大学院

家畜生産機能開発学(寄附講座)分野

研究内容紹介

近年、育種選抜による遺伝的改良と栄養条件など飼養環境の改善により家畜の能力は劇的に高まってきている。一方で、従来は改良が困難とされていた繁殖能力や抗病性の改良が課題となってきている。そこで、本寄附講座では、家畜育種学と動物の生体機構を解明する生理学を、応用性の高い有用な学問として新規に体系化・構築し、実際の畜産業に貢献するための研究と教育を行っている。
応用統計解析研究部門では、肉質を重視し、生産子豚数を増加させる改良手法の研究を行う。そのため、肉質と生産子豚数の育種価の推定と選抜方法の研究を行っている。さらに、一塩基多型(SNP)情報によるゲノム育種価推定と利用方法に関する研究にも取り組んでいる。 家畜機能開発研究部門では、牛、豚を対象とし、海草、甘草、脂肪酸などの未利用飼料添加物の作用効果の解明、家畜子動物生産の飛躍的増進技術開発を目的とした初乳、代用乳および人工乳の改変・給与法の改善などの研究教育を進めている。さらに、抗病性家畜の生物学的・分子生物学的解明、美味しい肉質の黒毛和種牛肉成分の特定、、糞尿処理技術開発などの研究教育も進めている。

分野ホームページ

キーワード

育種改良、生理的機能解析、繁殖能力、抗病性、未利用資源

スタッフ紹介

  • 写真:鈴木 啓一
    教授 鈴木 啓一(Professor Keiichi SUZUKI)
    • 専門分野

      動物遺伝育種学

    • Tel/Fax

      022-757-4352

    • E-mail

      keiichi.suzuki.c6*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      東北大学農学部卒業、同大学院農学研究科修了、宮城県畜産試験場総括研究員、東北大学大学院農学研究科動物遺伝育種学分野助教授、教授を経て現在に至る。

    • 一言

      家畜の遺伝的生産能力を高めるためには統計遺伝学的手法が強力で有効な手法だとあらためて認識しています。豚の生産効率を高めるための育種改良など農業の生産現場を出口とした研究課題を中心に進めております。

  • 写真:盧 尚建
    准教授(兼) 盧 尚建(Associate Professor Sanggun ROH)
    • 専門分野

      動物生理科学

    • Tel/Fax

      022-757-4122

    • E-mail

      sanggun.roh.a3*tohoku.ac.jp (*を@に換えてください)

    • 経歴

      韓国ソウル大学校農業科学大学畜産学科卒業・同大学農業生命大学大学院修士課程(動物資源科学専攻)修了、岩手大学大学院連合農学研究科(生物生産科学専攻)博士課程修了、Prince Henry's Institute of Medical Research博士研究員、信州大学農学部准教授、2009年4月から東北大学農学研究科動物生理科学准教授に着任。

    • 一言

      生産現場に貢献できる研究を進めたいです。

  • 写真:加藤 和雄
    客員教授 加藤 和雄(Visiting Professor Kazuo Katoh)
    • 専門分野

      動物生理科学

    • Tel/Fax

      022-757-4352

    • E-mail

      kazuo.kato.b5*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      東北大学農学部卒業、同大学院農学研究科修了、山形大学医学部助手、東北大学大学院農学研究科動物生理科学分野助教、助教授、教授を経て現在に至る。

    • 一言

      家畜の生産性を高めるために、今まで蓄積した基礎的知識を生産科学へとアウフヘーベンしたいと考えています。

ページの上部へ戻る