トップページ > ホヤの天然採苗と海洋観測ブイ勉強会開催報告

  • TEAMS
  • 宮城県沿岸調査報告
  • 女川定期観測速報
  • 海洋環境リアルタイムモニタリング

平成26年12月5日に宮城県漁業協同組合谷川支所において、ホヤの天然採苗および海洋観測ブイについての勉強会を開催しました。

 この勉強会は、2011年3月11日の大津波で大きな被害を受けたホヤ養殖について、宮城県漁業協同組合からの復興のための調査協力要請 に対して実施した調査の結果、並びに将来に向けた天然採苗技術の高度化を図るために設置した海洋ブイについて、東北マリンサイエンス拠点形成 事業(東北大学)と宮城県漁業協同組合谷川支所の共催で開催されました。

 勉強会では、宮城県漁業協同組合経済事業部の佐々木良技術顧問と東北 大学マリンサイエンス復興支援室の原素之室長が講師となり、今季の海況(ホヤ産卵予測)、ホヤ幼生分布調査、鮫浦湾の流況調査の概要および海 洋観測ブイなどの話題提供がありました。20名程の漁業者が集まり、今季のホヤ採苗時期や採苗場所等についての質問や意見交換をすると共に、 実施に携帯電話を操作しリアルタイムで水温やクロロフィル情報が得られることを体験しました。今後も、時々このような勉強会を実施して欲し いとの要望がでるなど本事業としても漁業復興支援として有意義な勉強会になりました。

(文責 原素之)