研究科長・学部長挨拶

青葉山新キャンパスで新たなスタート
「食料」「健康」「環境」を課題とする生物産業科学への招待

牧野周肖像写真

東北大学大学院
農学研究科長・農学部長

牧野 周

東北大学農学部・農学研究科では、東北大学の建学の理念「研究第一」「門戸開放」「実学尊重」に基づき、人類が生きていくための「食料」「健康」「環境」を課題に取り組む生物の産業科学に関する教育と研究を行っています。農学は、自然との共生をはかり、人類に安心で安全な食の提供を探求する学問です。地球的規模で様々な課題が山積する今日、農学が日本と世界に果たすべき役割は非常に大きくなっています。

農学が抱える社会的課題は、国内的には農業従事者の高齢化と総人口の減少によって弱体化しつつある農林水産業を成長産業へと転換すること、そして食料の安定供給を構築することです。世界に目を向けると、やがて迎える100億人の人類生存のための食糧生産確保と地球規模での環境保全・自然共生があげられます。さらに、人類の活動激化による地球温暖化とそれに伴う環境変化や自然災害への対応も農学にとって解決すべき重要な課題です。

これらの課題解決に向けて、農学部・農学研究科では「食料」・「健康」・「環境」にかかわる高度な基盤研究を推進し、「生物で産業を興す」ための応用研究を展開して、生物産業科学に関する国際的な学術拠点作りを進めています。
学部構成は、「生物生産科学科」と「応用生物化学科」の2学科に「植物生命科学コース」、「資源環境経済学コース」、「応用動物科学コース」、「海洋生物科学コース」、「生物化学コース」、「生命化学コース」の6コースを配置しています。大学院は、「資源生物科学専攻」、「応用生命科学専攻」、「生物産業創成科学専攻」の3専攻で構成し、附属農場と附属海洋生物資源教育研究センターを統合した「附属複合生態フィールド教育研究センター」を設置しています。この附属センターには、日本の国立大学としては最大規模の実験農場(東北大学の全敷地の85%を占める)を有しています。これらの教育・研究組織を基本骨格として、農学にかかわる分子・遺伝子レベルの生命現象の基礎科学から農業生産の現場まで幅広い教育・研究を行っています。また、震災後の2014年には、女川町の海洋フィールドセンターが再建され、東北大学の東北復興・日本新生の重点プロジェクトである東北マリンサイエンス拠点形成事業を推進しています。さらに、学部・研究科内にはコース・専攻横断的に、「東北復興農学センター」「食と農免疫国際教育センター」「生物多様性応用科学センター」および「食品の産学連携研究開発拠点」の教育・研究拠点を組織し、豊富な融合研究のシーズを発掘すると同時に、産学連携や海外国際連携を組織的に進めています。

今年、東北大学農学部・農学研究科は学部創立70周年となります。65年間住み慣れた旧制第二高等学校跡地であった雨宮キャンパスを離れ、青葉山新キャンパスに完全移転しました。2015年に開通した仙台市地下鉄の青葉山駅南口を出ると、キャンパスモールの正面に新しい農学部・農学研究科の総合研究棟と講義棟・図書館・厚生施設が一体となった青葉山コモンズが並びます。理学部・薬学部・工学部に対峙して、総合大学東北大学の中でひと際輝く学部・研究科としての新たなスタートです。緑豊かな青葉山新キャンパスに、高い志を持った国内外の若人が集い、教員達と夢ある未来の日本と世界を形造る研究論議を交わしながら、自由な発想で新しい研究を展開する学部・研究科であるように最大限の努力をしていきます。

ページの上部へ戻る