動物環境システム学分野
Sustainable Animal Environmental Lab.

多田千佳

多田千佳
専門:環境微生物学・水環境改善・有機性廃棄物利用
学位:博士(農学)2002年3月 筑波大学
受賞:
  1. 平成19年度教育教員研究集会 独立行政法人国立高等専門学校機構理事長賞
    『バイオテクノロジー教育への入り口 -五感と思考力を磨く実験・実習-』
  2. 財団法人建設工学研究振興会平成18年度建設工学奨励賞
    『塩素電極を用いた自動モニタリングによるマングローブ林浸透水の挙動解明に関する研究』
  3. 第12回財団法人みやぎ産業科学振興基金研究奨励賞(平成23年度)
    「バイオマス循環・低炭素社会を目指した有機性廃棄物処理」

研究テーマ
略歴
研究事業および活動(原著論文/ その他学術論文 /口頭発表/ 国際学会プロシーディング / 特許 / 科学研究費等外部競争資金による研究 / その他の活動 )/ 趣味

研究テーマ

  1. 畜産環境微生物の動態および機能解析
    家畜排泄物処理、畜舎汚水、コンポスト化、メタン発酵など
  2. 流域由来有機物特性と水圏生態系における微量金属の生物利用性
    電気化学分析手法による環境分析
現在進行中のプロジェクト
  1. 環境研究総合推進費H23革新型研究開発領域課題 H23-H24
    「観光客参加型食べ残しメタン発酵温泉エネツーリズムの構築のための研究」
    要旨リンク:http://www.env.go.jp/houdou/gazou/13895/pdf/RFe-1101.pdf
    ブログ;http://onsenmetha.exblog.jp/
  2. 宮城県3R新技術研究開発事業 H21-H23
    「有機物のバイオガス化を中心とする地域的廃棄物処理の最適化に関する研究」
  3. 東北マリンサイエンス拠点形成事業(新たな産業の創成につながる技術開発) H24-H27
    「廃熱活用小型メタン発酵による分散型エネルギー生産と地域循環システムの構築」
    研究要旨(PDFファイル)

略歴

平成8年3月
東北大学農学部 応用動物科学系卒業
平成10年3月
東北大学大学院農学研究科 畜産学専攻修了
平成14年3月
筑波大学大学院農学研究科 応用生物化学専攻修了 博士取得
平成10年
〜平成13年
(財)茨城県科学技術振興財団 霞ヶ浦水質浄化プロジェクト研究員  
平成14年
〜平成17年
(独)産業技術総合研究所 エネルギー利用部門特別研究員 
平成 17年
〜平成20年
沖縄工業高等専門学校生物資源工学科助手と助教
平成20年
〜平成21年1月
(独)産業技術総合研究所 バイオマス研究センター特別研究員
平成21年2月
東北大学大学院農学研究科准教授

