Top / 国内学会
国内学会

< 論文 >   < 著書 >   < 国際学会 >   < 国内学会 >   < 小中高との連携 >   < 受賞 >   < その他 >

2020

Andi Muliarni Okasa、Muhammad Riadi、佐藤雅志、鳥山欽哉、石井公太郎、林依子、阿部知子、Rinaldi Sjahril、An approach toward isolating early-heading mutants from Tana Toraja local aromatic rice ‘Pare Bau’ irradiated with heavy ion-beam、日本育種学会第137回講演会、東京、2020年3月

大向詩穂、鳥山欽哉、有村慎一、風間智彦、ミトコンドリア移行TALENを用いた細胞質雄性不稔性関連遺伝子orf352の破壊と表現型の調査、日本育種学会第137回講演会、東京、2020年3月

森田竜平、市田裕之、石井公太郎、林依子、安部弘、白川侑希、一瀬勝紀、常泉和秀、風間智彦、鳥山欽哉、佐藤雅志、阿部知子、イネ長粒変異体lin1の単離および原因遺伝子同定、日本育種学会第137回講演会、東京、2020年3月

2019

佐久間結菜、鈴木悠世、伊藤幸博、イネの表皮分化に必要なonion遺伝子の表皮分化以外の機能、第37回日本植物細胞分子生物学会大会、京都、2019年9月

成瀬正志、高橋ほなみ、伊藤幸博、イネカルスのシュート再分化におけるOSH1の発現誘導、第37回日本植物細胞分子生物学会大会、京都、2019年9月

大向詩穂、鳥山欽哉、有村慎一、風間智彦:ミトコンドリア移行TALENを用いたCMS原因遺伝子候補orf352のノックアウト、日本育種学会第136回講演会、奈良、2019年9月

藤田悠生、風間智彦、鳥山欽哉:イネ品種Lebedに台中65号を戻し交雑して得られた雄性不稔系統における原因候補遺伝子の解析、日本育種学会第136回講演会、奈良、2019年9月

助友千尋、風間智彦、鳥山欽哉:核コードRETROGRADE-REGULATED MALE STERILITY遺伝子のゲノム編集によるCW型細胞質雄性不稔イネの稔性回復、日本育種学会第136回講演会、奈良、2019年9月

風間智彦、肥塚信也、有村慎一、細胞質雄性不稔性植物をモデルとしたミトコンドリアゲノム編集、日本育種学会第136回講演会、奈良、2019年9月

安藤晃、渡辺正夫、伊藤幸博、久利美和、中村肇、下山せいら、下山武文:「科学者の卵養成講座」を通じた高大連携教育の実践、日本工学教育協会第67回年次大会、仙台、2019年9月

風間智彦、亘悠太、堤伸浩、鳥山欽哉、有村慎一:mitoTALEN によるミトコンドリアゲノム編集:BT型細胞質雄性不稔性イネにおけるミトコンドリア遺伝子orf79の破壊、日本育種学会第135回講演会、千葉、2019年3月

福田善通、斉藤大樹、冨田朝美、風間智彦、佐藤雅志、岡正明、鳥山欽哉:CW-CMS/Rf17システムを用いたハイブリッドライス開発のための日印交雑におけるF1の雑種強勢、日本育種学会第135回講演会、千葉、2019年3月

2018

鳥山欽哉、風間智彦、福田善通、岡正明:CW型細胞質とRf17遺伝子を利用した主要インディカ7品種の細胞質雄性不稔/稔性回復パネル育成、日本育種学会第134回講演会、岡山、2018年9月

伊藤幸博:食糧・バイオリファイナリー共用イネの開発を目指した稲わらの糖化性向上、第70回日本生物工学会、吹田、2018年9月

菊池達也、小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、高橋ほなみ、伊藤幸博:イネの表皮分化の突然変異体onion4の解析、第36回日本植物細胞分子生物学会大会、金沢、2018年8月

高畑開理、市川晋、伊藤幸博:セルラーゼの老化誘導発現による稲わらの糖化性の向上、第36回日本植物細胞分子生物学会大会、金沢、2018年8月

菊池達也、小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、高橋ほなみ、伊藤幸博:イネの表皮分化に必要な受容体型プロテインキナーゼ遺伝子をコードするONION4の同定、第59回日本植物生理学会年会、札幌、2018年3月

村上哲也、風間智彦、鳥山欽哉:イネ品種LEBEDに台中65号を連続戻し交雑することで得られた雄性不稔系統における原因遺伝子のマッピング、日本育種学会第133回講演会、福岡、2018年3月

阿部瑞希、風間智彦、鳥山欽哉:イネ培養細胞を用いたミトコンドリア形質転換系開発の試み、日本育種学会第133回講演会、福岡、2018年3月

小松千春、志田怜那、長恵理子、鳥山欽哉、風間智彦:野生イネW1112に由来する細胞質雄性不稔系統と稔性回復系統の分子遺伝学的解析、日本育種学会第133回講演会、福岡、2018年3月

2017

菊池達也、小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、高橋ほなみ、伊藤幸博:イネの表皮分化に関わる受容体型プロテインキナーゼ遺伝子ONION4の同定、ConBio2017、神戸、2017年12月

伊藤叶裕、阿部友美、伊藤幸博:稲わらの糖化性を高める遺伝子の探索、ConBio2017、神戸、2017年12月

下山せいら、安藤晃、渡辺正夫、伊藤幸博、久利美和、中村肇:東北大学飛翔型「科学者の卵養成講座」における受講生のアイスブレイクとなる実技課題の効果、平成29年度第3回日本科学教育学会研究会(東北支部開催)、仙台、2017年12月

小方郁弥、鳥山欽哉、風間智彦:野生イネに由来するRf1相同遺伝子の分子遺伝学的解析、日本育種学会第132回講演会、盛岡、2017年10月

村上哲也、風間智彦、鳥山欽哉:イネ品種LEBEDに台中65号を連続戻し交雑することて得られた雄性不稔系統の遺伝学的解析、日本育種学会第132回講演会、盛岡、2017年10月

阿部瑞希、風間智彦、鳥山欽哉:イネミトコンドリアに存在するプラスミド様環状DNAの分子遺伝学的解析、日本育種学会第132回講演会、盛岡、2017年10月

菊池達也、小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、高橋ほなみ、伊藤幸博:イネの表皮分化に関わる受容体型プロテインキナーゼ遺伝子の同定、第35回日本植物細胞分子生物学会大会、さいたま、2017年8月

市川晋、古川佳世子、伊藤幸博:セルラーゼの老化期特異的発現による稲わらの糖化性の向上、第35回日本植物細胞分子生物学会大会、さいたま、2017年8月

2016

久慈正義、小暮恵太、菊池達也、石橋まゆ、小松陽花、佐藤菜々、佐藤優花里、藤倉理帆、益子恵利那、佐藤知美、佐々木長将、佐久間仁徳、高橋ほなみ、伊藤幸博:極長鎖脂肪酸に関連した新たなイネシュート発生突然変異体の解析、第39回日本分子生物学会年会、横浜、2016年12月

村上哲也、Dini Astika Sari、五十嵐圭介、風間智彦、鳥山欽哉:世界のイネ・コアコレクションに由来する新規細胞質雄性不稔系統の育成、日本育種学会第130回講演会、鳥取、2016年9月

