教育目標

本研究科・学部は、生物の本質を究明する独創的かつ萌芽的な基礎研究を推進し、それ発展させるとともに、自然との共生、安全性、生命倫理を十分配慮しながら、微生物から動植物など多様な生物の諸機能を高度に活用した新領域の生物産業科学の創造に貢献する。
そのために、学問に対する強い好奇心と探求心を持ち、常に高い目的意識を持って農学とその関連領域の諸課題の解決に果敢に挑戦し、それを成し遂げる事のできる社会性・国際性豊かな研究者・技術者を養成する。

学部

食料、健康、環境に関する広範な知識と技術を理解・習得し、豊かな農学的思考を基礎にして、資源生物の生産と活用、食料の生産と健康増進、生物遺伝資源の保護、環境の保全修復に貢献できる指導的・中核的人材を養成する。

大学院

食料、健康、環境に関する高度な専門的知識と学識を備え、バイオサイエンス、バイオテクノロジーなどの先端技術を活用し、農学研究を自立的・論理的に行い、新しい生物産業の創成を国際的視野から先導的に推進できる人材を養成する。

ページの上部へ戻る