Sasaki Group Web Site

Home / Members / Research / Compounds / Publications / Presentations / Photos / Handouts / Misc

Our latest publications:

Concise synthesis of the C15-C38 fragment of okadaic acid, a specific inhibitor of protein phosphatases 1 and 2A
H. Fuwa, K. Sakamoto, T. Muto, and M. Sasaki
Tetrahedron, 71, in press (2015).
Invited article for the Professor Jiro Tsuji Special Issue.

Potassium currents inhibition by gambierol analogs prevents human T lymphocyte activation
J. A. Rubiolo, C. Vale, V. Martin, H. Fuwa, M. Sasaki, and L. M. Botana
Arch. Toxicol., 89, 1119-1134 (2015).

Evaluation of gambierol and its analogs for their inhibition of human Kv1.2 and cytotoxicity
K. Konoki, Y. Suga, H. Fuwa, M. Yotsu-Yamashita, and M. Sasaki
Bioorg. Med. Chem. Lett., 25, 514-518 (2015).

Concise Synthesis of the C15-C38 Fragment of Okadaic Acid: Application of Suzuki-Miyaura Reaction to Spiroacetal Synthesis
H. Fuwa, K. Sakamoto, T. Muto, and M. Sasaki
Org. Lett., 17, 366-369 (2015).

Concise synthesis of the A/BCD-ring fragment of gambieric acid A
H. Fuwa, R. Fukazawa, and M. Sasaki
Front. Chem., 2, 116 (2015).

Total synthesis, stereochemical reassignment, and biological evaluation of (-)-lyngbyaloside B
H. Fuwa, Y. Okuaki, N. Yamagata, and M. Sasaki
Angew. Chem. Int. Ed., 54, 868-873 (2015).

Studies toward the total synthesis of amphidinolide N: Stereocontrolled synthesis of the C13-C29 segment
M. Sasaki, Y. Kawashima, and H. Fuwa
Heterocycles, 90, 579-599 (2015).

Headline:

7/17/2015: 第50回天然物化学談話会(岩沼市、ホテルモンタナリゾート)をお世話しました。盛況のうちに終了しました。招待講演者や審査員の先生方を始め、談話会世話人各位、参加者各位に深く感謝申し上げます。

4/2/2015: 4月1日付で岩崎浩太郎博士が助教に着任しました。

4/12/2014: 武藤崇史君(M2)が平成25年度生命科学研究科長賞を受賞しました。

4/12/2014: メンバー更新

3/10/2014: 当研究室の論文"Stereoselective synthesis of medium-sized cyclic ethers: Application of C-glycosylation chemistry to seven- to nine-membered lactone-derived thioacetals and their sulfone counterparts"がJ. Org. Chem.誌のMost Read Articlesに選ばれました。

2/5/2014: 佐々木教授が2013年度有機合成化学協会「第一三共・創薬有機化学賞」を受賞しました。

2/5/2014: 当研究室の論文"Total synthesis and structure revision of didemnaketal B"がChem. Eur. J.誌のfrontispieceを飾りました。

5/31/2013: 当研究室の論文"Total synthesis and biological evaluation of (+)-gambieric acid A and its analogues"がChem. Eur. J.誌のMost Accessed Articlesに選出され、ワイリー・サイエンスカフェで紹介されました。

5/9/2013: 当研究室の論文"Total synthesis and biological evaluation of (-)-exiguolide analogues: Importance of the macrocyclic backbone"がOrg. Biomol. Chem.誌の表紙を飾りました。


4/17/2013: 当研究室の論文"Total synthesis and biological evaluation of (+)-gambieric acid A and its analogues"がChem. Eur. J.誌の表紙を飾りました。ワイリー・サイエンスカフェ


4/8/2013: 当研究室の論文"Total synthesis of 13-demethyllyngbyaloside B"がOrganic Letters誌のMost Read Articlesに選ばれました。

4/8/2013: 当研究室の論文"Total synthesis and biological evaluation of (+)-gambieric acid A and its analogues"がChemistry Viewsワイリー・サイエンスカフェで紹介されました。

3/7/2013: 水沼佳奈さん(M2)が平成24年度生命科学研究科長賞を受賞しました。

2/26/2013: 石貝和也君(D3)が平成24年度青葉理学振興会賞を受賞しました。

2/13/2013: 石貝和也君(D3)、関根久美子さん(M2)が平成24年度生命科学会長賞を受賞しました。

11/9/2012: 石貝和也君(D3)が第102回有機合成シンポジウムでポスター発表優秀賞を受賞しました。

9/28/2012: 当研究室の論文"Stereoselective synthesis of the C1-C16 fragment of goniodomin A"がBull. Chem. Soc. Jpn.Selected Papersとして掲載されました。

