日本産肉研究会第21回学術集会
ポスター(PDF 日時:2018年3月30日(金)(土) 13:00〜17:00
受付開始 12:30〜

場所:東京大学・弥生キャンパス 農学部2号館106号室(化3番教室)
   (第124回日本畜産学会大会第Y会場)

参加費無料    [非会員:要旨集 500円]  

参加申込書
 参加申し込みはお早めにお送り下さい。

(事前申込は3月23日まで。シンポジウムは当日参加可)
開会の挨拶会長
シンポジウム
「2020年東京オリンピック・パラリンピックの先を見据えて
 〜赤身牛肉生産に各種認証制度を活用する〜

シンポジウム1 (13:00〜15:45)
1.日本型畜産GAPの推進について奥地弘明 (農林水産省生産局畜産部)
2.有機JAS認証について渡部英悦 (農林水産省食料産業局)
3.農場HACCPの今後の展望見学一宏 ((公社)中央畜産会)
休憩 (14:15 〜 14:25)
4.放牧畜産認証について三上隆弘 ((一社)日本草地畜産種子協会)
シンポジウム2 (15:45〜16:15)
有機JAS 牛肉の流通岩崎方保 (マルハニチロ株式会社・
北海道オーガニックビーフ振興協議会)
総合討論 (16:15〜17:00)
日本産肉研究会総会 (17:00〜17:15)
意見交換会 (18:00〜20:00 ) 会費:6,000円 場所:CHICCIANO(キッチャーノ)東京都 港区 赤坂