大学院

分子酵素学分野

研究内容紹介

酵素・タンパク質は、私たちの生命・健康を維持し、多様な生物の機能に関わる重要な働きをしています。また、微生物の代謝や発酵過程では、酵素の働きを借りて様々な有用物質を生み出すことができます。当分野では、特に「生物の特殊機能」や「疾病」に関わる酵素・タンパク質の構造と機能や分子進化に着目して、研究をおこなっています。例えば、「生物の特殊機能」の一つに生物毒があります。生物がつくり出す毒は、選択性が非常に高く、高機能なため、どれも創薬にとっては宝の山なのですが、生物はどのように毒を産み出してきたのでしょうか?我々は、ベノミクス研究(毒のマルチオミクス研究)により、毒の進化の秘密に迫っています。その他、真珠バイオミネラリゼーションや抗生物質生合成系など「生物の特殊機能」の解明を目指しています。また、アルツハイマー病のヒトγセクレターゼによるアミロイドβの生成を酵母や培養細胞により再現させ、その分子機構の解明や治療薬に結びつく阻害剤のスクリーニングなど「疾病」に関わる酵素の機能、分子機構の解明に取り組んでいます。X線結晶構造解析によるタンパク質の立体構造解析、試験官内での生化学的手法、マルチオミクス解析、酵母や培養細胞での細胞生物学的手法を駆使して、酵素・タンパク質を基礎にした新たなバイオマテリアルや創薬への展開、有用物質生産のための改変酵素や新規分子プローブの開発などの研究と教育を行っています。

分野ホームページ

キーワード

アルツハイマー、酵素、生物毒、タンパク質、バイオミネラリゼーション、分子進化、ベノミクス、メタロプロテアーゼ、レクチン、γセクレターゼ、アミロイドβ、X線構造解析

スタッフ紹介

  • 写真:小川 智久
    教授 小川 智久(Professor Tomohisa OGAWA)
    • 専門分野

      タンパク質科学,タンパク質工学,酵素化学,細胞生物学

    • Tel

      022-757-4341

    • Fax

      022-757-4343

    • E-mail

      tomohisa.ogawa.c3*tohoku.ac.jp (*を@に換えてください)

    • 経歴

      九州大学理学部化学科卒、九州大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了(博士(理学))、日本学術振興会特別研究員、九州大学理学部助手、東北大学農学部助教授、大阪大学蛋白質研究所客員助教授(2002〜2004年)、東北大学学際科学研究国際高等研究センタープログラムリーダー(2004〜2009年)、東北大学大学院生命科学研究科准教授を経て2020年4月から現職。

    • 一言

      多様な考え方,ものの見方,研究方法がうまく融合すれば,ユニークな新しい研究に繋がると思っています。タンパク質・酵素を素材に,構造,機能,進化から新素材,機能性物質への応用まで様々な切り口でチャレンジして(時に産みの苦しみもありますが),新しい発見や驚きなど『研究』を楽しんでいます。ぜひ一緒に研究を楽しみましょう。

  • 写真:二井 勇人
    准教授 二井 勇人(Associate Professor Eugene FUTAI)
    • 専門分野

      認知症発症機構の研究、蛋白質輸送機構の研究

    • Tel/Fax

      022-757-4347

    • E-mail

      eugene.futai.e1*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      東京大学農学部農芸化学科卒、東京大学院農学生命科学研究科博士課程修了(博士(農学))、日本学術振興会特別研究員、American Cancer Society研究員、カリフォルニア大学バークレー校博士研究員、東京大学大学院総合文化研究科助教を経て2010年から現職。

    • 一言

      酵母や哺乳類細胞を使った解析、プロテアーゼの構造と機能の解析から、認知症やパーキンソン病の発症機構に迫りたいと考えています。発症の原因と考えられる凝集性蛋白質(アミロイドβなど)の生成過程を標的とした治療薬を開発し、社会に貢献したいです。
      詳しくはこちらのHPへ https://www.agri.tohoku.ac.jp/enzyme-futai/HOME.html

  • 写真:日髙 將文
    助教 日髙 將文(Assistant Professor  Masafumi HIDAKA)
    • 専門分野

      タンパク質のX線結晶構造解析

    • Tel

      022-757-4344

    • Fax

      022-757-4345

    • E-mail

      masafumi.hidaka.a4*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      東京大学農学部応用生物化学科卒、同大大学院農学生命科学研究科修士課程および博士課程修了、農研機構・食品総合研究所(学術振興会特別研究員)、東京大学特任研究員、東北大学博士研究員を経て2011年から現職。

    • 一言

      タンパク質・酵素の研究を通して、様々な生命現象を解明していきたいです。

ページの上部へ戻る