動物環境システム学分野
Sustainable Animal Environmental Lab.

中井裕

2006年4月〜7月に河北新報に中井教授のエッセイが掲載されました
中井裕
専門:微生物学・原虫学
学位:農学博士(1982年3月東北大学)
客員教授:河南農業大学(中国・河南省鄭州市)(2006年5月26日〜2009年5月25日)
受賞:
  1. 2003年度バングラデシュ獣医学会講演賞(2004年1月)
    Bangladesh Society for Veterinary Education and Research Annual Lecture Award 2003
    「人獣共通感染性原虫Cryptosporidiumの遺伝子および病原性の解析」
  2. 「第9回世界畜産会議 最優秀発表賞 (2003年10月)
    Best Paper Award: 9 th World Association for Animal Production
    「畜舎汚水処理ラグーンの微生物群集とアンモニア同化細菌」
  3. 2000年度日本畜産学会賞(2000年3月) 「畜産環境の微生物叢解析と微生物による環境保全に関する研究」
  4. 第21回後藤養鶏学術奨励金(1994年7月) 「ニワトリコクシジウム症抗病性の遺伝的支配に関する研究-とくに主要組織適合抗原複合体遺伝子の関与について-」

中井教授編「コクシジア」についてはこちら


研究テーマ
略歴
研究事業および活動(原著論文/ 著書 /総説・解説/口頭発表/ 国際学会プロシーディング / 国内学会招待講演 /報告書/ 特許 / 国際交流活動 / 学会などでの活動 / その他の活動

研究テーマ

1.「コクシジウム原虫の感染機構解析」
 ニワトリコクシジウム原虫の宿主侵入に関する原虫のリガンド分子と宿主細胞のレセプター分子の解析。抗コクシジウム剤の開発。
2.「クリプトスポリジウム症の分子疫学的解析」
 クリプトスポリジウムの家畜および野生動物に対する感染状況調査。原虫株の遺伝子解析および宿主動物への感染性の解析。
3.「畜産環境微生物の動態および機能の解析」
 家畜排泄物処理、とくに畜舎汚水およびコンポスト化(堆肥化)に関与する微生物の生態と機能の解析

研究シーズ
マウス腸管細胞を用いた原虫感染性評価方法
中度高温性硫黄酸化細菌を用いた硫化水素除去
ウシの第一胃内微生物を用いたバイオマス循環・バイオエネルギー生産

略歴

1977年3月
東北大学農学部畜産学科卒業
1982年3月
東北大学大学院農学研究科博士課程修了(畜産学専攻)
1982年4月
茨城大学農学部助手
1988年1月
茨城大学農学部助教授
1991年10月
東北大学農学部助教授
1998年4月
東北大学大学院農学研究科助教授
1998年8月
資源動物群制御科学分野に転任
2002年4月
東北大学大学院農学研究科教授
2003年4月
〜2005年3月
東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センター副センター長(兼任)
2007年4月
東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センターセンター長(兼任)
この間
1984年2月
~1986年2月
米国ジョージタウン大学医歯科学部博士研究員(出張)
1990年4月
~1991年10月
東京農工大学大学院農学研究科助教授(併任)

研究業績および活動(1996年以降)

