ニュース

2018/11/28

川渡フィールドセンター産新米『東北大にひとめぼれ』をマイスター有志が東北大生協で販売(12/3-14)

農学研究科 東北復興農学センターでの約半年間の講義と実習を経て認定された、復興農学マイスターおよびIT農学マイスターの有志による『東北大にひとめぼれ』の新米の販売が、今年も全キャンパスの大学生協にて12月3日から数量限定で行われます。
『東北大にひとめぼれ』は、農学研究科附属川渡フィールドセンターで農薬・化学肥料を使用しない「ふゆみずたんぼ農法」で、大切に栽培されたお米です。
「ふゆみずたんぼ農法」とは、冬の間も田んぼに水を張り続けることで、渡り鳥やちいさな生き物が生息する生態系を守りながら、その力を活用して害虫被害を防ぎ、また土壌を豊かにしていく農法です。
『東北大にひとめぼれ』の販売は、この環境に優しい農法で作られた、安全・安心なお米を広く知っていただき、ぜひ食べてみてほしいという思いから、2014年より続くマイスターたちの取り組みです。大学生協との販売交渉から始まり、広報物のデザイン・作成・広報活動をマイスター有志で行い、さらに川渡フィールドセンターと分担してお米の袋詰めやラベル貼り作業も行っています。

販売初日である12月3日(月)には、販売促進会を行います。「ふゆみずたんぼ農法」を身近に感じていただくための展示などをご用意してお待ちしておりますので、ぜひ青葉山新キャンパス 青葉山コモンズへお越しください。

販売期間:平成30年12月3日(月)~14日(金)
販売店舗:東北大学生協購買店(7店舗)
     精米・玄米とも300円(300g)
販促イベント:平成30年12年3日(月)12時~13時 青葉山新キャンパス 青葉山コモンズ
企画:復興農学マイスター・IT農学マイスター有志
協力:東北大学生活協同組合
   東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センター
   (川渡フィールドセンター)
   東北大学大学院農学研究科東北復興農学センター
   東北大学学友会書道部

問い合せ先:農学研究科 東北復興農学センター事務局
電話:022-757-4195

ページの上部へ戻る