研究業績および活動

原著論文

  1. Oishi, R., Tada C, Asano R., Yamamoto N, Suyama Y, Nakai Y(2011)Growth of Ammonia-Oxidizing Archaea and Bacteria in Cattle Manure Compost under Various Temperatures and Ammonia Concentrations, Micorb. Ecol, On line publishing
  2. Ryu Oishi, Kayako HIROOKA, Kenichi OTAWA, Chika TADA, and Yutaka NAKAI(2011)Ammonia-oxidizing archaea in lab-scale activated sludge systems for wastewater of low- or high-ammonium concentration, Animal Science Journal, in press
  3. Chika TADA, Naofumi IKEDA, Satoshi NAKAMURA, Ryu OISHI, Junki CHIGIRA, Tokuo YANO, Kazunori NAKANO and Yutaka NAKAI(2011)Animal Wastewater Treatment Using Constructed Wetland, Journal of Integrated field science, 41-47
  4. Osamu Ichihashi, Chika Tada, Yutaka Nakai(2011)Power generation from animal wastewater using Microbial Fuel cell, Journal of Integrated field science, 13-20
  5. Nozomi Yamamoto, Chika Tada, Yutaka Nakai(2011)Archeal community during cattle manure composting Process in field -scale facility, Journal of Integrated field science, 55-59
  6. Said Amer, Honma H, Ikarashi M, Tada C, Fukuda Y, Suyama Y, Nakai Y., 2010,Molecular analysis of Cryptosporidium parvum HNJ-1 isolated in Japan. J. Vet. Med. Sci., Vol. 72, 1697-1699.
  7. Hosnia A, Sasaki T, Tada C, Nakai Y., (2010), Characterization and partial purification of a bacteriocin-like substance produced by thermophilic Bacillus licheniformis H1 isolated from cow-manure compost. Animal Sci. J.,
  8. Said Amer, Masoud Fayed, Honma H, Fukuda Y, Tada C, Nakai Y.Multilocus genetic analysis of Cryptosporidium parvum form Egypt.Parasitol. Res., 107 (5), 1043-1047. Said Amer, Honma H, Ikarashi M, Tada C, Fukuda Y, Suyama Y, Nakai Y., 2010, Cryptosporidium genotypes and subtypes in dairy calves in Egypt.Vet. Parasit., 169, 382-386
  9. Hosnia Abdel-Mohsein, Nozomi Yamamoto, Kenichi Otawa, Chika Tada and Yutaka Nakai(2010)Isolation of bacteriocin-like substances producing bacteria from finished cattle-manure compost and activity evaluation against some food-borne pathogenic and spoilage bacteria, The Journal of General and Applied Microbiology, 56 (2010) , No. 2, 151-161
  10. Chika Tada, Takashi Yanagida, Kiyotaka Saga, Lyudmyla Yuriyivna Besoyatko, Elmer Bautista, Shinji Fujimoto and Tomoaki Minowa(2009)Effect of Adopting Rice Husk Power P;ant on the Industrial Structures in Japan; Input-Output Analysis, Journal of the Japan Institute of Energy 88: 869-876.(in Japanese)
  11. Lyudmyla Yuriyivna BESPYATKO, Chika TADA, Takashi YANAGIDA, Kiyotaka SAGA, Elmer BAUTISTA, Shinji FUJIMOTO, and Tomoaki MINOWA (2009) Research on a Biomass Accounting Framework as a Biomass Town Assessment and Information Provision Tool, Journal of the Japan Institute of Energy, 88: 1081-1094. (in Japanese)