志田怜那、長恵理子、風間智彦、鳥山欽哉:orf79を保有する様々なイネにおけるorf79発現制御の比較解析、日本育種学会第130回講演会、鳥取、2016年9月

Lam Dinh、五十嵐圭介、鳥山欽哉、中村郁郎、真壁壮、田村紀子、Lang Nguyen、Buu Bui、石川隆二:メコンデルタ流域に適応した雄性不稔の多年生野生イネ、日本育種学会第130回講演会、鳥取、2016年9月

風間智彦、鳥山欽哉:Boro型細胞質雄性不稔性イネのミトコンドリアゲノムの解読、日本育種学会第130回講演会、鳥取、2016年9月

久慈正義、石橋まゆ、酒井義文、松木悠、陶山佳久、伊藤幸博:シュートの形態とクチクラに異常を示すイネ突然変異体の解析、第34回日本植物細胞分子生物学会大会、上田、2016年9月

2015

鳥山欽哉:イネの花粉発育不全に見られるミトコンドリアと宿主のせめぎあい、第38回日本分子生物学会年会、神戸、2015年12月

市川晋、阿部友美、園木和典、伊藤幸博:バイオリファイナリーに適した稲わらの開発、第38回日本分子生物学会年会、神戸、2015年12月

小暮恵太、小松陽花、佐藤菜々、久慈正義、高橋ほなみ、伊藤幸博:イネのシュート発生で機能する新たな極長鎖脂肪酸関連遺伝子の探索、第38回日本分子生物学会年会、神戸、2015年12月

飯吉亮太、小口太一、飯村洋介、伊藤幸博、園木和典:リグノセルロースの化学組成と糖化性に対するラッカーゼ-セルロース結合ドメイン融合タンパク質発現の効果、第67回日本生物工学会大会、鹿児島、2015年10月

五十嵐圭介、風間智彦、倉田哲也、鳥山欽哉:RNA-seqで細胞質雄性不稔系統RT98Aと維持系統T65で発現が異なる遺伝子の解析、日本育種学会第128回講演会、新潟、2015年9月

田村紀子、中村郁郎、真壁壮、鳥山欽哉、五十嵐圭介、Pham Ha Thi Thu、Lang Nguyen Thi、Lam Dinh Thi、Buu Bui Chi、石川隆二 :ベトナム・メコン川デルタ地帯の野生イネ遺伝的多様性に関する研究、日本育種学会第128回講演会、新潟、2015年9月

川出駿、鳥山欽哉、風間智彦:世界のイネ・コアコレクションにおける柱頭露出性の評価、日本育種学会第128回講演会、新潟、2015年9月

鳥山欽哉、風間智彦:CW型細胞質を利用したIR24の細胞質雄性不稔系統の作出、日本育種学会第128回講演会、新潟、2015年9月

風間智彦、五十嵐圭介、岡崎真之、鳥山欽哉:野生イネの第10 染色体に存在するBT型細胞質雄性不稔イネに対する稔性回復遺伝子の解析、日本育種学会第128回講演会、新潟、2015年9月

阿部友美、伊藤叶裕、松坂惇史、園木和典、伊藤幸博:稲わらの糖化性の器官および収穫時期による差異、日本育種学会第128回講演会、新潟、2015年9月

風間智彦、鳥山欽哉:WA型細胞質雄性不稔イネの稔性回復因子RF4はミトコンドリアにおいてWA352 RNAの分解に関与する、第33回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム、東京、2015年8月

五十嵐圭介、風間智彦、倉田哲也、鳥山欽哉:イネRT98型細胞質雄性不稔系統と可稔系統の葯遺伝子発現比較解析、第33回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム、東京、2015年8月

小暮恵太、伊藤幸博:イネのシュート発生に必要なketoacyl CoA synthaseと相互作用するketoacyl CoA reductaseの探索、第33回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム、東京、2015年8月

小松陽花、佐藤菜々、久慈正義、小暮恵太、高橋ほなみ、伊藤幸博:極長鎖脂肪酸合成に関連したイネの新しいシュート発生突然変異体の解析、第33回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム、東京、2015年8月

2014

辺本萌、一ノ関留奈、佐藤真由、丹野ちぐさ、増子(鈴木)潤美、坂園聡美、諏訪部圭太、鈴木剛、伊藤幸博、日出間純、高橋和貴、安藤晃、渡辺正夫:プラズマ処理がBrassica rapaの受粉反応に及ぼす影響、第24回日本MRS年次大会、横浜、2014年12月

阿部友美、高橋裕貴、園木和典、伊藤幸博:稲わらの器官および発育ステージによる酵素糖化性の差異、第37回日本分子生物学会年会、横浜、2014年11月

高橋ほなみ、高杉知彰、藤田雅丈、倉田のり、伊藤幸博:イネのサイトカイニン情報伝達系に直接発現誘導される転写制御因子遺伝子の候補の同定、第37回日本分子生物学会年会、横浜、2014年11月

市川晋、古川佳世子、園木和典、伊藤幸博:老化誘導プロモーターを用いたハイブリッドセルラーゼ発現イネの糖化性の向上、第37回日本分子生物学会年会、横浜、2014年11月

小谷佳子、風間智彦、菊地真吾、朝倉由香里、鳥山欽哉、中井 正人:イネ科葉緑体内包膜における蛋白質透過装置TICトランスロコンの同定、第37回日本分子生物学会年会、横浜、2014年11月

岡崎真之、村田隼人、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:イネRT102型細胞質雄性不稔性に対する稔性回復遺伝子のファインマッピング、日本育種学会第126回講演会、都城、2014年9月

五十嵐圭介、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:イネRT98型細胞質雄性不稔性に対する稔性回復遺伝子のファインマッピング、日本育種学会第126回講演会、都城、2014年9月

藤井慎也、風間智彦、藤原正幸、鳥山欽哉:LD型細胞質雄性不稔イネに対する稔性回復因子RF2複合体の探索、日本育種学会第126回講演会、都城、2014年9月

風間智彦、鳥山欽哉:WA 型細胞質雄性不稔性イネに対する稔性回復遺伝子Rf4はPPRタンパク質をコードする、日本育種学会第126回講演会、都城、2014年9月

小暮恵太、伊藤幸博:極長鎖脂肪酸合成に関連すると思われる新たなイネのシュート発生突然変異体onion4の解析、日本育種学会第126回講演会、都城、2014年9月

菅谷和音、堀雅敏、鳥山欽哉、風間智彦:イネにより放出されるβ-caryophylleneの合成に関わる遺伝子の探索、第32回日本植物細胞分子生物学会大会、盛岡、2014年8月

五十嵐圭介、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:イネRT98型細胞質雄性不稔性ミトコンドリアが保持するorf113の解析、第32回日本植物細胞分子生物学会大会、盛岡、2014年8月

阿部友美、高橋裕貴、園木和典、伊藤幸博:生育段階による稲わらの酵素糖化性の変化、第32回日本植物細胞分子生物学会大会、盛岡、2014年8月

高橋ほなみ、高杉知彰、藤田雅丈、倉田のり、伊藤幸博:イネのサイトカイニン情報伝達系レスポンスレギュレーターの標的遺伝子の探索、第32回日本植物細胞分子生物学会大会、盛岡、2014年8月

