphorus mineralization in non-allophanic Andosols using anion exchange resin. Journal of Integrated Field Science, 6, 2009, 109-115.
    • H. Heinai*, T. Ito, K. Minamide.: Ammonia emission and carbon and nitrogen balances during acidulocomposting of garbage. Journal of Integrated Field Science, 6, 2009, 101-107.
    • 小島知子・斎藤雅典・小路 敦・安藤 貞・菅原和夫: 日本各地の草地におけるアーバスキュラー菌根菌相. 日本草地学会誌, 55, 2009, 148-155.
    • 黄川田智洋・大同久明・吉村義則・森田聡一郎・黒川俊二・齋藤雅典・安藤象太・郎・神田賢一:グリホサート耐性遺伝子組換えトウモロコシ (Zea mays L.) 栽培が圃場内生物相に与える影響評価, 日本草地学会誌, 55(3), 2009, 217-226.
    • 佐藤洋介, 伊藤豊彰*, 堀川拓未: 家畜ふん堆肥の施用およびポリシリカ鉄浄水ケーキとの併用が水稲の生育・収量およびメタン放出におよぼす影響 (予報) . 複合生態フィールド教育研究センター報告, 25, 2009, 7-13.
    • Saito M, Ito T., Tajima R.: Symbiotic nutrient exchange in arbuscular mycorrhiza. Tohoku Journal of Agricultural Research, 60, 2009, 69-72.

    その他の論文等
    • Saito, M. Symbiotic nutrient exchange in arbuscular mycorrhiza, Tohoku Journal of Agricultural Research, 60 (1-2), 69-72, (2009).
    • 齋藤雅典:「食」におけるCO2排出量の「見える化」, エネルギー・資源, 30 (3): 158-161.
    • 齋藤雅典:農産物・食品におけるカーボンフットプリント:CO2排出量の見える化, 農村と都市を結ぶ, 2009年6月号 (692) , 38-45. (2009)
    • 伊藤豊彰, 安定した水稲生産を可能にする水田土壌の働き, 畑土壌の特徴と生産力, 新版土をどう教えるかー現場で役立環境教育教材ー, 133-138, 138-142, 古今書院, 東京, (2009)
    • 伊藤豊彰, ポリシリカ鉄凝集剤 (PSI) 浄水ケーキの農業利用, 農業および園芸, 84 :139-143 (2009)
    • 伊藤豊彰, 井上博道, CAF全量基肥・接触施肥による不耕起栽培デントコーン栽培の環境負荷軽減効果の強化, 農業と科学, 606:11-14 (2009)
    • 伊藤豊彰・菅野均志・齋藤元也・齋藤雅典・高橋 正・南條正巳・南澤 究, 企画展東北大学総合学術博物館のすべてIX, 土のけしき・土のふしぎ (展示解説) 於:仙台市科学館 (2009.3.10-4.5)
    • 伊藤豊彰, PSI浄水発生土のケイ素供給能と水稲生育への効果, PSI 環境フォーラム報告書「水 . 食料. 資源問題とPSI」, 5:58-68 (2009)
    • 伊藤豊彰, 省資源・環境調和型農業のためのリン酸ベースによる家畜ふん堆肥施用技術の構築 , 科学研究費補助金研究成果報告書 基盤研究(B) (2009)
    • 伊藤豊彰, 南出圭祐, 齋藤雅典, 宇野亨, アシドロコンポストがジャガイモの生育および雑草発生に及ぼす影響, 文部科学省特別教育研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費「コンポスト総合研究プロジェクト (PICS) 」平成20年度成果報告書, 27-33 (2009)
    • 南出圭祐, 伊藤豊彰, 齋藤雅典, 宇野亨, アシドロコンポストによる雑草発生抑制効果の要因, 文部科学省特別教育研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費「コンポスト総合研究プロジェクト (PICS) 」平成20年度成果報告書, 34-39 (2009)
