ニュース

2016/05/20

東北大学大学院農学研究科と宮城県農業法人協会の連携協定を締結

本研究科は5月16日(月)、宮城県農業法人協会と連携協定を締結しました。

この連携協定は、宮城県の農林水産等が抱える諸課題の解決と成長戦略を見据えた取組を目指すことを目的に宮城県農業法人協会と本研究科が締結したものです。

当日は、本研究科管理棟2階の大会議室を会場に宮城県農業法人協会から会長の郷右近 秀俊氏((有)大郷グリーンファーマーズ)、同副会長の日野雅晴氏((有)日野畜産)、同じく副会長の内海正孝氏にご列席頂き、本研究科からは、駒井研究科長、豊水副研究科長、伊藤戦略統括部門長、志田事務長が列席し、始めに伊藤戦略統括部門長から今回の連携協定の趣旨説明があり、引き続いて、駒井研究科長、宮城県農業法人協会会長の郷右近 秀俊氏からそれぞれ挨拶を頂いた後、協定書の調印が執り行われました。

今回の協定により日本や宮城県の農林水産・食品産業が抱えている諸課題の解決に向けた取組が一層加速し、世界市場を見据えた高品質・高機能化の産業に育て上げることが期待されます。

写真:協定締結式の様子

握手をする郷右近会長(左)と駒井研究科長(右)

ページの上部へ戻る