小暮恵太、伊藤幸博:シュート発生において異常を示す新たなイネ突然変異体onion4の解析、第32回日本植物細胞分子生物学会大会、盛岡、2014年8月

鳥山欽哉、風間智彦:イネ細胞質雄性不稔性/稔性回復に見られるミトコンドリアRNAのプロセッシング、第55回日本植物生理学会年会、富山、2014年3月

2013

Abe T, Takahashi Y, Sonoki T, Ito Y: Changes of saccharification efficiencies during plant growth in rice、第36回日本分子生物学会年会、神戸、2013年12月

Takahashi H, Takasugi T, Fujita M, Kurata N, Ito Y: Identification of transcription factor genes directly induced by a cytokinin signaling pathway in rice、第36回日本分子生物学会年会、神戸、2013年12月

菅谷和音、堀雅敏、鳥山欽哉、風間智彦:開花期のイネから放出される香気成分の品種間差異、日本育種学会第124回講演会、鹿児島、2013年10月

五十嵐圭介、 風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:イネRT98型CMS原因遺伝子orf113の稔性回復系統におけるRNAプロセッシング、日本育種学会第124回講演会、鹿児島、2013年10月

風間智彦、 藤井慎也、 板橋悦子、本村恵二、鳥山欽哉:細胞質雄性不稔イネにおける稔性回復遺伝子Rf2の稔性回復効果の違いについての解析、日本育種学会第124回講演会、鹿児島、2013年10月

岡崎真之、 風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:イネRT102型CMS原因遺伝子orf352の稔性回復系統におけるRNAプロセッシング、日本育種学会第124回講演会、鹿児島、2013年10月

藤井慎也、風間智彦、伊藤幸博、小島創一、鳥山欽哉:イネLD型CMS系統における稔性回復因子RF2と相互作用するubiquitin domain containing proteinの解析、日本育種学会第124回講演会、鹿児島、2013年10月

高橋裕貴、阿部友美、園木和典、伊藤幸博:稲わらの糖化性の品種間差異、日本育種学会第124回講演会、鹿児島、2013年10月

古川佳世子、濁川睦、園木和典、伊藤幸博:老化特異的セルラーゼ発現誘導による稲わら糖化性の向上、第65回日本生物工学会大会、広島、2013年9月

古川徹、濁川睦、古川佳世子、小口太一、飯村洋介、伊藤幸博、園木和典:高糖化性植物の作出に向けたラッカーゼ‐セルロース結合ドメイン融合タンパク質の発現、第65回日本生物工学会大会、広島、2013年9月

古川佳世子、濁川睦、園木和典、伊藤幸博:老化誘導プロモーターとセルラーゼを用いた高糖化性イネの開発、第31回日本植物細胞分子生物学会大会、札幌、2013年9月

高橋ほなみ、高杉知彰、藤田雅丈、倉田のり、伊藤幸博:イネのサイトカイニン情報伝達系レスポンスレギュレーターに直接発現誘導される転写制御因子遺伝子の探索、第31回日本植物細胞分子生物学会大会、札幌、2013年9月

五十嵐圭介、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:RT98型細胞質雄性不稔性原因遺伝子候補orf113の同定とリコンビナントタンパク質の毒性調査、第31回日本植物細胞分子生物学会大会、札幌、2013年9月

藤井慎也、風間智彦、伊藤幸博、小島創一、鳥山欽哉:稔性回復因子RF2と相互作用を示すミトコンドリア局在因子の解析、第31回日本植物細胞分子生物学会大会、札幌、2013年9月

風間智彦、藤井慎也、鳥山欽哉:orf79をミトコンドリアに持つ細胞質雄性不稔イネの比較解析、第31回日本植物細胞分子生物学会大会、札幌、2013年9月

岡崎真之、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:細胞質雄性不稔性イネRT102系統に存在するミトコンドリア原因遺伝子の探索、第31回日本植物細胞分子生物学会大会、札幌、2013年9月

木村ふみ子、伊藤幸博、仲川清隆、宮澤陽夫:イネ極長鎖脂肪酸合成酵素遺伝子変異体のクチクラワックスの長鎖脂肪酸および長鎖脂肪族アルコール組成分析、 第55回日本脂質生化学会、宮城県松島町、2013年6月

五十嵐圭介、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:RT98型細胞質雄性不稔性イネにおけるCMS原因遺伝子候補orf113の同定、第54回日本植物生理学会年会、岡山、2013年3月

加納孝紘、風間智彦、鳥山欽哉:野生イネ(Oryza rufipogon)8系統における稔性回復遺伝子と細胞質雄性不稔性原因遺伝子atp6-orf79の比較、第54回日本植物生理学会年会、岡山、2013年3月

藤井慎也、風間智彦、伊藤幸博、小島創一、鳥山欽哉:酵母ツーハイブリッド法とプルダウンアッセイによるイネLD型細胞質雄性不稔系統の稔性回復因子RF2と相互作用する因子の探索、第54回日本植物生理学会年会、岡山、2013年3月

Akiba T, Kimura F, Ishibashi M, Moriya C, Tsuda K, Kurata N, Nakagawa K, Ito Y: A role of VLCFAs for rice shoot development、第54回日本植物生理学会年会、岡山、2013年3月

2012

古川佳世子、濁川睦、園木和典、伊藤幸博:老化誘導プロモーターとセルラーゼを用いた高糖化性イネの作出、第35回日本分子生物学会年会、福岡、2012年12月

秋葉貴文、木村ふみ子、石橋まゆ、守屋千尋、津田勝利、倉田のり、仲川清隆、伊藤幸博:イネの極長鎖脂肪酸合成酵素遺伝子の突然変異体onion2の表皮の解析、第35回日本分子生物学会年会、福岡、2012年12月

古川徹、古川佳世子、濁川睦、小口太一、飯村洋介、梶田真也、伊藤幸博、園木和典:担子菌ラッカーゼを発現したイネの細胞壁組成評価、日本農芸化学会東北支部第147回大会、弘前、2012年10月

鳥山欽哉、風間智彦:イネにおけるミトコンドリア遺伝性の花粉発育不全とそれをレスキューする核遺伝子、日本遺伝学会第84回大会、福岡、2012年9月

鳥山欽哉、風間智彦:コメ産業の国際化を狙った新規ハイブリッドライス育種基盤の開発、日本育種学会第122回講演会、京都、2012年9月

五十嵐圭介、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:CMS系統RT98Aと稔性回復系統RT98CにおけるミトコンドリアmRNAの比較、日本育種学会第122回講演会、京都、2012年9月

加納孝紘、風間智彦、鳥山欽哉:雄性不稔細胞質を持つ3種類の野生イネにおけるRf1アリルの比較解析、日本育種学会第122回講演会、京都、2012年9月

藤井慎也、風間智彦、伊藤幸博、小島創一、鳥山欽哉:LD型細胞質雄性不稔イネに対する稔性回復因子RF2と相互作用するタンパク質の解析、日本育種学会第122回講演会、京都、2012年9月

秋葉貴文、石橋まゆ、守屋千尋、津田勝利、倉田のり、伊藤幸博:イネの極長鎖脂肪酸合成酵素遺伝子の突然変異体onion2の解析、日本育種学会第122回講演会、京都、2012年9月

