沿革

1907年(明治40年)6月 東北帝国大学創立
1907年(明治40年)9月 農科大学が札幌に開設
1918年(大正7年)4月 農科大学を本学から分離して北海道帝国大学農科大学として設置
1939年(昭和14年)8月 農学研究所設置
1947年(昭和22年)2月 附属川渡農場設置
1947年(昭和22年)4月 農学部(3学科7講座)設置
1949年(昭和24年)5月 新制東北大学設置
農学部拡充改組(4学科21講座設置 さらに1976年までに3講座増設)
1953年(昭和28年)4月 大学院農学研究科(4専攻)設置
1956年(昭和31年)4月 附属水産実験所設置
1960年(昭和35年)4月 食糧化学科増設(4講座)
1962年(昭和37年)4月 大学院農学研究科に食糧化学専攻増設
1971年(昭和46年)4月 附属草地研究施設設置
1972年(昭和47年)4月 附属無菌植物実験施設設置
1974年(昭和49年)4月 附属図書館農学分館設置
1981年(昭和56年)3月 放射性同位元素実験棟設立
1984年(昭和59年)6月 動物飼育実験棟設立
1992年(平成4年)4月 農学部改組(2学科5学系31講座4附属施設)
1993年(平成5年)3月 水産生物飼育実験棟設立
1995年(平成7年)4月 大学院農学研究科環境修復生物工学専攻増設
植物環境応答実験施設を設置
1996年(平成8年)5月 附属海洋生物資源教育研究センター設置(附属水産実験所改組)
1997年(平成9年)4月 資源生物科学専攻設置(農学専攻,畜産学専攻,水産学専攻,食糧化学専攻の再編整備)
1998年(平成10年)4月 応用生命科学専攻設置(農学専攻,畜産学専攻,農芸化学専攻,食糧化学専攻の再編整備)
1999年(平成11年)4月 資源環境経済学専攻設置, 環境修復生物工学専攻改組(農学専攻,環境修復生物工学専攻の再編整備)
2000年(平成12年)4月 農場,海洋生物資源教育研究センターを大学院農学研究科附属施設として設置
2003年(平成15年)4月 大学院農学研究科改組(4専攻→3専攻(資源生物科学専攻,応用生命科学専攻,生物産業創成科学専攻))改組
附属海洋生物資源教育研究センター,附属農場を附属複合生態フィールド教育研究センターとして設置
2004年(平成16年)4月 国立大学法人法により,国立大学法人東北大学として設置
テラヘルツ生物工学(竹本油脂・ミツカン)寄附講座を設置
2008年(平成20年)4月 家畜福祉学(イシイ)寄附講座を設置
2009年(平成21年)4月 附属先端農学研究センターを設置
2010年(平成22年)4月 環境保全型牛肉生産技術開発学(アレフ)寄附講座を設置
2011年(平成23年)4月 家畜福祉学寄附講座を設置(継続)
附属複合生態フィールド教育センターが文部科学省の教育関係共同利用拠点に認定
2012年(平成24年)4月 東北大学マリンサイエンス復興支援室を設置
2012年(平成24年)4月 東北大学マリンサイエンス復興支援室を設置
2014年(平成26年)4月 東北復興農学センターを設置
2015年(平成27年)4月 食と農免疫国際教育研究センターを設置
家畜生産機能開発学寄付講座を設置
微生物資源学寄付講座を設置
2016年(平成28年)6月 生物多様性応用科学センターを設置
ページの上部へ戻る