  12. 佐賀清崇,藤本真司,柳田高志,多田千佳、Bespyatko Lyudmyla,Bautista Elmer,美濃輪智朗(2009)前処理・糖化法の違いを考慮したセルロース系バイオマス製造プロセスの比較評価、エネルギー資源学会、Vol.30, No.2, p64
  13. 多田千佳、田邊俊朗、平良直人、平山けい(2008)五感と思考力を目覚めさせるバイオテクノロジー導入教育、高専教育第31号、887-892
  14. Tada C, Tsukahara K, Sawayama S (2006) Illumination enhances methane production from thermophilic anaerobic digestion., Appl Microbiol Biotechnol. 71, 363-368
  15. Tada C, Hayashibara, S, Utatsu, Y, Sawayama S.(2006) Artificial Fe-Type Zeolite Enhances Methane Production in Anaerobic Digestion under Ammonium-Rich Conditions, Japan Society of Water Treatment Biology , 42(3), 99-106
  16. Tada, C, Yang Y, Hanaoka T, Sonoda A, Ooi K, Sawayama S. (2005)Effect of natural zeolite on methane production for anaerobic digestion of ammonium rich organic sludge.  Bioresour Technol. 96(4), 459-64
  17. Tada, C, Miah MS, Tsukahara K, Yagishita T, Sawayama S. (2005) Simultaneous methanogenesis and phototrophic bacterial growth in relatively dry sewage sludge under light. J Gen Appl Microbiol. 51(1):27-33.
  18. Miah M.S., Tada, C., Yang Y, Sawayama, S.(2005) Aerobic thermophilic bacteria enhance biogas production, J Mater Cycles Waste Manag, 7, 48-54.
  19. Tada, C., Sawayama, S(2004) Photoenhancement of biogas production from thermophilic anaerobic digestion, J.Biosci. Bioeng.,.98(5), 387-390
  20. Sawayama, S, Tada, C., Tsukahara, K., Yagishita, T (2004) Effect of ammonium addition on methanogenic community in a fruidized bed anaerobic digestion, J.Biosci. Bioeng.,.97(1), 65-70
  21. Yang Y, Tada, C, Miah MS, Tsukahara, K., Yagishita, T, Sawayama, S (2004) Influence of bed materials on methanogenic characteristics and immobilized microbes in anaerobic digester, Materials Sci. and Eng. C, 24, 413-419
  22. Yang Y, Tada, C, Tsukahara, K., Yagishita, T, Sawayama, S (2004) Methanogenic community and performance of fixed-and fluidized-bed reactors with polyurethane foam with different pore sizes, Materials Sci. and Eng. C, 24, 803-813
  23. Miah, M.S., Tada, C., Sawayama, S (2004) Enhancement of Biogas Production from Sewage Sludge with the Addition of Geobacillus sp. Strain AT1 Culture, Japan Society of Water Treatment Biology, 40(3), 97-104
  24. Tada,C., Tomoaki Itayama, Osamu Nishimura, Yuhei Inamori, Norio Sugiura, Masatoshi Matsumura(2002) The effect of manganese released from lake sediment on the growth of cyanobacterium Microcysitis aeruginosa, Japan Society of Water Treatment Biology, vol. 38, 95-102
  25. Tada,C, Osamu Nishimura, Tomoaki Itayama, Yuhei Inamori, Masatoshi Matsumura, Ryuichi Sudo(2002) The Influence of Materials Released from Lake Sediment on the Growth of Three Kinds of Algae, Japan Society of Water Treatment Biology, vol.37, 161-172
  26. 李玉賛雨、多田千佳、西村 修、山田一裕、須藤隆一(1998)高温好気発酵法による豚舎廃棄物の処理特性、水環境学会誌、第21巻、862-868
  27. 李玉賛雨、多田千佳、西村 修、山田一裕、須藤隆一(1998) 高温好気発酵法による豚舎廃棄物の長期運転時の処理特性、環境工学研究論文集、第35巻、21-27

