キャンパス移転

青葉山新キャンパス

写真:農学研究科仙台地区マップ

東北大学は、青葉山新キャンパス整備事業の一環として、平成6年9月に雨宮キャンパスの青葉山新キャンパスへの移転を決定し、以降様々な準備を進めてまいりました。

東北大学・大学院農学研究科の青葉山新キャンパス建設工事は平成26年6月10日に起工式を行いました。本棟、別棟からなる農学系総合研究棟(平成28年10月完成予定)講義室・図書館・厚生施設からなるアカデミックサイエンスコモンズ(完成済)等の建物建設工事は順調に進んでいます。

移転のスケジュール

写真:新キャンパス完成予想図

平成28年10月より、雨宮キャンパスから青葉山キャンパスへの引越しが始まります。平成29年度(4月スタート)は、青葉山キャンパスで迎える予定です。

引越しは約半年の期間をかけて行われます。事務部、施設、分野ごとに移転の日程が異なりますのでご注意ください。 なお、移転に伴い、農学部、農学研究科の平成28年度第二学期は変則的な授業日程となっております。詳しくは教務係へお問い合わせください。

受験生のみなさまへ

平成29年度 東北大学院農学研究科・博士課程入学試験(一般選抜、社会人特別選抜)、 平成29年度 東北大学農学部入学試験(AO入試、一般入試)につきましては、基本的に平成28年12月末までは雨宮キャンパス、平成29年1月以降は青葉山新キャンパスで実施の予定ですが、出願の際には必ず募集要項をご確認ください。

地域のみなさまへ

東北大学農学部は、昭和22年(1947年)に片平地区西側に設立され、仙台空襲の4年後である昭和24年(1949年)に雨宮地区に移設されました。創立70周年の節目を目前として、このたび農学部・農学研究科は青葉山キャンパスへと移転することとなりました。雨宮地区をはじめとして、近隣住民のみなさまには大変お世話になりました。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

移転に際しましては、大型車両の出入りや、移設作業に伴う構内の立ち入り制限などが予定されております。近隣住民のみなさまにはご不便をおかけすることになりますが、ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成28年10月28日(金)~10月30日(日)には東北大学雨宮キャンパスにおいて雨宮キャンパス感謝祭を開催いたしました。寒い中、卒業生だけでなく、大勢の近隣の方々にもご来場していただきました。ありがとうございました。

感謝祭の詳細はこちらのページをご覧ください。

ページの上部へ戻る