西尾 剛プロフィール

 

氏  名:西尾 剛 (Takeshi NISHIO)

生年月日:昭和27年7月19日 

経  歴:大阪府立大学農学部卒業(昭和50年3月)

     東北大学大学院農学研究科博士課程修了(昭和55年3月)

     農林水産省野菜試験場育種部(昭和55年4月〜平成2年3月)

     農林水産省農業生物資源研究所放射線育種場(平成2年4月〜9年9月)

     東北大学大学院農学研究科(平成9年10月〜)

    

趣  味:音楽 (チェロ)

     好きな作曲家:ブラームス

     好きな歌手:ナタリー・デセイ

 

これまでの研究

 

. アブラナ科自家不和合性植物の柱頭に見られる遺伝子特異糖タンパク質の研究  (昭和50年4月〜昭和55年3月)

   自家不和合性遺伝子解明のキーとなるS糖タンパク質の発見とその単離

. ナス科野菜の耐病性育種に関する研究(昭和55年4月〜昭和59年3月)

   ナス複合耐病性台木トルバム・ビガー、アシストの育成

. 野菜の組織・細胞培養技術に関する研究(昭和59年4月〜平成2年3月)

   各種野菜の細胞融合、形質転換技術の確立

. 1年生植物の突然変異育種法に関する研究(平成2年4月〜平成7年3月)

   イネの低グルテリン系統、低アレルゲン系統の育成

. 植物細胞の自己・非自己認識機構に関する研究(平成7年4月〜平成99月)

   遺伝子変異機構の解明と遺伝子同定技術の開発

6.        アブラナ科植物の自家不和合性遺伝子の研究(平成910月〜)

   自己認識分子の認識特異性決定部位の解明、自家和合性変異の同定

7.        DNA多型分析法に関する研究(平成134月〜)

   イネの品種・産地判別技術の開発

8.        イネの環境ストレス耐性遺伝子の研究(平成144月〜)

   耐冷性遺伝子や高温障害耐性遺伝子の研究実施中

9.        SNP分析によるダイコンのゲノム研究(平成2010月〜)

   ダイコンにおけるSNPマーカーの高密度連鎖地図作製中

 

業績

 

主要原著論文

1. Nishio, T. & K. Hinata (1977)

 Analysis of S-specific proteins in stigma of Brassica oleracea L. by isoelectric focusing. Heredity, 38: 391-396

2. Nishio, T. & K. Hinata (1982)

 Comparative studies on S-glycoproteins purified from different S-genotypes in self-incompatible Brassica species I. Purification and chemical properties. Genetics, 100, 641-647

3. Nishio, T., T. Sato, K. Mori, & K. Takayanagi (1988)

 Simple and efficient protoplast culture procedure of lettuce, Lactuca sativa L. Japan. J. Breed. 38,165-171

4. Nishio, T. & S. Iida (1993)

 Mutants having a low content of 16-kDa allergenic protein in rice (Oryza sativa L.) Theor Appl Genet 86:317-321

5. Iida, S., E. Amano, & T. Nishio (1993)

 A rice (Oryza sativa L.) mutant having a low content of glutelin and a high content of prolamine. Theor Appl Genet 87:374-378

6. Kusaba, M., T. Nishio, Y. Satta, K. Hinata & D. Ockendon (1997)

 Striking sequence similarity in inter- and intra-specific comparisons of class I SLG alleles from Brassica oleracea and Brassica campestris: Implications for the evolution and recognition mechanism. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 94: 7673-7678

7. Kusaba M, Nishio T (1999)

 Comparative analysis of S haplotypes with very similar SLG alleles in Brassica rapa and Brassica oleracea. Plant J. 17: 83-91

8. Kimura R, Sato K, Fujimoto R, Nishio T (2002)

 Recognition specificity of self-incompatibility maintained after the divergence of Brassica oleracea and Brassica rapa. Plant J. 29: 215-223.

