動物環境システム学分野
Sustainable Animal Environmental Lab.

学生実習風景

応用動物科学系では、春、夏、冬の3回にわけて川渡フィールドセンターにて生産フィールド実習を行います。この実習では、動物生産の技術とフィールド研究の基礎手法を習得することを目的とし、牧草や草地の調査、放牧管理や家畜審査などについて実習を行います。
また、2月には家畜人工授精実習が行われ、人工授精師の資格を得るために必要な基礎技術を習得することができます。

生産フィールド実習(夏期)

生産フィールド実習(冬期)

家畜人工授精実習

Copyright (C) Sustainable Animal Environmental Lab Tohoku University All Rights Reserved.