Top / その他
その他

< 論文 >   < 著書 >   < 国際学会 >   < 国内学会 >   < 小中高との連携 >   < 受賞 >   < その他 >

2018

風間智彦、市田裕之、阿部知子、佐藤雅志、鳥山欽哉:細胞質雄性不稔性イネへの重イオンビームとEMS処理による稔性回復変異体の解析、第13回東北育種研究集会、弘前、2018年11月

佐々木実穂、小松千春、志田怜那、長恵理子、鳥山欽哉、風間智彦:稔性回復遺伝子RF1はW112型細胞質雄性不稔性イネの稔性を回復させるか?、第13回東北育種研究集会、弘前、2018年11月

木下諄美、有村慎一、鳥山欽哉、風間智彦:ミトコンドリア移行TALENを用いたCW型細胞質雄性不稔性イネの雄性不稔性原因遺伝子の破壊、第13回東北育種研究集会、弘前、2018年11月

大向詩穂、有村慎一、鳥山欽哉、風間智彦:ミトコンドリア移行TALENを用いたCMS原因遺伝子候補orf352のノックアウト、第13回東北育種研究集会、弘前、2018年11月

池田健一郎、有村慎一、鳥山欽哉、風間智彦:ミトコンドリア移行TALENを用いた植物ミトコンドリアゲノム改変の試み、第13回東北育種研究集会、弘前、2018年11月

高畑開理、市川晋、古川佳世子、濁川睦、園木和典、伊藤幸博:セルラーゼ遺伝子を用いた稲わらの糖化性向上、第13回東北育種研究集会、弘前、2018年11月

鳥山欽哉:コメが世界を救う! ~生産性向上をめざしてコメの品種改良に挑む~、夢ナビ、2018年6月
https://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g009261

2017

市川晋、古川佳世子、園木和典、伊藤幸博:老化期待興的セルラーゼ発現による稲わらの糖化性向上、第12回東北育種研究集会、秋田、2017年11月

伊藤叶裕、阿部友美、伊藤幸博:稲わらの糖化性を決める遺伝子のマッピングとその要因の探索、第12回東北育種研究集会、秋田、2017年11月

菊池達也、小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、高橋ほなみ、伊藤幸博:イネの表皮分化に必要な受容体型プロテインキナーゼ遺伝子の同定、第12回東北育種研究集会、秋田、2017年11月

伊藤幸博:細菌の力を借りた植物の改良、仙台放送ニュースアプリ コラム、2017年8月9日
https://tohoku-univ.ox-tv.co.jp/article/improvement-of-plants-borrowed-from-bacteria/

伊藤幸博:突然変異体:遺伝子の働きを解明する秘密道具、仙台放送ニュースアプリ コラム、2017年8月8日
https://tohoku-univ.ox-tv.co.jp/article/mutant-secret-tool-to-clarify-the-function-of-gene/

Kikuchi T, Kogure K, Komatsu H, Sato N, Takahashi H, Ito Y:Identification of a receptor-like protein kinase gene required for epidermis development in rice、Tohoku Forum for Creativity New Horizons in Food Science via Agricultural Immunology Food safty and functional evaluation、仙台、2017年8月

Koseki M, Ito Y:Knock out of a bHLH gene involved in nicotine biosynthesis for production of nicotine-free Nicotiana benthamiana、Tohoku Forum for Creativity New Horizons in Food Science via Agricultural Immunology Food safty and functional evaluation、仙台、2017年8月

Ito Y:Enhancement of saccharification yields from rice straw、Tohoku Forum for Creativity New Horizons in Food Science via Agricultural Immunology Food safty and functional evaluation、仙台、2017年8月

2016

久慈正義、石橋まゆ、酒井義文、松木悠、陶山佳久、伊藤幸博:シュートの形態とクチクラに異常を示すイネ突然変異体の解析、第29回植物脂質シンポジウム、大阪、2016年11月

小暮恵太、菊池達也、小松陽花、佐藤菜々、益子恵利那、佐藤知美、佐々木長将、佐久間仁徳、久慈正義、伊藤幸博:極長鎖脂肪酸に関連した新規イネシュート発生突然変異体の選抜と解析、第29回植物脂質シンポジウム、大阪、2016年11月

志田怜那、長恵理子、風間智彦、鳥山欽哉:CMS原因遺伝子orf79を保有する4種類のイネにおける稔性回復機構の解析、第11回東北育種研究集会、鶴岡、2016年11月

坂本悠、柴谷美帆、古川景大、濱松郁美、市川晋、佐藤耕平、村田真麻、佐々木秀明、伊藤幸博、小平裕子:海藻類からのバイオエタノール製造、第11回東北育種研究集会、鶴岡、2016年11月