原著論文

  1. Baba Y, Tada C, Fukuda Y, Nakai Y. Improvement of methane production from waste paper by pretreatment with rumen fluid. Bioresour Technol. 2012 Sep 29;128C:94-99. doi: 10.1016/j.biortech.2012.09.077.
  2. Nguyen ST, Fukuda Y, Tada C, Huynh VV, Nguyen DT, Nakai Y. Prevalence and molecular characterization of Cryptosporidium in ostriches (Struthio camelus) on a farm in central Vietnam. Exp Parasitol. 2012 Nov 6.doi:pii:S0014-4894(12) 00321-9.10.101/j.exppara.2012.10.01
  3. Nguyen ST, Fukuda Y, Tada C, Sato R, Huynh VV, Nguyen DT, Nakai Y.Molecular characterization of Cryptosporidium in pigs in central Vietnam. Parasitol Res. 2012 Oct 5. DOI 10.1007/s00436-012-3124-2
  4. Yamamoto N, Oishi R, Suyama Y, Tada C, Nakai Y. Ammonia-Oxidizing Bacteria Rather than Ammonia-Oxidizing Archaea were Widely Distributed in Animal Manure Composts from Field-Scale Facilities. Microbes Environ. 2012 Sep 5 DOI: 10.1264/jsme2.ME12053
  5. Nguyen ST, Fukuda Y, Tada C, Sato R, Duong B, Nguyen DT, Nakai Y Molecular characterization of Cryptosporidium in native beef calves in central Vietnam. Parasitol Res. 111(4):1817-1820. (2012)
  6. Eguchi K, Otawa K, Ohishi R, Nagase H, Ogata T, Nagai H, Murata N, Ishikawa H, Hirata K, Nakai Y. Establishment of evaluation method to determine effects of veterinary medicinal products on manure fermentation using small-scale composting apparatus. J Biosci Bioeng.114(3):312-317.(2012)
  7. Nguyen ST, Nguyen DT, Van Nguyen T, Huynh VV, Le DQ, Fukuda Y, Nakai Y. Prevalence of Fasciola in cattle and of its intermediate host Lymnaea snails in central Vietnam. Trop Anim Health Prod. 44(8):1847-1453 (2012)
  8. Nguyen ST, Honma H, Geurden T, Ikarash M, Fukuda Y, Huynh VV, Nguyen DT, Nakai Y. Prevalence and risk factors associated with Cryptosporidium oocysts shedding in pigs in Central Vietnam. Res Vet Sci. 93(2):848-852. (2012)
  9. Murakoshi F., Xiao L., Matsubara R., Sato R., Kato Y., Sasaki T., Fukuda Y., Tada C., Nakai Y. Molecular characterization of Cryptosporidium spp. in grazing beef cattle in Japan. Vet Parasitol 187(1-2)123-128 (2012)
  10. Asano R, Hirooka K., Nakai Y.Middle-Thermophilic Sulfur-Oxidizing Bacteria Thiomonas sp. RAN5 Strain for H2S Removal.Journal of the Air & Waste Management Association. 61(1):38-43 (2012)
  11. Murakoshi F, Xiao L, Matsubara R, Sato R, Kato Y, Sasaki T, Fukuda Y, Tada C, Nakai Y.Molecular characterization of Cryptosporidium spp. in grazing beef cattle in Japan.Vet. Parasitol., in press (2012)
  12. Oishi R, Tada C, Asano R, Yamamoto N, Suyama Y, Nakai Y. Growth of Ammonia-Oxidizing Archaea and Bacteria in Cattle Manure Compost under Various Temperatures and Ammonia Concentrations. Microb Ecol published online Nov 10. 2011 DOI 10.1007/s00248-011-9971-z. (2011)
  13. Oishi R., Hirooka K., Otawa K., Tada C., Nakai Y. Ammonia-oxidizing archaea in lab-scale activated sludge systems for wastewater of low- or high-ammonium concentration, Animal Science Journal, published online: 16 Dec 2011. DOI: 10.1111/j.1740-0929.2011.00995.x
  14. Tada C., Ikeda N., Nakamura S., Oishi R., Chigira J., Yano T., Nakano K. Nakai Y. Animal Wastewater Treatment Using Constructed Wetland, Journal of Integrated field science, 8:41-47 (2011)
  15. Ichihashi O., Chika Tada C., Nakai Y. Power generation from animal wastewater using Microbial Fuel cell, Journal of Integrated field science, 8:13-20 (2011)
  16. Honma H, Suyama Y, Watanabe Y, Matsumoto F, Nakai Y.. Accurate analysis of prevalence of coccidiosis in individually identified wild cranes in inhabiting and migrating populations in Japan. Environ Microbiol. 2011 Sep 6. doi: 10.1111/j.1462-2920.2011.02563.x.
  17. Tanaka M.,Kamiya Y., Suzuki T.NakaiY.Changes in oxidative status in periparturient dairy cows in hot conditions. Animal Sci. J.82(2),320-324 (2011)
  18. Asano R, Hirooka K., Nakai Y.. Middle-Thermophilic Sulfur-Oxidizing Bacteria Thiomonas sp. RAN5 Strain for H2S Removal.Journal of the Air & Waste Management Association. in press (2011)
  19. O'Brien M F, Brown M J, Stidworthy M F, Peirce M A, Marshall R N, Honma H, Nakai Y.. Disseminated visceral coccidiosis in Eurasian cranes (Grus grus) in the UK.Veterinary Record, 168: 216 originally published online February 21 doi:10.1136/vr.c6409 (2011)
  20. Yamamoto N, Asano R, Yoshii H, Otawa K, Nakai Y.. Archaeal community dynamics and detection of ammonia-oxidizing archaea during composting of cattle manure using culture-independent DNA analysis. Appl Microbiol Biotechnol. 90:1501-1510 (2011)
  21. Hikosaka K, Nakai Y., Watanabe YI, Tachibana SI, Arisue N, Palacpac NM, Toyama T, Honma H, Horii T, Kita K, Tanabe K. Concatenated mitochondrial DNA of the coccidian parasite Eimeria tenella. Mitochondrion, 11:273-278 (2011)
  22. Amer S., Ryu O, Tada C., Fukuda Y., Inoue N., Nakai Y.. Molecular identification and phylogenetic analysis of Trypanosoma evansi from dromedary camels (Camelus dromedarius) in Egypt; a pilot study. Acta Trop.117:39-46 (2011)
  23. Amer S., Dar Y., Ichikawa M., Fukuda Y., Tada C., Itagaki T., Nakai Y.. Identification of Fasciola species isolated from Egypt based on sequence analysis of genomic (ITS1 and ITS2) and mitochondrial (NDI and COI) gene markers. Parasitol Int.60:5-12 (2011)
  24. Asano R, Kubori K, Ozutsumi Y, Yamamoto N, Otawa, K, Nakai Y.. Detection of Escherichia coli in a cattle manure composting process by selective cultivation and colony PCR. J. Environ. Sci. Health, Part B Pesticides, Food Contaminants, and Agricultural Wastes.46(2):122-127 (2011)
  25. Hosnia A, Sasaki T, Tada C, Nakai Y.. Characterization and partial purification of a bacteriocin-like substance produced by thermophilic Bacillus licheniformis H1 isolated from cow-manure compost. Animal Sci. J. 82(2), 340-351, (2011)
  26. Said Amer, Honma H, Ikarashi M, Tada C, Fukuda Y, Suyama Y, Nakai Y.. Molecular analysis of Cryptosporidium parvum HNJ-1 isolated in Japan. J. Vet. Med. Sci., 72(12):1647-1649 (2010)
  27. Yamamoto N, Otawa K, Nakai Y.. Diversity and Abundance of Ammonia-Oxidizing Bacteria and Ammonia-Oxidizing Archaea During Cattle Manure Composting. Microb Ecol. 60:807-815 (2010)
  28. Asano R., Otawa K., Ozutsumi Y., Yamamoto N., Abdel-Mohsein HS, Nakai Y.. Development and analysis of microbial characteristics of an acidulocomposting system for the treatment of garbage and cattle manure. J Biosci Bioeng. 110(4):419-25 (2010)
  29. Abdel-Mohsein H., Yamamoto N., Otawa K., Tada C., Nakai Y.. Isolation of bacteriocin-like substances producing bacteria from finished cattle-manure compost and activity evaluation against some food-borne pathogenic and spoilage bacteria.J Gen Appl Microbiol. 56(2):151-161 (2010)
  30. Amer .S, Honma H., Ikarashi M., Tada C., Fukuda Y., Suyama Y., Nakai Y.. Cryptosporidium genotypes and subtypes in dairy calves in Egypt. Vet Parasitol. 169,382-386 (2010)
  31. Amer S., Fayed M., Honma H., Fukuda Y., Tada C., Nakai Y.. Multilocus genetic analysis of Cryptosporidium parvum from Egypt. Parasitol Res. 107,1043-7 (2010)
  32. Ito A, Hnma H, Gurelli G, Gocmen B, Mishima T, Nakai Y., Imai S.Redescription of Triplumaria selenica Latteur et al., 1970 (Ciliophora, Entodiniomorphida) and its phylogenetic position based on the infraciliary bands and 18SSU rRNA gene sequence.Europ. J. Protistology, 46, 180-188 (2010)
  33. Tanaka M, Kamiya Y, Suzuki T, Nakai Y.. Effect of citrus pulp silage feeding on concentration of beta-cryptoxanthin in plasma and milk of dairy cows. Anim Sci J. 81(5):569-73 (2010)
  34. Honma H., Asano R., Obara M., Otawa K., Suyama Y., Nakai Y.. Bacterial populations in epilithic biofilms along two oligotrophic rivers in the Tohoku region in Japan. J Gen Appl Microbiol. 55(5):359-371 (2009)
  35. Yamamoto, N., Otawa, K., Nakai, Y..Bacterial communities developing during composting processes in animal manure treatment facilities. Asian-Australasian J. Animal Sci. 22(6), 900-905 (2009)
  36. Hirooka, K., Asano. R., Nakai, Y.Change in the community structure of ammonia-oxidizing bacteria in activated sludge during selective incubation for MPN determination. J. Ind. Microbiol. Biotech. 36(5), 679-685 (2009)
  37. Hirooka, K., Asano, R., Yokoyama, A., Okazaki, M., Sakamoto, A., Nakai, Y..Reduction in excess sludge production in a dairy wastewater treatment plant via nozzle-cavitation treatment: Case study of an on-farm wastewater treatment plant. Bioresource Technology, 100, 3161-3166 (2009)
  38. Kohari, D., Sato, S., Nakai Y.. Does the maternal grooming of cattle clean bacteria from the coat of calves?Behavioural Processes 80: 202-204 (2009)
  39. Sasaki, H., Nonaka, J., Otawa, K., Kitazume, O., Asano, R., Sasaki, T., Nakai Y..Analysis of the structure of the bacterial community in the livestock manure-based composting process. Asian-Aust. J. Anim. Sci., 22(1): 113-8 (2009)
  40. Said, Amer, Honma, H., Ikarashi, M., Oishi, R., Endo, M., Otawa, K., Nakai Y.The first detection of Cryptosporidium deer-like genotype in cattle in Japan. Parasitol. Res., 104 (4): 745-752 (2009)
  41. Tanaka, M., Kamiya, Y., Suzuki, T., Kamiya, M., Nakai Y.. Relationship between milk production and plasma concentrations of oxidative stress markers during hot season in primiparous cows. Animal Sci. J., 79: 481-486 (2008)
  42. Wakase, S., Sasaki, H., Itoh, K., Otawa, K., Kitazume, O., Nonaka, J., Satoh, M., Sasaki, T., Nakai, Y.. Investigation of the microbial community in a microbiological additive used in a manure composting process. Bioresource Technology, 99(7): 2687-2693 (2008)
  43. Nguyen, ST., Nguyen, DT., Le, DQ., Hua, LNL., Nguyen, TV., Honma, H., Nakai Y.. Prevalence and first genetic identification of Cryptosporidium spp. in cattle in central Viet Nam. Vet. Parasitol., 150 (4): 357-361 (2007)
  44. Satoh, M., Nakai Y.. Discrimination of Cryptosporidium species by denaturing gradient gel electrophoresis. Parasitol. Res., 101(2): 463-466 (2007)
  45. Asano, R., Sasaki, T., Nakai Y.. Analysis of sulfur-oxidizing bacteria in livestock compost. Animal Sci. J., 78(3): 330-333 (2007)
  46. Tanaka, M., Kamiya, Y., Kamiya, M., Nakai Y.. Effect of high environmental temperature on ascorbic acid, sulfhydryl residue and oxidized lipids concentrations in plasma of dairy cows. Animal Sci. J., 78(3): 301-306 (2007)
  47. Honma, H., Yokoyama, T., Inoue, M., Uebayashi, A., Matsumoto, F., Watanabe, Y., Nakai Y.. Genetical identification of coccidia in red-crowned crane, Grus japonensis. Parasitol. Res., 100(3):637-640 (2007)
  48. Tanaka, M., Kamiya, Y., Kamiya, M., Shioya, S., Nakai Y..Anti-radical function of sulfhydryl residues and oxidative stress markers in dairy cattle plasma. Animal Sci. J., 78(1): 61-65 (2007)
  49. Sasaki, H., Kitazume, O., Nonaka, J., Hikosaka, K., Otawa, K., Ito, K., Nakai Y.. The effect of a commercial microbiological additive on the beef manure compost in the composting process. Animal Sci. J., 77(5): 545-548 (2006)
  50. Sasaki, H., Nonaka, J., Sasaki, T., Nakai Y.Ammonia removal from livestock wastewater by ammonia-assimilating microbes immobilized in polyvinyl alcohol. J. Ind. Microbiol. Biotechnol., Published online: 12 September (2006)
  51. Otawa, K., Asano, R., Oba, Y., Sasaki, T., Kawamura, E., Koyama, F., Nakamura, S., Nakai Y.Molecular analysis of ammonia-oxidizing bacteria community in intermittent aeration sequencing batch reactors used for animal wastewater treatment. Environ. Microbiol., 8(11): 1985-1996 (2006)
  52. Koyama, Y., Motobu, M., Hikosaka, K., Yamada, M., Nakamura, K., Saido-Sakanaka, H., Asaoka, A.Yamakawa M, Isobe T, Shimura K, Kong C. B, Hayashidani H, Nakai Y., Hirota Y.Cytotoxicity and antigenicity of antimicrobial synthesized peptides derived from the beetle Allomyrine dichotoma defensin in mice. Int. Immunopharmacol., 6: 1748-1753 (2006)
  53. Satoh, M., Matsubara-Nihei, Y., Sasaki, T., Nakai, Y.Characterization of Cryptosporidium canis isolated in Japan. Parasitol. Res., 99(6): 746-748 (2006)
  54. Masuno, K., Yanai, T., Hirata, A., Yonemaru, K., Sakai, M., Satoh, M., Masegi, T., Nakai, Y. Morphological and immunohistochemical features of Cryptosporidium andersoni in cattle. Vet. Pathol.. 43: 202-207 (2006)
  55. Koyama, Y., Motobu, M., Hikosaka, K., Yamada, M., Nakamura, K., Saido-Sakanaka, H., Asaoka, A., Yamakawa, M., Sekikawa, K., Kitani, H., Shimura, K., Nakai, Y., Hirota, Y. Protective effects of antimicrobial peptides derived from the beetle Allomyrina Dichotoma defensin on endotoxic shock in mice. Int. Immunopharmacol., 6: 243-240 (2006)
  56. Satoh, M., Kimata, I., Iseki, M., Nakai, Y.Gene analysis of Cryptosporidium parvum HNJ-1 strain isolated in Japan. Parasitol. Res., 97 (6): 452-457 (2005)
  57. Hikosaka, K., Satoh, M., Koyama, Y., Nakai, Y.Quantification of the infectivity of Cryptosporidium parvum by monitoring the oocyst discharge from SCID mice. Vet. Parasitol., 134: 173-176 (2005)
  58. Hikosaka, K., Nakai, Y.A novel genotype of Cryptosporidium muris from large Japanese field mice, Apodemus speciosus. Parasitol. Res., 97 (5): 373-379 (2005)
  59. Tanji, Y., Shimada, T., Fukudomi, H., Miyanaga, K., Nakai, Y., Unno, H.Therapeutic use of phage cocktail for controlling Escherichia coli O157:H7 in gastrointestinal tract of mice. J. Biosci. Bioeng., 100 (3): 280-287 (2005)
  60. Koyama, Y., Satoh, M., Maekawa, K., Hikosaka, K., Nakai, Y.Isolation of Cryptosporidium andersoni Kawatabi type in a slaughterhouse in the northern island of Japan. Vet. Parasitol., 130: 323-326 (2005)
  61. Sasaki, H., Yano, H., Sasaki, T., Nakai, Y.A survey of ammonia-assimilating micro-organisms in cattle manure composting.J. Appl. Microbiol., 99: 1356-1363 (2005)
  62. Sasaki H, Maruyama G, Suzuki H, Nonaka J, Sato M, Sasaki T, Ohta M,Nakai Y.. Distribution of ammonia-assimilating bacteria in the composting process. Compost Science and Utilization., 12(2): 108-113(2004)
  63. Nakai Y.., Hikosaka K, Sato M, Sasaki T, Kaneta Y, and Okazaki N.Detection of Cryptosporidium muris type oocysts in a farm and survey in domestic and wild animals in and around the farrm.J. Vet. Med. Sci., 66(8): 983-984 (2004)
  64. Otawa K, Sato M, Sasaki T, Sasaki H, Nonaka J, Ito Kikuji, Kuroki T, and Nakai Y.. Genetic analysis of shiga-toxigenic Escherichia coli isolates from cattle in a limited region.Animal Science Journal, 75: 261-269 (2004)
  65. Sasaki H, Kitazume O, Sasaki T, and Nakai Y.. Ammonia-assimilating microbes in microbial community in a lagoon for wastewater from paddock of dairy cattle.Animal Science Journal., 75:79-84 (2004)
  66. Satoh M, Hikosaka K, Sasaki T, Suyama Y, Yanai T, Ohta M, Nakai Y.. Characteristics of a novel type of bovine Cryptosporidium. Appl. Environ. Microbiol. 69(1) : 961-692 (2003)
  67. Takeshima S, Nakai Y.. Ohta M, Aida Y.Characterization of DRB3 alleles in the MHC of Japanese Shorthorn cattle by polymerase chain reaction -sequence-based typing.J. Dairy Sci., 85:1630-1632 (2002)
  68. Sasaki H, Maruyama G, Suzuki H, Nonaka J, Sato M, Sasaki T, Ohta M,Nakai Y.. Characterization of ammonia-assimilating bacteria ina lagoon for wastewater from a paddock of dairy cattle. Anim. Sci. J.,73(1) 73-76 (2002)
  69. 2
  70. Takeshima S, Ikegami M, Morita M, Nakai Y.., Aida Y. Identification of new bovine BoLA-DRB3 alleles by sequence-based typing, Immunogenetics. 53: 74-81 (2001)
  71. 佐々木啓, 野中潤, 佐々木貴子, 太田實, 中井裕. 畜舎汚水ラグーンにおけるアンモニア同化微生物.東北大学大学院農学研究科川渡農場報告, 17, 29-33 (2001)
  72. Nishizawa M, Kamata M, Myojin T, Nakai Y.., Aida Y. Inductionof apoptosis by the Vpr protein of human immunodeficiency virus type 1occursindependentlyof G(2) arrest of the cell cycle. Virology, 276(1):16-26 (2000)
  73. Nakai Y.., Niino T, Ando T, Kohda C. Microorganisms aerobicallydegrading skatole and indole in composting processes. Anim. Sci. J., 70(1):32-37(1999)
  74. Nakai Y.., Abe T, Kohda C, Ando T. Characteristics of waterandmicroorganisms of a lagoon system for the wastewater from the paddockof dairy cattle. Anim. Sci. J., 70(1): 38-42 (1999)
  75. Nakai Y.., Yabiku A, Ando T, Kohda C. Facultatively anaerobicbacteria degrading skatole or indole isolated from compost. Anim. Sci.J.,70(5): 367-369 (1999)
  76. Nishizawa M, Myojin T, Nishino Y, Nakai Y.., Kamata M, IdaY. A carboxy-terminally truncated form of the Vpr protein of human immunodeficiencyvirus type 1 retards cell proliferation independently of G(2) arrest of thecellcycle. Virology, 263: 313-322 (1999)
  77. Nakai Y.., Abe T, Kohda C, and Ando T. Water characteristics and microbial flora in a lagoon system for wastewater from a paddock of dairy cattle.Animal Sci. J., 71(1): 38-42 (1999)
  78. Kaneta Y, Nakai Y.. Survey of Cryptosoridium oocysts ofadultcalltein a slaughterhouse in Japan. J. Vet. Med. Sci., 60(5):585-588(1998)
  79. Kohda C, Ando T, Inamoto T, Nakamura S, N Nakai Y.., Ogimoto K. Identification of genus Clostridium isolated from the rumen ofMalaysianwaterbuffalo. Anim. Sci. Technol., 69(3): 271-275 (1998)
  80. Nakai Y.., Saito M, Nakatani M, Kohda C, Ando T, Inamoto T,Ogimoto K. Changes in microbial flora of animal faeces after excretion. Anim.Sci. Technol., 68(2): 138-143 (1997)
  81. Kohda C, Ando T, Nakai Y.. Anaerobic microorganisms degrading3-methylindole(skatole) and indole in composting processes. Anim. Sci.Technol.,68 (11):1045-1051 (1997)
  82. Kohda C, Ando T, Nakai Y.. Isolation and characterization of anaerobic indole- and skatole-degrading bacteria from composting animal wastes. J.Gen. Appl. Microbiol., 43: 249-255 (1997)
  83. Uchida T, Kikuchi K, Takano H, Ogimoto K, Nakai Y.. Monoclonalantibodiesinhibiting invasion of cultured cells by Eimeria tenella sporozoites.J. Vet. Med. Sci., 59(8): 721-723 (1997)
  84. Niimi M, Nakai Y.., Aida Y. Identification of bovine invariantchain(Ii) gene by nucleotide sequencing. Biochem. Biophys. Res. Com., 222(1): 7-12 (1997)
  85. Nakamura I, Nakai Y.., Izumi H. Use of Fura-2/AM to measure intracellular free calcium in Selenomonus ruminantium. Tohoku J. Exp. Med., 179: 291-294 (1996)
  86. Hasbullah, Itahana H, Uchida T, Inamoto T, Nakai Y.., OgimotoK. Medication of feedlot calves infected with Eimeria spp. by acombinationof sulfamonomethoxine and ormetoprim. J. Vet. Med. Sci., 58(2):169-170 (1996)

