動物環境システム学分野
Sustainable Animal Environmental Lab.

福田康弘

福田康弘
専門:原生生物学、進化生物学(形態と系統)
学位:博士(理学)2008年3月 金沢大学
受賞等:
  1. 日本原生動物学会 平成21年度日本原生動物学会奨励賞
  2. 日本原生動物学会 第12回国際原生動物学会議派遣費助成
  3. 日本原生動物学会 第13回国際原生動物学会議派遣費助成
  4. 加藤記念バイオサイエンス研究振興財団 第19回加藤記念国際交流助成
  5. 加藤記念バイオサイエンス研究振興財団 第20回加藤記念国際交流助成
  6. ISEP (International Society of Evolutionary Protistology) Award for 2008 Protist conference

研究テーマ
略歴
研究事業および活動(原著論文/ 著書/学会発表/ 国際学会プロシーディング

研究テーマ

  1. Apicomplexa、特にCoccidiaでの宿主認識とその進化
  2. 異なる農耕地におけるSoil protistの多様性と変化
  3. 野生動物や家畜におけるCryptosporidiumの分子疫学解析と妥当性の検討

略歴

2004年3月
金沢大学理学部卒業
2006年3月
金沢大学院自然科学研究科 博士課程前期修了
2008年3月
金沢大学大学院自然科学研究科 博士課程後期早期修了 博士取得
2008年4月
〜2009年9月
神戸大学理学研究科 学術推進研究員
2009年4月〜9月
神戸市立高等専門学校 非常勤講師(兼任)
平成21年10月
東北大学大学院農学研究科助教

研究業績および活動

原著論文

  1. Yasuhiro F, Takahiko A, Rizwan A, Chika T, Yutaka N, Ronald E. P. (2015) Role of the Cytosolic Heat Shock Protein 70 Ssa5 in the Ciliate Protozoan Tetrahymena Thermophila.. The Journal of Eukaryotic Microbiology, In Press, doi: 10.1111/jeu.12203
  2. Takahiko A, Yasuhiro F, Rizwan A, Ronald E. P. (2014) Role of class III phosphatidylinositol 3-kinase during programmed nuclear death of Tetrahymena thermophila. Autophagy, 10:209-225. doi:10.4161/auto.26929.
  3. Yasuhiro F, Hiroshi E (2008) Phylogenetic analyses of the dinoflagellate Noctiluca scintillans based on beta-tubulin and Hsp90 genes, European Journal of Protistology, Elsevier, Vol. 44, pp27-33
  4. Yasuhiro F, Hiroshi E (2006) New details from the complete life cycle of the red-tide dinoflagellate Noctiluca scintillans (Ehrenberg) McCartne, European Journal of Protistology, Elsevie, Vol.42, pp209-21

著書

  1. 福田康弘、遠藤浩 (2006)「ヤコウチュウの一生」うみうし通信、2-3、No. 53

学会発表

  1. 福田康弘 (2009) 渦鞭毛虫の染色体構造の解明へ向けて:オキシリスの染色体タンパク質Np23の同定と解析、日本進化原生生物学研究会第4回研究会、宮城(口頭)
  2. 福田康弘、洲崎敏伸 (2009) 祖先的渦鞭毛虫の核タンパク質と染色体構造、日本藻類学会第33回大会、沖縄(ポスター)
  3. 福田康弘、洲崎敏伸 (2008) 祖先的渦鞭毛虫の核タンパク質と染色体、第41回日本原生動物学会大会、筑波(ポスター)
  4. 福田康弘、洲崎敏伸、遠藤浩 (2008) ヤコウチュウ全生活環の解明と渦鞭毛虫の初期進化、ユーグレナ研究会第24回研究会(ポスター)
  5. 福田康弘 (2007) 渦鞭毛虫の初期進化:遊走子のネオテニーとコア渦鞭毛虫の出現、第40回日本原生動物学会大会、富山(ポスター)
  6. 福田康弘、遠藤浩 (2007) ヤコウチュウ( Noctiluca scintillans)全生活環の解明、日本藻類学会第31回 大会、神戸(口頭)
  7. 福田康弘、遠藤浩(2007) Beta-チューブリン及びHSP90 遺伝子によるヤコウチュウ ( Noctiluca scintillans) の系統解析、日本藻類学会第31回大会、神戸(口頭)
  8. 福田康弘、遠藤浩 (2007) ヤコウチュウ( Noctiluca scintillans)の全生活環と系統的位置、日本進化原生生物学研究会第3回研究会、横浜(口頭)
  9. 福田康弘、遠藤浩 (2006) Complete life cycle of the red-tide dinoflagellate Noctiluca scintillans (Ehrenberg) McCartney, 日本動物学会大会、松江(口頭)
  10. 福田康弘 (2006) ヤコウチュウは祖先的渦鞭毛虫なのか?遊走子の形態と分子系統解析から探る、第39回日本原生動物学会大会、佐賀
  11. 福田康弘、遠藤浩 (2005) Noctiluca scintillans(ヤコウチュウ)の遊走子形成と遊走子の形態、日本藻類学会第29回大会、京都(口頭)
  12. 福田康弘 遠藤浩 (2005) 遊走子形成と遊走子の形態から見たdinoflagellateにおけるヤコウチュウ Noctiluca scintillans の進化的位置について、日本進化原生生物学研究会第2回研究会、神戸(口頭)
  13. 福田康弘 (2004) 葉緑体を持たない渦鞭毛虫ヤコウチュウの遊走子形成、日本原生動物学会第37回大会、山口(口頭)

国際学会プロシーディング

  1. Yasuhiro F, Toshinobu S (2009) Nuclear proteins and chromosome structures of the ancestral dinoflagellaet Oxyrrhis marina, 13th International Congress of Protistology, Buzios / Brazil(査読有り)
  2. Yasuhiro F, Hiroshi E (2009) New details of the whole life cycle and gamete morphology of the red tide dinoflagellate Noctiluca scintillans, 13th International Congress of Protistology, Buzios / Brazil(査読有り)
  3. Yasuhiro F, Toshinobu S, Hiroshi E (2008) Theoretical consideration of early history of dinoflagellates: Haploid core-dinoflagellates might have evolved from a zoospore of ancestral diploid dinoflagellates via neoteny, Protist 2008 Complex conference (United conference of ISEP and ISOP), Halifax / Canada(査読なし)
  4. Yasuhiro F, Hiroshi E (2007) Life cycle and phylogenetic positin of noctilucid dinoflagellate ( Noctiluca scintillans), V EUROPEAN CONGRESS OF PROTISTOLOGY and XI EUROPEAN CONFERENCE ON CILIATE BIOLOGY, St. Petersburg / Russia(査読なし)
  5. Yasuhiro F, Hiroshi E (2005) Redescription of gametegenesis in the nonphotosynthetic dinoflagellate Noctiluca scintillans, 12th International Congress of Protistology, Guangzhou / China(査読なし)

Copyright (C) Sustainable Animal Environmental Lab Tohoku University All Rights Reserved.