伊藤叶裕、阿部友美、伊藤幸博:イネ葉鞘の糖化性を高める遺伝子のマッピング、第11回東北育種研究集会、鶴岡、2016年11月

久慈正義、石橋まゆ、酒井義文、松木悠、陶山佳久、伊藤幸博:シュートの形態とクチクラに異常を示すイネ突然変異体の解析、第11回東北育種研究集会、鶴岡、2016年11月

小暮恵太、菊池達也、益子恵利那、佐藤知美、佐々木長将、佐久間仁徳、久慈正義、伊藤幸博:極長鎖脂肪酸合成に関わる新たなイネ突然変異体oni4の解析、第11回東北育種研究集会、鶴岡、2016年11月

鳥山欽哉:農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業の研究成果を発表=農水省「コメ産業の国際化を狙った新規ハイブリッドライス育種基盤の開発」、米麦日報、2016年10月

Toriyama K: Arms race between mitochondria and nuclei exemplified by cytoplasmic male sterility in rice. Lorentz center workshop "Innate immunity of Crop, Livestock and Fishes -Dawn of Agricultural Immunology-“, Leiden, September 2016

村上哲也:フィリピン在来品種LEBEDより見いだされた雑種不稔に関する遺伝学的解析、国立遺伝学研究所ワークショップ「イネ属近縁野生種研究会 − 遺伝的多様性の分子育種への活用 −」、三島、2016年7月

志田怜那:野生イネ3系統におけるミトコンドリアorf79発現制御の解析、国立遺伝学研究所ワークショップ「イネ属近縁野生種研究会 − 遺伝的多様性の分子育種への活用 −」、三島、2016年7月

五十嵐圭介、風間智彦、鳥山欽哉:イネRT98型CMSの稔性を回復させるPPR遺伝子のマッピング 、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2016、名古屋、2016年7月

伊藤幸博:EDUCATION: Japanese students get a taste of America、Press Enterprise、2016年3月

市川晋:セルラーゼの老化期特異的発現による稲わらの糖化性の向上、JSPS二国間交流事業共同研究/セミナー(エジプト)in 東北大学、仙台、2016年1月

2015

遠藤貴司、佐伯研一、佐藤浩子、中込佑介、阿部知子、佐藤雅志、鳥山欽哉:重イオンビーム照射による塩害耐性イネの開発、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

佐藤雅志、阿部知子、鳥山欽哉:重イオンビーム照射処理によるインドネシア在来イネの早生化変異体作出へのアプローチ、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

風間智彦、阿部知子、鳥山欽哉:細胞質雄性不稔イネへの変異源処理による稔性回復復帰変異体スクリーニングの試み、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

志田怜那、風間智彦、鳥山欽哉:スリランカ在来品種KALUHEENATIに由来する細胞質雄性不稔性とその稔性回復遺伝子の研究、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

村上哲也、風間智彦、鳥山欽哉:世界のイネコアコレクションに由来する新規細胞質雄性不稔系統作出の試み、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

五十嵐圭介、石川隆二、田村紀子、中村郁郎、真壁壮、Pham Ha Thi Thu、Lang Nguyen Thi、Lam Dinh Thi、Buu Bui Chi、鳥山 欽哉:ベトナム・メコン川デルタ地帯の野生イネにおける細胞質雄性不稔性特異的ミトコンドリア遺伝子の調査、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

川出駿、鳥山欽哉:閉穎後の露出柱頭における稔実率の調査、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

鎌田茉李恵、菅谷和音、堀雅敏、鳥山欽哉、風間智彦:イネ開花期における香気成分の合成・放出に関わる遺伝子の解析、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

梅津優香、伊藤幸博、鳥山欽哉:ミトコンドリア形質転換のためのミトコンドリア宅配型アグロバクテリウム開発へのアプローチ、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

市川晋、古川佳世子、園木和典、伊藤幸博:バイオエタノール原料に適した稲わらの開発、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

久慈正義、石橋まゆ、伊藤幸博:イネのシュート発生に影響を及ぼすVLCFAの機能の研究、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

佐藤優花里、藤倉理帆、益子恵利那、佐々木長将、小松陽花、佐藤菜々、久慈正義、高橋ほなみ、伊藤幸博:極長鎖脂肪酸によるシュート発生に関わる新たなイネ突然変異体の解析、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、久慈正義、高橋ほなみ、伊藤幸博:極長鎖脂肪酸合成に関わる新たなイネ突然変異体oni4の解析、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

小暮恵太、伊藤幸博:イネのシュート発生に必要なketoacylCoA synthaseと相互作用するketoacylCoA reductaseの探索、第10回東北育種研究集会、仙台、2015年11月

伊藤幸博:高校生が科学研究に挑む 成果を英語でまとめ発表、教育新聞、2015年10月26日

Ito Y: Enhancement of saccharification yields from rice straws. Japan-Egypt Joint Seminar, Alexandria, October 2015

