トップページ > 概要:マリンサイエンス拠点形成事業とは

マリンサイエンス拠点形成事業とは

マリンサイエンス拠点形成事業

東北マリンサイエンス拠点形成事業とは、地震と津波が沿岸海洋生態系 に及ぼした影響を把握し、その変動機構を解明するとともに化学的なデータに基づいて漁業復興を支援していこうというものです。

東北大学(代表機関)、東京大学大気海洋研究 所(副代表 機 関) 、独立行政法人海洋研究開発機構(副代表機関)の三組織が中心となり、2011年度から10年間にわたって調査・研究を実施します。