トップページ > 女川本部開設

  • TEAMS
  • 宮城県沿岸調査報告
  • 女川定期観測速報
  • 海洋環境リアルタイムモニタリング

東日本大震災からの復興
~宮城県・女川町に東北マリンサイエンス拠点形成事業 女川本部を開設~

 2011年の東日本大震災で全壊した東北大学農学 研究科附属複合生態フィールド教育研究センターが宮城県・女川町に再建され、9月20日、現地で竣工式典が開かれました。これに伴い、東日本大震災からの復興を目標に、 「豊かな海を、科学の力で」をモットーに平成23年度から開始しております東北マリンサイエンス拠点形成 事業において、代表機関である東北大学の当該事業女川本部を女川フィールドセンター内に開設いたしました。

 施設のある女川町は、仙台市から北東に60kmほど離れた太平洋沿岸の町で、暖流・寒流が交わる豊かな世界有数 の漁場をもち水産業が盛んな地です。女川フィールドセンターは、昭和8年に開所した東北帝国大学理学部の海洋水産化学研究所を起源としており、81年間、この豊かな フィールドで多くの学生を育 て、また日本の水産業の発展を支える研究が行われてきました。東日本大震災では女川町は、津波によって住宅の7割が流失、人口のおよそ1割の 住民が犠牲となるという人知を超える甚大な被害を受けました。女川フィールドセンターも津波で研究実験棟、職員宿舎などの施設が全壊し、機器 や研究データなどすべてが失われました。しかし、震災後約3年半で新たな建物を再建されましたので東北マリンサイエンス拠点形成事業の拠点と して、また、沿岸生態系の調査 研究の拠点でもある女川に本部を置くことになりました。仙台本部と併せて現場サイドからの海洋生態系の復興に資する調査研究を行っていきたい と考 えています。