トップページ > シンポジウム「東北の海は今-震災後4年間の研究成果と漁業復興」開催報告

  • TEAMS
  • 宮城県沿岸調査報告
  • 女川定期観測速報
  • 海洋環境リアルタイムモニタリング

東北大学農学部(仙台)において、平成27年度日本水産学会理事会特別シンポジウムが開催されました。

 平成27年9月21日(月)、東北大学農学部において、日本水産学会理事会、国立研究開発法人水産総合研 究センター並びに、東北マリンサイエンス拠点形成事業が主催し、シンポジウム「東北の海は今、震災後4年間の研究成果と漁業復興」が開催されました。本シンポジウムには、 大学や研究機関の関係者ばかりではなく、漁業者、漁業関連団体、地方自治体職員、国会議員、そして一般市民など130名を超える方々が参加 し、盛会に終わることができました。

 この中で、総合討論のパネリストになっていただいた岩手県、宮城県、 福島県の水産試験研究機関の代表の皆様から、震災発生時からこれまでの活動における忌憚のないご意見を伺い、様々な問題点や今後の課題についての議論を深めると共に、 4年半にわたる調査研究の成果を参加者全員共有し、今後の漁業復興へ向けた活動の方向性を考える上で大変貴重な機会になりました。