著書

動物環境レメディエーション  ・動物の衛生  ・最新畜産ハンドブック

  1. 中井裕. 震災からの農業・農村の復興-農学研究科の復興支援プロジェクト-. 今を生きる-東日本大震災から明日へ!復興と再生への提言- 5 自然と科学.吉野博、日野正輝編. 東北大学出版会. pp211-233.(2013)
  2. 中井裕, 広谷彰彦, 阪田憲次, 田村謙治 他 東日本大震災復興への道程 12ヶ月の記録. 日刊建設通信新聞社 pp257 (2012)
  3. Sasaki, H., Wakase, S., Itoh, K., Kitazume, O., Nonaka, J., Satoh, M., Otawa, K., >Nakai Y.. (2008) Microbial Community in a Microbiological Additive and Composting Process.Composts and Composting. Global Science Books (GSB), UK, in press
  4. 中井裕、北爪惣、浅野亮樹、小田和賢一、幸田力、佐々木啓.堆肥化過程で生じる微生物の消長. (2008)「農業技術体系土壌施肥編第7-1巻環境対策」追録第19号、64/1/30-64/1/40、農文協
  5. 中井裕、北爪惣、浅野亮樹、小田和賢一、幸田力、佐々木啓. (2008) ラグーンによる畜産汚水処理とアンモニア除去微生物. 「農業技術体系畜産編第8巻環境対策」追録第27号、556/6-556/15、農文協
  6. Nakai Y., Satoh M, Koyama Y, Hikosaka K, Takahashi J, Suzuki C, Masuno K, Yanai T.Genetical and biological characteristics of gastric Cryptosporidium spp.In: ICOPA XI (ed. Medimond), 521-524. Medimond S.r.l., Gologna, Italy (2006)
  7. 中井裕,. 身近なまちづくりの主体をつなぐ(2)海外農業支援研究会の仕組み. 「協働で地域づくりを「変える」「つなぐ」「活かす」」 特定非営利活動法人まちづくり政策フォーラム編、102-107. ぎょうせい(2006)
  8. 中井裕. 家畜排せつ物コンポストの微生物群集. 「畜産環境対策全書」2005年度版、鶏卵肉情報センター編、42-47. 鶏卵肉情報センター (2006)
  9. Nakai Y., Satoh, M., Koyama, Y,, Hikosaka, K., Takahashi, J., Suzuki, C., Masuno, K., Yanai, T. (2006) Genetical and biological characteristics of gastric Cryptosporidium spp.In: ICOPA XI (ed. Medimond), pp521-524. Medimond S.r.l., Gologna, Italy
  10. 中井裕. 環境改善. 「プロバイオティクスとバイオジェニクス」伊藤喜久治監修、178-180. NTS (2005)/lir>
  11. 中井裕. コクシジウム原虫の生理. 「寄生性原虫コクシジア」 中井裕編、27-32. 東北大学出版会 (2005)
  12. 中井裕. コクシジアの増殖と宿主感染. 「寄生性原虫コクシジア」 中井裕編、41-54. 東北大学出版会 (2005)
  13. 中井裕. リコンビナント・ワクチンの開発. 「寄生性原虫コクシジア」 中井裕編、305-318. 東北大学出版会 (2005)
  14. 中井裕. コクシジウム症のコントロール・ストラテジー. 「寄生性原虫コクシジア」 中井裕編、327-331. 東北大学出版会 (2005)
  15. 中井裕. 微生物ってなにをしているのだろう. 「微生物を活用した堆肥化大全」中井裕監修、30-44. 肉牛新報社 (2004)
  16. 中井裕. どんな微生物があるのかな. 「微生物を活用した堆肥化大全」 中井裕監修、107-115.肉牛新報社 (2004)
  17. 中井裕. 堆肥化における微生物の働き. 「どうする養豚汚水 糞尿処理対策ブック」 羽賀清典監修、106-114. 畜産出版社 (2004)
  18. Nakai Y., Sasaki H, Nonaka J, Sasaki T, and Ohta M. Ammonia assimilating microorganisms in animal manure treatment processes, Greenhouse Gases and Animal Agriculture, 313-315. (2002)
  19. span style="text-decoration: underline;"> 中井裕. 家畜排泄物コンポストの微生物叢. 「食品リサイクル/畜産環境対策全書」 鶏卵肉情報センター (2002)
  20. Nakai Y.., Sasaki, H., Nonaka, J., Sasaki, T., Ohta, M.Ammonia assimilating microorganisms in animal manure treatment processes. In: Greenhouse Gases and Animal Agriculture, ed: J. Takahashi, pp 313-315 (2002)
  21. 中井裕. ふん、尿の有効利用.「動物の衛生」鎌田信一、清水晃、永幡肇編、241-247. 文永堂 (2001)
  22. 中井裕.. 地球温暖化問題.「動物の衛生」鎌田信一、清水晃、永幡肇編、254-257. 文永堂 (2001)
  23. Nakai Y.. Experimental infection of Cryptosporidium spp. to the goldenhamster, Lagurus lagurus and Meriones meridianus. Wild rodents in the Xinjiang-UygurAutonomous Region of China: For investigation of infectious disease models.(Ito M. ed)69-72. Sun-Ei Press, Yokohama, (2000)
  24. 中井裕.. 感染リスクを低減させるふん尿処理技術.「21世紀へのマニュア・テクノロジー」市川治、中原准一、干場信司編著、 89-98 酪農学園大学エクステンションセンター (2000)
  25. Nakai Y., Domestic animals in Xinjiang, China. Epidemiology and control of leishmaniasis in Central Eurasia. (Matsumoto Y. ed) 71 andAppendex 14-15. Int. Press Editing Centre Inc., Tokyo, (1999)
  26. Kazu S, Katakura K, Nagakura K, Naya T, Ito M, Nakai Y., Aikawa M, Qu J-Q, Guan L-R, Zuo X-P, Chai J-J, Chan K-P, Matsumoto Y. Delta-crystallin/NADPHoxidoreductase homologue (p36) gene sequences for analysis of the phylogeneticrelationships among Leishmania spp. Epidemiology and control of leishmaniasisin Central Eurasia. (Matsumoto Y. ed) 78-82. Int. Press Editing Centre Inc.,Tokyo, (1999)
  27. 中井裕.. マニュア処理技術の微生物学的アプローチ.「動物環境レメディエーション」扇元敬司、中井裕編著. 105-118、 養賢堂 (1999)
  28. 幸田力、新野崇、阿部孝、安藤太助、扇元敬司、 中井裕.. インドール・スカトールの微生物分解.「動物環境レメディエーション」扇元敬司、中井裕編著、 119-125. 養賢堂 (1999)
  29. 阿部孝、幸田力、安藤太助、扇元敬司、中井裕.. コンポストプロセスのアンモニア同化微生物.「動物環境レメディエーション」扇元敬司、中井裕編著、126-130. 養賢堂 (1999)
  30. 安藤太助、阿部孝、幸田力、扇元敬司、中井裕.ラグーンフローラの季節推移.「動物環境レメディエーション」扇元敬司、中井裕編著、 131-136、養賢堂 (1999)
  31. 中井裕. アメリカにおけるふん尿処理・環境対策.「農業技術体系畜産編第8巻環境対策」追録第18号、592/2-592/5、農文協 (1999)
  32. 中井裕. 動物の生体防御.「応用生命科学のための生物学入門」谷口旭ら監修、中井裕ら編集、 211-217、 培風館(1998)
  33. 中井裕. 種の進化と適応.「応用生命科学のための生物学入門」谷口旭ら監修、中井裕ら編集、263-268、271、 培風館 (1998)
  34. 中井裕. 家畜の衛生管理.「新編畜産大事典」田先威和夫監修、 382-389、 養賢堂 (1996)
  35. 中井裕. 家畜衛生の法規制と行政.「新畜産大事典」田先威和夫監修、 395-396、養賢堂 (1996)
  36. 中井裕. 抗原と抗体.「動物の免疫学」小沢操ら編、 23-29. 文永堂 (1996)
  37. 中井裕. 衛生(訳および監訳).「応用動物科学ハンドブック」扇元敬司監修、151-180. チクサン出版 (1995)
  38. 中井裕. 生産(訳および監訳).「応用動物科学ハンドブック」扇元敬司監修、181-210. チクサン出版(1995)
  39. 中井裕生体防御と免疫機能.「新畜産ハンドブック」扇元敬司・中井裕ら編、301-311. 講談社(1995)
  40. 中井裕. 家畜排泄物処理・利用の現状と問題点.「新畜産ハンドブック」扇元敬司・中井裕ら編、455-486.講談社(1995)
  41. 中井裕.動物の衛生管理と微生物制御.「動物生産学概論」扇元敬司・佐藤衆介・今井壮一・稲元民夫・秋葉征夫・矢野秀雄・佐々木義之・角田幸雄・中井裕・細野明義・横田浩臣・藤原勉 共著、169-191. 川島書店 (1992)
  42. 中井裕. 主要動物の飼養スケジュール.「動物生産学概論」扇元敬司・佐藤衆介・今井壮一・稲元民夫・秋葉征夫・矢野秀雄・佐々木義之・角田幸雄・中井裕・細野明義・横田浩臣・藤原勉 共著、234-250. 川島書店 (1992)
  43. 中井裕. 飼養衛生.「畜産衛生学」扇元敬司・柏崎守・中井裕著、116-124. 川島書店 (1989)
  44. 中井裕. 飼料安全性.「畜産衛生学」扇元敬司・柏崎守・中井裕著、 124-129. 川島書店 (1989)
  45. 中井裕. 繁殖衛生.「畜産衛生学」扇元敬司・柏崎守・中井裕著、 129-131. 川島書店 (1989)
  46. 中井裕. 育種衛生.「畜産衛生学」扇元敬司・柏崎守・中井裕著、132-134. 川島書店 (1989)
  47. 中井裕. 家畜衛生の関連法規.「畜産衛生学」扇元敬司・柏崎守・中井裕著、200-208. 川島書店(1989)
  48. 中井裕. 付録.「畜産衛生学」扇元敬司・柏崎守・中井裕著、221-254. 川島書店 (1989)
  49. 中井裕. 感染症.「畜産ハンドブック」姫野健太郎ら編、432-443. 講談社 (1984)
  50. 中井裕. 寄生虫症.「畜産ハンドブック」姫野健太郎ら編、443-448. 講談社 (1984)

