ニュース

2021/04/16

スギの"香り"が語ること 〜生物起源揮発性有機化合物放出の地理変異を解明〜

一般に「森の香り」として知られる生物起源の揮発性有機化合物(BVOC)は、さまざまな環境ストレスに対する植物などの抵抗力に大きな役割を果たしており、大量に放出される場合は周辺の大気環境にも重要な影響を与えると考えられています。しかし、地理的規模での物理的環境や生物的環境が、放出物質の多様化とどのように関係しているのかについては、ほとんど知られていません。

東京大学大学院農学生命科学研究科の日浦教授や本学農学研究科陶山佳久教授らの研究グループは、遺伝的に異なる全国12集団の天然スギから放出されるBVOCを同一環境下で定量し、テルペン類(注2)の組成と量が集団によって大きく異なることを明らかにしました(図1)。さらに同グループは、BVOC放出は集団が分布する地域の気候だけでなく、病原菌組成とも密接な関係にあることを見出しました。

優占樹種の機能的な特徴は生態系に波及的に影響を及ぼすため、今後は全国に大規模に植栽されているスギのさまざまな地域系統品種の機能に注目するとともに、BVOCを介した樹木と病原菌の相互作用も考慮した育種や管理が、気候変動対策としても求められるでしょう。

>>プレスリリース(東北大学ホームページ)

ページの上部へ戻る