Toriyama K: Memorandum of Understanding on Academic Exchange between Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University and Faculty of Agriculture, Hasanuddin University. MoU signing ceremony at Hasanuddin University, Makassar, March 2015

Sato T, Toriyama K: Collaborative Research on Mutation Breeding mediated by Heavy Ion Beam of Sulawesi Local Rice. Seminar in Hasanuddin University, Makassar, March 2015

伊藤幸博:Enhancement of saccharification yields from rice straw、日本ーエジプト国際共同研究セミナー、福岡、2015年2月

2014

小暮恵太、伊藤幸博:極長鎖脂肪酸合成酵素遺伝子のイネのシュート発生における機能の解析、第27回植物脂質シンポジウム、静岡、2014年11月

鳥山欽哉:オミクス育種技術のイネへの適用、理研シンポジウム「戦略的オミクス育種技術体系の構築」、和光、2014年11月

川出駿、鳥山欽哉:世界のイネ・コアコレクション(WRC)における柱頭露出性、第9回東北育種研究集会、盛岡、2014年11月

鎌田茉李恵、菅谷和音、堀雅敏、鳥山欽哉、風間智彦:開花期のイネの穂から放出される香気成分に関する分子遺伝学的解析、第9回東北育種研究集会、盛岡、2014年11月

辺本萌、一関留奈、佐藤真由、丹野ちぐさ、増子(鈴木)潤美、坂園聡美、諏訪部圭太、鈴木剛、伊藤幸博、日出間純、高橋和貴、安藤晃、渡辺正夫:プラズマ処理が受粉反応に及ぼす影響、第9回東北育種研究集会、盛岡、2014年11月

風間智彦、鳥山欽哉:ミトコンドリアゲノムタイプと核遺伝子の組み合わせによって決まるイネの花粉発達、国立遺伝学研究所オルガネラゲノム研究集会、三島、2014年11月

伊藤幸博:DNAと遺伝子組換え植物、第66回東北大学祭 研究公開企画 模擬講義、仙台、2014年11月

鳥山欽哉:二重らせん、見えますか?、東北大生協TCC vol 284, p9~p10、2014年10月

鳥山欽哉、風間智彦:細胞質雄性不稔性イネの稔性回復遺伝子によるミトコンドリアRNAのプロセシング、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2014、東京、2014年7月

藤井慎也、風間智彦、藤原正幸、鳥山欽哉:イネLD型細胞質雄性不稔系統に対する稔性回復因子複合体の探索、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2014、東京、2014年7月

梅津優香、風間智彦、有村慎一、鳥山欽哉:ドミナントネガティブ変異型OsDRP3Aを利用したミトコンドリア巨大化イネの作出に関する研究、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2014、東京、2014年7月

五十嵐圭介、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:RT98型CMS細胞質が保持するorf113の特異性調査、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2014、東京、2014年7月

小暮恵太、伊藤幸博:極長鎖脂肪酸合成に関連すると思われる新たなイネ突然変異体onion4の解析、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2014、東京、2014年7月

風間智彦、長恵理子、鳥山欽哉:ミトコンドリアに起因する植物の不妊を回避する核因子の探索、第3回マトリョーシカ型生物学研究会、神戸、7月

風間智彦、鳥山欽哉:植物のメス化:ミトコンドリアが花粉を殺す?、第2回YoungMito2014、大阪、5月

Sonoki T, Ito Y, Oguchi T, IImura Y, Jellison J, Goodell B: Expression of laccase fused with cellulose-binding domain to increase saccharification efficiency of lignocellulosic materials. The Earth Day Global Poster Session 2014, http://www.ipst.gatech.edu/faculty/ragauskas_art/bio_ragauskas_art.html, April 2014

鳥山欽哉、風間智彦:ハイブリッドライス育種基盤の開発、東北大学イノベーションフェア2014、仙台、1月

2013

Toriyama K: Plant Biotechnology for genetically modified plants. International Seminar General Lectures in Hasanuddin University, Makassar, Indonesia, December 2013

風間智彦、鳥山欽哉:ミトコンドリアRNAの制御が花粉の運命を決定する、第3回植物RNA研究ネットワークシンポジウム、「RNAから植物を考える – 植物をささえるRNA機能 -」、札幌、2013年11月

阿部友美、高橋裕貴、園木和典、伊藤幸博:稲わらの生育段階による酵素糖化性の変化、第8回東北育種研究集会、弘前、2013年11月

高橋裕貴、阿部友美、園木和典、伊藤幸博:稲わらの糖化性の品種間差異、第8回東北育種研究集会、弘前、2013年11月

古川佳世子、濁川睦、園木和典、伊藤幸博:老化期特異的セルラーゼ発現による稲わらの糖化性の向上、第8回東北育種研究集会、弘前、2013年11月

Igarashi K, Kazama T, Toriyama K:Correlative gene system between mitochondria and nuclei observed in RT98-type cytoplasmic male sterility in rice、新学術領域研究「ゲノム・遺伝子相関」平成24年度領域若手の会、千歳、2013年10月