その他学術論文

  1. 澤山茂樹、M.S. Miah, 多田千佳(2005) 汚泥分解細菌による下水汚泥のバイオガス化促進作用、用水と廃水、Vol.47(12), 44-49
  2. 山城秀之、多和田真樹、山岸光、多田千佳(2006)沖縄県名護市屋我地島済井出海岸沖、ウフ島周辺の海底から得られた気体について、名桜大学総合研究所紀要第8号、43-46
  3. 多田千佳(2008) マングローブ林由来鉄・マンガン錯体の電気化学測定法による検 出、沖縄工業高等専門学校紀要第2号、31−37
  4. 多田千佳 (2008) マングローブ林浸透水の挙動解明を目的とした自動モニタリング用塩素電極システムの開発, 財団法人建設工学研究振興会年報,81-86
  5. 馬場保徳、多田千佳、中井裕:「中国のメタン発酵実証プロジェクト」, 『畜産の研究』, 養賢堂, 第65巻, 第3号, pp339-347, 2011

口頭発表

  1. Bespyatko Lyudmyla,佐賀清崇,柳田高志 多田千佳,Bautista Elmer,藤本真司,美濃輪智朗、バイオマスタウンの総括的な評価支援ツールとしてのバイオマス会計の提案 バイオマス会議、2009 1、北見 
  2. 多田千佳、柳田高志、佐賀清崇、Bespyatko Lyudmyla、藤本真司、美濃輪智朗;「産業連関表を用いた日本における籾殻発電導入の産業構造への影響解析」、環境経済・政策学会2008年大会、2008年9月
  3. 平山けい、多田千佳、神里志穂子、太田佐栄子、射手矢涼子、大嶺千代美;「輝け! 高専女子学生」、平成20年度 高専機構教育教員研究集会、平成20年8月
  4. 板山朋聡・多田千佳・金子浩子, 「GRC炭素電極を用いた水環境底泥由来金属錯イオンの電気化学測定」、日本分析化学会第56年会、徳島、2007年9月
  5. 平山けい、田邊俊朗、多田千佳;「バイオテクノロジー教育への入り口-五感と思考力を磨く実験・実習−」、平成19年度独立行政法人国立高等専門学校機構教育教員研究集会、岐阜、2007年8月
  6. 多田千佳、金子浩子、板山朋聡;「微小GRC電極による水環境由来錯体の測定」、第15回化学とマイクロ・ナノシステム研究会、仙台、2007年5月
  7. 多田千佳;「マングローブ林由来鉄・マンガン錯体の電気化学測定法による検出」、日本水環境学会第41回大会、大阪、2007年3月
  8. 多田千佳、板山朋聡,岩見徳雄,桑原享史,田中伸幸, 稲森悠平, 瀧澤悦子;「異なる土壌を用いた傾斜土槽法による厨房排水処理の沖縄実証試験」、日本水環境学会第41回大会、大阪、2007年3月
  9. 多田千佳、城間亜紀乃、P.Mfilinge, 土屋誠、西村修;「ミナミコメツキガニの生息に及ぼす赤土流出の影響」、日本水環境学会第40回大会、仙台、2006年3月
  10. 多田千佳、塚原健一郎、澤山茂樹;「光照射による高温メタン発酵からのメタン生成促進効果」、日本生物工学会第56回大会、名古屋、2004年10月
  11. 多田千佳、澤山茂樹;「高温光メタン発酵における光照射の影響」、日本水環境学会第38回大会、札幌、2004年3月
  12. 多田千佳、澤山茂樹;「光メタン発酵法によるタンパク質系有機物の嫌気性消化」、第14回廃棄物学会研究発表会、茨城、2003年10月