藤井慎也、風間智彦、伊藤幸博、小島創一、鳥山欽哉:イネLD型細胞質雄性不稔系統における稔性回復因子RF2と相互作用するタンパク質の探索、第30回日本植物細胞分子生物学会大会、生駒、2012年8月

吉村昌一郎、小松正明、角康一郎、小川智久、村本光二、風間智彦、伊藤幸博、鳥山欽哉:ナガイモレクチンDB1遺伝子を導入したウンカ抵抗性粗飼料用イネの作出、第30回日本植物細胞分子生物学会大会、生駒、2012年8月

石橋まゆ、伊藤幸博:極長鎖脂肪酸合成酵素遺伝子の突然変異体と類似したシュート発生異常を示す新たな突然変異体の解析、第30回日本植物細胞分子生物学会大会、生駒、2012年8月

五十嵐圭介、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:細胞質雄性不稔性イネRT98Aに対する稔性回復遺伝子のマッピング、第30回日本植物細胞分子生物学会大会、生駒、2012年8月

平脇佳弥、風間智彦、鳥山欽哉:WA型細胞質雄性不稔イネミトコンドリアにおけるorfB遺伝子の転写後制御に関する研究、第30回日本植物細胞分子生物学会大会、生駒、2012年8月

高橋麻紀、澤口知歩、渡辺藍子、濁川睦、古川佳世子、飯村洋介、梶田真也、小口太一、伊藤幸博、園木和典:担子菌ラッカーゼ発現によるイネ稈の細胞壁組成変化、日本農芸化学会2012年度大会、京都、2012年3月

Kazama T, Itabashi E, Fujii S, Toriyama K: Regulatory mechanisms of ORF79 translation by RF2 in cytoplasmic male sterile rice、第53回日本植物生理学会年会、京都、2012年3月

津田勝利、伊藤幸博、佐藤豊、倉田のり:茎頂分裂組織の維持に必須なイネKNOX遺伝子の正の自己制御、第53回日本植物生理学会年会、京都、2012年3月

Kashimura R, Ito Y:Identification of a female gametophytic sterile mutant of rice、第53回日本植物生理学会年会、京都、2012年3月

2011

Nigorikawa M, Watanabe A, Furukawa K, Sonoki T, Ito Y: Effects of overexpression of each of cellulases on saccharification of rice straw、第34回日本分子生物学会年会、横浜、2011年12月

Takasugi T, Fujita M, Kurata N, Ito Y:Cytokinin-induced KNOX gene expression in rice - a search for a gene connecting cytokinin and a KNOX gene、第34回日本分子生物学会年会、横浜、2011年12月

戸田拓士、藤井壮太、野口航、有村慎一、風間智彦、鳥山欽哉:光合成に影響を及ぼすイネミトコンドリアPPR MPR25の機能解析、日本育種学会第120回講演会、福井、2011年9月

加納孝紘、風間智彦、鳥山欽哉:雄性不稔細胞質を持つ野生イネ8系統のミトコンドリアゲノム構造と稔性回復遺伝子の比較、日本育種学会第120回講演会、福井、2011年9月

吉村昌一郎、角康一郎、小松正明、伊藤幸博、鳥山欽哉:害虫抵抗性ナガイモレクチンDB1遺伝子と除草剤抵抗性mALSを導入した粗飼料用イネの作出、日本育種学会第120回講演会、福井、2011年9月

村田隼人、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:雄性不稔細胞質を持つRT102Cにおける稔性回復遺伝子のマッピング、日本育種学会第120回講演会、福井、2011年9月

石橋まゆ、伊藤幸博:KNOX遺伝子が異所発現する新たなイネ突然変異体の同定、日本育種学会第120回講演会、福井、2011年9月

戸田拓士、藤井壮太、野口航、有村慎一、風間智彦、鳥山欽哉:生育初期の光合成に影響を及ぼすイネミトコンドリア局在PPR mpr25変異体の解析、第29回日本植物細胞分子生物学会大会、福岡、2011年9月

濁川睦、渡辺藍子、古川佳世子、園木和典、伊藤幸博:セルラーゼ過剰発現による稲わらの糖化性の向上、第29回日本植物細胞分子生物学会大会、福岡、2011年9月

大西孝幸、山川博幹、鳥山欽哉、木下哲:雄性不稔(CMS)形質を利用したイネの年6回の戻し交配、第119回日本育種学会講演会、横浜、2011年3月

本間雄二朗、寺地徹、鳥山欽哉、久保友彦、三上哲夫:植物ミトコンドリアゲノムのミニサテライト様構造を用いた多型解析、第119回日本育種学会講演会、横浜、2011年3月

濁川睦、渡辺藍子、園木和典、伊藤幸博:セルラーゼ過剰発現による稲わらの糖化性の向上、第52回日本植物生理学会年会、仙台、2011年3月

津田勝利、伊藤幸博、佐藤豊、倉田のり:イネにおけるKNOX遺伝子の自己制御、第52回日本植物生理学会年会、仙台、2011年3月

戸田拓士、藤井壮太、野口航、風間智彦、鳥山欽哉:光合成に影響を及ぼすイネミトコンドリアPentatricopeptide repeat mpr25変異体の解析、第52回日本植物生理学会年会、仙台、2011年3月

2010

Nigorikawa M, Ito Y:Overexpression of a cellulase gene for engineering rice straw with enhanced saccharification ability、第33回日本分子生物学会年会、神戸、2010年12月

Kashimura R, Ito Y:Identification of a female gametophytic sterile mutant of rice、第33回日本分子生物学会年会、神戸、2010年12月

戸田拓士、藤井壮太、野口航、風間智彦、鳥山欽哉:イネミトコンドリア遺伝子発現制御に関わるMPR25タンパク質の機能解析、日本育種学会第118回講演会、秋田、2010年9月

板橋悦子、岩田夏子、藤井壮太、風間智彦、鳥山欽哉:イネLD型細胞質雄性不稔性に対する稔性回復遺伝子Rf2はグリシンリッチタンパク質をコードする、日本育種学会第118回講演会、秋田、2010年9月

村田隼人、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:Oryza rufipogonに由来するRT61C、RT98C、RT102Cの持つ雄性不稔細胞質の比較解析、日本育種学会第118回講演会、秋田、2010年9月

風間智彦、鳥山欽哉:イネミトコンドリアにコードされる遺伝子転写産物の末端に関する研究、日本育種学会第118回講演会、秋田、2010年9月

樫村理恵、伊藤幸博:イネの雌性配偶体型不稔性を示す突然変異体の同定、日本育種学会第118回講演会、秋田、2010年9月

清水力、角康一郎、種谷良貴、藤岡智則、堀田順子、奥崎文子、鳥山欽哉:培養変異で作出した除草剤耐性イネ、第28回日本植物細胞分子生物学会大会、仙台、2010年9月

戸田拓士、藤井壮太、鳥山欽哉:イネミトコンドリア遺伝子のRNAエディティングに関わるPPRタンパク質、第28回日本植物細胞分子生物学会大会、仙台、2010年9月

板橋悦子、岩田夏子、藤井壮太、風間智彦、鳥山欽哉:LD型細胞質雄性不稔イネに対する稔性回復遺伝子のクローニングおよび解析、第28回日本植物細胞分子生物学会大会、仙台、2010年9月

