Top / 2014
2014

過去のお知らせと更新情報

2014-12-10
当研究室に進学を考えている方への「学会等での様子」を更新!
「12th International Symposium on Rice Functional Genomics(ツーソン、2014年11月)」と「第37回日本分子生物学会年会(横浜、2014年11月)」を追加しました。
2014-12-03
イネの細胞質雄性不稔性の新たな稔性回復遺伝子を発見!
イネWA型細胞質雄性不稔性の稔性回復遺伝子を同定し、雄性不稔の原因遺伝子の転写産物量を減少させることにより稔性を回復させていることを明らかにしました。この成果はRice誌に掲載されました。
Kazama and Toriyama (2014) Rice 7, 28
2014-10-28
当研究室に進学を考えている方への「学会等での様子」を更新!
「日本育種学会第128回講演会(都城、2014年9月)」に写真を追加しました。
2014-10-14
当研究室に進学を考えている方への「学会等での様子」を更新!
「日本育種学会第128回講演会(都城、2014年9月)」を追加しました。
2014-10-07
鳥山欽哉教授のインタビュー記事!
鳥山欽哉教授がインタビューを受けた記事が東北大生協TCCに掲載されました。学生時代から現在に至るまでの研究等が紹介されています。
2014-10-07
細胞質雄性不稔性の稔性回復遺伝子と相互作用する因子を発見!
イネのLD型細胞質雄性不稔性の稔性回復遺伝子がコードするタンパク質と相互作用し、ミトコンドリアに局在するタンパク質を同定しました。稔性回復の仕組みの解明につながることが期待されます。この成果はRice誌に掲載されました。
Fujii et al (2014) Rice 7, 21
2014-09-08
伊藤幸博准教授が11月2日(日)に第66回東北大学祭で模擬講義を行います。タイトルは「DNAと遺伝子組換え植物」です。
2014-08-27
当研究室に進学を考えている方への「学会等での様子」を更新!
「第32回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(盛岡、2014年8月)」を追加しました。
2014-09-22
伊藤幸博准教授が10月11日(土)に東北大学飛翔型「科学者の卵養成講座」研究基礎コースの講師を務めます。講義のタイトルは「DNAと遺伝子組換え植物」です。
2014-07-31
プロトコールを掲載!
ミトコンドリア高度精製法を掲載しました。
2014-07-28
オープンキャンパスで模擬講義!
7月30日(水)、31日(木)に開催されるオープンキャンパスで鳥山 欽哉教授が模擬講義を行います。
2014-06-09
稲わらの糖化性の向上に関する総説!
遺伝子組換え技術を用いた稲わらの糖化性の向上に関する総説が日本エネルギー学会誌に掲載されました。
伊藤幸博、園木和典(2014)イネにおけるバイオテクノロジー、日本エネルギー学会誌 第93巻5号 423-428
2014-06-02
メンバーの写真を更新!
2014-05-12
稲わらの糖化性を向上!
セルラーゼを老化期特異的に発現させると、稲わらの酵素糖化性が向上することを明らかにしました。バイオ燃料の効率的生産と稲わらの有効利用につながることが期待されます。この成果はTransgenic Research誌に掲載されました。
Furukawa et al (2014) Transgenic Res 23, 531-537
2014-04-02
当研究室に進学を考えている方へ」の「卒論、修論、博論のテーマ」と「卒業後の進路」を更新!
2013年度の修論、卒論のテーマと卒業後の就職先を追加しました。
2014-04-01
メンバーを更新!
2014-03-27
農学研究科長賞を受賞!
五十嵐圭介(修士2年)が「東北大学農学研究科長賞」を受賞しました。
2014-01-22
イネの発生に必要な新しい遺伝子を発見!
イネのシュート発生の突然変異体を解析し、長鎖脂肪酸合成に関わる遺伝子がシュートの発生に重要な役割を果たすことを見出しました。この成果はPlant Cell Physiology誌に掲載されました。
Akiba et al (2014) Plant Cell Physiol 55, 42-51 (Open Access)
2014-01-14
イネのミトコンドリア遺伝子の翻訳効率に5'非翻訳領域が関与することを提唱!
イネのミトコンドリア遺伝子のmRNAの翻訳効率が5'非翻訳領域の不均質さに依存する可能性を見出しました。この成果は、Frontiers in Plant Science (Plant Physiology) 誌に掲載されました。
Kazama et al (2013) Front Plant Sci (Plant Physiol) 4, 517