伊藤幸博:みやぎの「リケジョ」、人材育成情報誌オガーレ! vol 17, p4~p9、2013年10月 (オガーレ! vol 17)

鳥山欽哉:エンジョイDNA~よくわかる遺伝子組換え植物~、平成25年度東北大学総合技術部職員研修「生物・生命科学職群」講演、仙台、2013年9月

鳥山欽哉:花粉の不思議(6完)寒さに強い花粉夢の途中、河北新報、2013年8月30日 (河北新報 科学の泉)

鳥山欽哉:花粉の不思議(5)精細胞から植物体再生、河北新報、2013年8月31日 (河北新報 科学の泉)

鳥山欽哉:花粉の不思議(4)コピー作れぬハイブリッド、河北新報、2013年8月30日 (河北新報 科学の泉)

鳥山欽哉:花粉の不思議(3)運命決めるミトコンドリア、河北新報、2013年8月29日 (河北新報 科学の泉)

鳥山欽哉:花粉の不思議(2)アレルゲンの実体を解明、河北新報、2013年8月28日 (河北新報 科学の泉)

鳥山欽哉:花粉の不思議(1)細胞壁分解助けるタンパク質、河北新報、2013年8月27日 (河北新報 科学の泉)

伊藤幸博:大学研究者が高校生に指導 科学者の卵養成講座、人材育成情報誌オガーレ! vol 15, p19、2013年8月 (オガーレ! vol 15)

鳥山欽哉、風間智彦:イネのミトコンドリア遺伝性の雄性生殖器官発育不全とそれをレスキューする核遺伝子、第2回マトリョーシカ型生物学研究会、京都、2013年7月

Okazaki M, Kazama T, Toriyama K:Struggle between mitochondria and nuclei exemplified by RT102-type cytoplasmic male sterility in rice、第2回マトリョーシカ型生物学研究会、京都、2013年7月

Igarashi K, Kazama T, Toriyama K:Struggle between mitochondria and nuclei exemplified by RT98-type cytoplasmic male sterility in rice、第2回マトリョーシカ型生物学研究会、京都、2013年7月

Fujii S, Kazama T, Toriyama K:Struggle between mitochondria and nuclei exemplified by LD-type cytoplasmic male sterility in rice、第2回マトリョーシカ型生物学研究会、京都、2013年7月

伊藤幸博:2013年度科学技術分野文部科学大臣表彰、河北新報、2013年4月14日

風間智彦、鳥山欽哉:細胞質によって稔性回復効果が異なる稔性回復因子RF2の機能解析、岡山大学共同研究拠点ワークショップ「植物ミトコンドリア研究の新展開」、倉敷、2013年1月

2012

五十嵐圭介:CMS関連ミトコンドリア遺伝子orf113-atp4-cox3のRNAプロセッッシングとそれを制御する核遺伝子のマッピング、国立遺伝学研究所研究集会「生殖とオルガネラ:細胞質における遺伝情報の次世代への伝達・分配」、三島、2012年12月

平脇佳弥:ミトコンドリア遺伝子の転写後制御に関わるRf-like PPRタンパク質の解析、国立遺伝学研究所研究集会「生殖とオルガネラ:細胞質における遺伝情報の次世代への伝達・分配」、三島、2012年12月

戸田拓士:イネミトコンドリア局在Pentatricopeptide repeatタンパク質の機能解析、東北大学大学院農学研究科 第35回先端農学セミナー、仙台、2012年11月

藤井慎也:イネ花粉発達にみるミトコンドリアと核のゲノム相関~atp6-orf79 RNAの分解に関わる核コードのglycine-rich proteinとその相互作用因子、新学術領域研究「ゲノム・遺伝子相関」若手の会、米原、2012年10月~11月

五十嵐圭介:イネ花粉発達にみるミトコンドリアと核のゲノム相関~orf147-atp4-cox3 のRNAプロセッシングとそれを制御する核遺伝子のマッピング、新学術領域研究「ゲノム・遺伝子相関」若手の会、米原、2012年10月~11月

平脇佳弥、風間智彦、鳥山欽哉:イネ花粉発達にみるミトコンドリアと核のゲノム相関~ミトコンドリア遺伝子転写後制御に関わるRestorer of fertility-like pentatricopeptide repeat protein genes 、新学術領域研究「ゲノム・遺伝子相関」若手の会、米原、2012年10月~11月

菅谷和音、堀雅敏、風間智彦、鳥山欽哉:イネ開花期における斑点米カメムシの誘引物質合成に関わる遺伝子の解析、第7回東北育種研究集会、秋田、2012年8月

古川佳世子、濁川睦、渡辺藍子、園木和典、伊藤幸博:老化誘導プロモーターとセルラーゼを用いた稲わら糖化性の向上、第7回東北育種研究集会、秋田、2012年8月

伊藤幸博:第一線の研究者が高校生に直接指導 科学者の卵養成講座、人材育成情報誌オガーレ! vol 4, p17、2012年8月(オガーレ! vol 4)

