ニュース

2018/09/21

宍戸哲郎技術職員(川渡フィールドセンター)が「平成30年度全国大学農場技術賞」を受賞

宍戸哲郎技術職員(川渡フィールドセンター)が、「草地の持続的利用のための省力的・効果的管理技術の開発とフィールド教育研究への貢献」に関する業績により、平成30年度全国大学農場技術賞を受賞しました(平成30年9月13日)。
全国大学農場技術賞は、全国大学附属農場協議会の規程に基づき,大学附属農場等の技術系職員の中で専門的技術をもって農場等の発展に貢献した者に授与されます。本受賞では、山地放牧地における省力的で効果的な牧草導入技術の開発、資源循環型の草地生産システム構築のための安全で効果的な家畜排せつ物施用法の開発、および牧草の放射性セシウム汚染を低減する土壌改良資材の検討など、草地の持続的利用のため管理技術を開発したことに加え、それらのフィールドを学生実習等の教育に活用したことが高く評価されました。

ページの上部へ戻る