  13. M.S. Miah, Chika Tada, Kenichiro Tsukahara, Tatsuo Yagishita and Shigeki Sawayama; Effect of aerobic thermophilic pretreatment on anaerobic digestion of sewage sludge. 日本水環境学会第37回大会、熊本、2003年3月
  14. 多田千佳、MD. Miah、澤山茂樹、大井健太;「メタン発酵に及ぼすゼオライトの影響」、日本水環境学会第37回大会、熊本、2003年3月
  15. 多田千佳、塚原建一郎、柳下立夫、澤山茂樹;「脱水消化汚泥の光メタン発酵」、日本生物工学会第54回大会、大阪、2002年10月
  16. 高橋 徹、多田千佳、高崎みつる、戎野棟一、稲森悠平;アオコの増殖に及ぼす鉄の存在形態とキレート物質の関係, 第36回日本水環境学会、岡山、2002年3月
  17. 多田千佳、金子浩子、稲森悠平、松村正利:底泥由来Mn錯体のMicrocystis aeruginosaの増殖に及ぼす影響解析、第36回日本水環境学会年会、岡山、2002年3月
  18. 多田千佳、金子浩子、板山朋聡、稲森悠平、松村正利:電気化学的手法としての炭素電極を用いた底泥由来錯体の測定、日本水処理生物学会第38回大会、神戸、2001年11月
  19. 高橋徹、多田千佳、高崎みつる、稲森悠平:アオコの増殖に及ぼすリン酸と鉄の相互作用、日本水処理生物学会第38回大会、神戸、2001年11月
  20. 多田千佳、西村 修、稲森悠平、松村正利、須藤隆一;「微細・糸状藻類の増殖に及ぼす富栄養化湖沼の底泥溶出水の影響解析」、第35回日本水環境学会年会、岐阜、2001年3月
  21. 照沼洋,多田千佳,稲森悠平;生物膜法を活用した汚濁河川・水路浄化技術、第3回日本水環境学会シンポジウム、寝屋川、2000年12月
  22. 多田千佳、西村 修、稲森悠平、松村正利、須藤隆一;「底泥溶出水の藻類の遷移に及ぼす影響解析」、第20回日本水処理生物学会大会、神奈川、2000年11月
  23. 多田千佳、西村 修、稲森悠平、松村正利、須藤隆一;「底泥溶出水の藻類種に及ぼす影響解析・評価」、第34回日本水環境学会年会、京都、2000年3月
  24. 多田千佳,西村修,稲森悠平,松村正利,須藤隆一;「富栄養化湖沼の底泥溶出水の藻類の増殖に及ぼす影響」、第7回生物利用新技術研究シンポジウム及び「環境ホルモンセッション」、大阪、1999年12月
  25. 多田千佳、西村 修、稲森悠平、松村正利、須藤隆一;「底泥溶出水の藻類種に及ぼす影響」、第19回日本水処理生物学会大会、大阪、1999年11月
  26. 多田千佳、西村 修、稲森悠平、須藤隆一;「窒素負荷増大の生態系に及ぼす影響のマイクロコズムを用いた解析」、第33回日本水環境学会年会、仙台、1999年3月
  27. 多田千佳、西村 修、稲森悠平、須藤隆一;「窒素負荷の生態系に及ぼす影響のマイクロコズムを用いた解析および評価」、第18回日本水処理生物学会大会、静岡、1998年11月
  28. 多田千佳、李玉賛雨、千葉信男、中井裕;「高温好気発酵法による豚舎廃棄物処理における微生物相」、第32回日本水環境学会年会、千葉、1998年3月
  29. 多田千佳、佐瀬浩市、阿部孝、安藤太助、中井裕;「ブタ糞尿の液状コンポスト化過程における微生物叢の検索」、第91回日本畜産学会大会、名古屋、1996年3月

