ニュース

2020/3/18

榎本賢准教授(生物有機化学分野)が「農芸化学奨励賞」を受賞

榎本賢准教授(生物有機化学分野)が,「特異な複素環構造と有用な生物活性を示す天然有機化合物の合成研究」に関する業績により,2020年度の農芸化学奨励賞を受賞しました(2020年3月)。
農芸化学奨励賞は,1952年からつづく歴史ある賞で,農芸化学の進歩に寄与するすぐれた研究をなし,なお将来の発展を期待し得る若手正会員に授与される賞です。
微生物や植物がつくりだす有機化合物(天然物)の中には,農薬や医薬のシード化合物として期待できる有用な機能(生物活性)をもつものがあります。しかしながら,それらは必ずしも天然から十分な量を入手できるわけではなく,なおかつ複雑な構造を有するために化学合成が困難であるものも存在します。榎本准教授は,そのような天然有機化合物について,効率的かつ斬新な新規合成法を開発してきました。本受賞は,このような天然物合成に関する研究が評価されたものです。

関連URL: https://www.jsbba.or.jp/about/awards/about_awards_encouragement.html

ページの上部へ戻る