Top / 2013
2013

過去のお知らせと更新情報

2013-12-12
当研究室に進学を考えている方への「学会等での様子」を更新!
「7th International Rice Genetics Symposium(マニラ、2013年)」を追加しました。
2013-12-12
当研究室に進学を考えている方への「学会等での様子」を更新!
「日本育種学会第126回講演会(鹿児島、2013年)」を追加しました。
2013-12-10
メンバーの写真を更新!
2013-11-26
細胞質雄性不稔性を用いて人工気象機内のイネの促成栽培を改良!
人工気象機内のイネの促成栽培では、交配で得られる種子の数が非常に少ないという問題がありましたが、細胞質雄性不稔性を用いることで、この問題を解決しました。これにより、短期間でこれまで以上の交配種子を得ることができます。この成果は、Molecular Breeding誌に掲載されました。
Ohnishi et al (2013) Mol Breeding 32, 831-839
2013-10-22
高校生向け講義の紹介!
伊藤 幸博准教授の科学者の卵養成講座での講義の様子が人材育成情報誌「オガーレ! vol 17」に掲載されました。「日本初 女子大学生誕生から100年 みやぎの「リケジョ」」の中で紹介されています。
2013-10-16
リグニン量を減らしたイネを開発!
ラッカーゼをセルロース結合ドメインと融合させてイネで発現させることにより、稲わらのリグニン量を減少させることに成功しました。この成果はJournal of Bioscience and Bioengineering誌に掲載されました。
Furukawa et al (2013) J Biosci Bioeng 116, 616-619
2013-09-25
イネの細胞質雄性不稔性の新たな原因遺伝子を発見!
野生イネOryza rufipogonにイネ品種台中65号を連続戻し交配して作成された細胞質雄性不稔系統のミトコンドリアゲノムを解析し、雄性不稔性の原因と考えられる遺伝子を見出しました。この成果はPlant Cell Physiology誌に掲載されました。
Okazaki et al (2013) Plant Cell Physiol 54, 1560-1568
2013-09-14
当研究室に進学を考えている方への「学会等での様子」を更新!
「第31回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(札幌、2013年)」を追加しました。
2013-08-27
河北新報・科学の泉に記事連載!
鳥山 欽哉教授が執筆した「花粉の不思議」が8月27日から9月1日まで河北新報「科学の泉」に掲載されます。花粉アレルゲンや細胞質雄性不稔性の話がわかりやすく紹介されます。
花粉の不思議(1)細胞壁分解助けるタンパク質
花粉の不思議(2)アレルゲンの実体を解明
花粉の不思議(3)運命決めるミトコンドリア
花粉の不思議(4)コピー作れぬハイブリッド
花粉の不思議(5)精細胞から植物体再生
花粉の不思議(6完)寒さに強い花粉、夢の途中
2013-08-22
高校生向け講義の紹介!
伊藤 幸博准教授の科学者の卵養成講座での講義の様子が人材育成情報誌「オガーレ! vol 15」に掲載されました。
2013-07-16
QRコードを作成!
このページのQRコードを作成しました。(QRコードは(株)デンソーウエーブの登録商標です。)
2013-07-12
おコメちゃんページ誕生!
おコメちゃんの写真を載せたページを作成しました。
2013-06-10
当研究室に進学を考えている方への「卒業後の進路」を更新!
卒業後の就職先を追加しました。
2013-04-17
平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞!
伊藤幸博准教授が平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(科学技術賞、理解増進部門)を受賞しました。
2013-04-02
当研究室に進学を考えている方へ」の「卒論、修論、博論のテーマ」を更新!
2012年度の博論、修論、卒論のテーマを加えました。
2013-04-01
メンバーを更新!
2013-03-28
総長教育賞を受賞!
科学者の卵養成講座」実施運営委員会が東北大学総長教育賞を受賞しました。
2013-03-25
当研究室に進学を考えている方への「学会等での様子」に「第54回日本植物生理学会年会(岡山、2013年)」を追加しました。
2013-02-27
イネの細胞質雄性不稔性の新たな原因遺伝子を発見!
イネ品種台中65号と野生イネOryza rufipogonの連続戻し交配で作成された細胞質雄性不稔系統のミトコンドリアゲノムを解析し、雄性不稔性の原因と考えられる遺伝子を見出しました。この成果はPlant Cell Physiology誌に掲載されました。
Igarashi et al (2013) Plant Cell Physiol 54, 237-243
2013-02-21
イネのミトコンドリアゲノム配列を再決定!
矛盾が見られたイネ品種日本晴のミトコンドリアゲノムの塩基配列を調べ直し、正確な配列を決定しました。この成果はRice誌に掲載されました。
Toda and Toriyama (2013) Rice 6, 2 (Open access)
2013-02-12
イネの発生に必要な新しい遺伝子を発見!
イネのシュート発生の突然変異体を解析し、極長鎖脂肪酸が表皮の発生に重要な役割を果たし、表皮がシュート全体の発生に重要な組織であることを見出しました。この成果はPlant Cell Physiology誌に掲載されました。
Tsuda et al (2013) Plant Cell Physiol 54, 209-217 (Open access)
2013-01-22
イネのウンカ耐性を向上!
ナガイモのレクチンを発現させるとイネのウンカ耐性が強くなることを発見しました。この成果はPlant Biotechnology誌に掲載されました。
Yoshimura et al (2012) Plant Biotech 29, 501-504