総説・解説など

  1. 渡邉亮哉、多田千佳、中井裕、李玉友. メタン発酵によるバイオディーゼル燃料由来の廃グリセリンの利用. 用水と廃水55(3)47-58.(2013)
  2. 中井裕. 震災復興のための畜産環境科学−日本畜産環境学会第10回大会について−. 畜産の研究66(3),317-326 (2012)
  3. 中井裕. 震災復興や災害対策に生かす畜産環境科学. 畜産の研究66(4),411-414 (2012)
  4. 中井裕. 津波塩害農地復興のための菜の花プロジェクト. 産学連携ジャーナル8(1),32-33 (2012)
  5. 中井裕、馬場保徳、渡邊亮哉、多田千佳. 地域有機資源循環とメタン発酵-津波塩害農地復興のための菜の花プロジェクトとBDFグリセリン廃液のメタン発酵研究-. 用水と廃水54(7),58-64 (2012)
  6. 中井裕. 東日本大震災被災地から畜産の将来を考える. 畜産コンサルタント48(7),9 (2012)
  7. 中井裕. 津波塩害農地復興のための菜の花プロジェクト. 農林水産技術研究ジャーナル35(7),40 (2012)
  8. 中井裕.  「食・農・村の復興支援プロジェクト」を立ち上げるにあたって. 食・農・村の復興支援プロジェクトホームページトピックス 2011年4月
  9. 中井裕、山本希、浅野亮樹、小田和賢一、大石 竜、吉井啓貴、多田千佳. 家畜排泄物コンポスト化過程における細菌・古細菌群集.土と微生物(Soil Microorganisms)65(2), 89-93(2011)
  10. 中井裕. 農地再生、環境と調和する農業へ -食・農・村の復興支援プロジェクト(ARP)-. 月刊ガバナンス、ぎょうせい、9月号、No.125, 25-27 (2011)
  11. 中井裕. 震災からの農地・農業の復興 -食・農・村の復興支援プロジェクト(ARP)-.JAMTI BULLETIN、日本食肉生産技術開発センター、2011(1) (2011)
  12. 馬場保徳 多田千佳 中井裕. 中国のメタン発酵実証プロジェクト畜産の研究, 養賢堂, 65(3), 339-347 (2011)
  13. 中井裕. (2010) 地球温暖化と畜産環境研究. 畜産の研究 64(2), in press
  14. 中井裕. (2009)世界の家畜寄生虫症と家畜寄生虫学研究. 畜産の研究 63(12), 1187-1196
  15. 中井裕. (2009)コンポスト(堆肥)の中の微生物たち. 堆肥センターだより 20, 15-16
  16. 中井裕. (2009) デンマークの環境調和型食肉処理場. JAMTI BULLTIN 2009-1, 1-2
  17. 中井裕、北爪惣、浅野亮樹、小田和賢一、幸田力、廣岡佳弥子、大石竜、三宅英成、佐々木啓. (2008) 地球環境保全型汚水処理と微生物. JAMTI BULLTIN 2008-2, 15-25
  18. 中井裕 (2008)「コンポスト」と畜産環境研究. 畜産の研究 62(1), 187-196
  19. 中井裕、廣岡佳弥子. コンポスト化による汚泥減量. 月刊浄化槽、368:26-30(2006)
  20. 中井裕. バイオガスプラントと畜産環境研究. 畜産の研究、60(12):1253-1260(2006)
  21. 鈴木千枝、中井裕. Cryptosporidiumの生存性・感染性評価法. 複合生態フィールド教育研究センター報告、22: 19-24 (2006)
  22. 中井裕. 健康に育てることこそが、おいしい豚肉づくりの第一歩. Pig Journal. 9(2): 35-37. (2006)
  23. Sasaki H, Sasaki T, Nakai Y. .Ammonia-assimilatingmicrobes in the animal manure treatment systems.J. Integrated Field Science, 2: 95-106 (2004)
  24. 佐藤正明、中井裕. Cryptosporidium原虫の種同定と分類.複合生態フィールド教育研究センター報告、 20: 27-32 (2004)
  25. 小倉振一郎、佐藤和也、千葉純子、遊佐健司、 中井裕. 川渡フィールドセンター搾乳牛群の現状と課題 -等間隔搾乳の実施が乳生産性に及ぼす効果の検討-. 複合生態フィールド教育研究センター報告、20: 11-14 (2004)
  26. Nakai Y. .Japan-Russia International Workshop for Microelements 2003.J. Integrated Field Science, 1: 57 (2004)
  27. Nakai Y., Sato M, Wakase, S.Recent topics of animal health and management.Tohoku J. Agricultural Research, 55(1-2): 31-38 (2004)
  28. 中井裕. 微生物資材とコンポスト化過程の微生物群集. 畜産の研究、58(11): 1186-1192 (2004)
  29. 中井裕. 環境調和型畜産を実現するための研究と技術開発. 公庫月報、642: 2-5(2004)
  30. 中井裕. 東北大学大学院農学研究科ルミナント研究コア. 日本畜産学会報、75(2): 282-283(2004)
  31. 小田和賢一、中井裕. 酪農地帯における志賀毒素の遺伝的特性. 宮城県獣医師会会報、 57(1):5-13(2004)
  32. 小田和賢一.佐藤正明.佐々木貴子.佐々木哲.野中潤.伊藤喜久治.黒木俊郎. 中井裕.ウシの志賀毒素産生性大腸菌の疫学調査と遺伝子解析.複合生体フィールド教育研究センター報告、 19:19-25(2003)
  33. 中井裕. 肉牛生産と環境との調和. 肉牛ジャーナル1月号、24-29 (2003)
  34. 中井裕. 大村道明.市田知子. ドイツの有畜農業(1). 畜産の研究、57(7):808-812 (2003)
  35. 中井裕. 大村道明.市田知子. ドイツの有畜農業(2). 畜産の研究、57(8):916-920 (2003)
  36. 佐藤正明.加藤和雄.斎藤忠夫.佐々田比呂志.佐藤衆介.豊水正昭. 中井裕.西田朗.山口高弘.米山裕. 21世紀を支えるアニマルサイエンスの誕生. 日畜会報、 73(2):237-248 (2002)
  37. 安藤太助. 中井裕. 豚肉の獣臭をコントロールする飼養技術 SPF豚肉は本当ににおいが少ないのか. 養豚界.3. 39-41.(2002)
  38. 中井裕. 畜産環境問題解決へのアプローチ. Techno Innovation、12(3):3 (2002)
  39. 中井裕. 処理過程における微生物そうの変化と微生物の役割. DAIRYMAN 51(10):76-77 (2001)
  40. Nakai Y. . Animal waste management and microorganisms. Anim. Sci. J. 72(1): 1-13 (2001)
  41. 中井裕. 畜産環境保全に対する微生物学のアプローチ.畜産技術、6、55-60 (2001)
  42. 竹嶋伸之輔. 中井裕.太田寛.間陽子. ウシ主要組織適合抗原のタイピング法. 川渡農場報告、17:19-28(2001)
  43. 中井裕. クリプトスポリジウム症.宮城獣医師、53(1), 1-11 (2000)
  44. 中井裕. 畜産環境保全と微生物.宮城獣医師、53(4), 150-163 (2000)
  45. 川野組男. 中井裕.古谷修氏.木下良智.伊藤稔. 畜産環境問題をどう解決するか. Techno Innovation、 9(2):8-20 (1999)
  46. 中井裕. sアメリカの畜産環境に対する規制と対策、肉牛ジャーナル、 18-25(1999)
  47. 中井裕. フィステリア・ピスクシーダ. 畜産の研究、 53(11): 1177-1184 (1999)
  48. 中井裕. アメリカの養豚と環境保全.畜産環境情報、2: 17-19 (1998)
  49. 中井裕. 米国の畜産環境規制と環境保全研究(1).畜産の研究、 52(5): 539-545 (1998)
  50. 中井裕.米国の畜産環境規制と環境保全研究(2).畜産の研究、52(6): 25-30 (1998)
  51. 中井裕. 米国の畜産環境規制と環境保全研究(3).畜産の研究、52(7): 765-770 (1998)
  52. 中井裕. 絹の道と草原の道の畜産(1).畜産の研究、52(10): 1077-1084 (1998)
  53. 中井裕. 絹の道と草原の道の畜産(2).畜産の研究、52(11): 1185-1190 (1998)
  54. 中井裕. クリプトスポリジウム症.動生協会会報、31(3): 58-61 (1998)
  55. 中井裕. 欧米および台湾の家畜マニュアリサイクルシステム−家畜マニュア:リサイクルシステムと新利用方法(1).畜産の研究、51(2):233-238 (1997) 
  56. 中井裕. 欧米および台湾の家畜マニュアリサイクルシステム−家畜マニュア:リサイクルシステムと新利用方法(2).畜産の研究、51(3):367-371 (1997)
  57. 中井裕.欧米および台湾の家畜マニュアリサイクルシステム−家畜マニュア:リサイクルシステムと新利用方法(3).畜産の研究、51(4): 464-470 (1997)

