ニュース

2016/12/02

マイスター有志が川渡フィールドセンター産新米「東北大にひとめぼれ」を東北大学生協で販売(12月5日~16日)

農学研究科 東北復興農学センターのカリキュラムを修了した「復興農学マイスターおよびIT農業マイスター」有志による、農学研究科附属川渡フィールドセンター産の有機農法で栽培した新米の販売を、12月5日(月)より東北大学生協各店舗にて数量限定で行います。  

一昨年(2014年)から続くこの取り組みは、「復興農学フィールド実習」を通 じて共に学んだ一般社会人と大学生が、川渡フィールドセンターの「ふゆみずたんぼ」農法によって作られたお米の素晴らしさを伝えたいという思いで実現しました。

「東北大にひとめぼれ」販売にあたっては、川渡フィールドセンター教職員の協力のもと、大学生協との販売交渉などに加えて、袋詰めやラベル貼り作業も行いました。

なお、ポスターやパンフレットなどの販促物については、マイスター有志メンバーがデザインしています。

今年度は、10月末に東北大学ホームカミングデーでの先行販売も行い(精米 200袋)、完売となりました。

販売初日となる5日(月)には試食イベントも開催しますので、いよいよ移転が始まった『農学部・雨宮キャンパス』まで、ぜひお越しください。

【販売期間】:平成28年12月5日(月)~16日(金)

【販売店舗】:東北大学生協購買店(7店舗)

企画:復興農学マイスター・IT農業マイスター 第1~3期生有志

協力:東北大学生活協同組合
東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センター (川渡フィールドセンター)
東北大学大学院農学研究科東北復興農学センター
東北大学学友会書道部

関連URL:http://www.tascr.agri.tohoku.ac.jp
(東北復興農学センター ウェブサイト)

「東北大にひとめぼれ」販売チラシ(PDF)

問い合わせ先: 東北復興農学センター事務局 安住,大村(電話 022-717-8934)

ページの上部へ戻る