日本産肉研究会第19回学術集会
  日時:2017年3月30日(木)13:00〜17:15
  場所:神戸大学・鶴甲第1キャンパス B棟109号室
       (〒657-0011 兵庫県神戸市灘区鶴甲1丁目2−1)

参加費無料    [非会員:要旨集 500円]   ポスター(PDF)
13:00開会の挨拶会長
学術集会 シンポジウム 
「放牧牛とその活用の再発見」
13:05 S1:農家の声:放牧畜産の現状と課題 (13:05 〜 14:15)
座長:松ア正敏(弘前大学)
1.独自化で届ける、放牧敬産牛肉田中一馬(田中畜産)
2.離島における放牧畜産の挑戦と挫折山地竜馬(繁殖農家)
休憩 (14:15 〜 14:25)
14:25 S2:肉を売る側からの視点:牧草牛と健康と飲食産業 (14:25 〜 15:35)
座長:柴田昌宏(農研機構)
3.飲食店が食材として求める牛肉は?  〜牧草牛は飲食店の救世主になるか?〜 竹野 孔 (株式会社タケノ)
4.飲食産業の新たな展開:トレーニング、糖質制限と牧草牛田浦貴大 (株式会社一生健康)
休憩 (15:35 〜 15:45)
15:45 S3:放牧主体の畜産は、はたして経営が成り立たつのか?:一考 (15:45 〜 16:20)
座長:後藤貴文(九州大学)
5.金融機関から見た畜産事業者の経営と資金面での課題小野隆一 (トゥルーバグループホールディングス株式会社)
16:20 S4:総合討論 (16:20 〜 16:50)
座長:後藤貴文(九州大学)
16:50総会 (16:50〜17:15)
18:00意見交換会 会費:5,000円程度を予定