口頭発表

  1. 佐藤臨太郎、高橋知也、沼津敬治、福田康弘、 中井裕.  ウシコクシジウム症の臨床症状と検出原虫種の関係. GCOE 環境コンソーシアム2012 (ポスター)2012年
  2. 鈴木崇司、田島亮介、多田千佳. メタン発酵温泉エネツーリズムの構築. 農業環境工学関連学会2012年合同大会(口頭)2012年
  3. 馬場保徳、多田千佳、福田康弘、中井裕. ルーメン液によるセルロース系バイオマスのメタン発酵前処理. 第64回日本生物工学会大会. 第45回日本水環境学会年会講演集p161(口頭)2012年
  4. 佐藤臨太郎、高橋知也、沼津敬 治、福田康弘、中井裕. コクシジウム症を呈したウシから分離したオーシストの形態および遺伝子解析. 第154回日本獣医学術集会. 第154回日本獣医学会学術集会講演要旨集 (口頭)2012年
  5. 須藤 佳子、麻生 久、多田 千佳、福田 康弘、中井裕. ウシ腸管上皮細胞を用いたウシコクシジウムの培養. 第154回日本獣医学術集会. 第154回日本獣医学術集会. 第154回日本獣医学会学術集会講演要旨集p209 (口頭)2012年
  6. 加藤佑樹、磯貝恵美子、多田千佳、福田康弘、中井裕. CathelicidinによるCryptosporidium殺滅と感染細胞のアポトーシス誘導. 第154回日本獣医学術集会. 第154回日本獣医学術集会. 第154回日本獣医学会学術集会講演要旨集p209(ポスター)2012年
  7. 伊藤優太郎、東條ふゆみ、多田千佳、 林誠二、渡辺圭司、 渡辺未来、清和研二、中井裕. 間伐強度の異なる人工林の土壌中のアンモニア酸化微生物量. 第11回日本畜産環境学会. 日本畜産環境学会会誌 11(1)p24(口頭)2012年9月6〜7日
  8. 馬場保徳、多田千佳、渡邉亮哉、福田康弘、中井裕. 廃グリセリンメタン発酵のパイロットプラント実証試験. 第11回日本畜産環境学会. 日本畜産環境学会会誌 11(1)p26(ポスター)2012年9月6-7日
  9. 東條ふゆみ、山本希、多田千佳、中井裕. 家畜排せつ物コンポスト由来のアンモニア酸化古細菌の培養と性状解析.第11回畜産環境学会. 日本畜産環境学会会誌 11(1)p30 (ポスター)2012年9月6-7日
  10. 琴賀岡朋絵、吉岡保、福田康弘、多田千佳、中井裕. 飼料に付着した微生物のオゾンガスによる殺滅効果. 第11回日本畜産環境学会. 日本畜産環境学会会誌11(1)p31 2012年9月6〜7日(ポスター)
  11. 佐藤臨太郎、高橋知也、沼津敬治、福田康弘、中井裕. 宮城県北部におけるウシコクシジウム症の浸潤状況調査.  第11回畜産環境学会. 日本畜産環境学会会誌 11(1)p32(ポスター)2012年9月6-7日
  12. 須藤佳子、麻生久、多田千佳、福田康弘、中井裕. ウシ腸管上皮細胞株を用いたウシコクシジウムの培養方法の検討. 第11回畜産環境学会. 日本畜産環境学会会誌 11(1)p33 (ポスター)2012年9月6-7日
  13. 加藤佑樹、磯貝恵美子、多田千佳、福田康弘、中井裕. Cathelicidin によるCryptosporidium殺滅効果と感染細胞におけるアポトーシス誘導. 第11回畜産環境学会. 日本畜産環境学会会誌 11(1)p34(ポスター)2012年9月6-7日
  14. 馬場保徳,多田千佳,福田康弘, 中井裕. ルーメン液によるセルロース系バイオマスのメタン発酵前処理. 第64回日本生物工学会大会(口頭)
  15. 馬場保徳、多田千佳、中井裕. ルーメン微生物のセルロース・リグニン分解機能を利用した古紙メタン発酵、 第45回日本水環境学会年会、第45回日本水環境学会年会講演集p519 2011年3月18-20日(札幌)
  16. 渡邉亮哉、馬場保徳、多田千佳、中井裕. 大崎市バイオマス循環を目指した廃グリセリン添加メタン発酵の最適条件検討、 第45回日本水環境学会年会、第45回日本水環境学会年会講演集p494 2011年3月18-20日(札幌)
  17. 加藤佑樹、福田康弘、高木志秋、磯貝恵美子、中井裕. Cryptosporidium parvumに対するCathelicidinsの抗菌作用およびアポトーシス誘導性の検証. 第80回日本寄生虫学会大会. 第80回日本寄生虫学会大会・第22回日本臨床寄生虫学会大会プログラム・抄録集. P79、2B-01 2011年7月17-18日(東京)
  18. 馬場保徳、多田千佳、中井裕. ルーメン液による古紙メタン発酵前処理特性、第10回日本畜産環境学会 日本畜産環境学会誌Vol.10 No.1 p.17 2011年9月2日(神奈川)
  19. 張亮、三宅英成、馬場保徳、多田千佳、中井裕. メタン発酵+アナモックスによる養豚排水処理の実証実験、 第10回日本畜産環境学会、日本畜産環境学会誌Vol.10 No.1、p.16 2011年9月2日(厚木)
  20. 福田康弘,中井裕,洲崎敏伸. ウイルスが真核生物の進化に与えるインパクト メ渦鞭毛虫核はNCLDVが作り上げたのか?. 第44会日本原生動物学会 2011年11月13日(奈良)
  21. 佐藤臨太郎、高橋知也、沼津敬治、福田康弘、中井裕. ウシコクシジウム症の臨床症状と検出原虫種の相関. 第44回日本原生動物学会 日本原生動物学会講演要旨P23 2011年11月13日(奈良)
  22. 五十嵐亮、本間一、遠藤幹子、多田千佳、中井裕.Cryptosporidium andersoniの単一スポロゾイトからの18S rRNA遺伝子解析、日本獣医学会、 鳥取 2009年9月25日
  23. 五十嵐亮、本間一、遠藤幹子、多田千佳、中井裕.Cryptosporidium andersoniの単一スポロゾイトからの18S rRNA遺伝子解析2009年8月27日、日本獣医寄生虫学会
  24. 大石竜、三宅英成、中井裕.畜舎汚水施設のアンモニア酸化細菌および古細菌、日本畜産環境学会、2009年8月5日
  25. 山本希、浅野亮樹、小田和賢一、中井裕.牛ふんコンポスト化過程における古細菌群集構造解析、日本畜産環境学会、2009年8月5日
  26. 松原立真、本間一、多田千佳、中井裕. 高溶解性オゾン水およびTiO2光触媒による畜産環境中クリプトスポリジウム殺滅効果の検討. 第7回日本畜産環境学会大会. P32.東京. 2009年8月.
  27. 村越ふみ、松原立真、本間一、多田千佳、麻生久、中井裕. マウス腸管上皮細胞とELISA法を用いたCryptosporidium parvumの感染性評価法. 第7回日本畜産環境学会大会. P33. 東京. 2009年8月.
  28. 五十嵐亮、本間一、遠藤幹子、多田千佳、中井裕. Cryptosporidium andersoniの単一スポロゾイトからの18S rRNA遺伝子解析. 第7回日本畜産環境学会大会. P34. 東京. 2009年8月.
  29. 山本希、浅野亮樹、小田和賢一、中井裕、牛ふんコンポスト化過程における古細菌群集構造の解析、日本畜産環境学会第8回大会、2009年8月5日 東京
  30. 市橋修、張亮、中井裕.廃水中のアンモニアによる嫌気性アンモニア酸化細菌の阻害に関する検討、日本畜産環境学会 第8回大会、2009年8月 東京
  31. 浅野亮樹、市橋修、小田和賢一、中井裕.中度高温性硫黄酸化細菌を用いた嫌気消化ガスからの硫化水素除去、日本畜産環境学会、2009年8月5日
  32. Said Amer, Honma H, Ikarashi M, Oishi R, Tada C, Nakai Y. . Cryptosporidium genotypes and subtypes in dairy calves in Egypt. 第7回日本畜産環境学会大会. P31. 東京. 2009年8月
  33. 本間一、陶山佳久、渡辺ユキ、松本文雄、中井裕. リボソームRNA遺伝子領域による野生ツル集団におけるコクシジウム原虫の系統学的、分子疫学的解析. 第4回日本進化原生生物研究会(JSEP). P8. 仙台. 2009年7月.
  34. 本間一、陶山佳久、中井裕. 糞便DNA解析による野生ツル集団の種、個体識別とコクシジウム検出. 第78回日本寄生虫学会大会. 東京. 2009年3月
  35. 本間一、村越ふみ、中井裕. 日本の野生ツル集団におけるコクシジウム原虫感染. 東北こんそコラボサミット2009「地域づくり博覧会」. pp40-41. 仙台. 2009年2月.
  36. 山本希、小田和賢一、中井裕、牛ふんコンポスト化過程におけるアンモニア酸化細菌および古細菌群集構造の変化、日本畜産環境学会第7回大会、2008年8月1日 東京 
  37. 加藤幹子、本間一、山本希、廣岡佳弥子、浅野亮樹、小田和賢一、中井裕. 畜舎排水路バイオフィルムのアンモニア酸化微生物の群集構造.第7回日本畜産環境学会. P26.東京. 2008年8月.
  38. 加藤幹子、浅野亮樹、廣岡佳弥子、山本希、本間一、小田和賢一、中井裕. 畜舎排水路に形成されたバイオフィルムにおけるアンモニア酸化能の評価.第24回日本微生物生態学会. P121. 札幌. 2008年11月.
  39. 市橋修、張亮、中井裕、廃水中のアンモニア濃度が嫌気性アンモニア酸化に与える影響に関する検討、日本水環境学会年会、2009年3月 山口
  40. 市橋 修、奥田絵美、張亮、三宅英成、中井裕、活性汚泥由来嫌気性アンモニア酸化細菌 "Candidatus Brocadia fulgida" 近縁株の集積培養、日本畜産環境学会 2008年8月 東京
  41. 三宅英成、市橋修、山西義人、中井裕、養豚ふん尿の実規模メタン発酵槽における細菌群集構造の解析、日本水環境学会年会、2008年3月 愛知
  42. 本間一*、遠藤幹子、小田和賢一、中井裕. わが国のEimeria tenella標準株のリボソームRNA遺伝子解析. 第145回日本獣医学会学術集会. CP3-9. 麻布大学. 2008年3月.
  43. 中井裕.家畜糞尿学と糞尿博士の夢、日本畜産学会第109回大会大会、水戸、2008年3月
  44. 三宅英成、張亮、奥田絵美、中井裕 嫌気性アンモニア酸化(ANAMMOX)法による畜舎汚水処理とANAMMX細菌の検索. 日本畜産環境学会誌5(1):36、2006年7月(東京)
  45. 大石竜、李玉友、中井裕 酸化溝型実験槽を用いたメタン発酵消化液処理過程の微生物群集解析 日本畜産環境学会誌5(1):35、2006年7月(東京)
  46. 本間一、横山徹志、清水孜、中井裕 わが国のツルのコクシジウムの系統解析 第75回日本寄生虫学会大会 56、2006年5月19日・20日(弘前)
  47. 鈴木千枝、高橋淳子、佐々木貴子、山岡裕幸、中井裕 光触媒繊維を利用したクリプトスポリジウムの不活化 第75回日本寄生虫学会大会 90、2006年5月19-20日(弘前)
  48. 本間一、浅野亮樹、中井裕 河川におけるバイオフィルム微生物の群集構造解析. 日本畜産学会第106回大会 講演要旨 9、2006年3月29-31日(福岡)
  49. 鈴木千枝、高橋淳子、中井裕、山岡裕幸 光触媒繊維を利用したクリプトスポリジウムの不活化 日本畜産学会第106回大会 2006年3月29-31日(福岡)
  50. 山本希、浅野亮樹、佐々木貴子、中井裕 コンポスト化過程における微生物群集構造の変化 日本畜産学会第106回大会 優秀発表賞応募講演9 2006年3月29-31日(福岡)
  51. 本間一、横山徹志、清水孜、中井裕 わが国のツルのコクシジウムの遺伝子解析 第141回日本獣医学会学術集会 68、2006年3月18-21日(つくば)(ベストプレゼンテーション賞)
