ニュース

2015/09/10

山崎祥他博士研究員(分子生物学分野)が国際シンポジウムで Best Poster Awardを受賞

International Symposium on Chromatin Structure, Dynamics, and Function (Aug 23-26, 2015, Awaji) にて、分子生物学分野の山崎祥他博士研究員が細胞核内のフィラメント型アクチンが転写制御に重要な役割を果たすことを報告し、Best Poster Awardを受賞しました。

S.Yamazaki, K. Yamamoto, K. Sakata-Sogawa, M. Tokunaga and M. Harata
"Roles of nuclear filamentous-actin in transcriptional regulation"

詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.harata-lab.org/

ページの上部へ戻る