    • 浅木直美, 伊藤豊彰, 齋藤雅典, 土壌肥料研究における15Nトレーサー利用の有効性, 文部科学省特別教育研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費「コンポスト総合研究プロジェクト (PICS) 」平成20年度成果報告書, 40-48 (2009)
    • 尾定誠, 伊藤豊彰, 中野和典, 水産廃棄物と河口域ヨシを使った機能性コンポストの生産, 文部科学省特別教育研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費「コンポスト総合研究プロジェクト (PICS) 」平成20年度成果報告書, 49-52 (2009)

    国内学会発表
    • 伊藤豊彰:田畑輪換は土壌のリン酸肥沃度をどのように変化させるか?, 日本土壌肥料学会2009年度大会シンポジウム, (京都大学, 京都市, 9月)
    • 早津雅仁・高西伊吹・○齋藤雅典:アーバスキュラー菌根菌は窒素供給によって植物生育を促進する。第56回日本生態学会, (岩手県立大学, 盛岡市, 3月) (ポスター発表)
    • 浅木直美, 南出圭祐, 宇野亨, 齋藤雅典, 伊藤豊彰, 生ゴミアシドロコンポストの有機成分の特徴, 日本土壌肥料学会 (京都大学農学部, 京都市, 2009月15-18日)
    • 南出圭祐, 宇野亨, 浅木直美, 齋藤雅典, 伊藤豊彰, 生ゴミアシドロコンポストの養分供給特性, 日本土壌肥料学会 (同上)
    • 伊藤豊彰, 小宮山鉄兵, 米内健, 佐野大樹, 鈴木和美, 宇野亨, 家畜ふん堆肥施用土壌におけるリン酸溶脱に対する堆肥リン酸組成の影響, 日本土壌肥料学会 (同上)
    • 伊藤豊彰, 佐藤洋介, 堀川拓未, ポリシリカ鉄浄水ケーキの農業資材としての有効性 —可給態窒素・ケイ酸・易還元性鉄の評価—, 日本土壌肥料学会 (同上) (ポスター発表)
    • 平内央紀, 南出圭祐, 伊藤豊彰, アシドロコンポスト化と好気的コンポスト化における炭素・窒素収支の比較, 日本土壌肥料学会 (同上) (ポスター発表)
    • 程為国・齋藤雅典:近代日中土壌学交流の先駆者たち (1) 板野新夫, 日本土壌肥料学会 (同上)
    • 長田泰幸・齋藤雅典・齋藤勝晴:アーバスキュラー菌根菌における組織化学的ポリリン酸検出法の検討. 日本土壌肥料学会 (同上)
    • 伊藤豊彰, 秋田和則, 宇野亨, 冬期湛水・有機栽培水田における水稲の生育・収量およびメタン放出 (1 年目の評価) , 日本土壌肥料学会東北支部大会 (大学コンソーシアムあきたカレッジプラザ, 秋田市, 7月1-2日)
    • 森田沙綾香, 藤井義晴, 平舘俊太郎, 伊藤豊彰, 産地が異なるヨモギの土壌の化学的特性に対する生育反応, 日本土壌肥料学会 (京都大学農学部, 京都市, 2009月15-18日)
    • 北柴大泰, 齋藤雅子, 阿部ゆかり, 伊藤豊彰, 宇野亨, 藤井浩, 西尾剛, ダイコン連鎖地図構築と根の肥大に関するQTL解析, 日本育種学会 (北海道大学農学部, 札幌市, 9月25-27日)
    • 包智華, 生長陽子, 松下裕子, 長岡一成, 村上弘治, 畔柳有希子, 浦嶋泰文, 関口博之, 豊田剛己, 森本晶, 星野(高田)裕子, 齋藤雅典, 對馬誠也:全国農耕地黒ボク土壌の糸状菌多様性に及ぼす地理的, 土壌理化学的要因, 日本農芸化学会2009年度大会 (福岡国際会議場, 3月)
    • 包智華, 生長陽子, 松下裕子, 竹本周平 ・丹羽 慈, 大場広輔, 鈴木千夏, 長岡一成, 竹中 眞, 畔柳有希子, 浦嶋泰文, 村上弘治, 関口博之, 串田篤彦, 豊田剛己, 森本晶, 星野 (高田) 裕子, 岡田浩明, 斎藤雅典, 對馬誠也:全国農耕地黒ボク土壌の糸状菌と線虫の群集構造解析, 日本土壌微生物学会2009年度大会, (九州大学, 福岡市, 6月)
    • 高西伊吹, 大友量, 早津雅仁, 八木一行, 齋藤雅典:アーバスキュラー菌根のポリリン酸蓄積は窒素添加により促進される, 第25回微生物生態学会大会, (広島大学, 東広島市, 11月) (ポスター発表)

    国際学会発表
    • Saito. M: Carbon footprint: New insight into environmental impacts assessment of agriculture. Conference on the Environmental Impacts of Carbon and Nitrogen Cycles in Terrestrial Ecosystems in East Asia. (Sept. 2009. Nanjing. China) .