鳥山欽哉:遺伝子組み換え技術の応用/細菌利用し植物を改良、河北新報、2012年8月8日 (河北新報 東北大サイエンスカフェ)

鳥山欽哉:エンジョイDNA~よくわかる遺伝子組み換え植物~、東北大学サイエンスカフェ、仙台、2012年7月 (YouTube)

加納孝紘、風間智彦、鳥山欽哉:雄性不稔性細胞質を持つ野生イネのミトコンドリアゲノム構造と稔性回復遺伝⼦の解析、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2012、2012年7月

2011

樫村理恵、伊藤幸博:イネの雌性配偶体型不稔性を示す突然変異体の同定、第6回東北育種研究集会、山形、2011年10月

高杉知彰、藤田雅丈、倉田のり、伊藤幸博:サイトカイニンとKNOX遺伝子をつなぐ遺伝子の探索、第6回東北育種研究集会、山形、2011年10月

秋葉貴文、伊藤幸博:イネのシュート発生突然変異体の同定と解析、第6回東北育種研究集会、山形、2011年10月

石橋まゆ、伊藤幸博:KNOX遺伝子を異所発現する新しいイネ突然変異体の同定、第6回東北育種研究集会、山形、2011年10月

藤井慎也、風間智彦、小島創一、鳥山欽哉:RF2に結合して稔性回復に関わる遺伝子の単離を目指したyeast two hybrid解析、第6回東北育種研究集会、山形、2011年10月

古川佳世子、伊藤幸博:ハイブリッドセルラーゼ遺伝子の作成とイネにおける過剰発現の影響、第6回東北育種研究集会、山形、2011年10月

五十嵐圭介、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:細胞質雄性不稔性イネRT98Aの花粉観察とその稔性回復遺伝子Rf98のマッピング、第6回東北育種研究集会、山形、2011年10月

平脇佳弥、風間智彦、鳥山欽哉:WA型細胞質雄性不稔性イネにおけるミトコンドリア遺伝子orfBのRNA編集、第6回東北育種研究集会、山形、2011年10月

伊藤幸博:バイオエタノール生産に適したイネの開発研究、東北地域アグリビジネス創出フェア、仙台、2011年3月

2010

伊藤幸博:バイオエタノール生産に適したイネの開発研究、アグリビジネス創出フェア、千葉、2010年11月

Toriyama K: Genome barrier between nucleus and mitochondria in rice. Seminar of Plant Energy Biology, ARC Centre of Excellence, The University of Western Australia, Perth, October 2010

伊藤幸博:バイオエタノール生産に適したイネの開発研究、東北大学イノベーションフェア2010in仙台、仙台、2010年10月

Toriyama K: Molecular analysis of cytoplasmic male sterility and fertility restoration in rice. Seminar of Faculty of Agriculture Padjadjaran University, Bandung, October 2010

Toriyama K: Production of transgenic plants expressing Dioscorea batatas tuber lectin 1 to confer resistance against sup-sucking pests. International Seminar Biotechnology for Enhancement the Tropical Biodiversity, Bandung, October 2010

板橋悦子、岩田夏子、藤井壮太、風間智彦、鳥山欽哉:LD型細胞質雄性不稔イネに対する稔性回復遺伝子Rf2のマップベースクローニングおよび解析、第5回東北育種研究集会、仙台、2010年8月

戸田拓士、藤井壮太、鳥山欽哉:イネミトコンドリア遺伝子nad5の転写後発現制御に関わるMPR25タンパク質、第5回東北育種研究集会、仙台、2010年8月

村田隼人、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:Oryza rufipogonに由来する3種類の稔性回復系統RT61C、RT98C、RT102Cの持つ稔性回復遺伝子の探索、第5回東北育種研究集会、仙台、2010年8月

戸田拓士:イネミトコンドリア遺伝子発現制御に関わるPentatricopeptide repeat (PPR)タンパク質MPR25の機能解析、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、名古屋、2010年7月

村田隼人、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:Oryza rufipogonに由来する細胞質雄性不稔イネの分子遺伝学的研究、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、名古屋、2010年7月

戸田拓士、藤井壮太、風間智彦、鳥山欽哉:イネミトコンドリア遺伝子のRNAエディッティングに関わるPPRタンパク質MPR25、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2010、つくば、2010年7月

鳥山欽哉:花粉発達の分子遺伝学、岩手県生物工学研究センター 第166回公開セミナー、北上、2010年6月

Fujii S, Yamada M, Fujita M, Itabashi E, Hamada K, Yano K, Kurata N, Toriyama K: Cytoplasmic-nuclear genomic barriers in pollen development revealed by comparison of global gene expression profiles among five independent cytoplasmic male sterile lines of rice. International Symposium of Cell-Cell Communication in Plant Reproduction: from pollination to fertilization, Nara, March 2010

