大学院

生物制御機能学分野

研究内容紹介

昆虫は地球上の全動物種の9割以上を占める最大の動物群であり、生態系の中で必要不可欠な役割を担っている。私たちの研究室では、この昆虫を材料に主に以下の二つの内容について研究を行っている。ひとつは、昆虫の行動をコントロールする化学物質の解明である。昆虫の行動にはさまざまな化学物質が関与しているが、食植性昆虫が餌植物を探索、摂食していく過程において、植物に含まれる化学物質が行動を決定するための情報として利用されている。私たちの研究室では昆虫を誘引あるいは忌避する植物香気物質や昆虫の摂食を刺激あるいは阻害する植物中の味覚物質の単離・同定を行っている。もう一つは、光が昆虫の生理や行動に与える影響について、基礎的、応用的な研究を行なっている。特に、私たちの研究室が発見した青色光の殺虫効果について、メカニズムの解明や実用技術の開発などを行なっている。これらの化学物質や光を有効利用することにより、農薬に代わる新しい害虫防除技術の開発を目指している。

分野ホームページ

キーワード

昆虫、化学生態学、寄主選択、摂食刺激物質、摂食阻害物質、誘引物質、忌避物質、光殺虫、光防除、青色光

スタッフ紹介

  • 写真:昆野 安彦
    教授 昆野 安彦(Professor Yasuhiko KONNO)
    • 専門分野

      昆虫学

    • Tel

      022-757-4254

    • E-mail

      yasuhiko.konno.e8*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      東京大学農学部農業生物学科卒・同大学大学院農学研究科修士課程修了(博士課程中退)・農業技術研究所、農業環境技術研究所、東北農業試験場の各研究員、東北大学准教授(本分野)を経て現在に至る。

    • 一言

      仙台は歩いて行ける範囲に昆虫のたくさんいる森や川が広がるので、とても良い所だと思っています。

  • 写真:堀 雅敏
    准教授 堀 雅敏(Associate Professor Masatoshi HORI)
    • 専門分野

      応用昆虫学、化学生態学、光防除

    • Tel

      022-757-4255

    • Fax

      022-757-4257

    • E-mail

      masatoshi.hori.a3*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      東北大学農学部農学科卒・同大学大学院農学研究科博士課程前期修了(農学専攻)・日本たばこ産業株式会社研究員、東北大学大学院農学研究科助教を経て現在に至る。日本たばこ産業株式会社在籍時に東京大学で博士(農学)を取得。

    • 一言

      昆虫の行動は単純なようで複雑です。そこが研究材料としての昆虫の魅力の一つです。また、化学物質や光は昆虫が利用する情報の中できわめて重要な役割を演じております。言葉は通じなくても、それらを利用することにより彼らの行動を自在に操ることができるようになるかもしれません。

  • 写真:長澤 淳彦
    助教 長澤 淳彦(Assistant Professor Atsuhiko NAGASAWA)
    • 専門分野

      応用昆虫学,化学生態学,植食性昆虫の寄主選択

    • Tel

      022-757-4256

    • Fax

      022-757-4257

    • E-mail

      atsuhiko.nagasawa.e7*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      東北大学農学部卒・同大学大学院農学研究科博士課程前期修了・同大学大学院農学研究科博士課程後期修了・独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センター北陸研究センター契約研究員等を経て現在に至る。

    • 一言

      昆虫と植物の関係についてさまざまな方向から解き明かしたいと思っています。

ページの上部へ戻る