青葉山新キャンパス

青葉山新キャンパス完成予想図

農学部・農学研究科の青葉山新キャンパス建設工事が順調に進行中です。
青葉山新キャンパスにおける農学研究科は、本棟、別棟からなる農学系総合研究棟、動物棟・牧草地、実験圃場、講義室・図書館・厚生施設からなる青葉山コモンズから構成されます。
牧草地は青葉山新キャンパス全体の南東部にやや離れて位置しますが、それ以外は同新キャンパスの北西部にまとまって配置されます。本棟と別棟は一体的に耐震対策がなされ、2階以上の階で2カ所の渡り廊下を使い、連結されます。
これらは茶褐色を基調とする5階建てで、平成26年6月10日に起工式を行いました。
平成28年度後半における完成と移転完了を目指し、建物建設工事が順調に進行中です。仙台市地下鉄東西線が農学研究科の移転完了に先立ち平成27年度12月開通しましたが、農学研究科はその青葉山駅からキャンパスモールを西側に歩いて約400mの位置になります。

 

青葉山新キャンパス

農学系総合研究棟

ページの上部へ戻る