村田隼人、風間智彦、本村恵二、鳥山欽哉:Oryza rufipogonに由来する細胞質雄性不稔性イネ3系統のミトコンドリアゲノム構造比較、第28回日本植物細胞分子生物学会大会、仙台、2010年9月

樫村理恵、伊藤幸博:イネの配偶体型雌性不稔突然変異体の同定、第28回日本植物細胞分子生物学会大会、仙台、2010年9月

高杉知彰、宮下結衣、伊藤幸博:イネのPIN遺伝子の同定とシュートにおける発現解析、第28回日本植物細胞分子生物学会大会、仙台、2010年9月

風間智彦、中村翼、本村恵二、鳥山欽哉:Oryza rufipogon由来の細胞質を持つ稔性回復系統RT61C、RT98C、RT102Cの比較解析、日本育種学会第117回講演会、京都、2010年3月

板橋悦子、岩田夏子、藤井壮太、風間智彦、鳥山欽哉:イネのLD型細胞質雄性不稔性に対する稔性回復遺伝子はグリシンリッチタンパク質をコードする、第51回日本植物生理学会年会、熊本、2010年3月

Nigorikawa M, Ito Y:Effects of overexpression of a cellulase gene on rice development、第51回日本植物生理学会年会、熊本、2010年3月

2009

Nigorikawa M、Ito Y:Overexpression of a cellulase gene in rice toward application to the cellulosic-ethanol production、第32回日本分子生物学会年会、横浜、2009年12月

宮下結衣、伊藤幸博:イネのPIN遺伝子の発現パターン、日本育種学会第116回講演会、札幌、2009年9月

濁川睦、伊藤幸博:セルロース系エタノール生産に向けたセルラーゼ過剰発現イネの作成と解析、日本育種学会第116回講演会、札幌、2009年9月

戸田拓士、藤井壮太、鳥山欽哉:イネミトコンドリア移行PPRタンパク質MPR25の解析、日本育種学会第116回講演会、札幌、2009年9月

山田茉莉、藤井壮太、鳥山欽哉:イネコアコレクションおよび野生稲を用いたBT型細胞質雄性不稔性原因遺伝子orf79の多様性、日本育種学会第116回講演会、札幌、2009年9月

板橋悦子、鳥山欽哉:インディカ品種イネKasalath由来のBT型CMSに対する稔性回復遺伝子の解析、日本育種学会第116回講演会、札幌、2009年9月

戸田拓士、藤井壮太、鳥山欽哉:葉特異的発現を示すイネミトコンドリア局在Pentatricopeptide repeat遺伝子の解析、第27回日本植物細胞分子生物学会大会、藤沢、2009年7月、第27回日本植物細胞分子生物学会大会、藤沢、2009年7月

風間智彦、小島久代、鳥山欽哉:BT型細胞質雄性不稔イネミトコンドリアにおけるorf79の翻訳制御、第27回日本植物細胞分子生物学会大会、藤沢、2009年7月、第27回日本植物細胞分子生物学会大会、藤沢、2009年7月

濁川睦、伊藤幸博:セルラーゼ遺伝子過剰発現イネの作成と解析、第27回日本植物細胞分子生物学会大会、藤沢、2009年7月

濁川睦、伊藤幸博:セルラーゼ遺伝子過剰発現がイネの発生に与える影響、第50回植物生理学会年会、名古屋、2009年3月

加藤哲也、鳥山欽哉、小川智久、堀雅敏:ナガイモレクチンDB1の害虫抵抗性遺伝子としての利用価値の検討、第53回日本応用動物昆虫学会大会、札幌、2009年3月

藤井壮太、鳥山欽哉:5種類のイネミトコンドリアゲノムの塩基配列比較から見出された細胞質雄性不稔系統特異的な変異、日本育種学会第115回講演会、つくば、2009年3月

2008

濁川睦、伊藤幸博:セルラーゼ過剰発現イネの作成と解析、第31回日本分子生物学会年会、神戸、2008年12月

鳥山欽哉:イネ稔性回復遺伝子のクローニングと機能解析、日本育種学会第114回講演会、彦根、2008年10月

藤井壮太、鳥山欽哉:RETROGRADE-REGULATED MALE STERILITYの抑制がCW型細胞質雄性不稔イネの稔性を回復する、日本育種学会第114回講演会、彦根、2008年10月

山田茉莉、藤井壮太、鳥山欽哉:5種類の細胞質雄性不稔イネのミトコンドリアゲノム構造および花粉形態の比較、日本育種学会第114回講演会、彦根、2008年10月

小島久代、風間智彦、藤井壮太、板橋悦子、鳥山欽哉:イネBT型細胞質雄性不稔性の原因遺伝子とされるorf79を導入したイネの作出と解析、日本育種学会第114回講演会、彦根、2008年10月

板橋悦子、鳥山欽哉:イネBT型細胞質雄性不稔性に対する弱稔性回復遺伝子の作用、日本育種学会第114回講演会、彦根、2008年10月

戸田拓士、藤井壮太、鳥山欽哉:イネにおけるミトコンドリア局在Pentatricopeptide Repeat遺伝子MPR25の解析、日本育種学会第114回講演会、彦根、2008年10月

佐々木康平、藤井壮太、鳥山欽哉:細胞質雄性不稔イネにおけるカルシウム結合タンパク質の分子遺伝学的解析、日本育種学会第114回講演会、彦根、2008年10月

加藤哲也、堀 雅敏、小川智久、鳥山欽哉:ナガイモレクチンDB1を用いた形質転換作物の作出とその害虫抵抗性評価、日本育種学会第114回講演会、彦根、2008年10月

津田勝利、伊藤幸博、宮尾安藝雄、廣近洋彦、倉田のり:イネのシュート形成における極長鎖脂肪酸(VLCFA)の機能解析、日本育種学会第114回講演会、彦根、2008年10月

宮下結衣、藤田雅丈、堀内陽子、水多陽子、上田弥生、倉田のり、矢野健太郎、伊藤幸博:イネのPIN遺伝子の同定と発現解析、日本育種学会第114回講演会、彦根、2008年10月

加藤哲也、堀雅敏、小川智久、鳥山欽哉:ナガイモレクチンDB1を蓄積させた形質転換タバコの作出とアブラムシ抵抗性評価、第26回日本植物細胞分子生物学会大会、大阪、2008年9月

Wu X, Shiroto Y, Kishitani S, Ito Y, Toriyama K:Enhanced heat and drought tolerance in transgenic rice seedlings overexpressing OsWRKY11 under the control of HSP101 promoter、第26回日本植物細胞分子生物学会大会、大阪、2008年9月

