大学院

活性分子動態分野

研究内容紹介

「有機化学、分子細胞生物学、創薬科学などの専門領域を複数活用するいわゆる学際研究の研究室です。具体的には、健康寿命の延長を最終目標にした生体機能分子のケミカルバイオロジー研究を実施し、疾患に関連するタンパク質の存在量を減少させる生体機能分子の開発や、ケミカルバイオロジー的な手法を用いた生体機能分子の作用メカニズム解明、生体機能分子の体内動態を改善する分子設計の提案などを目指します。例えば、難病である神経変性疾患の原因タンパク質を分解誘導する化合物の創製研究などを行っています。

分野ホームページ

キーワード

ケミカルバイオロジー、生物有機化学、創薬化学、医薬分子設計、タンパク質分解、druglike、水溶性

スタッフ紹介

  • 写真:石川 稔
    教授 石川 稔(Professor Shinjiro YAMAGUCHI)
    • 専門分野

      創薬化学、ケミカルバイオロジー 、生物有機化学

    • Tel

      022-217-6197

    • E-mail

      minoru.ishikawa.e4*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      東京工業大学生命理工学部卒業、同大学大学院生命理工学研究科修士課程修了、明治製菓株式会社(現Meiji Seikaファルマ株式会社)研究員、この間東京大学博士(薬学)取得、東京大学分子細胞生物学研究所助教、同講師、同准教授を経て、2019年より現職(生命科学研究科)。

    • 一言

      有機合成化学、創薬化学、分子細胞生物学などの専門領域を複数活用し、各自が分子設計、有機合成、分子細胞生物実験を担当し、生命科学研究において貴重な二刀流の研究者を目指します。ライフサイエンス研究において貴重な有機化学と生物学の二刀流の研究者になりたい人、生体機能分子の分子メカニズム・類縁体合成・薬学的利用に興味のある人、新しい研究を始めたい人、ケミカルバイオロジーに将来性を感じる人、産業応用を直視した研究をしたい人、一緒に研究しませんか?

ページの上部へ戻る