9. Sato K, Nishio T, Kimura R, Kusaba M, Suzuki T, Hatakeyama K, Ockendon DJ, Satta Y (2002)

 Coevolution of the S-locus genes SRK, SLG, and SP11/SCR in Brassica oleracea and B. rapa. Genetics 162: 931-940

10. Kusaba M, Miyahara K, Iida S, Fukuoka H, Takano T, Sassa H, Nishimura M, Nishio T(2003)

 Low Glutelin Content 1: a dominant mutation that suppresses the glutelin multigene family via RNA silencing in rice. Plant Cell 15: 1455-1467

11. Sato Y, Nishio T (2003)

 Mutation detection in rice waxy mutants by PCR-RF-SSCP. Theor Appl Genet 107: 560-567

12. Shirasawa K, Monna L, Kishitani S, Nishio T (2004)

 Single nucleotide polymorphisms in randomly selected genes among japonica rice (Oryza sativa L.) varieties identified by PCR-RF-SSCP. DNA Research 11: 275-283

13. Sato Y, Okamoto S, Nishio T (2004)

 Diversification and alteration of recognition specificity of the pollen ligand, SP11/SCR, in self-incompatibility of Brassica and Raphanus.  Plant Cell 16: 3230-3241

14. Fujimoto R, Sugimura T, Fukai E, Nishio T (2006)

 Suppression of gene expression of a recessive SP11/SCR allele by an untranscribed SP11/SCR allele in Brassica self-incompatibility. Plant Mol. Biol. 61: 577-587

15. Sato Y, Shirasawa K, Takahashi Y, Nishimura M, Nishio T (2006)

 Mutant selection from gamma-ray-irradiated rice by heteroduplex cleavage. Breed. Science 56:179-183

16. Fujimoto R, Okazaki K, Fukai E, Kusaba M, Nishio T (2006)

 Comparison of the genome structure of the self-incompatibility (S) locus in interspecific pairs of S haplotypes. Genetics, 173: 1157-1167

17. Shirasawa K, Shiokai S, Yamaguchi M, Kishitani S, Nishio T (2006)

 Dot-blot-SNP analysis for practical plant breeding and cultivar identification in rice. Theor. Appl. Genet. 113:147-155

18. Okamoto S, Odashima M, Fujimoto R, Sato Y, Kitashiba H, Nishio T (2007)

 Self-compatibility in Brassica napus is caused by independent mutations in S-locus genes. Plant J. 50: 391-400

19. Shiokai S, Kitashiba H, Shirasawa K, Nagano K, Nishio T (2009)

 Leaf-punch method to prepare a large number of PCR templates from plants for SNP analysis. Mol. Breed. 23: 329-336

20. Li F, Kitashiba H, Inaba K, Nishio T (2009)

 A Brassica rapa linkage map of EST-based SNP markers for identification of candidate genes controlling flowering time and leaf morphological traits. DNA Res. 16, 311-323

 

著書

1. 西尾剛:植物育種学第3版 文永堂 共著 2000

2. 西尾剛:栽培植物における自己認識システムの進化. 栽培植物の自然史(山口裕文・島本義也編)北海道大学図書刊行会、pp16-28, 2001

3. 西尾剛・岡崎桂一:花の品種改良入門 誠文堂新光社 2001

4. 日向康吉・西尾剛編著:植物育種学各論 文永堂 2003

5. 西尾剛:植物の性と生殖 「植物遺伝学入門」三上哲夫編 朝倉書店 2004

6. 西尾剛編著:遺伝学の基礎 見て分かる農学シリーズ1 朝倉書店 2006

 

主要特許及び品種登録

1. 山川邦夫・望月英雄・西尾 剛・望月龍也:ナス台木種苗登録「トルバム ・ビガー」登録番号第351号 1983年登録

2. 西尾剛・飯田修一・矢頭治・天野悦夫・平岩進・田中幸彦:水稲「エルジーシー1 2002年登録

3 池澤善郎・西尾剛・高野敏弥・飯田修一・椿和文・鈴木隆:アレルゲン低減化された米調整物、その製造方法及びそれを含む加工食品 特許第3126481 2002年登録

4. 西尾剛・飯田修一・平井信行・高山卓美・鳥山國士・粉川聡:酒類の製造方法 特許第2257478 2002年登録

5. 西尾剛・飯田修一・矢頭治・天野悦夫:水稲「フラワーホープ」登録番号 第11356号 2003年登録

6. 春原嘉弘・飯田修一・前田英郎・松下景・根本博・石井卓朗・吉田泰二・中川宣興・坂井真・西尾剛:水稲「LGCソフト」 2003年登録

7. 西尾剛・藤本龍・岡本俊介・赤松豊和・坂本浩司・榛澤英明:アブラナ科植物のS遺伝子型同定方法 特許4346933号 2009年登録

8. 西尾剛・佐藤豊・白澤健太・高橋由信・森田竜平・西村 実:作物のサイレント突然変異系統識別方法及び農産物の産地識別法 特許2005年出願



お問い合わせは、西尾まで(nishio@bios.tohoku.ac.jp)


植物遺伝育種学研究室のホームページに戻る