トップページ > 雄勝湾支所現地調査報告会開催報告

  • TEAMS
  • 宮城県沿岸調査報告
  • 女川定期観測速報
  • 海洋環境リアルタイムモニタリング

平成27年7月15日に宮城県漁業協同組合雄勝湾支所において現地調査報告会を開催しました。

 平成27年7月15日(水)に宮城県漁業協同組合雄勝湾支所において、現地調査報告会が開催されました。昨年に続く2回目の報告会には、 運営委員長はじめ地元のホタテガイ部会長や若手も含めた地元漁業者の方々15名以上が参加しました。

 東北大学大学院農学研究科尾定教授から、「持続的で効率的なホタテガイ養殖における適正密度」と題して、東北大学マリンサイエンス復興支 援室と共同で調査している雄勝湾の養殖漁場環 境と養殖ホタテガイの成育状況の推移が報告されました。震災以降増加している養殖施設数と、それにともなう昨年からの生産量の停滞と下層の ホタテガイの成長不良から、環境収容力を越え始めている兆候とそれへの対応策の提言がなされました。

 地元漁業者からは、提言された養殖手 法の効果への理解が得られた一方、養殖手法の変更をともなうこの提言を実効性のあるものにするにはどのようにして一定の生産量を確保できるか、 広く他の湾の養殖漁業者への本調査結果の周知による啓蒙によって全体的な生産物の質の向上に繋げられないか、など活発な意見交換がなされまし た。

文責 尾定誠

報告課題「持続的で効率的なホタテガイ養殖における適正密度」
開催日時:平成27年7月 15日(水)14:30〜16:00
開催場所:宮城県漁業協同組合雄勝湾支所 2階会議室