加藤哲也、堀雅敏、小川智久、鳥山欽哉:ナガイモレクチンDB1を用いた新たな害虫抵抗性作物の作出、日本昆虫学会東北支部大会第55回大会、青森、2008年7月

風間智彦、鳥山欽哉:イネの花粉形成に関するPPR遺伝子の解析、第49回植物生理学会年会、札幌、2008年3月

川辺隆大、深沢嘉紀、鳥山欽哉:雌性不稔シロイヌナズナ変異体ebiの解析、第49回植物生理学会年会、札幌、2008年3月

藤井壮太、鳥山欽哉:イネ細胞質雄性不稔性に関わるプロテインキナーゼの解析、第49回植物生理学会年会、札幌、2008年3月

川辺隆大、深沢嘉紀、鳥山欽哉:シロイヌナズナPre-mRNA切断ポリアデニル化因子サブユニットClp1相同遺伝子AtClp1の解析、第49回植物生理学会年会、札幌、2008年3月

奥崎文子、鳥山欽哉:イネにおける変異GUS遺伝子回復アッセイ系の構築とオリゴヌクレオイドによる遺伝子ターゲティング法の最適化への利用、第49回植物生理学会年会、札幌、2008年3月

津田勝利、伊藤幸博、宮尾安藝雄、廣近洋彦、倉田のり:KNOX遺伝子を葉で異所的に発現するイネ突然変異体の解析(1)、第49回植物生理学会年会、札幌、2008年3月

伊藤幸博、津田勝利、倉田のり:KNOX遺伝子を葉で異所的に発現するイネ突然変異体の解析(2)、第49回植物生理学会年会、札幌、2008年3月

2007

伊藤幸博、津田勝利、倉田のり:KNOX遺伝子を葉で異所的に発現するイネ突然変異体の解析、第30回日本分子生物学会年会、横浜、2007年12月

津田勝利、伊藤幸博、倉田のり:イネのKNOX遺伝子OSH1の発現制御機構の解析、日本遺伝学会第79回大会、岡山、2007年9月

藤井壮太、板橋悦子、Park Jong-In、渡辺正夫、鳥山欽哉:イネ細胞質雄性不稔に関するプロテインキナーゼOsNek3の解析、日本育種学会第112回講演会、鶴岡、2007年9月

板橋悦子、藤田雅丈、倉田のり、鳥山欽哉:BT型細胞質雄性不稔イネの花粉発達に関与する核遺伝子の発現解析、日本育種学会第112回講演会、鶴岡、2007年9月

伊藤幸博、津田勝利、永口貢、倉田のり:KNOX遺伝子を葉で異所的に発現するイネ突然変異体の解析2、日本育種学会第112回講演会、鶴岡、2007年9月

津田勝利、伊藤幸博、宮尾安藝雄、廣近洋彦、倉田のり:KNOX遺伝子を葉で異所的に発現するイネ突然変異体の解析1、日本育種学会第112回講演会、鶴岡、2007年9月

伊藤幸博、津田勝利、倉田のり:KNOX遺伝子が葉で異所的に発現するイネ突然変異体の解析、第48回日本植物生理学会年会、松山、2007年3月

2006

伊藤幸博、倉田のり:KNOX遺伝子の発現制御に関わるイネ突然変異体の解析、日本分子生物学会2006フォーラム、名古屋、2006年12月

岩田夏子、藤井壮太、鳥山欽哉:イネLD型細胞質雄性不稔性における稔性回復遺伝子Rf2のマッピング、日本育種学会第110回講演会、松山、2006年9月

藤井壮太、小松節子、鳥山欽哉:CW型細胞質雄性不稔イネにおける稔性回復系統特異的なALDH2bの解析、日本育種学会第110回講演会、松山、2006年9月

伊藤幸博、倉田のり:KNOX遺伝子が葉で異所的に発現するイネ突然変異体の解析、日本育種学会第110回講演会、松山、2006年9月

藤井壮太、鳥山欽哉:CW型細胞質雄性不稔イネの成熟葯においてミトコンドリアによる発現制御を受ける核遺伝子の探索、日本植物学会第70回大会、熊本、2006年9月

藤井壮太、小松節子、鳥山欽哉:CW型細胞質雄性不稔系統における核遺伝子発現の網羅的解析、第109回日本育種学会、府中、2006年3月

奥崎文子、角康一郎、清水力、鳥山欽哉:ピリミジニルカルボキシ系除草剤に耐性を示すイネアセト乳酸合成酵素遺伝子の新規変異、第109回日本育種学会、府中、2006年3月

板橋悦子、風間智彦、鳥山欽哉:Ld型およびBo型細胞質雄性不稔イネにおけるミトコンドリアatp6遺伝子の稔性回復遺伝子による転写後制御、第109回日本育種学会、府中、2006年3月

伊藤幸博、倉田のり:KNOX遺伝子が葉で異所的に発現するイネ新奇突然変異体の同定、第47回日本植物生理学会年会、つくば、2006年3月

2005

伊藤幸博、倉田のり:サイトカイニンによるイネKNOXホメオボックス遺伝子の発現誘導、日本遺伝学会第77回大会、東京、2005年9月

風間智彦、鳥山欽哉:イネ稔性回復遺伝子によるミトコンドリアatp6の転写後制御の解析、日本育種学会第107、108回講演会、つくば、2005年8月

藤井壮太、鳥山欽哉:CW型細胞質雄性不稔イネに対する稔性回復遺伝子Rfcwのファインマッピング、日本育種学会第107、108回講演会、つくば、2005年8月

伊藤幸博、Thirumurugan T、三好一丸、倉田のり:イネHAP遺伝子群の同定と機能の多様性、第46回日本植物生理学会年会、新潟、2005年3月

2004

伊藤幸博、倉田のり:サイトカイニンによるイネKNOXホメオボックス遺伝子の発現誘導、第27回日本分子生物学会年会、神戸、2004年12月

伊藤幸博、永口貢、倉田のり:イネのエンハンサートラップ系統の作成とトラップされた遺伝子のクローニング、日本育種学会第106回講演会、津、2004年9月

奥崎文子、鳥山欽哉:キメラプラストを用いたイネALSの部位特異的1塩基置換への葯培養由来カルスの利用、日本育種学会第106回講演会、津、2004年9月

川辺隆大、有泉亨、鳥山欽哉:BaxとAtBI-1をタペート組織で発現させたシロイヌナズナの解析、日本育種学会第106回講演会、津、2004年9月

藤井壮太、鳥山欽哉:CW型細胞質雄性不稔イネにおける稔性回復遺伝子Rfcwのマッピング、日本育種学会第106回講演会、津、2004年9月

白戸陽子、鳥山欽哉、岸谷幸枝:イネにおける乾燥・高温ストレス誘導性転写因子遺伝子の解析、日本育種学会第106回講演会、津、2004年9月

鳥山欽哉:オリゴヌクレオチドを用いた遺伝子ターゲティングによる1塩基置換イネ作出の現状と問題点、第22回日本植物細胞分子生物学会大会、秋田、2004年8月

有泉亨、畠山勝徳、日向康吉、稲継理恵、西田生郎、佐藤修正、加藤友彦・田畑哲之、鳥山欽哉:シロイヌナズナのnef1雄性不稔変異体の解析、第45回日本植物生理学会年会、八王子、2004年3月