    • Tajima, R., T. Ito. M. Saito :Nitrogen cycle of agricultural system in field science center. Tohoku University. (同上)
    • S.D.Kimura. X. Yan. R. Hatano. A. Hayakawa. K. Kohyama. C. Ti. M. Hojito. M. Deng. S. Itahashi. K. Kuramochi. Z. Cai. M. Saito:Influence of agricultural activities on nitrogen budget and riverine nitrogen export in Japanese and Chinese watersheds. (同上)
    • Saito, M. Significance of Arbuscular Mycorrhizal Fungi in Re-Vegetation Process in Nitrogen-Limited Degraded Ecosystems, 7th International Symposium on Integrated Field Science “Biological Interactions in Arable land-Grassland-Forest Continuums and their Impact on the Ecosystem Functions” (東北大学川内キャンパス, October 10-12, 2009)
    • T. Ito and K. Hara , Impact of tubificid worm on nutrient dynamics in paddy field, (同上)

    学会以外の発表等
    • 齋藤雅典:「農業食品分野における取り組み」, フードフォーラムつくば「カーボンフットプリントにおける国内外の現状と今後の展望」at 食品総合研究所 11月20日
    • 伊藤豊彰 (公開講演会) , 中国の鉱業・農業の発展と環境保全の調和を目指した大村プロジェクトにおける国際交流—中国山西省嵐県の農業調査を通じて感じた人・技術交流の意味—, 東北大学国際文化学会講演会, 東北大学川内キャンパスマルチメディア棟, 1月14日
    • 伊藤豊彰 (研究会講演) , 有機栽培水田の管理法とイネの生育, 生きものとの関わり, パルシステム生産者・消費者協議会2009年度第1回ふーど米研究会, 東京, 2月18日
    • 伊藤豊彰 (市民講座講演) たい肥施用に伴う環境問題と適正使用—環境保全型農業のための堆肥の使い方, 仙台市農業園芸センター「土つくり講習会」, 仙台市農業園芸センター (仙台市) , 2月26日
    • 伊藤豊彰 (市民講座講演) , 土壌と水田生態の関係, サイエンスワークショップ「土と生きもののおいしい関係」, 兵庫県豊岡市, 3月3日
    • 伊藤豊彰 (研修会講演) , 有機栽培の水田管理と生きものの世界, 大潟村有機農業研修会, 秋田県大潟村, 3月9日
    • Ito, T. (アジア地域の大学への衛星講義) , Beneficial use of animal manure composts for environmentally friendly agriculture, SOI Asia biotechnology special lecture series "Bio-resource management for establishing low-carbon society", (大学院) , 慶応大学, 3月19日
    • 伊藤豊彰 (講演会) , PSI浄水発生土の水田農業において期待される効果, ポリシリカ鉄による水・資源循環システム推進チーム発足記念講演会, 東京, 6月8日
    • 伊藤豊彰 (農業高校教職員研修) , 環境保全型農業における土壌診断および生物保全機能, 平成21年度東北大学免許法認定公開講座 (第53回東北地区農業実験実習講習会) , 東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センター, 7月27-31日
    • 伊藤豊彰 (研究会講演) , 冬期湛水・有機栽培水田における水生ミミズの生態と機能, 土壌動物学会ミミズ研究談話会研修会, 富山大学理学部, 9月7日
    • 伊藤豊彰 (公開講座) , “食”と”農”のつながりからみる安心できる食と農業, 東北大学大学院農学研究科附属フィールドセンター開放講座「農場と食卓を結ぶ食の安全と循環」, 東北大学大学院農学研究科附属フィールドセンター, 10月3日