国際学会プロシーディング

  1. Chika Tada, Osamu Nishimura, Yuhei Inamori, Ryuichi Sudo; Influence of Nitrate on the Biotic Community in Aquatic Microcosm System, 8th International Conference on the Conservation and Management ofLakes, vol.1, May, 1999, Denmark
  2. Chika Tada, M. S. Miah, Kenichiro Tsukahara, Tatsuo Yagishita and Shigeki Sawayama; Growth of Phototrophic Bacteria at Various Moisture Content of Sewage Sludge under Dark and Light Methanogenic Conditions, the 11th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes, August, 2003, Tokyo
  3. M.S. Miah, Chika Tada, Kenichiro Tsukahara, Tatsuo Yagishita and Shigeki Sawayama. Effect of aerobic thermophilic pretreatment of anaerobically digested sewage sludge on anaerobic re-digestion. International Water Association (IWA) Asia-Pacific Regional conference in Bangkok, October, 2003, Thailand
  4. Chika Tada, Shigeki Sawayama, Light enhances biogas production from thermophilic anaerobic digester, Anaerobic digestion 2004 10th World Congress, August, 2004, Montreal, Canada
  5. Shigeki Sawayama, Chika Tada, Kenichiro Tsukahara, Tatsuo Yagishita, Effect of immobilization on methanogenic community in a fixed-bed anaerobic digestion, Anaerobic digestion2004 10th World Congress, August, 2004, Montreal, Canada
  6. Chika Tada, S. Hayashibara, Y. Utazu, S. Sawayama, Artificial Fe type zeolite enhances methane produced by anaerobic digestion of ammonium rich organic waste, IWA-Aspire2005 1st, July, 2005, Singapore
  7. Yang, Y., Chika Tada, Tsukahara, K., Sawayama, S Anaerobic digestion of fixed- and fluidized-bed reactors packed with reticular polyurethane foam with different pore sizes. IWA-Aspire2005 1st, July, 2005, Singapore
  8. Chika Tada, Norio Iwami, Tomoaki Itayama, Takashi Kuwabara, Nobuyuki Tanaka, Yoshitake Ebie, Yuhei Inamori, Xu Kai-Qin, Etsuko Takizawa, Akihiro Moritani, Treatment of wastewater from the kitchen by the slanted soil systems using various soils in subtropical area, Okinawa, The 4th International Symposium On Sustainable Sanitation, Bangdung, September, 2006, Bangdung, Indonesia
  9. Chika Tada, Ooi, K., Sawayama, S. Effect of inorganic adsorbent on methane production for anaerobic digestion of ammonium rich organic sludge, Proceedings of International Conference on Ion Exchange, October 2006, Seoul, Korea
  10. Chika Tada, Norio Iwami, Tomoaki Itayama, Takashi Kuwabara, Nobuyuki Tanaka, Yoshitaka Ebie, Yuhei Inamori, Etsuko Takizawa, Treatment of wastewater from kitchen using various soils in the slanted soil treatment systems, 21st Pacific Science Congress, June, 2007, Okinawa, Japan
  11. Chika Tada, Tomoaki Itayama, Norio Iwami,Takashi Kuwabara, Nobuyuki Tanaka, Yoshitaka Ebie, Yuhei Inamori, Ken Ushijima, Akihiro MORITANI Characteristics of kitchen wastewater treatment by slanted soil treatment system using various soils, The 5th International Symposium On Sustainable Sanitation, Tokyo, September, 2007, Japan
  12. Chika Tada, Tomoaki Itayama, Norio Iwami,Takashi Kuwabara, Nobuyuki Tanaka, Yoshitaka Ebie, Yuhei Inamori, Ken Ushijima, Akihiro MORITANI, Experiment of Kitchen Wastewater Treatment by Slanted Soil Systems using Various Soils in Subtropical Area, Okinawa, World water congress and Exhibiton, 2008, September,
  13. Chika Tada, Takashi YANAGIDA, Kiyotaka SAGA, Lyudmyla BESPYATKO, Shiji FUJIMOTO andTomoaki MINOWA, Economic impacts and carbon dioxide emissions by using bio-ethanol from rice straw in Japan:An input-output analysis, The 8th International Conference on EcoBalance, December, 2008
  14. Kiyotaka SAGA, Shiji FUJIMOTO, Takashi YANAGIDA, Chika Tada, Lyudmyla BESPYATKO, and Tomoaki MINOWA, Comparative Evaluation of Ethanol Production System from Cellulosic Biomass with Different Pretreatment and Saccharification Process, The 8th International Conference on EcoBalance, December, 2008
  15. L.Bespyatko, K.Saga, T. Yanagida, Chika Tada, E. Bautista, S.Fujimoto, T.Minowa, Research on a biomass accounting scheme with an emphasis on economic and environmental aspects of biomass utilization; A biomass town in Japan as a case study, September, 2008, Ukraine
  16. Chika TADA1, Kei HIRAYAMA2, Tomoaki ITAYAMA3, Norio IWAMI4, Takashi KUWABARA5,Nobuyuki TANAKA3, Yoshitaka EBIE6(2009)Establishment a sustainable system around the slanted soil wastewater treatment system, 3rd Decentralized Water and Wastewater International Network Specialized Conference, November, 2009, in Nepal
  17. Ikeda N., Tada C., Nakamura S., Chigira J., Yano T., Nakano K., Nakai Y., 2010, Removal of coliform bacteria in three types of constructed wetlands in a temperate area of Japan, 12th IWA International Conference on Wetland Systems for Water Pollution Control in Italy
  18. Chika Tada*, Satoshi Nakamura*, Ryu Oishi*, Naofumi Ikeda*, Junki Chigira**, Tokuo Yano**, Kazunori Nakano**, Yutaka Nakai*, Ammonia oxidation bacteria and archaea in multistage constructed wetland, The 4th IWA=ASPIRE conference and Exhibition, October 2011, inTokyo

