第15回資源循環型肉牛生産シンポジウム2018
日本産肉研究会第22回学術集会・共同開催

ポスター(PDF シンポジウム
日時:2018年11月8日(木) 13:00〜17:00
場所:帯広畜産大学 講堂

(〒080-8555 北海道帯広市稲田町西2線11)

現地検討会
日時:2018年11月9日(金)  10:00〜12:00
場所:アニマルウェルフェア認証牧場(乳牛) 株式会社 坂根牧場(先着25名)

(北海道広尾郡大樹町字大樹396-5)
帯広駅:8:30出発 12:00解散予定(13:00頃 帯広駅・帯広空港)

参加費無料

環境リサイクル肉牛協議会 担当:佐藤幸信(道総研・畜試)satou-yukinobu@hro.or.jp 、FAX 0156-64-3212


主 催:環境リサイクル肉牛協議会、日本産肉研究会、北海道アンガス牛振興協議会、北海道短角牛振興協議会、帯広畜産大学
後 援:北海道十勝総合振興局、帯広市、十勝農業協同組合連合会、北海道総合研究機構畜産試験場、北海道酪農畜産協会、北海道オーガニックビーフ振興協議会、芽室町農業協同組合、NHK帯広放送局、北海道新聞帯広支社、日本農業新聞北海道支所、十勝毎日新聞社
シンポジウム  「家畜の福祉と牛肉生産」
基調講演 
家畜の福祉と肉牛生産山本謙冶 ((株)グッドテーブルズ・農畜産物流通コンサルタント)
話題提供 
1.欧州諸国の有機畜産とアニマルウェルフェア関連法制との位置づけ大山利男 (立教大学経済学部)
2.アニマルウェルフェアの評価基準瀬尾哲也 (帯広畜産大学・(一社)アニマルウェルフェア畜産協会)
3.有機畜産の理想と現実小野 泰 (北里大学獣医学部附属フィールドサイエンスセンター八雲牧場)
4.大自然を家庭の食卓に。『ボーンブロス・八雲』について諸江栄美 (Rurudo)
5.赤身評価の最近情報口田圭吾 (帯広畜産大学)
パネルディスカッション 
意見交換会 eびーふ大焼肉パーティー
  希望者のみ 会費:3,500円
 場所:帯広畜産大学 逍遥舎
現地検討会
日時:11月9日(金)9:00〜12:00
場所:
アニマルウェルフェア認証牧場(乳牛) 株式会社 坂根牧場
先着25名
  帯広駅:8:30出発 12:00解散(帯広駅・帯広空港)