  52. 小山ゆかり、彦坂健児、本部真樹、山田学、中村菊保、西堂(坂中)寿子、朝岡愛、山川稔、志村亀夫、中井裕、廣田好和  エンドトキシンショックに対するカブトムシのディフェンシン由来改変ペプチドの防御作用の検索第141回獣医学会講演要旨集 223. 2006年3月(茨城)
  53. 浅野亮樹、佐々木貴子、中井裕 硫黄酸化細菌による硫化水素除去 第40回日本水環境学会年会講演集 461 2006年3月(宮城)
  54. 本間一、浅野亮樹、佐々木貴子、中井裕. 分子生物学的手法による河川バイオフィルム微生物の群集構造解析. 第40回日本水環境学会年会 講演集 485、2006年3月15日〜17日(仙台)
  55. 鈴木千枝、高橋淳子、佐々木貴子、山岡裕幸、中井裕 酸化チタン光触媒繊維を用いたクリプトスポリジウムの不活化 第40回日本水環境学会年会講演集 366、2006年3月15-17日(仙台)
  56. 山本希、浅野亮樹、佐々木貴子、中井裕 家畜排せつ物コンポスト化過程における微生物群集構造 第40回 日本水環境学会 2322006年3月15-17日(仙台)
  57. 三宅英成、小原正彦、張亮、中井裕 嫌気性アンモニア酸化細菌の基礎的研究 第40回日本水環境学会年会講演集 171、2006年3月(仙台)
  58. 小山ゆかり、彦坂健児、本部真樹、山田学、中村菊保、西堂(坂中)寿子、朝岡愛、山川 稔、志村亀夫、中井裕、廣田好和  ネコ尿由来分離菌の薬剤感受性試験におけるカブトムシのディフェンシン由来改変ペプチドの効果第140回獣医学会講演要旨集 128. 2005年9月(鹿児島)
  59. 浅野亮樹、佐々木貴子、中井裕 コンポストおよび富硫黄環境からの硫黄酸化細菌の分離 日本畜産環境学会誌 35 2005年7月(宮城)
  60. 鈴木千枝、高橋淳子、佐々木貴子、中井裕 酸化チタン光触媒繊維を用いたクリプトスポリジウムの不活化 第4回日本畜産環境学会会誌 4 (1):30、2005年7月(東京)
  61. 山本希、浅野亮樹、佐々木貴子、中井裕 コンポスト化過程における微生物群集構造 日本畜産環境学会会誌 4 (1):21、2005年7月(東京)
  62. 本間一、浅野亮樹、佐々木貴子、中井裕. 河川バイオフィルム微生物の群集構造解析. 日本畜産環境学会第4回大会学会会誌 29、2005年7月26日(宮城)
  63. 小山ゆかり、彦坂健児、本部真樹、山田学、中村菊保、西堂(坂中)寿子、朝岡愛、山川稔、中井裕、廣田好和  カブトムシのディフェンシン由来改変ペプチドの静脈内注射によるエンドトキシンショックの防御効果第139回獣医学会講演要旨集 212. 2005年3月(埼玉)
  64. 浅野亮樹、佐々木貴子、中井裕 硫黄酸化細菌による硫化水素の除去 第104回大会日本畜産学会大会要旨集 143 2005年3月(東京)
  65. 浅野亮樹、佐々木貴子、中井裕 コンポストおよび富硫黄環境からの硫黄酸化細菌の分離 日本畜産環境学会誌 35 2005年7月(宮城)
  66. 中井裕. 微生物資材の分子生物学的評価法の開発、アグリビジネス創出産学官連携シンポジウム、2004年11月(仙台)
  67. 中井裕. 微生物資材の分子生物学的評価法の開発、アグリビジネス創出フェア、2004年10月(東京)
  68. 小山ゆかり、本部真樹、彦坂健児、山田学、中村菊保、西堂(坂中)寿子、朝岡愛、山川稔、関川賢二、木谷裕、中井裕、廣田好和  カブトムシのディフェンシン由来ペプチドによるエンドトキシンショック防御はTNFαの産生抑制に関連する. 第138回獣医学会講演要旨集 85. 2004年9月(北海道)
  69. 中井裕. 微生物資材とコンポスト化過程の微生物群集、第3回日本畜産環境学会大会、招待講演、2004年7月(東京)
  70. 中井裕、佐々木啓、小田和賢一、佐々木貴子.分子生物学的手法によるによる汚水処理微生物の群集構造解析、第1回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、2004年5月(仙台)
  71. 横山徹志、佐藤正明、佐々木貴子、清水孜、中井裕. ツルのコクシジウムの遺伝子解析、第73回日本寄生虫学会大会、2004年4月(前橋)
  72. Nakai Y., Satoh M, Hikosaka K, Sasaki T.Characteristics of a Novel Type Bovine Cryptosporidium: C. andersoni Kawatabi Strain.第73回日本寄生虫学会大会、2004年4月(前橋)
  73. 小山ゆかり、本部真樹、サイード・アメール、彦坂健児、山田学、中村菊保、西堂(坂中)寿子、朝岡 愛、山川稔、中井裕、廣田好和カブトムシの抗微生物タンパク質由来ペプチドによるエンドトキシンショックの防御効果第137回獣医学会講演要旨集 105. 2004年4月(神奈川)
  74. 小田和賢一、浅野亮樹、大庭康彦、北爪惣、佐々木貴子、川村英輔、小山太、中村作二郎、中井裕. 回分式間欠曝気槽におけるアンモニア酸化細菌の解析、第103回大会日本畜産学会大会(優秀発表賞受賞)、2004年3月(東京)
  75. 佐藤正明、彦坂健児、佐々木貴子、太田實、中井裕.新しいタイプの株であるC. andersoni Kawatabi strain.第103回大会日本畜産学会大会、2004年3月(東京)
  76. 小針大助、佐藤衆介、中井裕、菅原和夫. 母牛によるMaternal Groomingが子牛の被毛付着細菌数に及ぼす影響.第103回大会日本畜産学会大会、2004年3月(東京)
  77. 岩崎達行、木下忍、大瀧雅寛、彦坂健児,中井裕.パルスランプを用いたクリプトスポリジウムの不活化について、第38回水環境学会年会、2004年3月(札幌)
  78. 横山徹志、佐藤正明、佐々木貴子、清水孜、中井裕. ツルのコクシジウムの遺伝子解析、日本ツル・コウノトリネットワーク公開シンポジウム「ツルたちの今〜ツル類の危機管理を考える」招待講演、2004年1月(日野)
  79. 中井裕. 微生物資材の分子生物学的評価法の開発、アグリビジネス創出産学官連携シンポジウム、2004年11月(仙台)
  80. 中井裕. 微生物資材の分子生物学的評価法の開発、アグリビジネス創出フェア、2004年10月(東京)
  81. 中井裕. 微生物資材とコンポスト化過程の微生物群集、第3回日本畜産環境学会大会、招待講演、2004年7月(東京)
  82. 中井裕、佐々木啓、小田和賢一、佐々木貴子.分子生物学的手法によるによる汚水処理微生物の群集構造解析、第1回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、 2004年5月(仙台)
  83. 4
  84. 横山徹志、佐藤正明、佐々木貴子、清水孜、中井裕. ツルのコクシジウムの遺伝子解析、第73回日本寄生虫学会大会、2004年4月(前橋)
  85. Nakai Y. , Satoh M, Hikosaka K, Sasaki T.Characteristics of a Novel Type Bovine Cryptosporidium: C. andersoni Kawatabi Strain.第73回日本寄生虫学会大会、2004年4月(前橋)
  86. 小田和賢一、浅野亮樹、大庭康彦、北爪惣、佐々木貴子、川村英輔、小山太、中村作二郎、中井裕. 回分式間欠曝気槽におけるアンモニア酸化細菌の解析、第103回大会日本畜産学会大会(優秀発表賞受賞)、2004年3月(東京)
  87. 佐藤正明、彦坂健児、佐々木貴子、太田實、中井裕. 新しいタイプの株であるC. andersoni Kawatabi strain.第103回大会日本畜産学会大会、2004年3月(東京)
  88. 小針大助、佐藤衆介、中井裕、菅原和夫. 母牛によるMaternal Groomingが子牛の被毛付着細菌数に及ぼす影響.第103回大会日本畜産学会大会、2004年3月(東京)
  89. 岩崎達行、木下忍、大瀧雅寛、彦坂健児、中井裕. パルスランプを用いたクリプトスポリジウムの不活化について、第38回水環境学会年会、2004年3月(札幌)
  90. 横山徹志、佐藤正明、佐々木貴子、清水孜、中井裕. ツルのコクシジウムの遺伝子解析、日本ツル・コウノトリネットワーク公開シンポジウム「ツルたちの今〜ツル類の危機管理を考える」招待講演、2004年1月(日野)
  91. 小田和賢一、浅野亮樹、大庭康彦、野中潤、佐々木貴子、中井裕. 回分式間欠曝気槽におけるアンモニア酸化細菌の解析、日本畜産環境学会誌、2(1).20. 2003年12月
  92. 横山徹志、佐藤正明、佐々木貴子、清水孜、中井裕. ツルコクシジウムの遺伝子解析、第50回日本寄生虫学会・日本衛生動物学会北日本支部合同大会要旨、25. 2003年9月
  93. 佐藤正明、佐々木貴子、中井裕. PCR-DGGE法を用いた環境サンプルからのCryptosporidiumの検出、第135回日本獣医学会学術集会講演要旨集、C-20. 2003年3月 /lir>
  94. 中井裕. 蒸発散尿処理システムについて、平成14年度家畜排泄物処理施設現地研修会、2003年3月
  95. 北爪惣、中井裕、菅原和夫. 乳牛舎排水の植物浄化の検討、日本畜産学会第101回大会講演要旨、143. 2003年3月
  96. 小田和賢一、大庭康彦、野中潤、浅野亮樹、佐々木貴子、中井裕. 乳牛舎汚水処理回分式間欠曝気槽における微生物群集構造、日本畜産学会第101回大会講演要旨、144. 2003年3月
  97. 中井裕. 人獣共通幹線性原虫クリプトスポリジウム、仙台市食肉衛生検査所研修会、2003年2月
  98. 佐藤正明、彦坂健児、中井裕. PCR-DGGE法を用いたCryptosporidium spp.18s rDNAの解析、第49回日本寄生虫学会、日本衛生動物学会北日本支部合同大会、5、2002年9月(盛岡)
  99. 彦坂健児、佐藤正明、佐々木貴子、中井裕. 野生ネズミより分離されたCryptosporidiumの性状解析、第49回日本寄生虫学会、日本衛生動物学会北日本支部合同大会、2002年9月(盛岡)
  100. 彦坂健児、佐藤正明、佐々木貴子、中井裕. 野生ネズミより分離されたCryptosporidiumの性状解析、日本獣医学会第134回大会講演要旨、193. 2002年9月(岐阜)
  101. 佐藤正明、彦坂健児、中井裕. PCR-CGGE法を用いたCryptosporidium spp.18S rDNAのヘテロ解析、日本獣医学会代134回大会講演要旨、193. 2002年9月(岐阜)
  102. 佐藤正明、太田実、木股勲、井関基弘、中井裕. 日本で分離継代されたCryptosporidium原虫の遺伝子解析、第71回日本寄生虫大会、145. 2002年4月(神奈川)
  103. 佐藤正明、太田実、木俣勲、井関喜弘、中井裕. わが国で分離継代されているCryptosporidium原虫の遺伝子解析、日本獣医学会第133回大会講演要旨、74. 2002年3月(東京)
  104. 佐々木哲、北爪惣、野中潤、佐々木貴子、太田實、中井裕. 乳牛舎汚水処理ラグーンにおけるアンモニア同化微生物、日本畜産学会第100回大会講演要旨、91. 2002年3月(東京)
  105. 中井裕、佐々木哲、矢野大和、野中潤、佐々木貴子、太田實. 肉牛排泄物コンポスト化過程におけるアンモニア同化微生物、日本畜産学会第100回大会講演要旨、 91. 2002年3月(東京)