特許

  1. 澤山茂樹、多田千佳、柳下立夫、塚原建一郎;「有機性廃棄物の処理方法」、特許公開2005−95770
  2. 澤山 茂樹、ミヤウ シャヒデゥラ エムディー、多田 千佳;「有機性汚泥の処理方法、その処理装置及び新菌株」、特許公開2005−349258
  3. 澤山茂樹、塚原 建一郎、多田 千佳、歌津洋一、林原 茂;「有機性廃棄物の消化処理方法」、特許公開2006−35126
  4. 澤山茂樹、塚原 建一郎、多田 千佳; 「有機性廃棄物の処理方法」、特許出願番号;2005−24773

科学研究費等外部競争資金による研究

  1. 「亜熱帯沿岸域の金属(鉄・マンガン)供給およびその形態におけるマングローブ林の役割」、研究代表者、平成18年度科研費補助金 課題番号18710015、2006-2007 2年間
  2. 「持続的なサニテーションシステムの開発と水循環系への導入」、受託研究、戦略的創造事業、2006 1年間
  3. 「動物生産の環境保全に関する研究」、研究代表者、公益信託 井上辰蔵教授記念動物科学研究助成基金、2006 1年間
  4. 「持続的なサニテーションシステムの開発と水循環系への導入」、受託研究、戦略的創造事業、2007 1年間
  5. 「塩素電極を用いた自動モニタリングによるマングローブ林浸透水の挙動解明に関する研究」、研究代表者、財団法人建設工学研究振興会平成18年度建設工学奨励金、2007 1年間
  6. 「真核生物と原核生物の生物間相互作用による生態系機能」研究代表者、(財) クリタ水・環境科学振興財団, 2009 1年間
  7. 「下排水処理プロセス中バクテリオファージの水処理性能との関連の解明と応用」基盤研究 (B)(分担) 2009-2010 2年間
  8. 「間伐強度が森林土壌の窒素貯留機能に及ぼす影響解明のための微生物学的アプローチ」研究代表者、平成23年度科研費補助金若手研究(B)、2011-2012 2年間
  9. 「観光客参加型食べ残しメタン発酵温泉エネツーリズムの構築のための研究」 研究代表者、環境研究総合推進費、2011-2012, 2年間

その他の活動

  1. 平成19年度環境技術実証モデル事業山岳トイレし尿処理技術実証委員会委員、2007年4月より1年間
  2. The 7th Science council of Asia (SCA) conference, WorkshopB "Management of Sustainable Aquatic Environment", as commentator, June 14-16, 2007, Okinawa, Japan
  3. 平成18年度沖縄健康ブランド確立を目指した生産管理技術者人材育成 環境学概論、環境実習の講義担当
  4. 第59回日本生物工学会大会(2007)中学生・高校生バイオ研究発表会ポスターセッション「ビール粕で環境にやさしいポットを作る」「製紙汚泥とビール粕の有効利用 肥料づくり」
  5. エネルギー学会 バイオマス部会会員 (バイオマス教育小部会)
  6. 有害紫外線モニタリングネットワーク、沖縄県名護局担当(2006-2007)
  7. 山形県研究評価委員会、評価委員(2010-2011)
  8. 日本学術振興会、研究者海外派遣基金助成金(組織的な若手研究者等海外派遣プログラム) 「持続可能な農林水産業構築のための海外研修支援」,プロジェクト事務局、2009-2012
    若手SAP 大学HP:http://www.agri.tohoku.ac.jp/health/sap/index.html
    若手SAPブログ:http://wakatesap.exblog.jp/
  9. 平成22年度大崎市バイオマス市民講座、講師、2010年11月26日
  10. 知の間欠泉 フィールドセンターSeminar企画委員会 委員長
     Seminarブログ; http://fseminar.exblog.jp/

趣味

ダンス、ヨット、スキー、映画鑑賞
○ EcologyとCreativeの融合を探しています。

Copyright (C) Sustainable Animal Environmental Lab Tohoku University All Rights Reserved.