9/28/2012: 当研究室の論文"Total synthesis and complete stereostructure of gambieric acid A"がSYNFACTSに掲載されました。詳しくはこちら: https://www.thieme-connect.com/ejournals/abstract/10.1055/s-0032-1317278

8/31/2012: 当研究室の論文"Total synthesis of (-)-polycavernoside A: Suzuki-Miyaura coupling approach"がSYNFACTSに掲載されました。詳しくはこちら: https://www.thieme-connect.com/ejournals/abstract/10.1055/s-0032-1317041

8/9/2012: 当研究室の論文"Total synthesis and complete stereostructure of gambieric acid A"がJournal of the American Chemical Society誌のMost Read Articlesに選ばれました。詳しくはこちら:http://pubs.acs.org/action/showMostReadArticles?journalCode=jacsat

7/13/2012: 当研究室の論文"Total synthesis of (-)-polycavernoside A: Suzuki-Miyaura coupling approach"がOrganic Letters誌のMost Read Articlesに選ばれました。詳しくはこちら:http://pubs.acs.org/action/showMostReadArticles?journalCode=orlef7

6/2/2012: 石貝和也君(D3)が万有仙台シンポジウムポスター賞を受賞しました。

4/24/2012: 石貝和也君(D3)が日本化学会第92春季年会において学生講演賞を受賞しました。

4/9/2012: メンバーを更新しました。

4/5/2012: 当研究室の能登健吉君(M2)が平成23年度生命科学研究科長賞を受賞しました。

3/16/2012: 当研究室の論文"Stereoselective synthesis of 2,6-cis-substituted tetrahydropyrans: Bronsted acid-catalyzed intramolecular oxa-conjugate cyclization of a,b-unsaturated ester surrogates"がJ. Org. Chem.front coverに選ばれました。


2/29/2012: 当研究室の能登健吉君(M2)が平成23年度生命科学会長賞を受賞しました。

1/6/2012: 当研究室の論文"Biosynthesis-inspired intramolecular oxa-conjugate cyclization of a,b-unsaturated thioesters: Stereoselective synthesis of 2,6-cis-substituted tetrahydropyrans"がOrganic Chemistry Highlightsで紹介されました。詳しくはこちら:www.organic-chemistry.org/Highlights/2012/09January.shtm

12/13/2011: 当研究室の論文"Stereoselective synthesis of 2,6-cis-substituted tetrahydropyrans: Bronsted acid-catalyzed intramolecular oxa-conjugate cyclization of a,b-unsaturated ester surrogates"がJ. Org. Chem.Featured Articleに選ばれました。

10/18/2011: 関根久美子さん(M1)が平成23年度化学系学協会東北大会で優秀ポスター賞を受賞しました。演題は「ディデムナケタールC1-C11フラグメントの立体選択的合成」

10/01/2011: 海洋天然物exiguolideの化学合成と生物活性評価の研究が、NHK教育テレビの番組サイエンスZEROで紹介されました。
番組再放送予定
2011年10月6日(木) [Eテレ] 午後6:55〜午後7:25
2011年10月13日(木) [デジタル教育2] 午後2:00〜午後2:30

08/02/2011: 「海綿から新たな抗がん剤-体内の"毒"を薬に 目立つ日本人研究者の活躍」…我々のグループによる海洋天然物exiguolideの化学合成と生物活性評価を紹介した記事が共同通信社により配信され、埼玉新聞、高知新聞などに掲載されました。

04/13/2011: 不破春彦准教授が平成23年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。
業績名:「海洋天然有機化合物の高効率的全合成の研究」
文部科学省報道発表東北大学大学院生命科学研究科

01/25/2011: 「顕著な抗がん作用を示す海洋天然物の完全化学合成」…東北大学大学院医学系研究科、癌研究会癌化学療法センターとの共同研究成果をプレスリリースしました。河北新報、読売新聞で報道されました。参考:東北大学東北大学大学院生命科学研究科

01/19/2011: 「AesはNotchシグナルを阻害して大腸がん転移を抑制する」…武藤誠・京都大学大学院医学研究科教授のグループとの共同研究成果が、専門誌Cancer Cell誌に掲載され、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、京都新聞で報道されました。詳しくは京都大学のサイトをご覧ください:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110119_1.htm

01/15/2011: 我々のグループで報告した鈴木−宮浦反応を用いるポリ環状エーテル天然物全合成が、鈴木章北大名誉教授のノーベル化学賞受賞講演で紹介されました。詳しくはこちら:http://nobelprize.org/nobel_prizes/chemistry/laureates/2010/suzuki-lecture.html



Copyright(C) Sasaki Group 2003-2013