Itabashi E, Iwata N, Fujii S, Kazama T, Toriyama K: Fertility restorer gene Rf2 for Lead Rice type cytoplasmic male sterility of rice encodes mitochondrial glycine-rich protein. International Symposium of Cell-Cell Communication in Plant Reproduction: from pollination to fertilization, Nara, March 2010

Kashimura R, Ito Y: Identification of a female gametophytic sterile mutant of rice. International Symposium of Cell-Cell Communication in Plant Reproduction: from pollination to fertilization, Nara, March 2010

Miyashita Y, Takasugi T, Ito Y: Identification and expression analysis of PIN genes in rice. International Symposium of Cell-Cell Communication in Plant Reproduction: from pollination to fertilization, Nara, March 2010

Nigorikawa M, Ito Y: Effects of overexpression of a cellulase gene on rice development. International Symposium of Cell-Cell Communication in Plant Reproduction: from pollination to fertilization, Nara, March 2010

板橋悦子:イネLD型およびBT型細胞質雄性不稔性における稔性回復機構の比較解析、東北大学大学院農学研究科 第6回先端農学セミナー、仙台、2010年1月

2009

伊藤幸博:バイオエタノール生産に適したイネの開発を目指して、広域産学交流ネットワークIN長野、長野、2009年12月

伊藤幸博:バイオエタノール生産に適したイネの開発研究、アグリビジネス創出フェア2009、千葉、2009年11月

伊藤幸博:バイオエタノール生産に適したイネの開発研究、東北大学イノベーションフェア2009in仙台、仙台、2009年10月

鳥山欽哉:細胞質雄性不稔性イネから解き明かされるミトコンドリアと核のせめぎあい、東北大学大学院農学研究科 第3回先端農学セミナー、仙台、2009年10月

戸田拓士、藤井壮太、鳥山欽哉:イネの生育に関与するPPRタンパク質MPR25の解析、第4回東北育種研究集会、盛岡、2009年8月

風間智彦、藤井壮太、鳥山欽哉:2種類の細胞質雄性不稔イネの稔性回復システムの比較、第4回東北育種研究集会、盛岡、2009年8月

濁川睦、伊藤幸博:セルロース系バイオエタノールに向けたセルラーゼ過剰発現イネの作成と解析、第4回東北育種研究集会、盛岡、2009年8月

伊藤幸博:植物の成長点での奇妙な遺伝子発現制御の解明を目指して、東北大学大学院農学研究科 第1回先端農学セミナー、仙台、2009年8月

濁川睦、伊藤幸博:セルラーゼ過剰発現イネの作成と解析、第6回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2009年6月

宮下結衣、伊藤幸博:イネのPIN遺伝子の同定と発現解析、第6回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2009年6月

風間智彦、藤井壮太、鳥山欽哉(2009)細胞質雄性不稔イネの解析からみえてきたもの、 第11回植物オルガネラワークショップ、名古屋、2009年3月

2008

津田勝利、伊藤幸博、倉田のり:イネにおけるKNOX遺伝子を介したSAMの維持および葉の分化の研究、国立遺伝学研究所研究会「イネ分子遺伝学の新展開」、三島、2008年12月

藤井壮太、鳥山欽哉:RETROGRADE-REGULATED MALE STERILITY遺伝子発現制御によるCW型細胞質雄性不稔イネの稔性回復、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、札幌、2008年10月

山田茉莉、藤井壮太、鳥山欽哉:5種類の細胞質雄性不稔性のミトコンドリアゲノム構造および花粉形態の比較、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、札幌、2008年10月

戸田拓士、藤井壮太、鳥山欽哉:イネの初期生育に関わるミトコンドリア局在Pentatricopeptide repeat (PPR)遺伝子MPR25の解析、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、札幌、2008年10月

佐々木康平、藤井壮太、鳥山欽哉:カルシウム結合タンパク質をコードするDCW3によるAOX1a・AOX1cの発現制御解析、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、札幌、2008年10月

小島久代、風間智彦、鳥山欽哉:BT型細胞質雄性不稔性の原因タンパク質ORF79をミトコンドリアに蓄積させたイネの作出と解析、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、札幌、2008年10月

濁川睦、伊藤幸博:セルラーゼ過剰発現イネの作成と解析、第3回東北育種研究集会、弘前、2008年8月

呉暁嵐、藤井壮太、伊藤幸博、鳥山欽哉:OsWRKY11をHSP101プロモーターで過剰発現させた形質転換イネにおけるマイクロアレイ発現解析、第3回東北育種研究集会、弘前、2008年8月

