ニュース

2017/07/11

大坪和香子助教(動物資源化学分野)が「佐々木正五賞(日本無菌生物ノートバイオロジー学会会長賞)」を受賞

大坪和香子助教(動物資源化学分野)が、平成29年6月7〜10日に東京ガーデンパレスにおいて行われた第50回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会(50th-JAGG)において、「ヒト腸管粘膜中に常在する硫酸還元細菌の検出と同定」について発表を行い、第2回佐々木正五賞を受賞しました。日本無菌生物ノートバイオロジー学会は、基礎医学、臨床医学、歯学、薬学、農学、生物学、工学など幅広い境域の研究者が一堂に会して研究成果を発表し議論をする学際的な学会として、1968年に設立されました。佐々木正五賞は若手(45歳未満)の研究者を対象に、学会長から1名に贈られます。

詳細は下記のURLをご覧ください。
http://square.umin.ac.jp/JAGG/

ページの上部へ戻る