ニュース

2020/7/28

鳥山欽哉教授(環境適応生物工学分野)が「日本植物細胞分子生物学会2020年度学会賞」を受賞

鳥山欽哉教授(環境適応生物工学分野)が 「イネの細胞質雄性不稔性と稔性回復の分子基盤研究」に関する業績により、日本植物細胞分子生物学会(2020年7月から日本植物バイオテクノロジー学会に名称変更)の学会賞【学術賞】を受賞しました(2020年6月)。
細胞質雄性不稔性と稔性回復は、核とミトコンドリアの相互作用で起きる花粉の生死に関する現象で、収量の多い一代雑種品種の育種に有用な形質です。鳥山教授は、それらの分子基盤解明を進めるとともに、新規育種基盤を開発してきました。本受賞は、これらの研究業績が評価されたものです。

関連URL: https://www.jspb.jp/society/sub04-1/37_2/

ページの上部へ戻る