    • 伊藤豊彰 (出前授業) 農林業は”いのち”を育て, 環境を守る”緑の産業”—東北大学フィールドセンターの農産, 畜産, 林産の紹介—, 大崎市立古川第1小学校 (4年生) , 10月9日
    • 伊藤豊彰 (農業改良普及員研修) , 冬期湛水水田における水稲生育と生物, 兵庫県職員研修, 東北大学大学院農学研究科附属フィールドセンター, 12月9日
    • 伊藤豊彰 (研究会講演) , 冬期湛水・有機栽培の課題と対策〜伊豆沼三工区の3年間の調査を中心に〜, 環境創造型農業研究会 (伊豆沼) , 宮城県若柳町サンクチュアリーセンター会議室, 12月19日
    • 伊藤豊彰 (研修会講演) , 自然生態系を活用した農業研修会, 山形県朝日町役場研修室, 10月19日, 12月8日
    • 齋藤雅典:「農業におけるLCAとカーボンフットプリント」, 農林水産省 食料・農業・農村政策審議会企画部会地球環境小委員会・林政審議会施策部会地球環境小委員会・水産政策審議会企画部会地球環境小委員会合同会議 (第4回) 東京, 2008.7.23
    • 齋藤雅典:「食品を巡るカーボンフットプリント:その動向」, 農林水産省 食料・農業・農村政策審議会企画部会地球環境小委員会・林政審議会施策部会地球環境小委員会・水産政策審議会企画部会地球環境小委員会合同会議 (第5回) 東京, 2008.9.17
    • 齋藤雅典:土のいきもの, 第34回東北大学カルチャー講座「土のけしき・土のふしぎ」, 仙台市科学館, 2009.3.28
    • 齋藤雅典:特別講演「食品のカーボンフットプリント」, カーボンフットプリント制度説明会, 主催:産業環境管理協会, 仙台市情報・産業プラザ, 10月29日
    • 齋藤雅典 (他大学での集中講義) :生物生産科学フロンティア講義Ⅲ, 東京農工大学大学院農学府, 6月20日.

    2008年

    原著論文
    • Kuga Y., Saito K., Nayuki K., Peterson R. L., Saito M.: Ultrastructure of rapidly frozen and freeze-substituted germ tubes of an arbuscular mycorrhizal fungus and localization of polyphosphate. New Phytologist, 178, 2008, 189-200.
    • Ohtomo R. Sekiguchi Y., Kojima T., Saito M.: Different chain length specificity among three polyphosphate quantification methods. Analytical Biochemistry, 383, 2008, 210-216.
    • O. Sano. T. Ito. M. Saigusa.: Effects of co-situs application of controlled-availability fertilizer on fertilizer and soil nitrogen uptake by rice (Oryza sativa L.) in paddy soils with different available nitrogen. Soil Science and Plant Nutrition, 54(5), 2008, 769-776
    • T. Takahashi*. A. Mitamura. T. Ito. K. Ito. M. Nanzyo. M. Saigusa.: Aluminum solubility of strongly acidified allophanic Andosols from Kagoshima Prefecture, southern Japan. Soil Science Plant Nutrition, 54(3), 2008, 362-368.
    • Tajima. R.. J. Abe. ON. Lee. S. Morita. A. Lux.: Developmental changes in peanut root structure during root growth and root structure modification by nodulation. Annals of Botany, 101, 2008, 491-499.
