大学院

植物遺伝育種学分野

研究内容紹介

イネとアブラナ科植物を主な研究材料として、遺伝子とその機能に関する基礎研究と遺伝子変異解析による育種技術の開発を行っている。主要な研究課題は、1. 植物の生殖機構の分子遺伝学、2. イネの一塩基多型と環境ストレス耐性遺伝子の解析、3. アブラナ科作物のゲノム研究の3つであり、これら3つが技術上連携し研究が進められている。
植物の生殖機構では、特に自家不和合性や雄性不稔性等、育種上重要な生殖特性に関わる遺伝子の研究を行っており、分子遺伝学的にそれらの機構を明らかにしてきた。また自家不和合性の自己認識特異性に関わるS複対立遺伝子の簡易同定技術を独自に開発している。この技術はイネにおけるSNP(一塩基多型)簡易分析技術の開発に応用され、イネ品種間の多数のSNPsの同定および品種識別に貢献している。さらに品種間SNPsをDNAマーカーとして、イネの穂ばらみ期耐冷性や登熟期高温耐性の原因遺伝子が座乗する領域を絞り込んでいる。 この簡易SNP分析技術を、アブラナやダイコンにおける遺伝子連鎖地図の構築にも利用している。このような育種上有用な遺伝子の同定は、今後SNP分析による育種技術の開発に大きく貢献すると期待される。
また、本研究室はアブラナ科作物の系統と近縁種を遺伝資源として多数保有しており、独自の研究を行う材料として利用するだけでなく、国内外の研究者に提供し、アブラナ研究の発展に貢献している。

分野ホームページ

キーワード

アブラナ、イネ、ゲノム、突然変異、一塩基多型(SNPs)、自家不和合性、雄性不稔性、環境ストレス耐性、育種技術、遺伝資源

スタッフ紹介

  • 写真:北柴 大泰
    教授 北柴 大泰(Professor Hiroyasu KITASHIBA)
    • 専門分野

      植物分子遺伝学

    • Tel

      022-757-4268

    • E-mail

      hiroyasu.kitashiba.c7*tohoku.ac.jp(*を@に換えてください)

    • 経歴

      東北大学農学部農学科卒、東北大学大学院農学研究科博士課程修了(農学博士)、財団法人山形県企業振興公社研究開発部 研究員、独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 博士研究員を経て、現職

    • 一言

      植物はそれぞれにユニークな特性を持っています。たとえ同一の種であっても、形態、生理、成分等に違いがあります。農業上有用な特性を分子遺伝学的に明らかにし、植物育種分野への貢献を目指しています。

ページの上部へ戻る