国際学会プロシーディング

  1. Ito Y, Tojo F, Watanabe M, Hayashi S, Seiwa K, Nakai Y, Tada C. Changes in the diversity and abundance of ammonia-oxidizing archea and bacteria in forest soils due to differences in thinning intensity. Federation of European Microbiological Societies. July 21-25, 2013.
  2. Lee C G, Baba Y, Tada C, Nakai Y. Investigation of microbial community analysis during the decomposition of lignocellulosic biomass using rumen fluid. The 11th International Symposium of Integrated Field Science. Aug. 1-2, 2013.
  3. Baba Y, Lee C G, Chika Tada C, Fukuda Y, Nakai Y. Pretreatment of lignocellulosic rapeseed waste by rumen fluid for methane production. The 11th International Symposium of Integrated Field Science. Aug. 1-2, 2013.
  4. Sato R, Takahashi T, Nimazu K, Watanabe T, Morita Y, Konuma A, Tada C, Fukuda Y, Nakai Y. Phylogenetic analysis of E. zuernii and E. bovis with nuclear 18S rRNA and mitochondrial CO1 genes. The 11th International Symposium of Integrated Field Science. Aug. 1-2, 2013.
  5. Kotogaoka T, Fukuda Y, Tada C, Nakai Y. Molecular epidemiological survey for zoonotic parasite infection in livestock in the Tuul basin in Mongolia. The 11th International Symposium of Integrated Field Science. Aug. 1-2, 2013.
  6. Ito Y, Tojo F, Watanabe M, Hayashi S, Seiwa K, Nakai Y, Tada C. Relationship between nitrogen concentration and ammonia oxidizing microbes in the Japanese cedar forest soils under different managements. The 11th International Symposium of Integrated Field Science. Aug. 1-2, 2013.
  7. Baba Y, Tada C, Fukuda Y, Nakai Y. Novel method of methane production using waste cattle rumen fluids. THE 15th AAAP Animal Science Congress, Bangkok, Thailand, Nov. 26-30, Proceedings of THE 15th AAAP Animal Science Congress, p.305
  8. Sasaki K, Matsui D, Tonoue T, OsadaT, Tada C, Nakai Y. Reduction of ammonia and nitrous oxide emissions during composting of manure from broiler chickens fed a low-crude-protein diet supplemented with synthetic amino acids. THE 15th AAAP Animal Science Congress, Bangkok, Thailand, Nov. 26-30, Proceedings of THE 15th AAAP Animal Science Congress, p.248
  9. Tada C, Baba Y, Suzuki T, Nakai Y. Using biomass to produce energy for small-scale dairy farms. THE 15th AAAP Animal Science Congress, Bangkok, Thailand, Nov. 26-30, Proceedings of THE 15th AAAP Animal Science Congress, p.613
  10. Baba Y, Tada C, Fukuda Y, Nakai Y. Biological pretreatment of cellulosic biomass with waste cattle rumen fluid for methane production. The 214th Symposium on Sustainable Humanosphere, メInternational Symposium on Sustainable Development and Human Security in Southeast Asia through Biorefinery and Low Cost Houseモ, Kyoto, Japan, Dec. 11-12, Proceedings of 214th Symposium on Sustainable Humanosphere, p.57 
  11. Watanabe K, Watanabe M, Sudam W, Koshikawa M, Yamamura S, Nishikiori T, Takenaka A, Tada C, Seiwa K, Hayashi S. Microbial community structure on tree leaves. The 28th Annual Meeting of the Japanese society of Microbiol Ecology
  12. Suzuki T, Tajima R, and Tada C. Development of a small-scale methane fermentation system using heat from a hot spring. The World Resources Forum (WRF) conference 2012
  13. Baba Y., Tada C., Nakai Y.Pretreatment of confidential documents with rumen liquor for methane fermentation. The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, Proceedings of The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition.p.414Tokyo, Japan, Oct 2-6 (2011)
  14. Tada C., Watanabe R., Baba Y., Nakai Y.Investigation of optimal conditions for methane fermentation of waste glycerin. The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, Proceedings of The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition.p.437Tokyo, Japan, Oct 2-6 (2011)
  15. Hirooka K., Yamamoto N., Li W., Nakai Y., Ichihashi O. Power generation from animal wastewater by microbial fuel cell -microbial community analysis and behavior of nutrient. The 4th IWA-ASPIRE. Tokyo, Japan, October (2011)
  16. Nakai Y, Yamamoto N, Asano R, Otawa K, Oishi R, Yoshii H, Tada C.Bacterial and archaeal communities in animal manure composting processes, 14 th Animal Science Congress of the Asian-Australasian Association of Animal Production Societies, Pingtung, Taiwan, Augst (2010)
  17. Tada C, Ooishi R, Hayashi S, Kunii D, Seiwa K, Nakai Y..Chemical and microbial characteristics of forest soil by the difference of forest management, 7th International Symposium on Integrated Field Science, (2009)
  18. Nakai Y., Endo M, Honma H, Ozutsumi Y, Otawa K, Kanaya T, Aso H.A novel intestinal epithelial cell line to evaluate the infectivity of Cryptosporidium parvum.22nd World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology Conference, P18. Calgary, Canada, August (2009)
  19. Honma H, Suyama Y, Murakoshi F, Oishi R, Matsubara R, Tada C, Nakai Y.. The epidemiological survey of coccidia in wild crane flocks in Japan by fecal DNA based identification of crane species and individual bird. 22nd World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology conference, P87. Calgary, Canada, August (2009)
  20. Ikarashi M, Honma H, Endo M, Tada C, Nakai Y.. The single sporozoite of Cryptosporidium andersoni contains multiple copies of 18S rRNA gene having different genotypes. 22nd World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology Conference, P196. Calgary, Canada, August (2009)
  21. Yamamoto N, Otawa K, Tada C, Suyama Y, Nakai Y.. Diversity of ammonia-oxidizing bacterial and ammonia-oxidizing archaeal communities during the composting process of cattle manure, FEMS - 3rd Congress of European Microbiologists. Gothenburg, Sweden, June 28-July 2. (2009)
  22. Nakai Y., Endo M, Honma H, Ozutumi Y, Otawa K, Kanaya T, Aso H.A novel cell culture method to evaluate the infectivity of Cryptosporidium parvum exposed by TiO2/UV or ozone.Joint International Tropical Medicine Meeting 2008, Bangkok, Thailand, October 13-14 (2008)
  23. Otawa, K., Asamo R, Ozutsumi Y, Ichihashi O, Yamamoto N,Nakai Y..Bacterial community analysis of cattle manure composting under the thermoacidophilic condition.12th International Symposium on Microbial Ecology (ISME12), p66, Cairns, Australia, Augast 17-22 (2008)
  24. Yamamoto N, Hosnia A, Asamo R, Otawa K, Nakai Y.. Microbial community succession during cow manure composting process in a field-scale facility.12th International Symposium on Microbial Ecology (ISME12), p66, Cairns, Australia, Augast 17-22 (2008)
  25. Ohishi R, Hirooka K, Otawa K, Nakai Y..The effect of the influent ammonia concentration on the formation of ammonia oxidizer community. 12th International Symposium on Microbial Ecology (ISME12), p32, Cairns, Australia, Augast 17. (2008)
  26. Nakai Y. Hosnia A, Nakai Y..Bacteriocin production in compost process.1st Japan-Egypt International Symposium on Science and Technology, P103, Waseda Univ., Tokyo, Japan, June 8-10 (2008)
  27. Endo M, Honma H, Ozutsumi Y, Otawa K, Yamaoka H, Nakai Y.. Disinfection of drinking water contaminated with Cryptosporidium parvum by using the photocatalytic reactor. 14th International Symposium on Health-Related Water Microbiology, P2045. p325-326. (2007)
  28. Nakai Y., Yamamoto N, Asano R, Sasaki T, Sasaki H.Microbial communities and ammonia-assimilation in cattle manure composting. 12th Asian-Australasian Association of Animal Production Congress Proceedings, C12-OP-03, Busan, Korea, 18-22 September (2006)
  29. Nakai Y., Endo, M., Honma, H., Ozutumi, Y., Otawa, K., Kanaya, T., Aso, H. (2008) A novel cell culture method to evaluate the infectivity of Cryptosporidium parvum exposed by TiO2/UV or ozone.Joint International Tropical Medicine Meeting 2008. (Bangkok, Thailand, October 13-14)
  30. Nakai Y.. Yamamoto N, Asano R, Sasaki T, Sasaki H.Microbial communities and ammonia-assimilation in cattle manure composting. 12th Asian-Australasian Association of Animal Production Congress Proceedings, C12-OP-03, Busan, Korea, 18-22 September (2006)
  31. Nakai Y.., Satoh M, Koyama Y, Hikosaka K, Takahashi J, Suzuki C, Masuno K, Yanai T.Genetical and biological characteristics of gastric Cryptosporidium spp.11th International Congress of Parasitology Programme, a786, Glasgow, Scotland, UK, 6-11 August (2006)/lir>
  32. Honma H, Yokoyama T, Nakai Y.. Morphological and genetical identification of coccidia in cranes in Japan. 11th International Congress of Parasitology Programme, a774, Glasgow, Scotland, UK, 6-11 August (2006)
  33. Suzuki C, Takahashi J, Sasaki T. Yamaoka H, Nakai Y...Disinfection of Cryptosporidium oocysts by photocatalytic fiber.3rd International Workshop on Water-borne Protozoan Parasites, 11th International Congress of Parasitology Programme, a755, Glasgow, Scotland, UK, 6-11 August (2006)
  34. Nakai Y., Otawa K, Asano R, Sasaki T, Oba Y, Kawamura E, Koyama F.Microbial communities of ammonia-oxidizing bacteria in animal wastewater treatment. Greenhouse Gases And Animal Agriculture (GGAA) Proceedings, 175-178, Zurich, Switzerland. 20-24 September (2005)
  35. Asano R, Sasaki T, Nakai Y..Hydrogen sulfide removal by sulfur-oxidizing microbes. Greenhouse Gases And Animal Agriculture (GGAA) Proceedings, 479-481, Zurich, Switzerland. 20-24 September (2005)
  36. Nakai Y., Hikosaka K, Satoh M, Sasaki T.Cryptosporidiosis of domestic and wild animals. Bangladesh Society for Veterinary Education and Research Annual Lecture 2003, Mymensingh, Bangladesh (2004)
  37. Nakai Y.. Pathogenicyty and molecular characteristics of bovine Cryptosporidium andersoni Kawatabi strain.Sylhet Government Veterinary College Memorial Lecture, Sylhet, Bangladesh (2004)
  38. Nakai Y., Wakase S, Ito K, Otawa K, Kitazume O, Nonaka J, Satoh M, Sasaki T, Sasaki H.Function and composition of microbial community in the animal waste treatment.Proc. 11th Asian-Australasian Association of Animal Production (AAAP) Congress, 128-133, Kuala Lumpur, Malaysia (2004)
  39. Nakai Y., Wakase S, Ito K, Otawa K, Kitazume O, Nonaka J, Satoh M, Sasaki T, Sasaki H.Microbial community in a microbiological additive and composting process.Proc. International Symposium on Organics Recycling 2004, 101-121. Akita, Japan (2004)
  40. Asano R, Sasaki T, Nakai Y.. Hydrogen sulfide removal by sulfur-oxidizing microbes.Proc. International Symposium on Organics Recycling 2004, 259-260. Akita, Japan (2004)
  41. Sasaki H, Yano H, Sasaki T, Abe T, Nakai Y.. Ammonia-assimilating microbes in manure composting processes.Proc. International Symposium on Organics Recycling 2004, 253-257. Akita, Japan (2004)
  42. Tooi O, Sagoe C, Santo N, Ujiiye T, Hayashi T, Kawase M, Hara H, Nakai Y.. Development of a quantitative assay system for viable oocysts of Cryptosporidium parvum using Nucleic Acid Sequence-Based Amplification (NASBA). 2nd Asian Conference on Ultraviolet Technologies for Environmental Applications, Tokyo, Japan (2004)
  43. Iwasaki T, Kinoshita S, Ootaki M, Hikosaka K, Nakai Y.. The effect of inactivation for C.parvum by Pulse lamp. 2nd Asian Conference on Ultraviolet Technologies for Environmental Applications, Tokyo, Japan (2004)
  44. Nakai Y.. Technologies and Researches in Animal Waste Management and Utilization in Japan and the U.S. 3rd International Symposium on the Promotion of Environmental Protection in the Livestock Farm, Tsukuda, Japan (2003)
  45. Nakai Y., Satoh M, Hikosaka K, and Sasaki T. Pathogenicyty and molecular characteristics of bovine Cryptosporidium andersoni Kawatabi strain. 9th World Conference on Animal Production, Porto Alegre, Brasil (2003)
  46. Nakai Y., Kitazume O, Nonaka J, Sasaki T. Ammonia assimilating microbes in the microbial community in the lagoon. 9th World Conference on Animal Production, Porto Alegre,Brasil. (2003)
  47. Nakai Y.. Studies on ruminant production research core in Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University, 1st International Workshop on Integrated Field Science in Terrestrial-Marine Ecosystem, Sendai, Japan. (2003)
  48. Nakai Y., Sasaki H, Yano H, Nonaka J, Sakaki T, Ohta M. Characterization of ammonia-assimilating microbes in the compostingprocesses, Proc.4th International Livestock Waste Management Symposium, 251-253 (2002)
  49. Nakai Y., Sasaki H, Nonaka J, Sakaki T, Ohta M.Ammonia assimilating microorganisms in animal manure treatment processes, Proc. 1st International Conference on Greenhouse Gases and Animal Agriculture, 284-287 (2001)
  50. Nakai Y., Hikosaka K, Sato S, Sasaki T, Ohta M. Cryptosporidium of farm and wild animals.Abst. VIII th International Coccidiosis Conference, 179-180 (2001)
  51. Sato S., Hikosaka K., Sasaki T., Ohta M., Nakai Y.. Survey and genetic analysis of Cryptosporidium in cattle.Abstr. VIII the International Coccidiosis Conference, 135-136 (2001)
  52. Takeshima S, Ikegami M, Morita M, Nakai Y., Aida Y. Identification of BoLA-DRB3 in Japan black cattle by PCR sequence-based typing. Abst. 27th International Conference on Animal Genetics, Minnesota, Minneapolis (2000)
  53. Nishizawa M, Myojin T, Nishino Y, Nakai Y., Kamata M, Aida Y.A Carboxy-terminally trancated form of the VPR protein of human immunodeficiency virus type 1 retards cell proliferation independently of G2 arrest of the cell cycle.Retroviruses, Cold Spring Harbor New York (1999)
  54. Takeshima S, Gotoh K, Nagaoka Y, Nakai Y., Aida Y.Identification of BoLA-DRB3 exon 2 of Japanese black cattle.5 th International Veterinary Immunology Symposium, Ludiana (1998)
  55. Nakai Y., Uchida T, Nakanishi Y, Nakai T, Sakamoto T, Kamiya K.Eimeia tenella sporozoite antigens recognizing host cells.Parasitology International, 47(Suppl), 271 (1998)
  56. Nakai Y., Sato M, Okazaki N, Kaneta Y.Cryptosporodium oocysts from animals in northern Japan.Parasitology International, 47(Suppl), 313 (1998)
  57. Sasai K, Matsubayashi M, Lillehoj HS,Matsuda H, Nakai Y., Shimizu S, Miyamoto T, Fukata T, Baba E, Arakawa A.Cross-reactivity of anti-Eimeria chicken monoclonal antibodies with Cryptosporidium parasites.Abst.11th Japanese-German Cooperative Symposium on Protozoan Diseases, 50 (1998)
  58. Nakai Y., Nakatani M, Kohda C, Ando T.Microbial changes in piggery wastes anaerobic digestion.Proc. 8th World Conference on Animal Production, vol.2, 1018 (1998)
  59. Okazaki S, Ando T, Katsumata R, Nakai Y..The anaerobic psychrotrophic populations on chilled packaged meat.Proc. 8th World Conference on Animal Production, vol.2, 740 (1998)
  60. Ando T, Abe T, Nakai Y.. A new method for enumeration xylan-utilizing thermophilic bacteria in poultry manure compost.Proc. 6th Asian Pacific Poultry Congress, 448-449 (1998)
  61. Nakai Y., Uchida T, Nakanishi Y, Nakai T, Sakamoto T, Kamiya K, Ogimoto K.Host cell binding antigens of Eimeia tenella sporozoite.Proc. 6th Asian Pacific Poultry Congress, 444-445 (1998)
  62. Nakai Y., Uchida T, Nakanishi Y, Nakai T, Sakamoto T, Kamiya K, Ogimoto K.Eimeia tenella sporozoite antigens binding to host cells: characteristics and immunogenicity. In: Control of Coccidiosis into the Next Millennium (Shirley MW, et al. eds.), 101 (1997)
  63. Nakai Y., Okazaki N, Kaneta Y, Ando T.Cryptosporidium oocysts from adult cattle and pigs in a slaughterhouse in Japan.In: Control of Coccidiosis into the Next Millennium (Shirley MW, et. al. eds.) 136. Clere Print, Newbury (1997)
  64. Nakai Y., Nakatani M, Kohda C, Ando T, Chiba N, Sudo R, Ogimoto K.Microbial flora in anaerobic digestion of piggery wastes.Proc. 8th International Conference on Anaerobic Digestion, 1-4 (1997)
  65. Oshida T, Sakata R, Fukuyasu T, Yamauchi K, Nakai Y., Horiguchi K, Sakanaka S.Effects of green tea grounds on pig production and meat quality.In: Abst. 42nd International Congress of Meat Science and Technology., 318-319 (1996)
  66. Ando T, Abe T, Kohda C, Ogimoto K, Nakai Y.. Seasonal changes in microbial flora of cattle wastewater during lagoon treatment process in Japan.Proc. 8th AAAP Animal Science Congress, 1092-1093 (1996)
  67. Abe T, Kohda C, Ando T, Ogimoto K, Nakai Y.. Ammonia assimilating microorganisms in composting process. Proc. 8th AAAP Animal Science Congress, 1084-1088 (1996)
  68. Kohda C, Niino T, Abe T, Ando T, Ogimoto K, Nakai Y.. Biodegradation of skatole on compost production process. Proc. 8th AAAP Animal Science Congress, 1082-1083 (1996)
  69. Nakai Y., Kaneta Y, Ando T, Ogimoto K.Survey of Cryptosporodium oocysts in adult cattle in a slaughterhouse in Japan.Proc. 8th AAAP Animal Science Congress, 322-333 (1996)
  70. Nakai Y.. Microbial flora of animal manure recycle systems.Proc. 8th AAAP Animal Science Congress, 89-98 (1996)
  71. Ando T, Abe T, Kohda C, Ogimoto K, Nakai Y.. Seasonal changes in microbial flora during lagoon treatment process of cattle wastewater in Japan.Proc. of Satellite Symposium in the 8th AAAP., 58-59 (1996)
  72. Kohda C, Niino T, Abe T, Ando T, Ogimoto K, Nakai Y.. Degradation of 3-methylindole (skatole) and indole by bacteria in compost plant.Proc. of Satellite Symposium in the 8th AAAP., 70-71 (1996)
  73. Abe T, Kohda C, Ando T, Ogimoto K, Nakai Y.. Ammonia assimilating and oxidizing microorganisms in composting process.Proc. of Satellite Symposium in the 8thAAAP., 68-69 (1996)
  74. Nakai Y., Abe T, Kohda C, Ando T.Microbial flora in animal manure treatment system.Proc. of Satellite Symposium in the 8th AAAP., 58-59 (1996)
  75. Nakai Y., Kaneta Y, Ando T, Ogimoto K.Cryptosporodium oocysts from adult cattle in a slaughterhouse in Japan.Abst. Tenth Japan-China Joint Seminar on Parasitic Diseases. 52 (1996)