    • Changdee. T.. S. Morita. J. Abe. K Ito. R. Tajima and A. Polthanee.: Root anatomical responses to waterlogging at seedling stage of three cordage fiber crops. Plant Production Science, 11, 2008, 232-237.
    • 佐野大樹, 伊藤豊彰, 安藤正, 南條正巳, 斎藤元也, 三枝正彦: 北東北地方の代表的な水田土壌の粘土鉱物組成. ペドロジスト, 52(1), 2008, 10-18.
    • 小林紀子, 森岡幹夫, 小宮山鉄兵, 伊藤豊彰, 三枝正彦: 家畜ふん堆肥のケイ酸含量とその簡易推定法. 廃棄物学会論文誌, 19(2), 2008, 150-154.
    • M. Nanzyo*. T. Ito. T. Takahashi. H. Kanno.: Metal complexation of humus and horizon differentiation in Andisols and Spodosols. Journal of Integrated Field Science, 5, 2008, 41-49.
    • O. Sano. T. Ito and M. Saigusa.: Effects of available nitrogen and ammonium adsorption of plow layer on nitrogen uptake and yield of paddy rice (Oryza sativa L.). Journal of Integrated Field Science, 5, 2008, 17-27.
    • O. Sano. T. Ito and M. Saigusa.: Relationship between the content of expansible 2:1 type clay minerals in paddy soils and the amount of ammonium nitrogen in the ponding water by a laboratory experiment. Journal of Integrated Field Science, 5, 2008, 13-16.
    • 佐々木則雄, 伊藤豊彰, 南出圭祐, 宇野亨: 全無機態リン酸量を基準とした家畜ふん堆肥施用が水稲の生育, 収量および土壌リン酸含量に与える影響. 日本作物学会東北支部会報. 51, 2008, 13-14.
    • 伊藤豊彰, 南出圭祐: 牛ふんのアシドロコンポスト化の試み. 複合生態フィールド教育研究センター報告, 24, 2008, 29-32.
    • Hayatsu. M, K. Tago, and M. Saito: Various players in the nitrogen cycle: diversity and functions of microorganisms involved in nitrification and denitrification. Soil Science and Plant Nutrition, 54, 2008, 33-45.
    • Changdee. T., S. Morita, J. Abe, K. Ito, R. Tajima, and A. Palthanee: Root anatomical responces to waterlogging at seedling stage of three cordage fiber crops. Plant Production Science, 11, 232-237.

    その他の論文等
    • Hayatsu, M., Tago, K. and Saito, M.: Various players in the nitrogen cycle: diversity and functions of microorganisms involved in nitrification and denitrification. Soil Sci. Plant Nutr., 54:33-45 (2008) (査読あり)
    • 齋藤雅典 食を巡る環境問題を持続性から考える, 日本LCA学会誌, 4 (2), 111 (2008)
    • 齋藤雅典 東・東南アジア土壌科学連合第8回国際会議 (ESAFS8) 開催報告, 土肥誌, 79(2), 240-241. (2008)
