ニュース

2018/10/02

東北大学大学院農学研究科が女川町と連携協定を締結

東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センター(女川フィールドセンター)と女川町は、センターが女川町に所在することから、これまでも地域貢献や震災復興等において、協力して実施してきているところですが、あらためて女川町が抱える農林水産業や教育研究等の諸課題の解決と地域の発展を目指して、震災復興や産業振興、教育・研究活動の発展に関する協定を、平成30年10月1日に締結しました。

加えて、マナマコ人工種苗の安定的生産から完全複合養殖研究、養殖場底利用の放流研究及び事業化まで、共同で実施し、将来の陸上完全養殖の実現に向けた技術開発等を行うための共同研究に関する覚書も取り交わしました。

研究の成果を事業化していくことで、女川町への新たな産業体系の構築が期待されます。

ページの上部へ戻る