Wu X, Shioro Y, Kishitani S, Toriyama K:Enhanced heat and drought tolerance in tragsgenic rice seedlings overexpressing WRKY16、第5回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2008年5月

風間智彦、中村崇裕、渡辺正夫、杉田護、鳥山欽哉:Boro型細胞質雄性不稔関連遺伝子orf79の転写後制御についての解析、第5回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2008年5月

加藤哲也、堀雅敏、小川智久、村本光二、鳥山欽哉:ナガイモレクチンDB1を蓄積させた形質転換植物の作出とその病害抵抗性評価、第5回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2008年5月

伊藤幸博:極長鎖脂肪酸によるイネのシュート発生制御、第5回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2008年5月

2007

鳥山欽哉:花粉の不思議を解明、東北大学創立100周年記念・映像番組「東北大学の新世紀」、東日本放送、2007年12月 http://www.tohoku100-tv.jp/thisweek/071203/index.html

伊藤幸博:マル秘(?)の遺伝子発見法を伝授、第3回食と農コミュニケーションづくりの集い、小諸、2007年11月

奥崎文子、鳥山欽哉:選抜マーカ-遺伝子として利用可能なイネALS-G95A、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、仙台、2007年11月

藤井壮太、鳥山欽哉:イネCW-CMSに対する稔性回復遺伝子Rf17のマップベースクローニング、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、仙台、2007年11月

板橋悦子、岩田夏子、鳥山欽哉:BT型およびLD型CMSイネに関する研究、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、仙台、2007年11月

小島久代、風間智彦、鳥山欽哉:BT型細胞質雄性不稔性の原因遺伝子とされるorf79を導入した形質転換イネの作出と解析、特定領域研究「植物の生殖過程におけるゲノム障壁」若手ワークショップ、仙台、2007年11月

山田茉莉、藤井壮太、鳥山欽哉:5種類のイネ細胞質雄性不稔性の比較解析を目指して、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、仙台、2007年11月

戸田拓士、藤井壮太、鳥山欽哉:イネにおけるミトコンドリア局在PPR(Pentatricopeptide Repeat)遺伝子の解析を目指して、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、仙台、2007年11月

佐々木康平:イネ細胞質雄性不稔に関わるカルシウム結合タンパク質の分子遺伝学的解析を目指して、特定領域研究「植物ゲノム障壁」若手ワークショップ、仙台、2007年11月

Toriyama K: Toward understanding the molecular mechanism of cytoplasmic male sterility/fertility restoration in rice. Rice mini-symposium, Ithaca, July 2007

伊藤幸博:茎頂分裂組織特異的に発現するKNOX遺伝子の発現制御機構の解析、第4回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2007年6月

鳥山欽哉:エンジョイDNA/遺伝子組換え植物とは、第2回食と農コミュニケーションづくりの集い、小諸、2007年4月

2006

伊藤幸博:イネのKNOX遺伝子の発現制御、国立遺伝学研究所研究集会、三島、2006年12月

藤井壮太、小松節子、鳥山欽哉:イネ細胞質雄性不稔系統において蓄積が変動するタンパク質の解析、第2回シンポジウム「植物プロテオーム研究の最前線」 2006年11月

岩田夏子、藤井壮太、鳥山欽哉:イネLD型細胞質雄性不稔性に対する稔性回復遺伝子Rf2のファインマッピング、国立遺伝学研究所研究集会「高等植物の生殖形質におけるゲノム障壁制御遺伝子の分子遺伝学的解析」、三島、2006年11月

藤井壮太、鳥山欽哉:CW型CMSイネにおける稔性回復機構の解析、国立遺伝学研究所研究集会「高等植物の生殖形質におけるゲノム障壁制御遺伝子の分子遺伝学的解析」、三島、2006年11月

板橋悦子、風間智彦、鳥山欽哉:BT型およびLD型細胞質雄性不稔イネにおけるミトコンドリアatp6遺伝子の構造と転写後制御の比較、 国立遺伝学研究所研究集会「高等植物の生殖形質におけるゲノム障壁制御遺伝子の分子遺伝学的解析」、三島、2006年11月

岩田夏子、藤井壮太、鳥山欽哉:イネLD型細胞質雄性不稔性における稔性回復遺伝子Rf2のマッピング、特定領域「植物の軸と情報」 2006年 若手ワークショップ、札幌、2006年7月

板橋悦子、風間智彦、鳥山欽哉:LD型およびBT型細胞質雄性不稔性イネにおけるミトコンドリアatp6遺伝子の転写後制御、特定領域「植物の軸と情報」 2006年 若手ワークショップ、札幌、2006年7月

伊藤幸博、津田勝利、倉田のり:イネのKNOX遺伝子の発現制御、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2006、東京、2006年7月

鳥山欽哉、板橋悦子、岩田夏子、藤井壮太、風間智彦: BT型・LD型・CW型細胞質雄性不稔イネの比較解析、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2006 、東京、2006年7月

