草原短角牛プロジェクト
旧 環境保全型牛肉生産技術開発学(アレフ)寄附講座

Grass-Field Shorthorn Cattle Project
Laboratory of Innovative Green-Technology for Sustainable and Improving Beef Production

 牛肉の自給率向上を実現するためには、環境負荷軽減型の持続的産肉基盤を構築し、その実用化技術の開発を推進することが必要である。環境保全型牛肉生産技術開発学(アレフ)寄附講座は、健康的な赤身肉を効率的に生産する次世代型肉用牛遺伝資源である「草原短角牛」を活用する産肉科学技術と生産生態環境科学を研究し、実用化に向けた基盤形成を推進することを目的として、平成22〜24年度にわたり株式会社アレフの寄附を受け設置された。

スタッフ現 職
教 授山口高弘(東北大学名誉教授)
2010〜2011
2011年8月逝去
麻生 久(機能形態学分野兼務)
2011〜2013
機能形態学分野
博士研究員(ポスドク)高橋 秀之九州大学農学部附属農場高原実験実習場・助教(2012転出)
三宅 雅人徳島大学疾患ゲノム研究センター・助教(2011転出)
佐藤勝祥機能形態学分野 → 秋田県立大学生物資源科学部・助教(2014転出)
連携研究員浦川 めぐみ機能形態学分野
事務補佐員佐藤 知永2012年3月退職

TEL : 022-717-8702  FAX : 022-717-8880 (機能形態学分野共通)

草原短角牛を用いた健康ビーフの開発草原短角牛研究プロジェクト

  イノベーション創出基礎的研究推進事業(発展型研究・一般枠)[生研センター]
  草原短角牛の造成と産肉機構ならびにその肉質特性の解明(2008〜2010年度) 研究概要 研究成果概要

科学研究費補助金・基盤研究(A)
ウシの健康性を評価する免疫学的指標の確立(2010〜2011年度)

学術論文

  1. Takahashi H., Sato K., Yamaguchi T., Miyake M., Watanabe H., Nagasawa Y., Kitagawa E., Terada S., Urakawa M., Rose M.T., McMahon C.D., Watanabe K., Ohwada S., Gotoh T., Aso H. (2014) Myostatin alters glucose transporter-4 (GLUT4) expression in bovine skeletal muscles and myoblasts isolated from double muscled (DM) and normal muscled (NM) Japanese shorthorn cattle. Domestic Animal Endocrinology 48: 62-68. Abstract
     
  2. Ohta T., Koshi K., Ushizawa K., Hosoe M., Takahashi T., Yamaguchi T., Kizaki K., Hashizume K. (2014) Expression profiles of perforin, granzyme B and granulysin genes during the estrous cycle and gestation in the bovine endometrium. Anuimal Science Journal 85(7): 763-769. Abstract
     
  3. Ohta T., Koshi K., Ushizawa K., Hosoe M., Takahashi T., Yamaguchi T., Kizaki K., Hashizume K. (2013) Dynamics of CD3+ T-cell distribution throughout the estrous cycle and gestation in the bovine endometrium. Journal of Reproduction and Development 59(6): 507-511. Abstract
     
  4. Iwasaki S., Miyake M., Hayashi S., Watanabe H., Nagasawa Y., Terada S., Watanabe K., Ohwada S., Kitazawa H., Rose M.T., Aso H. (2013) Effect of Myostatin on chemokine expression in regenerating skeletal muscle cells. Cells Tissues Organs 198(1): 66-74. Abstract
     
  5. Iwasaki S., Miyake M., Watanabe H., Kitagawa E., Watanabe K., Ohwada S., Kitazawa H., Rose M.T., Aso H. (2013) Expression of myostatin in neural cells of the olfactory system. Molecular Neurobiology 47(1): 1-8. Abstract
     
  6. Miyake M., Takahashi H., Kitagawa E., Watanabe H., Sakurada T., Aso H., Yamaguchi T. (2012) AMPK activation by AICAR inhibits myogenic differentiation and myostatin expression in cattle. Cell and Tissue Research 349(2): 615-623. Abstract
     
  7. 渡邉一史・高橋辰行・高橋秀之佐藤勝祥・加藤和雄・大和田修一・渡邊康一・庄司則章・麻生 久 (2012) 飼料中タンパク質含量が血漿脂質成分の日内変動に及ぼす影響、東北畜産学会報 62(1): 1-5.
     
  8. 佐藤裕尚・岩月俊樹・内田江一朗・渡邊康一・麻生 久山口高弘 (2012) 粗飼料多給肥育による草原短角牛の肉質特性,肉用牛研究会報 93: 37-41.
     
  9. Miyake M., Hayashi S., Iwasaki S., Uchida T., Watanabe K, Ohwada S., Aso H., Yamaguchi T. (2011) TIEG1 negatively controls the myoblast pool indispensable for fusion during myogenic differentiation of C2C12 cells. Journal of Cellular Physiology 226(4): 1128-1136. Abstract
     
  10. 滝川幸人・岩月俊樹・内田江一郎・渡邊康一・麻生 久・山口高弘 (2011) 粗飼料多給短期肥育による日本短角種の肉質特性,肉用牛研究会報 90: 39-42.
     
