留学体験記

アルゼンチン乳酸菌研究所で成果

2015年度
動物資源化学分野 博士課程前期2年

多田 明日翔

写真:多田明日翔

せっかくの学生生活、充実した日々を過ごしたいという想いから、トビタテ留学JAPAN1期生として、大学院修士1年生の9月から12月の期間にアルゼンチン乳酸菌研究所へ留学する機会をいただきました。留学先では、海外で活躍する研究員たちの知識量や情熱に圧倒され、自分の未熟さを痛感しました。また、言語の壁に苦しむこともありましたが、そのような環境に身を置いて研究に邁進したことで大きな成長を得ることができたと思います。

特に、何事にも恐れず挑戦するチャレンジ精神は、普通に学生生活を送っているだけでは身につかなかったように感じます。帰国後には、留学中の成果を学会発表や論文執筆という形で公表する機会もいただき、得るものがとても大きな経験でした。私がこのような機会を得ることができたのも、積極的に海外での活動に挑戦する人を応援し、サポートしてくれる東北大学大学院農学研究科の素晴らしい環境があったからです。

この恵まれた環境を活かし、学生生活を充実させる選択肢の一つとして、留学に挑戦してみることをおすすめします。きっと自身の世界が変わります。

写真:留学の様子

一覧ページへ戻る

ページの上部へ戻る