大学院

生物海洋学分野

研究内容紹介

プランクトンやベントスを始めとする低次生産層の生物は、海洋生態系の生産を支えると同時に、地球環境の形成、維持、変動に深く関わっている。そのため私たちの研究室では、海洋生物資源の永続的利用という水産学的観点からだけでなく、海洋生態系の構造と機能を解き明かすという生物海洋学的興味や、地球温暖化防止に関する基礎的知見の蓄積も視野に入れてプランクトンとベントスを研究している。研究海域は女川湾のような宮城県の沿岸水域はもとより、三陸沖海域、北大西洋、北極海や南極海に及んでいる。なかでも沿岸域における原生生物や微細動植物プランクトン群集の生物量や種組成の季節変化と経年変化、オキアミ類の生活史や生態、付着性繊毛虫の生物学、南極海域における二枚貝の成長、ベントス群集の生物量や種組成の季節変化と経年変化、多毛類の生活史と生態、穿孔性多毛類の分類と分子生態学、渦鞭毛藻の増殖生理と分子生態学、二枚貝幼生の分類と生態などの研究で多くの成果をあげている。これらの研究は北海道大学、東京海洋大学、岩手県、米国ウッズホール海洋研究所、ノルウェー海洋研究所、ウクライナシュマルハウゼン動物学研究所、タイチュラロンコン大学、南アフリカステレンボッシュ大学、中国海洋大学、韓国仁荷大学等との共同研究として行われている。

分野ホームページ

キーワード

プランクトン、ベントス、生活史、生態学、分類学、生物海洋学、微生物環、食物連鎖

スタッフ紹介

  • 写真:大越 和加
    教授 大越 和加(Professor Waka SATO-OKOSHI)
    • 専門分野

      多毛類生態学、生物海洋学

    • Tel

      022-757-4243

    • Fax

      022-757-4246

    • E-mail

      waka.sato-okoshi.d3*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      東北大学農学部水産学科卒、同大学院農学研究科博士課程後期課程修了(水産学専攻)、千葉県立中央博物館主任技師、東北大学大学院農学研究科助教を経て現在に至る。

    • 一言

      太平洋から南極海まで、浅海から深海まで海洋はグローバルにつながっています。時空を意識し、広い視野を持ち、海洋の世界を探求しようと思います。

  • 写真:西谷 豪
    助教 西谷 豪(Assistant Professor Goh NISHITANI)
    • 専門分野

      海洋植物プランクトンの増殖生理、分子生態学

    • Tel

      022-757-4247

    • Fax

      022-757-4246

    • E-mail

      goh.nishitani.e5*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      広島大学生物生産学部卒、京都大学大学院農学研究科修士・博士課程修了(応用生物科学専攻)、瀬戸内海区水産研究所赤潮環境部研究等支援職員、任期付研究員を経て現在に至る。

    • 一言

      プランクトンは肉眼で姿を確認することができないほど小さな生き物ですが、魚介類の生産を支えている重要な生物群です。プランクトンが海洋中で果たす役割を少しずつ解明していきたいと考えています。

ページの上部へ戻る