藤井壮太、鳥山欽哉:CW型細胞質雄性不稔イネにおいてミトコンドリアによる発現制御を受ける核遺伝子の網羅的解析、第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2006年5月

板橋悦子、風間智彦、鳥山欽哉:LD型細胞質雄性不稔イネにおけるミトコンドリアatp6とorf79の構造および稔性回復遺伝子Rf1とRf2による転写後制御、第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2006年5月

風間智彦、鳥山欽哉:イネ細胞質雄性不稔とミトコンドリア遺伝子の転写後制御についての解析、第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2006年5月

鳥山欽哉:古里に育て幻のコメ「あやし2号」田植え、河北新報、2006年5月18日

2005

伊藤幸博:イネのKNOXホメオボックス遺伝子の発現制御、国立遺伝学研究所研究集会、三島、2005年11月

板橋悦子、鳥山欽哉:イネ種子根の原生木部数決定に関与する遺伝子の探索、特定領域研究「植物発生における軸と情報の分子基盤」若手ワークショップ、2005年11月

板橋悦子、鳥山欽哉:イネ雄性不稔細胞質[cms-ld]と[cms-bo]におけるatp6遺伝子の比較、岩手大学-東北大学国際シンポジウム若手発表会、2005年8月

奥崎文子、鳥山欽哉:イネにおけるキメラプラストを用いた遺伝子ターゲティングの試み、第2回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2005年5月

風間智彦、鳥山欽哉:イネ細胞質雄性不稔とミトコンドリアの分子遺伝学的研究、第2回東北大学バイオサイエンスシンポジウム、仙台、2005年5月

2004

鳥山欽哉:花粉壁構築と雄性不稔、特定領域研究「植物自家不和合性」公開シンポジウム「植物の生殖研究-その最前線と今後の方向-」、東京、2004年11月

鳥山欽哉:葯のタペート細胞における細胞死の育種工学的応用と花粉壁構築の分子基盤、第14回八王子セミナー、八王子、2004年8月

藤井壮太、鳥山欽哉:CW型細胞質雄性不稔イネにおける稔性回復遺伝子の連鎖解析、イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2004、つくば、2004年7月

2003

鳥山欽哉:植物遺伝について ーDNA, 植物遺伝子組換えなどを中心にー、フロラ山形総会、山形、2003年12月

鳥山欽哉:コメ食べて花粉症抑制 原因遺伝子組み込む 東北大など研究、河北新報、2003年2月23日

2002

鳥山欽哉:葯特異的プロモーターの育種工学的応用、第12回八王子セミナー、八王子、2002年8月

鳥山欽哉:Acトランスポゾンを用いたイネ遺伝子破壊システムの開発、研究集会「高等植物の紫外線耐性機構の解明と耐性遺伝子資源の開発」、仙台、2002年8月

伊藤幸博:イネのエンハンサートラップ系統の作成と選抜、2002年イネ分子遺伝学ワークショップ、名古屋、2002年7月

2001

伊藤幸博、永口貢、倉田のり:イネのエンハンサートラップ系統の作成、国立遺伝学研究所研究集会、三島、2001年11月

安炳玉、三好一丸、伊藤幸博、伊藤純一、長戸康郎、倉田のり:イネヘテロクロニック変異体plastochron1の解析 、国立遺伝学研究所研究集会、三島、2001年11月

鳥山欽哉:花粉発達に関わる遺伝子の分子遺伝学的解析~アブラナ属花粉アレルゲンとイネの耐冷性、広島大学遺伝子実験施設 第16回公開学術講演会、東広島、2001年11月

伊藤幸博、永口貢、倉田のり:イネのエンハンサートラップ系統の作成、イネ遺伝学・分子生物学2001、東京、2001年6月

2000

伊藤幸博:イネのエンハンサートラップラインの作成 、イネ遺伝学・分子生物学2000、京都、2000年6月

丹羽康夫、倉田のり、伊藤幸博:イネにおけるGFPの利用 、イネ遺伝学・分子生物学2000、京都、2000年6月

1999

森田竜平、中川裕子、鳥山欽哉:ジーン・エンハンサートラップ用トランスポゾンを導入した形質転換イネの作出と体細胞における転移の検出、イネ遺伝学・分子生物学シンポジウム'99、つくば、1999年6月

1998

伊藤幸博、北野英己:イネ胚発生の突然変異体の解析とホメオボックス遺伝子の発現パターン、特定領域研究「植物生殖システム」公開シンポジウム、仙台、1998年7月

永口貢、 伊藤幸博、 倉田のり:イネ再生植物体形成過程における遺伝子発現の解剖学、第9回生物学技術研究会、岡崎、1998年3月

< 論文 >   < 著書 >   < 国際学会 >   < 国内学会 >   < 小中高との連携 >   < 受賞 >   < その他 >