トップページ > 研究内容

研究内容

漁場環境の変化プロセスの解明

東北大学では、女川フィールドセンターを拠点とし、主に内湾域、砂浜浅海域、藻場、干潟などの特徴的な生態系の解明を通じて、それが 東北沿岸域の漁業資源の再生、復興過程にどのように関わっているかを明らかにするために、女川湾および仙台湾から三陸南部海域において調査研究を展開します。


  • 中課題1:女川湾の環境モニタリングによるハビタットマップの構築


    女川湾を拠点水域として、さまざまな海洋観測機器を使い、漁場や養殖場の環境についてブイによるリアルタイム連続観測および当大学所有の調査船の定期観測調査により、水 質、底質、動植物プランクトン、ベントス、有害化学物質の継続的調査データを蓄積し、漁場や養殖場の環境の回復過程の解明を測ってい ます。また、同湾の潮間帯並びに潮下帯の生物分布、藻場の生物相の変化、岩礁磯根域の水産資源の現存量、沿岸域に来遊する魚類相、 養殖生産物を調べ、生物の分布や生産性と海域環境がどのように関連しているかの解析を進めています。さらに、これらのデータを基に、 女川湾におけるハビタットマップ(生物生息地図)を作り、水産生物資源の有効かつ持続的な活用を進めための研究を行っています。

    藻場調査

    海上調査



    1-1 女川湾における岩礁潮間帯生物分布調査(青木優和)
    1-2 女川湾における藻場の分布と生物分布調査(青木優和)
    1-3 復興活動が沿岸生態系に及ぼす影響評価に関する調査(青木優和)
    1-4 女川湾を中心とした底生生物相の変化に関する調査(大越和加)
    1-5 女川湾における水産増養殖環境に影響を与える化学物質の分布と変動調査(山口敏康)
    1-6 女川湾における養殖生産物と海域環境に関する調査(金子健司)
    1-7 女川湾における養殖生物の餌料と品質に関する調査(片山亜優)
    1-8 女川湾における調査データの統合的解析とハビタットマップの作成および生態系モデルの構築に関する解析(藤井豊展)

  • 中課題2: 三陸および仙台湾沿岸域の漁場管理法の策定と漁業復興支援への取り組み


    三陸南部沿岸を調査域として、岩礁生態系の修復と保全管理による磯根資源の回復と維持管理技術の開発に取り組むと共に、同沿岸の開放性並びに閉鎖性漁場におけるホタテガイ とマガキについて、漁場に見合った適正な収容密度を算出し、その情報を基にした効率的で持続的な漁場管理の 実現を目指しています。また、増養殖生産の基盤である人工種苗生産技術の高度化や保全遺伝学的手法による生態系の多様性への影響を軽減した栽培漁業管理法を検討していま す。さらに、仙台台湾における河口域生態系の解明を進め、資源回復を阻害している要因の究明と河川環境の変動予測システムを構築し、 資源回復方策の作成に取り組んでいます。

    潜水調査

    ホタテガイの性成熟促進効果実験



    2-1 新たな藻場保全管理と高度海藻養殖技術の確立(吾妻行雄) ■ 研究計画
    2-2 内分泌制御を応用した貝類の人工種苗生産とホタテガイの高度養殖生産管理(尾定誠)
          ■ 研究計画
    2-3 環境情報を用いた養殖場管理技術の開発(原素之) ■ 研究計画
    2-4 河口・沿岸域における漁業の復興支援と漁場設計(伊藤絹子) ■ 研究計画
    2-5 遺伝情報を利用した栽培漁業技術の高度化(池田実) ■ 研究計画
    2-6 水産有用二枚貝類の新規採卵手法開発および健全性評価(栗田喜久) ■ 研究計画
    2-7 仙台湾沿岸海域の堆積物調査(山田努) ■ 研究計画

  • 中課題3:成果の国内外への広報活動と人材育成


    東北大学はマリンサイエンス事業の代表研究機関として、事業全体会議の取り纏めを行うと共に、本事業に参画していない地元研究機関や漁業者団体等との共同調査や調査情報の 共有化を進めており、地元漁業者や住民へ成果報告のためのシンポジウムや勉強会等の企画運営に当たり、漁業者自らが科学情報を活用し た新しい漁業に取り組むための教育活動も実施しています。 研究成果の社会への還元として、研究成果報告会・中間検討会・情報交換会(一般市民対象、漁業関連団体対象、研究関連団体対象)の開催、高校生対象とした教育活動を行い、 事業の内容を広く周知するとともに、海外にも活動内容を広めるために国際シンポジウム等での積極的な発表を行っています。

    高校生対象の被災地勉強会

    日本水産学会理事会特別シンポジウム

    3-1 国内外への広報・人材育成(北里洋)