国内学会招待講演

  1. 中井 裕. ツルのコクシジウム症. 第25回日本動物原虫病学会、2011年4月1日(東京)
  2. 中井 裕. コンポストと微生物. 日本土壌微生物学会2011年度大会、2011年11月25日(大崎)
  3. 中井裕. 家畜糞尿学と糞尿博士の夢. 日本畜産学会第109回大会大会、2008年3月(水戸)
  4. 中井裕.微生物を利用した悪臭物質の変換. 家畜ふん尿処理利用研究会、2007年11月(つくば)
  5. 中井裕.家畜排せつ物のコンポスト化と微生物群集. 化学工学会バイオ部会、2007年11月 

報告書

  1. 中井裕. 家畜排泄物の処理及び堆肥化に係る微生物の解明とその利用 家畜生産新技術有効活用総合対策事業 畜産新技術の開発活用促進事業 研究開発委託事業報告書(平成10〜20年度)p119 (2008)
  2. 中井裕 かき殻炭酸カルシウムを利用した畜産廃水処理システムの研究開発 家畜生産新技術有効活用総合対策事業 畜産新技術の開発活用促進事業 研究開発委託事業報告書(平成10〜20年度)pp60-61 (2008)
  3. 中井裕. 家畜排泄物の処理・堆肥化に関わる微生物とその活用 家畜生産新技術有効活用総合対策事業 新しい畜産技術−研究開発の成果と展開方法(平成10〜20年度研究開発委託事業成果からの展望)pp13-14 (2008)
  4. 中井裕. 汚泥のコンポスト化に関わる有用微生物の探索と培養方法に関する検討. 平成14年度廃棄物処理等科学研究総合研究報告書. 90-108 (2003)
  5. 中井裕. 汚泥のコンポスト化に係わる有用微生物の探索と培養方法に関する検討. 平成13年度厚生科学研究費生活安全総合研究事業 生活排水等の処理過程で発生する水、汚泥のリサイクル技術の向上に関する研究報告書. 32-37 (2002)
  6. 中井裕. 汚泥のコンポスト化に係わる有用微生物の探索と培養方法に関する検討. 平成12年度厚生科学研究費生活安全総合研究事業 生活排水等の処理過程で発生する水、汚泥のリサイクル技術の向上に関する研究報告書. 30-35 (2001)
  7. 中井裕. 健康に対する堆肥の安全性. 平成11年度農村地域生産・生活連携環境保全システム調査研究報告書. 142-153 (2000)
  8. 中井裕. 汚水処理及びコンポスト化過程における微生物叢検索及び分離菌の性状解析に関する研究. 平成11年度厚生科学研究費生活安全総合研究事業 浄化槽等の汚泥の減量・減容及び再生技術に関する研究報告書. 26-31 (2000)
  9. 中井裕. 汚水処理及びコンポスト化過程における微生物叢検索及び分離菌の性状解析に関する研究. 平成10年度厚生科学研究費生活安全総合研究事業浄化槽等の汚泥の減量・減容及び再生技術に関する研究報告書. 49-55 (1999)
  10. 中井裕. 人間に影響を及ぼす家畜由来病原微生物対策等実態調査(アメリカ). 平成10年度欧米畜産営農環境政策調査研究事業報告書, 1-153 (1999)
  11. 中井裕. コンポスト化過程における微生物叢検索および分離菌の性状解析に関する研究. 平成9年度浄化槽汚泥等の減量化及び再生利用促進に関する研究報告書, 21-26 (1998)
  12. 中井裕. アメリカ合衆国における畜産環境に関する規制・制度と各州政府等の対応および研究の実態について. 平成9年度畜産環境保全緊急対策事業海外調査報告書,1-177(1998)
  13. 中井裕. 畜舎汚水中の細菌等の動態解明及び有用性の検討. 平成9年度「環境保全のための家畜排泄物高度処理・利用技術の確立」推進会議資料, 30-31 (1998)
  14. 中井裕・阿部 孝・幸田 力・安藤太助. 動物生産廃棄物および排泄物の処理に関する微生物学的研究. 平成8年度食肉に関する助成研究調査成果報告書,15: 260-264 (1997)
  15. 中井裕・阿部 孝・新野 崇・幸田 力・安藤太助. 動物生産廃棄物および排泄物の処理に関する微生物学的研究. 平成7年度食肉に関する助成研究調査成果報告書,14: 224-228 (1996)
  16. 中井裕. コンポスト化過程における微生物叢および分離菌の性状に関する研究. 平成7年度浄化槽汚泥の適正な再生利用に関する研究報告書, 39-61 (1996)

特許

  1. ルーメン液によるセルロース含有廃棄物を用いた有機酸発酵方法(中井裕、馬場保徳、多田千佳、福田康弘) 特願2010-237676 (2010.11)
  2. マウス腸管細胞を用いる原虫感染性評価方法(中井裕、麻生久、金谷高史、遠藤幹子)特願2008-29839 (2008.2.11)
  3. 中度高温性硫黄酸化細菌を用いた硫化水素除去(中井裕、浅野亮樹)特願 2007-042126(2007.2.22)
  4. 畜産排泄物の処理方法(共願:工学研究科 李玉友) 特願 2006- 325761(2006.12.1)
  5. ファージ頭殻提示腸管免疫誘導型ワクチン(共願:東京工業大学 丹治保典)特願 2006-024518 (2006.2.1)
  6. 微生物群集解析による水処理施設の稼働状況の判断方法  特願 2004-352125 (2004.12.6)特許出願公開番号:特開2006-159046(P2006-159046A)公開日:平成18年6月22日(2006.6.22)
  7. コクシジウム症軽減剤及びそれを含有する飼料,米国特許出, NGBREF: T07-9222oc/stus (1996)
  8. コクシジウム抗原及びコクシジウム症ワクチン, 特許平8-359098 (1996)
  9. コクシジウム症軽減剤及びそれを含有する飼料, 特許平7-58278 (1995)

国際交流活動

2007年11月 チュラロンコン大学における腸管感染症研究打ち合わせ(厚生労働科学研究新興・再興感染症研究事業「アジアで流行している感染症の我が国への侵入監視の強化に関する研究」)(タイ・バンコック)
2006年5月 中国・河南農業大学招待講演および客員教授就任(2006年5月26日〜2009年5月25日)(河南省鄭州市)
2005年9月 スイス・チューリッヒにおける国際学会招待講演
2004年9月 マレーシア・クアラルンプールにおける国際学会招待講演
2004年1月 バングラデシュ獣医学会招待講演およびシルエット獣医科大学招待講演(バングラデシュ・マイメンシングおよびシレット)
2003年10月 世界畜産学会発表(ブラジル・ポルトアレグレ)
2002年9月 ドイツの農村・農家民宿および畜産の調査
2002年5月 家畜排せつ物処理・利用に関する国際学会発表(マレーシア・ペナン)
2002年4月 中国の20万頭規模養豚場の汚水処理調査
1998年9月  米国の人獣共通感染症に関する調査
1998年7-8月 中央アジア(トルコ、トルクメニスタン、ウズベキスタン、キルギス)の寄生虫症調査
1997年9-10月 米国の家畜排泄物処理に関する調査
1997年8-9月 英国オックスフォード大学における国際学会参加
1997年7月  中国新彊ウイグル地区の寄生虫症調査
1997年4月 米国における食肉処理場の衛生管理に関する調査

学会などでの活動

日本畜産環境学会
 ・日本畜産環境研究会副理事長(1993年〜)
 ・副理事長(2001年〜)
 ・理事長(2004年〜)
日本畜産学会
 ・編集委員(2003年〜2007年)
東北畜産学会
 ・評議員(2002年〜)
 ・編集委員(1995年〜)
日本獣医学会
 ・評議員(2000年〜)
 ・編集委員(2004年〜)
日本寄生虫学会
 ・評議員(1992年〜)
 ・第45回日本寄生虫学会北日本支部大会会長(1998年)
日本動物原虫病学会幹事(1998年〜)
(財)畜産環境整備機構
 ・畜産環境対策技術開発に関する事業推進委員(1998年〜)
 ・畜産環境保全経営技術開発推進検討委員会(1999年〜)
 ・簡易低コスト家畜排せつ物処理開発普及促進事業中央検討委員会(2000年〜)
 ・家畜排せつ物利活用方策評価検討システム構築事業 事業推進委員会委員(2005年〜2008年)
 ・家畜排せつ物利用促進等技術開発普及事業に係わる事業推進等委員会委員(座長)(2007年〜2010年)
(財)日本環境整備教育センター 厚生科学研究委員会委員(1994年〜)
宮城県 
 ・家畜糞尿処理技術実用化調査委員会の委員並びに座長(1995〜96年)
 ・人と環境にやさしい農業を考える懇話会委員並びに畜産部会座長(1998年〜2000年)
(社)全国農業構造改善協会 農業生産・農村生活系未利用資源有効利用研究会委員(1999年)
岩出山町 環境共生型畜産経営推進委員会委員並びに座長(2000〜2001年)
農林水産省農林水産技術会議
 ・研究分野別評価分科会委員(畜産研究分野:家畜生産、飼料生産、家畜衛生)(2001年〜2003年)
 ・農林水産バイオリサイクル研究 農林水産バイオリサイクル研究外部専門家(2004年〜2005年)
(財)日本食肉生産技術開発センター 環境負荷低減委員会委員長(2007年〜)
(独)動物衛生研究所 平成18年度動物用ワクチンの薬剤耐性評価のための試験委託事業に係る検討会外部委員(2006年度)
農林水産省動物医薬品検査所 鶏コクシジウム症生ワクチン専門家会議 鶏コクシジウム症生ワクチン専門家会議委員長(2007年〜)
(財)畜産生物科学安全研究所 平成19年度動物用ワクチンの薬剤耐性評価のための検討委員会(2007年年度)
厚生労働省 薬事・食品衛生審議会専門委員 動物用生物学的製剤調査会員(2007.4.25〜2008.1.23)

Copyright (C) Sustainable Animal Environmental Lab Tohoku University All Rights Reserved.