伊藤幸博、三好一丸、倉田のり:イネ PLA1 遺伝子過剰発現体の解析、第45回日本植物生理学会年会、八王子、2004年3月

風間智彦、鳥山欽哉:イネ細胞質雄性不稔回復遺伝子によるB-atp6/RNAの転写御制御、第45回日本植物生理学会年会、八王子、2004年3月

2003

伊藤幸博、丹羽康夫、倉田のり:イネのKNOXホメオボックス遺伝子の発現制御、第26回日本分子生物学会年会、神戸、2003年12月

Thirumurugan T, Ito Y, Miyoshi K, Serizawa A, Kurata N:Identification of LEC1-type HAP3 subunit genes, OsHAP3D and OsHAP3E in rice、第26回日本分子生物学会年会、神戸、2003年12月

有泉亨、畠山勝徳、日向康吉、佐藤修正、加藤友彦・田畑哲之、鳥山欽哉:シロイヌナズナ雄性不稔変異体faceless pollen-1は滑らかな花粉表面とアセトリシス処理に感受性なエキシンを持つ、日本育種学会第104回講演会、神戸、2003年9月

武藤景子、森田竜平、鳥山欽哉:イネに導入したトランスポゾンDs-GUS T-DNAと転移したDs-GUSの挿入位置の解析、日本育種学会第104回講演会、神戸、2003年9月

奥崎文子、鳥山欽哉:キメラプラストを用いた遺伝子ターゲティングによるALS一塩基置換イネの作出、日本育種学会第104回講演会、神戸、2003年9月

奥崎文子、鳥山欽哉:キメラRNA・DNAオリゴヌクレオチドを用いたイネアセト乳酸合成酵素遺伝子の部位特異的改変、第21回植物細胞分子生物学会大会、高松、2003年8月

風間智彦、鳥山欽哉:イネ稔性回復遺伝子(Rf-1)はPPRモチーフをコードし、ミトコンドリアRNAのプロセッシングに関与する、第21回日本植物細胞分子生物学会大会、高松、2003年8月

2002

伊藤幸博、三好一丸、ティルムルガン、倉田のり:イネのHAP3サブユニット遺伝子群の解析、第25回日本分子生物学会年会、横浜、2002年12月

伊藤幸博、ティルムルガン、三好一丸、永口貢、倉田のり:イネのエンハンサートラップ系統の作成と選抜、日本育種学会第102回講演会、帯広、2002年8月

倉田のり、三好一丸、伊藤幸博、永口貢、野々村賢一、山崎由紀子、長戸康郎:イネ発生学データベースの構築:形態とセルマーカーによる発生ステージの分類、日本育種学会第102回講演会、帯広、2002年8月

森田竜平、横井修司、高瀬尚文、平塚和之、鳥山欽哉:減数分裂特異的遺伝子のプロモーターを用いたイネにおけるDs転移の誘導、日本育種学会第102回講演会、帯広、2002年8月

2001

伊藤幸博、永口貢、倉田のり:イネのエンハンサートラップ系統の作成と選抜、第24回日本分子生物学会年会、横浜、2001年12月

守口和基、伊藤幸博、山崎由紀子、倉田のり:酵母核輸送トラップ(NTT)システムによるイネ核タンパク質の大量スクリーニング、第24回日本分子生物学会年会、横浜、2001年12月

伊藤幸博、永口貢、倉田のり:イネのエンハンサートラップ系統の作成、日本育種学会第100回講演会、福岡、2001年10月

Ahn B-O、三好一丸、伊藤幸博、伊藤純一、長戸康郎、倉田のり:イネヘテロクロニー突然変異体pla1遺伝子のポジショナルクローニング、日本育種学会第100回講演会、福岡、2001年10月

守口和基、伊藤幸博、山崎由紀子、倉田のり:酵母核輸送トラップ(NTT)システムを用いたイネ核タンパク質の大量スクリーニング、日本育種学会第100回講演会、福岡、2001年10月

有泉亨、岸谷幸枝、稲継理恵、西田生郎、村田紀夫、鳥山欽哉(2001)GPAT遺伝子導入による不飽和脂肪酸の増加はイネ幼苗の耐冷性を増強する、育種学研究3(別2)97

岩崎杏、井手武、高岩文雄、鳥山欽哉(2001)形質転換イネ胚乳におけるスギ花粉アレルゲンCry j1の生産、育種学研究3(別2)91

風間智彦、岡正明、鳥山欽哉(2001)細胞質雄性不稔イネにおける稔性回復遺伝子Rf-1に密に連鎖したDNAマーカーの開発、育種学研究3(別2)24

伊藤幸博、永口貢、倉田のり:イネのエンハンサートラップ系統の作成、日本遺伝学会第73回講演会、東京、2001年9月

安倍史高、岸谷幸枝、鳥山欽哉(2001)耐冷性を異にするイネ品種間におけるalternative oxidase遺伝子発現の差異、育種学研究4(別1)35

2000

伊藤幸博、永口貢、倉田のり:イネのエンハンサートラップ系統の作成、第23回日本分子生物学会年会、神戸、2000年12月

伊藤幸博、倉田のり:イネの KN1 型ホメオボックス遺伝子の発現制御、日本育種学会第98回講演会、弘前、2000年9月

有泉亨、岸谷幸枝、鳥山欽哉 (2000) ホウレンソウのグリセロール-3-リン酸アシル基転移酵素遺伝子導入イネの作出と耐冷性評価、育種学研究2(別2)105

中川裕子、町田千代子、町田泰則、鳥山欽哉 (2000) トランスポゾンDsとR・RS部位特異的組換え因子を利用したイネ染色体の欠失、育種学研究2(別2)86

1999

伊藤幸博、倉田のり:イネのホメオボックス遺伝子間の発現ネットワーク、第22回日本分子生物学会年会、福岡、1999年12月

伊藤幸博、倉田のり:イネのホメオボックス遺伝子の発現制御、日本育種学会第96回講演会、岡山、1999年10月

森田竜平、中川裕子、鳥山欽哉 (1999) エンハンサートラップ用のトランスポゾンを導入した形質転換イネの作出と転移と検出、育種学会 要旨集 p59

安倍史高、岸谷幸枝、鳥山欽哉 (1999) alternative oxidase遺伝子を過剰発現させた形質転換イネの作出、育種学会 要旨集 p58

中川裕子、町田千代子、町田泰則、鳥山欽哉 (1999) 酵母R/RSシステムを用いたイネ細胞における部位特異的組換えの検出、育種学会 要旨集 p17

岡田崇、鳥山欽哉 (1999) タバコ(Nicotiana tabacum)の葯特異的カルシウム結合タンパク質遺伝子の単離と解析、育種学会 要旨集 p11

1998

堀江真紀子、蓼沼磨貴、三橋貴子、伊藤幸博、松本邦男、西村昭子:ポスト・ゲノム解析「温度感受性変異体バンクを用いた大腸菌遺伝子機能の網羅的解析」、第21回日本分子生物学会年会、横浜、1998年12月

伊藤幸博、倉田のり:イネのホメオボックス遺伝子の過剰発現の影響、日本育種学会第94回講演会、盛岡、1998年9月

大橋義孝、鳥山欽哉(1998)Boro型細胞質雄性不稔イネの稔性回復系統に特異的な葯cDNAの解析、育種学会 要旨集 p186

高崎剛志、畠山勝徳、横山ルミ、渡辺正夫、鳥山欽哉、日向康吉(1998)アンチセンスS糖タンパク質(SLG)遺伝子を導入した形質転換Brassica rapaの解析、育種学会 要旨集 p183

