学生の受賞

第7回日中韓国際草地学会議において若手研究者賞を受賞

2018年度
応用生命科学専攻 陸圏生態学分野
博士課程前期2年

尹 麗瑛

写真:尹 麗瑛

尹 麗瑛(いん れいえい)さん(応用生命科学専攻 陸圏生態学分野 博士課程前期2年)は,2016年10月に東北大学大学院農学研究科に入学して以来,放牧家畜が草地植生に及ぼす影響と劣化した植生の回復に関する研究を行っています。その中で,放牧牛の糞が草地土壌に及ぼす影響に関する研究について,2018年7月に札幌市で開催された第7回日中韓国際草地学会議においてポスター発表を行い,若手研究者賞を受賞しました。

彼女の出身国の中国をはじめ,海外では植生が退化した草地の回復計画が行われています。尹さんは,荒廃した草地植生を家畜の計画的な放牧によって回復させることに強い興味を持っており,家畜糞の土壌回復機能を活用できる可能性に着目しています。今後,この研究が進展することにより,放牧地生態系における土壌-植物-家畜間相互作用の解明に貢献することが期待されます。

一覧ページへ戻る

ページの上部へ戻る