大学院

動物微生物学分野

研究内容紹介

当分野が目指すものは、「細菌の利用、細菌との共存、細菌との闘い」です。バイオテクノロジー技術を駆使し、有用細菌の機能特性を基礎的な面から研究しています。一方、病原細菌に対しては薬剤耐性菌の分子遺伝学を中心とした研究や自然免疫などの宿主応答を視野に入れた病原微生物制御に関する新規物質の開発や応用を行っています。
1.乳酸菌群の代謝特性
2.工業微生物の代謝工学
3.微生物における代謝産物の細胞外排出機構の解析
4.抗生物質耐性菌の新規標的分子の探索
5.自然免疫の一翼を担う抗菌ペプチドの構造と活性

分野ホームページ

キーワード

細菌、人獣共通感染症、大腸菌、乳酸菌、緑膿菌、黄色ブドウ球菌、ルーメン、遺伝子工学、代謝工学、抗生物質・抗菌物質、代謝産物の排出機構

スタッフ紹介

  • 写真:米山 裕
    教授 米山 裕(Professor  Hiroshi YONEYAMA)
    • 専門分野

      応用微生物学、動物微生物学

    • Tel

      022-757-4364

    • Fax

      022-757-4365

    • E-mail

      hiroshi.yoneyama.a4*tohoku.ac.jp (*を@に換えてください)

    • 経歴

      東北大学大学院農学研究科博士前期課程修了後、協和発酵工業株式会社入社、医薬研究所にて抗生物質の開発研究に携わる。その後、東海大学医学部細胞情報科学教室に着任し、緑膿菌の外膜透過性・薬剤耐性に関する研究を行い、2000年東北大学大学院農学研究科に着任、現在に至る。

    • 一言

      現在の生命科学の著しい進歩は、扱いが容易な細菌の基礎研究の成果にその多くを負っています。一匹の細胞としての「生きるしくみ」が最も理解されモデル生物とも言われる大腸菌においてさえ、まだまだ分からないことがたくさんあり生命現象の奥深さに驚かされる毎日です。

  • 写真:安藤 太助
    助教 安藤 太助(Assistant Professor Tasuke ANDO)
    • 専門分野

      動物微生物

    • Tel

      022-757-4366

    • Fax

      022-757-4365

    • E-mail

      tasuke.ando.d4*tohoku.ac.jp (*を@に換えてください)

    • 経歴

      東北大学大学院博士課程終了後、同大学農学研究科に着任、現在に至る。

    • 一言

      牛などの草食動物の胃に生息しているある種の微生物は草を消化します。もし微生物がいなくなれば、それは命にかかわることになります。フローラって大事!!!

ページの上部へ戻る