田辺真紀子、泉井桂、鳥山欽哉(1998)C4型トウモロコシのPEPC遺伝子を発現させたC3-C4中間型Moricandia arvensisの解析、育種学会 要旨集 p123

佐々木陽子、岩野恵、松田成美、鈴木剛、渡辺正夫、磯貝彰、鳥山欽哉(1998)形質転換ブラシカにおいてタペート特異的に発現させたSLGタンパク質の局在、育種学会 要旨集 p182

中川裕子、町田千代子、町田泰則、鳥山欽哉 (1998)トランスポゾンAc/Ds導入イネのF2におけるDs転移頻度、育種学会 要旨集 p16

横井修司、鳥山欽哉 (1998)シロイヌナズナのグリセロール三リン酸アシル基転移酵素遺伝子を導入したイネにおける穂ばらみ期耐冷性の評価、育種学会 要旨集 p296

中川裕子、町田千代子、町田泰則、鳥山欽哉 (1998)アグロバクテリウム法によるイネへのトランスポゾンAc/Dsの導入、育種学会 要旨集 p179

1997

伊藤幸博、永口 貢、倉田のり:イネ初期胚発生におけるホメオボックス遺伝子の発現パターン、第20回日本分子生物学会年会、京都、1997年12月

伊藤幸博、倉田のり:イネ初期胚発生過程でのホメオボックス遺伝子の発現パターン、日本育種学会第92回講演会、鳥取、1997年10月

永口 貢、伊藤幸博、倉田のり:イネ再生植物体形成過程における遺伝子発現の解剖学、日本育種学会第92回講演会、鳥取、1997年10月

横井修司、東正一、岸谷幸枝、鳥山欽哉、村田紀夫(1997)シロイヌナズナAT1遺伝子を導入したイネにおける脂肪酸の不飽和化と光合成能力の低温耐性、育種学会 要旨集 p96

渡辺正夫、鈴木剛、鳥山欽哉、高山誠司、磯貝彰、日向康吉(1997)自家不和合性Brassica campestrisにおけるSLGの下流に存在し、葯で発現している遺伝子について、育種学会 要旨集 p20

安倍史高、北柴大泰、岸谷幸枝、鳥山欽哉(1997)イネの葯で発現するAlternative oxidase遺伝子のcDNAクローニング、育種学会 要旨集 p17

鈴木剛、渡辺正夫、甲斐直子、鳥山欽哉、磯貝彰、日向康吉(1997)アブラナ科自家不和合性遺伝子SLG・SRKを含む74kb断片の人工染色体へのクローニング、育種学会 要旨集 p19

岡田崇、渡辺正夫、鳥山欽哉(1997)葯特異的カルシウム結合タンパク質Bra r Iの局在と花粉管伸長への関与、育種学会 要旨 p14

1996

伊藤幸博、森島啓子、倉田のり:イネ初期胚で発現するホメオボックス遺伝子の単離、日本育種学会第90回講演会、仙台、1996年9月

松田成美、土屋亨、岸谷幸枝、竹内敦子、鳥山欽哉(1996)CHS cDNAをタバコの葯で発現させたときの花粉稔性の減少、育種学会 要旨集 p137

花岡和徳、岡田崇、渡辺正夫、鳥山欽哉、日向康吉(1996)Brassicaの花粉表層タンパク質をコードするcDNAのクローニング、育種学会 要旨 p47

佐々木陽子、岡田崇、鳥山欽哉、日向康吉(1996)トランスジェニックナタネとタバコにおけるブラシカ花粉アレルゲン遺伝子 (Bra rI) のプロモーター活性、育種学会 要旨集 p46

北柴大泰、北沢絵里奈、岸谷幸枝、鳥山欽哉(1996)アンチセンス Alternative oxidase (Aox)遺伝子をタペート細胞特異的に発現させた形質転換タバコの雄性不稔性、育種学会 要旨集 p11

横井修司、土屋亨、鳥山欽哉、日向康吉:アグロバクテリウム法を用いたイネへの遺伝子導入とタペート細胞特異的プロモーターによるGUS遺伝子の発現解析、第37回日本植物生理学会年会、鹿児島、1996年3月

1995

北柴大泰、渡辺正夫、鳥山欽哉、日向康吉 (1995) Brassica campestris から単離したTat binding protein 1 (TBP1) 様遺伝子の解析、植物分子生物学シンポジウム講演要旨 p26

岡田崇、鳥山欽哉、渡辺正夫 (1995) Brassica属の葯特異的カルシウム結合タンパク質をコードするcDNAの単離と解析、植物分子生物学シンポジウム講演要旨 p25

鈴木剛、渡辺正夫、鳥山欽哉、磯貝彰、日向康吉(1995)自家不和合性 Brassica campestrisにおけるS-multigene family、植物分子生物学シンポジウム講演要旨 p24

Rashid H, Yokoi S, Toriyama K, Hinata K (1995) Production of transgenic plants mediated by Agrobacterium in indica rice、日本育種学会講演要旨 育雑 45(別2)p54

1994

伊藤幸博、坂野弘美、日向康吉、町田泰則:タバコ膜結合型プロテインキナーゼNPK15の機能解析とその関連遺伝子の単離、第17回日本分子生物学会年会、神戸、1994年12月

伊藤幸博、高田真典、坂野弘美、日向康吉、町田泰則:タバコ膜結合型プロテインキナーゼNPK15の機能解析とその関連遺伝子の単離、日本育種学会第86回講演会、宮崎、1994年10月

土屋亨、鳥山欽哉、吉川正明、土岐精一、江尻慎一郎、日向康吉 (1994) タペート細胞特異的にβ- 1,3-エンドグルカナーゼを発現させた形質転換タバコの雄性不稔、日本育種学会講演要旨 育雑 44(別2)40

松田成美、土屋亨、岸谷幸枝、田中喜之、鳥山欽哉 (1994) PAL cDNAをタバコの葯で発現させた場合 における稔花粉数の低下、日本育種学会講演要旨 育雑 44(別2)39

鈴木剛、渡辺正夫、鳥山欽哉、磯貝彰、日向康吉 (1994) 自家不和合性Brassica campestrisにおけるS-mutigene family、日本育種学会講演要旨 育雑44(別2)31

北柴大泰、岩井孝尚、鳥山欽哉、渡辺正夫、日向康吉(1994) Brassica campestrisの花芽分化茎頂 部から単離したcDNAクローンの解析、 日本育種学会講演要旨 育雑44(別2)30

町田泰則、坂野弘美、柴田渉、平野敬子、西浜竜一、宇佐美昭二、伊藤幸博:植物のマップキナーゼカスケードの研究とその周辺領域、第67回日本生化学会大会、大阪、1994年9月

宇佐美昭二、坂野弘美、伊藤幸博、町田泰則:傷により活性化されるタバコ46-kDaキナーゼの解析、第67回日本生化学会大会、大阪、1994年9月

伊藤幸博、高田真典、坂野弘美、松岡健、中村研三、日向康吉、町田泰則:タバコプロテインキナーゼNPK15の膜局在性と基質特異性、第16回日本分子生物学会年会、千葉、1993年12月

< 論文 >   < 著書 >   < 国際学会 >   < 国内学会 >   < 小中高との連携 >   < 受賞 >   < その他 >