  11. Miyake M., Hayashi S., Iwasaki S., Chao G., Takahashi H., Watanabe K., Ohwada S., Aso H., Yamaguchi T. (2010) Possible role of TIEG1 as a feedbaclk regulator of myostatin and TGF-β in myoblasts. Biochemical and Biophysical Research Communications 393(4): 762-766. Abstract
     
  12. Miyake M., Hayashi S., Taketa Y., Iwasaki S., Watanabe K., Ohwada S., Aso H., Yamaguchi T. (2010) Myostatin down-regulates the IGF-2 expression via ALK-Smad signaling during myogenesis in cattle. Animal Science Journal. 81(2): 223-229. Abstract
     

学会発表

  1. 佐藤勝祥・浦川めぐみ高橋秀之・佐藤光美・藤本長之・佐藤富雄・渡邊康一・麻生 久 (2013) 草原短角牛への稲ホールクロップサイレージ給与による血漿成分の変動、第116回日本畜産学会大会
     
  2. 浦川めぐみ・佐藤勝祥・佐藤光美・藤本長之・佐藤富雄・渡邊康一・麻生 久 (2013) 稲ホールクロップサイレージ給与による草原短角牛の白血球とT細胞サブセットの出現割合、第116回日本畜産学会大会
     
  3. 櫻田隆大・白須直樹・北川絵理・麻生 久・渡邊康一 (2013) ウシ筋線維型移行モデルにおける筋線維の新生誘導とその特性、第116回日本畜産学会大会
     
  4. 木戸恭子・室谷 進・渡邊康一・麻生 久 (2013) 放牧飼養下における黒毛和種子牛の筋機能関連因子mRNA発現、第116回日本畜産学会大会
     
  5. 小笠原英毅・岡田海渡・小林美里・鈴木由美子・渡邊康一・麻生 久・寳示戸雅之 (2013) 肉用牛における放牧行動量が筋線維型移行に及ぼす影響、第116回日本畜産学会大会
     
  6. 櫻田隆大・白須直樹・北川絵理・三宅雅人・大和田修一・麻生 久・渡邊康一 (2012) ウシ骨格筋筋線維型移行モデルにおける新生筋線維の出現とその特性、第62回東北畜産学会大会
     
  7. 白須直樹・櫻田隆大・北川絵理・大和田修一・麻生 久・渡邊康一 (2012) 筋線維型移行過程における筋タンパク質分解酵素カルパインの発現変動、第62回東北畜産学会大会
     
  8. 麻生 久・堀越頼子・染谷俊輔・浦川めぐみ・板谷奈波・佐藤勝祥・佐藤秀俊・北澤春樹・松原朋子・菊 佳男・林 智人・渡邊康一 (2012) 乳汁中リンパ球遊走因子シクロフィリンAの乳房炎早期診断マーカーへの応用、第17回日本乳房炎研究会学術集会
     
  9. 麻生 久高橋秀之三宅雅人浦川めぐみ・渡邉一史・長澤裕哉・寺田俊介・大崎慶也・平田利幸・佐藤光美・佐藤富雄・大和田修一・渡邊康一 (2012) 草原短角種牛におけるグルコース代謝特性,第115回日本畜産学会大会
     
  10. 高橋秀之浦川めぐみ・渡邉一史・芦田延久・今林寛和・小山奈津美・佐藤光美・佐藤富雄・渡邊康一・大和田修一・麻生 久 (2012) 枯草菌の暑熱ストレス下における黒毛和種仔牛の栄養機能に及ぼす影響,第115回日本畜産学会大会
     
  11. 浦川めぐみ高橋秀之・佐藤光美・大沼吉満・佐藤富雄・芦田延久・今林寛和・渡邊康一・麻生 久 (2012) 枯草菌の暑熱ストレス下における黒毛和種仔牛の免疫機能に及ぼす影響,第115回日本畜産学会大会
     
  12. 北川絵理・三宅雅人高橋秀之・櫻田隆大・白須直樹・渡邊康一・大和田修一・麻生 久 (2012) ウシ骨格筋筋線維型に依存した筋衛星細胞のミオスタチン発現,第115回日本畜産学会大会
     
  13. 櫻田隆大・○白須直樹・北川絵理・大和田修一・山口高弘麻生 久・渡邊康一 (2012) ウシ筋線維型移行モデルにおける筋線維新生誘導,第115回日本畜産学会大会
     
  14. 小笠原英毅・畔柳 正・北川絵理・渡邊康一・渡邉一史・高橋秀之・小野 泰・大和田修一・麻生 久・寳示戸雅之 (2012) 放牧期の日本短角種および肉用交雑種における筋線維型移行と血液性状,第115回日本畜産学会大会
     
  15. 佐藤裕尚・岩月俊樹・内田江一朗・渡邊康一・麻生 久山口高弘 (2011) 粗飼料多給肥育による草原短角牛の肉質特性,第49回肉用牛研究会
     
  16. 浦川めぐみ名谷真琴高橋秀之三宅雅人・堀越頼子・佐藤富男・佐藤光美・大崎慶也・平田利幸・麻生 久山口高弘 (2011) 黒毛和種、日本短角種ならびにホルスタイン種子ウシの白血球とT 細胞サブセットの比較,第114回日本畜産学会大会
     
  17. 小笠原英毅・畔柳 正・米澤智洋・渡邊康一・三宅雅人・高橋秀之・小野 泰・大和田修一・麻生 久山口高弘・寳示戸雅之 (2011) 放牧など自給粗飼料100%で生産した日本短角種および北里八雲牛の枝肉成績と筋線維型構成、第114回日本畜産学会大会

業績集


日本産肉研究会ホームページ
日本乳房炎研究会ホームページ


Last Update: 14/10/01