    • 伊藤豊彰, 新良力也, 矢内純太, 小崎隆, 部門別進歩総説 第 6 部門 畑地土壌肥沃度, 日本土壌肥料学雑誌, 79:602-613 (2008)
    • 伊藤豊彰, 生きものと共生する水田農業をめざして (上)  負のスパイラルー日本の田んぼのこれまでと現状, 農林経済 , 9971 :2 -6 (2008)
    • 伊藤豊彰:生きものと共生する水田農業をめざして (下)  田んぼの生きものを守ることの究極的な意味, 農林経済 , 9973 :2 -6 (2008)
    • 伊藤豊彰:PSI発生土の水稲生育とメタンガス発生に対する影響, PSI環境フォーラム報告書「PSIと歩む持続可能な社会へ 」, 4 :62-71 (2008)
    • 伊藤豊彰, 蓼内さおり, 南出圭祐, イモ類の生育・収量に対するアシドロコンポストの効果, 文部科学省特別教育研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費「コンポスト総合研究プロジェクト (PICS) 」平成19年度成果報告書, 32-36 (2008)
    • 平内央紀, 伊藤豊彰, 生ゴミを材料にしたアシドロコンポスト化過程における炭素・窒素収支, 文部科学省特別教育研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費「コンポスト総合研究プロジェクト (PICS) 」平成19年度成果報告書, 37-43 (2008)
    • 南出圭祐, 伊藤豊彰, 生ゴミアシドロコンポストの特徴とコマツナの生育反応, 文部科学省特別教育研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費「コンポスト総合研究プロジェクト (PICS) 」平成19年度成果報告書, 44-54 (2008)
    • 中野和典, 尾定誠, 伊藤豊彰, 水産廃棄物と河口域ヨシを使った機能性コンポスト製造のための基礎研究, 文部科学省特別教育研究費連携融合事業・東北大学総長裁量経費「コンポスト総合研究プロジェクト (PICS) 」平成19年度成果報告書, 55-61 (2008)
    • 阿部淳, 田島亮介:見てわかる農学シリーズ3 作物学概論, その他のイネ科作物 (トウモロコシ, 雑穀), pp.113-131, 朝倉書店  (2008)
    • 森田茂紀, 田島亮介 (監修・翻訳) :根の生態学, シュプリンガー・ジャパン (2008)
    • 田島亮介 ラッカセイにおける根系形成, 根粒形成と窒素固定能力との関係, 根の研究, 15, 2-10 (2008)

    国内学会発表
    • 齋藤雅典:日本土壌肥料学会賞受賞記念講演「菌根共生系の生態と機能に関する研究」, 土壌肥料学会名古屋大会 (名古屋市立大学, 名古屋市, 9月)
    • 齋藤雅典:特別講演「アーバスキュラー菌根共生系の生態と機能」, 2008年度菌根研究会, (山形大学農学部, 鶴岡, 11月)
    • 齋藤雅典:食品のLCA:研究状況と今後の展開, 日本食品工学会第9回年次大会, (東京海洋大学, 東京, 8月5-6日)
    • 齋藤雅典:土星はなぜ「土」星なのか? 土肥学会2008年大会, (名古屋市立大学, 名古屋市, 9月)
    • 西村伊吹・大友 量・早津雅仁・齋藤雅典:アーバスキュラー菌根菌感染根における短鎖ポリリン酸量と植物の生育の関係, 土肥学会2008年大会, (同上)
    • 宇津木育実, 山岸昂夫, 宮野知樹, 野村暢彦, 黒田久雄, 斎藤雅典, 犬伏和之, 諏訪裕一:水田にAnammox活性は存在するか?日本微生物生態学会, (北海道大学, 札幌, 11月)
    • 川瀬莉奈, 伊藤豊彰, 原浩太, 大高明史, 宮城県・大崎市の有機栽培水田におけるイトミミズの生活史, 日本土壌動物学会 (琉球大学, 那覇, 5月24-25日) (ポスター発表)
    • 南出圭祐, 伊藤豊彰, 生ゴミ . アシドロコンポストの特徴とコマツナの生育反応 , 日本土壌肥料学会東北支部大会, (仙台市戦災復興会館, 仙台市, 7月2-3日)
    • 佐々木則雄, 伊藤豊彰, 南出圭祐, 宇野亨, 全無機態リン酸量を基準とした家畜ふん堆肥施用が水稲の生育, 収量および土壌リン酸含量に与える影響 (予報) :施用 1 年目の評価, 日本作物学会東北支部会 (弘前大学農学生命科学部, 弘前市, 8月)
    • 菊地 裕, 渡邊 肇, 遊佐良一, 鈴木和美, 宇野 亨, 三枝正彦, 伊藤 豊彰, 宮城県の中山間地における移植時期の違いが水稲の生育相および収量におよぼす影響, 日本作物学会 (神戸大学農学部, 神戸市, 9月24-25日)
