トップページ > 概要:ごあいさつ

ごあいさつ

2011年3月11日に起こった東日本大震災は、東北太平洋沿岸および沖合の生態系に甚大な被害を及ぼしました。 この海域の漁業復興には、 科学的な観点からの調査研究を通して海洋生態系に与えた影響を正確に把握し、漁場環境や海洋資源の修復メカニズムを明らかにすることが重要です。

東北マリンサイエンス拠点形成事業では、このテーマに取り組むため東北大学、東京大学大気海洋研究所、海洋研究開発機構が連携し、東日本大 震災によって受けた影響を岩手県から宮城県の沿岸から沖合域にかけての広い水域を対象に、震災が生態系に与えた影響、震災復興を通し ての生態 系の変遷を科学的にとらえ、長期にわたる継続的な調査・研究を基に生態系の修復メカニズムを解明し、科学的な観点から水産業を中心とする地域 産業の復興に貢献してゆくことを目指しています。

また、得られる膨大な生物学的、化学的、物理学的情報をデータベース化し、国民や被災地に公開すると共に、未来への貴重な学術遺産として構 築してゆく役割も担っております。この事業の取り組みや成果を広く国民に伝える手段の1つとして東北大学農学研究科 のホームページにサイトを開設しました。

ここに掲載されている情報が、東北太平洋沿岸の漁業復興の一役を担えることを願っています。

代表:木島 明博

代表:木島 明博