TOPICS

(2011/07/15)第25回フィールドセンターSeminar開催(7/21(木))のご案内

本Seminarは、異分野の人々が集い、それぞれの知識を共有することで、
新しい世界を創造することを目的に始まったSeminarです。

次回セミナーのご案内です。
講師 竹中明夫 氏(独立行政法人国立環境研究所生物・生態系環境研究センター)による
「植物の分布パターンを整理する - データが揃ったシダを中心に」です。

講演概要 
日本国内の植物の分布には、いくつかのパターンがあるような漠然とした印象がある。
種間の分布の類似性を定量的に表現し、客観的なグループ分けをする手法を考えた。
この手法を、希少種から普通種まで約600種の詳細な国内分布データが揃っているシダ植物に適用し、
いくつかのグループを抽出した。各グループにどのような性質・系統の種類が属しているかを見比べることで
植物の分布パターンを決める要因のヒントが得られるものと期待される。

議論の議題
「生き物の分布の決定要因を知るにはどうしたらよいか」


日時 2011年 7月21日 17:30-19:00
場所 東北大学農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センター(川渡)交流棟(ログハウス)
お問い合わせ  多田千佳  TEL; 0229-84-7395 e-mail; tada@bios.tohoku.ac.jp
ブログ     http://fseminar.exblog.jp/

今回のポスター写真は、竹中氏よりご提供いただきました!(添付ポスターをご覧ください)
「お金をかけずに発見の喜びを感じる研究を目指している」、竹中氏のご講演に、是非、皆様ご参加ください!

Attachment:第25回フィールドセンターSeminarポスター
Description: Adobe PDF document

複合陸域生産システム部複合陸域
生産システム部

森林・草地・耕地における動物・植物・土壌の関係を複合的に解明し、食料生産と環境保全の両立を目指しています。

複合水域生産システム部複合水域
生産システム部

沿岸から海洋における生物を生態および遺伝学的に解明し、持続的利用と保全方法を構築しています。

複合生態フィールド制御部複合生態
フィールド制御部

リモートセンシング(RS)および地理、情報システム(GIS)を用いて複合生態系の解明・維持・増進に関する仕事をしています。

トップページへ戻る

複合陸域生産システム部

〒989-6711
宮城県大崎市鳴子温泉蓬田232-3
TEL 0229-84-7311(代表)
FAX  0229-84-6490

複合水域生産システム部

〒986-2242
宮城県牡鹿郡女川町小乗浜字向15
Tel 0225-53-2436
Fax 0225-53-2303

複合生態フィールド制御部

〒981-8555
仙台市青葉区堤通雨宮町1-1
東北大学大学雨宮キャンパス 第四プレハブ内
Tel/Fax 022-717-8942