    • 平内央紀, 伊藤豊彰, 鈴木和美, 宇野 亨, 宮城県伊豆沼周辺の冬期湛水有機水田における土壌特性, 水稲の生育収量および玄米品質, 日本土壌肥料学会 (名古屋市立大学山の畑キャンパス, 名古屋市, 9月9-11日) (ポスター発表)
    • 伊藤豊彰, 南出圭祐, 生ゴミアシドロコンポストの施用が畑雑草の発生と生育に及ぼす影響, 日本土壌肥料学会 (同上)
    • 伊藤豊彰, 川瀬莉奈, 原浩太, 有機栽培水田におけるイトミミズ類による雑草種子の埋没効果の検討, 日本土壌肥料学会 (同上)
    • Sharon Marie Garrido, T. Ito, T. Uno, M. Saigusa, Preliminary study on the improvement of greenhouse soils using Al-WTR, 日本土壌肥料学会 (同上) (ポスター発表)
    • 原浩太, 伊藤豊彰, イトミミズ類が水田土壌および田面水の養分状態に与える影響, 日本土壌肥料学会 (同上) (ポスター発表)
    • 南條正巳・伊藤豊彰・高橋 正・菅野均志, 土壌特性値から推測される火山灰由来スポドソルE層とその有機物に関する性質, 日本土壌肥料学会 (同上)
    • 伊藤豊彰, 田んぼの生きものを大切にすることの意味, 第3回有機農業技術総合研究大会 (大学コンソーシアムあきたカレッジプラザ, 秋田市, 12月4-5日)

    国際学会発表
    • Suwa, Y. I Utsugi, T Yamagishi, H Kuroda, M Saito, K Inubushi: Anammox Activity In Agricultural Soil Ecosystem In Japan, 12th International Symposium on Microbial Ecology, (オーストラリア・ケアンズ, August, 2008) (ポスター発表)

    • Takahashi, T., Ito, K., Nanzyo, M., Mitamura,A., Ito, T. and Saigusa, M., Aluminum solubility of strongly acidified allophonic Andosols, Programme and Abstracts for the joint conference of the Australia and New Zealand societies of soil science in conjunction with the international year of planet earth, p.105 (Massay University, Palmerston North, New Zealand, December 1-5, 2008) (ポスター発表)

    学会以外の発表等
    • 伊藤豊彰 (研究会講演) コロイド組成の異なる黒ボク畑における土壌リン酸の可給性および家畜ふん堆肥リン酸の可給性, 関東東海北陸農業試験研究推進会議 関東東海・土壌肥料部会 平成20年度秋季研究会, 茨城県大洗町, 9月25日
    • 伊藤豊彰 (記念講演) 有機農業の意義と可能性, 鶴岡市有機農業推進協議会設立総会, 山形県鶴岡市, 1月29日
    • 伊藤豊彰 (研究会講演) 冬期湛水・有機栽培の事例からみた有機水稲栽培の課題, 度近畿中国四国農業試験研究推進会議生産環境部会問題別研究会, 兵庫県豊岡市, 9月2日
    • 伊藤豊彰 (研究会講演) コロイド組成の異なる黒ボク畑における土壌リン酸の可給性および家畜ふん堆肥リン酸の可給性, 平成20年度土づくり研究会(土作り肥料推進協議会東京支部) , 岩手県盛岡市, 9月19日
    • 伊藤豊彰 (公開講座) コンポスト (堆肥) の謎を実験で探る, PICS公開講座「コンポストって何?-リサイクルを現場で学ぶー」, 東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センター, 10月19日
    • 伊藤豊彰 (公開シンポジウム講演) PSI浄水発生土のケイ素供給と水稲収量への効果, 第5回PSI環境フォーラム「P.S. 愛・地球環境ソリューション~水・食料・資源問題とPSI~」, 名古屋市 (日本ガイシフォーラム) , 11月26日
    • 伊藤豊彰 (他大学での集中講義) 環境保全型農業と土壌管理, 宇都宮大学大学院農学研究科特別講義 (植物生産学特別講義, 大学院) , 宇都宮大学農学部, 11月27-28日

    ページトップへ