ニュース

2015/11/30

マイスター有志(1・2期生)が、川渡フィールドセンター産「東北大にひとめぼれ」を東北大学生協 全キャンパス7店舗で販売【販売期間:12月7日~12月18日】

東北復興農学センターの教育プログラムを修了した、復興農学マイスター及びIT農業マイスターの有志による、川渡フィールドセンター産の有機農法で栽培した新米の販売を、12月7日(月)より東北大学生協各店舗にて数量限定で行います。
この取り組みは、「復興農学フィールド実習」を通じて共に学んだ社会人と学生が、川渡フィールドセンターの「ふゆみずたんぼ」農法によって作られたお米の素晴らしさを伝えたいという思いで実現しました。
昨年度に引き続いて、今年度は、マイスター2期生有志メンバーも加わって販売店舗を昨年の農学部(雨宮キャンパス)1店舗から拡大して「東北大学 全キャンパス7店舗」での販売に踏み切りました。

「東北大にひとめぼれ」販売にあたっては、販売元となる大学生協との販売交渉から始まり、精米作業、米袋ラベルシール作成~ラベル貼り作業、そして計量と袋詰め作業。さらにはポスターやパンフレットなど販促物の作成も、すべてマイスター有志メンバーで行ったものです。
販売初日となる7日(月)には試食イベントも開催しますので、ぜひ、川内北キャンパスへお越しください。

企画:復興農学マイスター・IT農業マイスター 第一・第二期生有志
協力:東北大学生活協同組合
東北大学大学院農学研究科東北復興農学センター
東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センター(川渡フィールドセンター)
東北大学友会書道部

詳細URL:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp/report/master.car_cait2015.html

問い合わせ先:東北復興農学センター事務局 安住、大村
電話 022-717-8934

ポスターを見る(PDF)

ページの上部へ戻る